魔法使いの嫁(まほよめ、The Ancient Magus' Bride)のネタバレ解説まとめ

『魔法使いの嫁』とは、ヤマザキコレによるマンガ作品。2014年1月号から9月号まで「月刊コミックブレイド」で連載された後に「月刊コミックガーデン」へと移った。この物語は、夜の愛し仔(スレイ・ベガ)である「チセ」が異形の魔法使い「エリアス」に買われるところから始まる。人ではない者が見えることにより、たくさん傷ついてきたチセは、その能力により様々な出会いを繰り返し自分と向き合っていくのであった。

エリアスの過去

リンデルが遊牧の旅をしていた頃、森でまだ名前のなかった頃のエリアスに出会う。
エリアスは自分が何者かも分からず、気づいたら森を彷徨っていたと語る。
リンデルは自分の師匠「ラバブ」の元へエリアスを連れて行く。
エリアスが覚えているのは「赤い」という記憶だけであった。
ラバブはこの時にエリアスに「エリアス」と言う名を与え、エリアスがいつもつけている緑の宝石がついたループタイをあげた。
その後エリアスとリンデルは一緒に行動するが、ある村でリンデルが病気の子供の治癒をしようとした時、リンデルの影に潜んでいたエリアスを発見されてしまい村人から攻撃される。
怪我をしたリンデルを見たエリアスは村人を襲おうとするが、リンデルが止め、2人は村人を巻いて逃げた。
エリアスはリンデルが使っていた魔法を使い、見よう見真似で食事を作ってリンデルを看病した。
そして自分はきっと人間を食べた事があり、そのため時々無性に食べたくなるのだとと打ち明けるのであった。
リンデルはチセにこの話をし、どう思うかと問う。
チセは人間を食べる人ならざるものは沢山見てきたが、エリアスは怖くないと言う。
リンデルは、聞いた人が怖がるからエリアスになるべくこの話をしないよう言うが、そのためかチセにもこの話を自分の口からしなかった。
ちなみにラバブがあげたループタイをエリアスはずっとつけていたが、チセからループタイを貰うとチセから貰った物へ付け替えた。

エリアスがリンデルに作ったスープは激マズだった。

ルツとイザベル

ルツがまだブラック・ドックになる前の「ユリシィ」だった頃、ユリシィには妹「イザベル」がいた。
しかしユリシィは自分を犬だと分かっておらず、人間の兄だと思いこんでいた。
イザベルは赤い毛と緑の瞳を持ったチセそっくりの少女で、赤毛である事で苛められていた。
ある日、イザベルは虐めっ子から追いかけられたのが原因で馬車に引かれ、帰らぬ人となってしまう。
死を理解できなかったユリシィは埋葬されたイザベルの帰りを墓地で待ち続け、ユリシィもまた亡くなってしまう。
ブラック・ドックとなった後、イザベルと良く似たチセと出会い、チセの側に居たいと思いチセと「結び」の約束をし「ルツ」の名を貰う。
イザベルの遺体はカルタフィルスによってキメラにされ冒涜されてしまう。
ルツはチセと力を合わせキメラを倒し、イザベルを解放し看取った。
イザベルはキメラにされる前から既に亡くなっているが、キメラから解放された後意識があるように見え、ルツは「おやすみ、イザベル」と声をかけ、イザベルは安らかな眠りについた。
この時のイザベルの魂はカルタフィルスに作られた偽りの魂であったが、ウィル・オー・ウィスプは偽者でも魂であるとし、イザベルの魂を黄泉へ送った。

シルキーの過去

妖精の塗薬を作って魔力を消耗しきって倒れたチセは、一時的に妖精の国へ連れて行かれ治療を受ける。
その間エインズワース家はシルキー一人きりになり、シルキーはチセたちの帰りを待って家を模様替えする。
しかし妖精の国の時間と人間の住む場所の時間の流れ方は違い、シルキーは長い間一人でチセたちの帰りを待ち続ける。
シルキーは元々は妖精バンシーであった。
しかし憑いていた家は途絶えてしまい、家のあった場所で行き場も無く、もっと皆(人間)の側にいたいと一人泣いていた。
「小さきモノを守る」役目を持つ丘の防人は、そんなシルキーに声を掛け、新しく憑く家を探して導いた。
それは現在のエインズワース家に良く似た家で、住んでいるのはエリアスとは別人であり、恐らくエリアスの前の住人と思われる。
この時にシルキーはバンシーからブラウニーに変わり、同時に現在の「シルキー」の名を与えられた。
シルキーは現在の家の住人であるエリアス・チセ・ルツを大事に思い、特に人間のチセの事を一際大事にしていた。
チセたちが妖精の国に行ったのは紅葉の始まった秋で、帰ってきたのは帰ってきたのは雪振る冬であった。

