魔法使いの嫁(まほよめ、The Ancient Magus' Bride)のネタバレ解説まとめ

『魔法使いの嫁』とは、ヤマザキコレによるマンガ作品。2014年1月号から9月号まで「月刊コミックブレイド」で連載された後に「月刊コミックガーデン」へと移った。この物語は、夜の愛し仔(スレイ・ベガ)である「チセ」が異形の魔法使い「エリアス」に買われるところから始まる。人ではない者が見えることにより、たくさん傷ついてきたチセは、その能力により様々な出会いを繰り返し自分と向き合っていくのであった。

CV:竹内良太

チセを買った異形の魔法使い。
姿を自在に変える事ができ、チセの影に隠れたり、人間の男性の姿になったり、人間の女性の姿になることも出来る。
茨の蔓のような触手を持ち、破壊を得意とし、「影の茨(ソーン)」「裂き喰らう城(ピルム・ムーリアリス)」の異名を持つ。
正体ははっきりと明かされておらず、「元は精霊」「影に属する存在」「肉の殻を持つ者(リャー・アナム)」「人間になろうとした精霊」など断片的に語られる。
チセがカルタフィルスから攻撃を受けた際には怒りで獣のような姿になり、そちらの姿が本来の姿な模様。
かなりの力を持つ魔法使いであるため、教会の神父に監視されている。
教会と問題を起こすのも面倒なため、適度に言う事を聞き、程度に自由に振舞う。
人間嫌いの世捨て人で、いつもは家に引き篭もっている。
そのためチセを買い取った事は周囲から意外だと驚かれる。
チセの前では大人っぽく紳士に振舞うが、実際には他人の気持ちが分からないため言葉が足りず、常識に欠けたところもあるなど、チセからも段々と問題児扱いされるようになる。
他人の気持ちが分からないと言うのは言葉の比喩ではなく、本当に理解できておらず、チセに人間の感情について教えを請う。
チセが人間の女の子であるステラと仲が良い事に嫉妬し、ステラを生贄にチセを助けようとしチセの逆鱗に触れてしまう。
チセはエリアスと一緒に考えて行動したかったし、そう約束したと思っていたが、それをエリアスが破った事に腹を立てていた。
エリアスは、初めて自分だけの存在になってくれたチセに対して強い依存心と独占欲を持ち、チセ曰く子供のまま大人になってしまったかのような存在。
ステラの件でチセに弁解を求められるが、何でも勝手に決めてしまうチセも悪いと反論し、お互いに話し合い折り合いをつけることになった。
その時に決めたルールで、チセは危ない事に首を突っ込まない・何かする時は誰かに相談するなどの約束をした。
その後ドレス着てヴェールを被ったチセから指輪をプレゼントされ、お互いに左手の薬指に指輪を嵌めた。

遠い昔、エリアスは何故歩いてるのか分からず森を歩き続け、森の中でリンデルと出会う。
その後、自身の正体を知るためにリンデルの師匠に会うことになるが「妖精寄りだがわずかに人間が入っている」と言われる。
リンデルの師匠から歩き出す前に何か覚えていることはないかと問われたエリアスは「赤」と答え、それだけしか覚えていなかった。
しかしエリアスはリンデルが人間に怪我をさせられた際に、「恐らく自分は人間を食べたことがあると思う」と告白するのであった。
リンデルとは現在は離れた場所に住んでいるが、チセを一人で託すなど信頼関係を持っている。

シルキー

CV:遠藤綾

エリアスの家に住む妖精で家事全般をこなす家事妖精(ブラウニー)。
「銀の君」や「銀の花」と呼ばれている。
人間に似た姿をしているため、エインズワース家に訪ねてきた人たちの対応をしている。
サイモンを毛嫌いし、自分1人の時は家に入れない。
人間の女の子であるチセを特に可愛がっており、チセ不在時には寂しそうな顔をしたり、チセがエリアスの部屋から一晩出て来られなかった時は、部屋の扉の前でハンマーを持ってエリアスが不埒な事をしないよう監視していた。
魔法で壁紙を張り替えるなどの模様替えをする事が出来る。
普段は無口且つ無表情であるが、何も考えてない何も感じていないわけではなく、シルキーの小さな表情の変化や行動に感情が表れている。
『シルキーちゃん日記』では感情豊かな姿が見られる。

エインズワース家に来る前はバンシーであった。
バンシーとはアイルランド及びスコットランドの妖精で、人の死を予告するといわれている存在。
憑いていた家が絶えてしまい、行く当ても無く一人泣いていたところを「丘の防人」にエリアスが住む前のエインスワース家と思われる家に導かれた。
バンシーの頃は、バンシーの伝承通りのフードを被った姿であったが、「丘の防人」によって現在の姿にしてもらう。
その際に銀の花のような姿だと褒められ、シルキーの名を貰う。
『シルキーちゃん日記』では「丘の防人」と文通を行っている描写がある。

