ダウンタウンのごっつええ感じ(ごっつ)のネタバレ解説まとめ

「ダウンタウンの伝説の番組」といえば「ごっつええ感じ」を抜きには語れない。1991年12月~1997年11月まで放送されたこのバラエティー番組は、見ないと学校で月曜日の話題に取り残されたものだった。この番組の人気は、ダウンタウンだけではなく、メインキャストの名を一気に全国区に押し上げていくこととなる。90年代に少年時代を過ごした人達にとっては、忘れられない衝撃だった。

こづれ狼

決してまともにセリフを言わない

監督(今田)のもとで今日も収録される時代劇『こづれ狼』。
殺陣が見事に決まったところで、最後の決めゼリフ「大五郎!」「ちゃん!」。
しかし、拝一刀(東野)と大五郎(松本)は決してそれを言うことはなく、収録は永久に続く。

世紀末戦隊ゴレンジャイ

これが一番まともな回でした

『秘密戦隊ゴレンジャー』のパロディ。

ドクロ仮面(浜田)が篠原を襲おうとしている時、常に現れる5人組・世紀末戦隊ゴレンジャイ。
しかしその格好は常にズレ続け、ドクロ仮面の説教を毎度受ける。しかしいつまで経ってもドクロ仮面に怒られ続けるのは変わらない。

このコントの中から、「放課後電磁波クラブ」や「リアルポンキッキ」などのコントも派生した。

放課後電磁波クラブ

リアルポンキッキ

AHO AHO MAN

アホ言うもんがアホじゃー!!(with 坂本龍一)

ケンタロウくん(浜田)を襲うオホホ星人(今田、篠原)の魔の手から、彼を救うために現れる超人・アホアホマン(松本)。

数々のアイテムを駆使するが、その結果はすべて「お前、アホやろ?」というものばかり。

坂本龍一も同様のメイクでこのコントに出演したことがある。

MR.BATER

どんどっとっと、どんとっとっと……お前アホかぁーっ!関係ないねん!

今田が働く様々な業種の店に、「パーティー行かなあかんねんけど」とやってくるMR.BATER(松本)。

BATERが依頼するものを常に間違って持ってくる今田と、それに対するBATERのノリツッコミが絶妙だった。

ネイティブアメリカンの恰好で踊ったり、今田のプライベートを暴露したりするのはお約束。

キャシィ塚本

今田と篠原がアシスタントを務める料理番組に、毎回講師として現れる、四万十川料理学園の講師、キャシィ塚本(松本)。

彼女の料理は突拍子のない言動と行動、下ネタ、そして破壊と鮮血で彩られることとなる。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ダウンタウン(DOWNTOWN)の徹底解説まとめ

ダウンタウン(DOWNTOWN)とは、浜田雅功と松本人志からなるお笑いコンビである。タレント養成所・NSCへの入学を期に1982年に結成。よしもとクリエイティブ・エージェンシー(吉本興業)所属。多数の冠番組の他ソロとしても司会者、俳優、歌手、声優、著述等幅広く活躍しており、それぞれ日本を代表するお笑いタレントである。とんねるず、ウッチャンナンチャンらとともにお笑い第三世代の代表格に数えられる。

Read Article

水曜日のダウンタウン(WEDNESDAY DOWNTOWN)のネタバレ解説まとめ

水曜日のダウンタウン(WEDNESDAY DOWNTOWN)とは、TBS系列で放送中のバラエティー番組。2014年4月23日から放送開始。芸能人が世に蔓延る様々な「説」を立証するべくプレゼンし、検証するスタイルの番組である。検証部分はVTRになっており、それをスタジオにいるパネラーが見ながらトークをする。ダウンタウンの冠番組だが、浜田雅功は進行、松本人志はパネラーという立ち位置になっている。

Read Article

東野・岡村の旅猿《インド/中国/ベトナム/韓国》海外の旅‐あらすじまとめ

プライベートでも仲のいい芸人・東野幸治と岡村隆史が、行き先もやることもすべて自分たちで決める珍道中を記録した問題番組!嫌な事は「嫌!!!」と言い、楽しさも嬉しさも不快さも顕にする出演者たち。他では見れないリアルな本性が見え隠れする2人の姿は、クセになる面白さに満ち溢れている。

Read Article

『東野・岡村の旅猿 シーズン2(国内編)』あらすじや見所まとめ 出川&ジミーの参戦で大荒れ!

岡村隆史たっての希望で制作された旅猿シーズン2《岩手・八幡平でキャンプと秘湯の旅/北海道・屈斜路湖 カヌーで行く秘湯の旅/山梨・甲州で海外ドラマ観まくりの旅/琵琶湖で船上クリスマスパーティーの旅》について。旅猿の大ファンを公言する出川哲朗と、自由奔放さがウリのジミー大西の参戦で、旅猿はシーズン1にも増して大荒れの予感!

Read Article

思い切った幕末ドラマ『竜馬におまかせ』

坂本竜馬が主人公のドラマ数あれど、ここまでぶっ飛んだ設定、展開の作品はあまりないんじゃないでしょうか。従来の竜馬像、幕末当時の偉人に対するイメージに捕らわれない、実験的な内容。しかし単なるドタバタコメディではない作品でした。「思い切った」感はあるけれど、それが実に痛快。この記事内では作品のタイトルに合わせて「竜馬」と表記します。

Read Article

東野・岡村の旅猿《パラオ/ハワイ/台湾/ネパール/スイス》海外の旅-あらすじまとめ

芸人・東野と岡村が旅をするだけなのに、何故か笑いが止まらない問題番組。相変わらず巻き起こる珍事件と悲劇の数々。さらに”ヤバイ”出川哲朗に続いて”自由人すぎる”ジミー大西が加わり、どんどん予測不能になっていくのだが…。あまりの面白さに、見終えた翌日は腹筋が筋肉痛になってしまう…かもれない。

Read Article

目次 - Contents