リャナン・シーとジョエル

妻に先立たれたジョエルは、妻の残して行った庭の薔薇園の世話をしていた。
リャナン・シーはそんなジョエルを何となく気に入り側にいると、薔薇園でリャナン・シーとジョエルの目が合う。
しかし通常人間にリャナン・シーは見ることはできず、その目の合った一瞬だけ奇跡的にジョエルがリャナン・シーを見たのであった。
リャナン・シーはその出来事からジョエルを気にかけ、しかし血を吸うことはせずにいた。
リャナン・シーは気に入った男性の血を吸い、その代わりに詞や歌の才能をあげる吸血鬼で、対象者は才能と引き換えに早死にする。
しかしジョエルは趣味で小説を書いているだけで才能を欲しているわけではなく、リャナン・シーはジョエルに何もできずにいた。
ジョエルはリャナン・シーを認識せず、リャナン・シーはそんなジョエルの側に何もせずに寄り添う、そんな日々を送っていた。
しかしある日、ジョエルは倒れてしまいもう余命が近いと分かる。
リャン・シーはジョエルの血を吸っていないが、自分が側に居たために寿命を縮めたのではないかと気に病む。
チセは人が妖精を見えるようになる妖精の塗薬を作りリャナン・シーにあげ、リャナン・シーはそれをジョエルの目蓋に塗る。
ジョエルはリャナン・シーを認識し、昔庭で見かけたときからずっともう一度会いたいと思っていたと打ち明ける。
妻が亡くなってから惰性で生きていたジョエルは、リャナン・シーに出会いもう一度会いたいと思うことで惰性では無い人生を送れたと語る。
そしてジョエルは死後きっと妻の側に行くが、その後にリャナン・シーの所にも行くと言い、リャナン・シーに残りの命を渡して消えていった。
リャナン・シーはジョエル亡き後も、ジョエルが再び会いに来るのを待ち、ジョエルの家に留まるのであった。

ウルタールの澱み

マシューは生まれつき体の弱い妻のミナを案じ、流しの魔法使いカルタフィルスに助言を請う。
カルタフィルスはミナにはもう余命が無いとマシューに言い、猫には9つの命があると話す。
マシューはカルタフィルスの言葉通り猫を殺して霊薬を作る。
ミナがマシューの居る小屋に入ると、多数の猫が捕まり、血まみれの床と血に汚れたマシューが居た。
ミナはその凄惨な光景に絶句し、何故こんな事をするのか、あなたはこんな事が出来る人じゃなかったはずだと訴える。
しかしマシューはミナのためだと笑う。
カルタフィルスはミナを後ろから動けなくし、マシューは無理やり秘薬をミナに飲ませた。
これでミナは元気な体になるとマシューは言うが、ミナはマシューの腕の中で泥になって消滅した。
カルタフィルスは実験は失敗だったと軽いノリで言って去って行き、精神崩壊したマシューはまだ猫の命が足りないのだと言って小屋を出る。
ミナの飼い猫ティムを発見し殺そうとするが、ティムはマシューの喉を噛み切って殺し、生かしもせず安らかな死も与えないと言う。
そしてミナを格にしマシューと死んだ猫達は「ウルタールの澱み」となった。
ミナはずっと澱みとなったマシューの側にいたが、澱みになったマシューはミナを認識できず、ミナは自分達の消滅を願っていた。
しかしチセはミナとマシューもカルタフィルスの被害者であるとし、エアリアルの力で穢れを浄化し、2人と猫達をあるべき輪廻の輪へ返した。