ルツ

ルツ(普段の姿)。

ルツ(人間の姿)。

CV:内山昂輝

教会の墓場でチセと出会った「墓守犬(チャーチ・グリム)」、「黒妖犬(ブラックドッグ)」という名もある。
元々は普通の犬「ユリシィ」であったが、飼い主のイザベルの死後、墓から離れず寄り添い続けて死亡し墓守犬となった。
生前自分が犬だと言う自覚が無く、イザベルの兄(人間)だと思っていたため、現在は人間の姿になる事も出来る。
チセにイザベルを重ね、自ら望んでチセと使い魔の契約をし、新しい名「ルツ(ヘブライ語で「哀れみ深い友」の意味)」の名を貰った。
チセとは一心同体になり、思っているや過去を共有し、チセが死ぬとルツも死ぬ。
そのためチセはルツには嘘をつけず、自分の口から気持ちの言えないチセの代わりにルツがフォローする事もしばしば。
結界など張られていない限りは、チセが何処にいるのか感知できる。
普段は犬の姿あるいは人間の姿でチセの側にいて、チセを色々な危機から守る。
イザベルの時と同じく、チセに対しても兄のようなつもりでいる。

学院(カレッジ)

ミハイル・レンフレッド

CV:日野聡

魔法使い嫌いで有名な魔術師。
一方的にエリアスと対立している。
顔の傷は、弟子であるアリスを庇ってできたもの。
カルタフィルスに研究素材集めの協力を頼まれ一度は断るが、アリスをキメラの材料にすると脅され、仕方なく手伝う。
その際に、左腕をカルタフィルスに奪われ失った。
カルタフィルスとの繋がりが切れた後はチセを心配するなどし、根は良い人。
酔うと泣き上戸になる。

アリス

CV:田村睦心

レンフレッドの弟子であり護り手。
薬物中毒であった両親により、麻薬を仕入れるために無理やり薬物中毒者にさせられ売人となる。
しかし偶然出会ったレンフレッドに魔術師の才能を見いだされて救われた。
最初こそレンフレッドを信用していなかったが、自分を庇ったことでレンフレッドがケガを負ってしまったことを機に「護り手として次は護る」と約束をする。
レンフレッドを慕っており、彼のためなら何でもしたいと考えている。
始めはエリアスやチセに対して敵意を持った態度を取るが、1人の男性に拾われ弟子になった女という境遇の似たチセと仲良くなっていく。
クリスマスにはチセと2人で街に行き、チセはエリアスにループタイを、アリスはレンフレッドへのプレゼントにお酒を買った。

妖精

オベロン

CV:山口勝平

妖精王。ティターニアの夫。
お調子者でドMであるが、時折鋭い発言をする。

オベロンとは中世・ルネサンス期に文学や伝承で登場する妖精の王。
シェイクスピアの戯曲『夏の夜の夢』では、妖精の女王タイターニア(本作ではティターニア)の王配として登場。

ティターニア

CV:大原さやか

妖精の女王。
常若の国(ティル・ナ・ノーグ)に住んでいる。
妖精達に深い愛情と慈悲深さを持ち、チセやエリアスに困った事があると力を貸してる。
脆い人間であるチセを常若の国(妖精の国)に住まわせたいと思っており、事あるごとにこちら側に来ないかと誘う。
人間は嫌いで、神父のサイモンは異国の神を祭る者とし、「楽園の果実を堕落の実とした侵略の匂いはここにいらない」と言い、少しの間森を彷徨わせた。
異国の神や楽園の果実を…というのは、つまりのところキリスト教のことだと思われる。
チセも人間であるが、「夜の愛し仔(スレイ・ベガ)」であるため特別。
物語の途中で子供を孕み、その子供が次のティターニアになった。

エアリエル

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

魔法使いの嫁(第1話)のあらすじと感想・考察まとめ

今回は「魔法使いの嫁」第1話『April showers bring May flowers.』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。 家族を失い、孤独な生活を強いられ、孤独に暮らしていた羽鳥智世はある男に声をかけられ、自身の体を売りに出してしまう。そして智世は魔法使いのエリアス・エインズワースに買われることとなった。

Read Article

魔法使いの嫁(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

「魔法使いの嫁」とはヤマザキコレによる漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 人外のモノが見えてしまう羽鳥智世15歳。彼女は母親に目の前で死なれて、親戚たちに疎まれ生きるのに疲れ、飛び降り自殺をしようとしていた。その時突然背後に見知らぬ外国人があらわれ、あなたを売りませんかと言う。人身売買で売られた先は魔法使いのエリアス。エリアスと智世の目を通して壮大な自然の神秘が描かれている。

Read Article

目次 - Contents