魔法使いの嫁(まほよめ、The Ancient Magus' Bride)のネタバレ解説まとめ

『魔法使いの嫁』とは、ヤマザキコレによるマンガ作品。2014年1月号から9月号まで「月刊コミックブレイド」で連載された後に「月刊コミックガーデン」へと移った。この物語は、夜の愛し仔(スレイ・ベガ)である「チセ」が異形の魔法使い「エリアス」に買われるところから始まる。人ではない者が見えることにより、たくさん傷ついてきたチセは、その能力により様々な出会いを繰り返し自分と向き合っていくのであった。

魔法機構(マギウス・クラフト)

電気の代わりに魔力を動力にする道具を作る組織や人物。
魔力を込め動力を必要としない武器を作る者もいる。
アンジェリカやアンジェリカの父親が魔法機構。
アンジェリカは魔法使いで、アンジェリカの父親は魔術師だった。

結び

対象者の「使い魔」になるという申し入れ。
特に「結び」は、感覚・感情・時間などのすべてを共有するという何よりも強い約束。
全てを共有するため、対象者が死ねば使い魔になった物も死んでしまう。
チセとルツがこの「結び」を行った。
これによりルツは、チセの気持ちやチセの居場所を感知できる。

彷徨えるユダヤ人

刑場を歩くキリストに石を投げた(或いは罵倒した)ため、死ねない呪いがかけられたと言われている男。
つまり不老不死という意味であるが、「死なない」のではなく「死ねない」のである。

キメラ

動物と動物をかけあわせてつくった別の生き物のこと。

使い魔(ファミリア)

魔法使いと契約し、対象者の魔力を貰い、代償に手足となって働く妖精や動物。
下僕(サーヴァント)とも言う。

『魔法使いの嫁』の見所・名シーン・名場面

エリアスとチセの関係性の変化

チセをお嫁さんにするとプロポーズしたエリアス。

完全にエリアスの「ママ」となったチセ。

死にたいと思いながら生きていたチセと、好奇心からチセを買い取ったエリアス。
エリアスはチセを家族として迎え、チセはエリアスと程好い距離を保ちながら、エリアスに捨てられないよう都合の良い人で居ようとする。
エリアスは何もしなければチセの死期はあと数年と知っていたがそれを本人に言わなかったり、何かと言葉が足りない。
始めはエリアスが大人(父親)で、チセが子供(娘)のような関係性であった。
死にたいと思っていたチセは、エリアス達との関わりから次第に生きたいと願うようになっていく。
そしてエリアスも始めは人間やスレイ・ベガに対する好奇心だけであったが、段々とチセ本人に惹かれ、チセが掛け替えのない存在になっていく。
人間の感情が分からないエリアスは、チセを人間の先生と呼び、人間らしい事をチセから学んでいく。
始めは家族は要らないと思いながら家族を求めてしまう子供のようであったチセは、精神的な成長を経て、エリアスを歌で寝付かせるなど母親のようになって行く。
それと同時に始めは大人ぶっていたエリアスの、子供がそのまま大人になってしまったかのような人物像も次第に明らかになっていく。
父と娘のような2人であったが、次第に母親と息子のようになっていくのであった。

チセの過去

チセの首を締めてしまった母親。真っ暗な部屋と、吸い込まれるような青空が印象的。

チセはスレイ・ベガという体質のために周りの人々から疎まれ、自暴自棄になって命を投げ出そうとし、セスに声を掛けられイギリスの闇オークションに自分から出る決意をした。
チセが覚えていた家族に纏わる過去は断片的であったが、少しずつ思い出し、そしてカルタフィルスに見せられた夢から詳細が明らかになる。
チセの母親は人ならざるものが見える体質で、父親はそんなチセの母を守る存在であった。
母親の体質が受け継がれ、さらに強い魔力を持ったスレイ・ベガとして生まれたチセは、母親と同じく人ならざるものに脅かされ、父親はチセと母親を守った。
しかしある日父親はチセの弟を連れて失踪し、母親は一人で生きるには困難な体質を抱えたまま、一人でチセを育てる。
母親は普通の人間達から気味悪がられ、仕事もなく、追い詰められていく。
ある日、魔が差した母親は生まなければ良かったと言ってチセの首を締め、ベランダから投身自殺した。
この出来事はチセにとって深いトラウマとなる。
チセは家族が大好きであったが、父親にも母親にも置いていかれてしまい、もう家族は欲しくないと思うようになった。
トラウマばかりが頭に残ってしまっていたチセであったが、家族との楽しかった記憶も存在していたのであった。
チセの母は実際には幸せそうに笑う人で、チセを大事に思い、だからこそ病んでしまったのでもあった。
チセはずっと自分を攻め立てていた記憶の中のチセを恨む母親に決別する。
そして、母を許さないし忘れたりしないが、自分を生んでくれた事と殺してしまう寸前で留まり手を離してくれた事に感謝し、そのお陰で沢山の人、そして自分の事よりも放っておけない人(エリアス)に会えたと言う。
記憶の中の母は花弁となって消えて行くのであった。
家族が欲しくないと思っていたチセであるが、エリアスが自分の事を家族だと言ってくれて、自分を含む未来の話をすることに心地よさを感じるようになった。
エリアスとの出会いがチセを成長させ、抱えていた家族へのトラウマを自分の力で解消したのであった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

魔法使いの嫁(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

「魔法使いの嫁」とはヤマザキコレによる漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 人外のモノが見えてしまう羽鳥智世15歳。彼女は母親に目の前で死なれて、親戚たちに疎まれ生きるのに疲れ、飛び降り自殺をしようとしていた。その時突然背後に見知らぬ外国人があらわれ、あなたを売りませんかと言う。人身売買で売られた先は魔法使いのエリアス。エリアスと智世の目を通して壮大な自然の神秘が描かれている。

Read Article

魔法使いの嫁(第1話)のあらすじと感想・考察まとめ

今回は「魔法使いの嫁」第1話『April showers bring May flowers.』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。 家族を失い、孤独な生活を強いられ、孤独に暮らしていた羽鳥智世はある男に声をかけられ、自身の体を売りに出してしまう。そして智世は魔法使いのエリアス・エインズワースに買われることとなった。

Read Article

目次 - Contents