カルタフィルス(ヨセフ)の過去

墓守の一族であったヨセフは、死者と話すなどの噂を立てられ村人から忌み嫌われていた。
ある日、生き埋めになっていた人物を助け、その人物は「カルタフィルス」と名乗った。
体がミイラのようになり弱っていたカルタフィルスはヨセフに助けを求め、初めて他人から必要とされたヨセフはカルタフィルスを助けるために薬の研究をする。
ヨセフは村人達に虐待を受けながら、カルタフィルスの世話を支えに暮らし、いつかカルタフィルスの体が治ったら二人で村を出ようと提案する。
2人で村を出て幸せに暮らすという事が心の糧になっていたが、いつになってもカルタフィルスは治りもしないし朽ちもしない。
精神が耐え切れなくなったヨセフは、死なないカルタフィルスと自分が一緒になれば2人で救われると言い、2人は融合した。
しかし一つの存在になったヨセフとカルタフィルスは共に生きながら朽ち、体が病んだまま死ぬ事のできない無間地獄に陥る。
足が痛くて使えなくなったら人から足を奪い、体のパーツを入れ替えながら生き続けるが、体が良くなることも死に至ることも無い。
次第に自分が誰だったかも忘れ、目的も忘れ、何故自分たちだけがこんな目に合うのかとこの世を恨む。
そうして現在に至り、今もまだ体を痛みで苛まれながら死ぬ事も出来ず、痛みを和らげるためにキメラの研究をし、何故キメラを作っているのかすらも忘れ苦しみ続けている。
そしてカルタフィルスの名で呼ばれる事を嫌がり、自分はヨセフであると名乗る。
誰も自分を分かってくれない、何かを犠牲にして自分の願いを成就しようとするカルタフィルス。
チセはその気持ちを理解し、自分も同じように考えた事もあるし、自分自身を犠牲にして何かを得ようとしている自分とカルタフィルスは似ていると言う。
そしてチセはカルタフィルスを抱きしめ子守唄を歌い眠らせ、エインズワース家の近くの離れに住まわせた。
眠りという安寧を得たカルタフィルスは起きてもなおそこから離れようとせず、心と体を癒すように眠り続けた。

『魔法使いの嫁』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

制作背景・作風

本作は、作者ヤマザキコレが2013年に創作同人誌即売会で発表した同人誌が原型になっている。
この同人誌が担当編集者の目に入った事で、連載される事になった。
内容は現在の内容と同じく、主人公の少女とその主人公を弟子・お嫁さんにするために買い取った人外魔法使いのストーリー。
ヤマザキコレが好きだった「ハリーポッター」などのイギリスのファンタジー小説を参考にし、ブリテン諸島の伝承や伝説などの生物が描かれた。
現在でもその部分は受け継いでおり、イングランドの作家シェイクスピアの「夏の夜の夢」に登場する「オベロン」「ティターニア」、イングランド南西部コーンウォール地方の妖精「スプリガン」が登場。
他にもアイルランドやスコットランドの妖精「バンシー」、同じくアイルランドやスコットランドのジャック・オ・ランタンなどの鬼火伝承の名前の一つ「ウィル・オ・ウィスプ」、アイルランドの妖精又は吸血鬼「リャナン・シー」などが登場する。
シルキーは家事妖精「ブラウニー」とされているが、「ハリーポッター」でもブラウニーに等しい存在である屋敷しもべ妖精「ドビー」が登場する。

原型となった同人誌はネットオークションで高額で出回るが、公式サイドは完全再現したものをオークションの値段よりも安く出すから買わないよう呼びかけた。
復刻版同人誌はBD第一巻限定盤に付属した。

サブタイトル

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

魔法使いの嫁(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

「魔法使いの嫁」とはヤマザキコレによる漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 人外のモノが見えてしまう羽鳥智世15歳。彼女は母親に目の前で死なれて、親戚たちに疎まれ生きるのに疲れ、飛び降り自殺をしようとしていた。その時突然背後に見知らぬ外国人があらわれ、あなたを売りませんかと言う。人身売買で売られた先は魔法使いのエリアス。エリアスと智世の目を通して壮大な自然の神秘が描かれている。

Read Article

魔法使いの嫁(第1話)のあらすじと感想・考察まとめ

今回は「魔法使いの嫁」第1話『April showers bring May flowers.』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。 家族を失い、孤独な生活を強いられ、孤独に暮らしていた羽鳥智世はある男に声をかけられ、自身の体を売りに出してしまう。そして智世は魔法使いのエリアス・エインズワースに買われることとなった。

Read Article

目次 - Contents