ダウンタウン松本人志の流 頭頭(TOZU・トウズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ダウンタウン松本人志の流 頭頭』とは、お笑い芸人のダウンタウン・松本人志が1993年に制作した映像作品である。小さな町工場で松本人志演じる男には悩みがあった。一緒に住んでいる父が認知症になってしまい家族に迷惑をかけていることだった。やがて父を老人ホームへ送ろうと相談する。
平凡な家族の風景だが、1つだけ非日常な体験をしていた。それは「頭頭」という食べ物を食べていることだった。その「頭頭」をクローズアップしていく映像作品である。

『松本人志の流 頭頭』の概要

右側に頭頭が吊るされている

『松本人志の流 頭頭』とは、1993年にダウンタウン・松本人志が企画・構成・出演を務めた。
演者に今田耕司、板尾創路を引き連れて制作した映像作品である。

松本人志は1982年に同級生だった浜田雅功とダウンタウンを結成し、吉本NSC1期生として入学した。関西で『4時ですよ〜だ』で人気を博した後、東京進出。1993年から1995年にかけて週刊朝日に自身のエッセイを連載し、『遺書』また『松本』として単行本化された。それが200万部、250万部を売り上げた。

『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで』、『ダウンタウンのごっつええ感じ』では、出演のみならず、番組の企画・構成を担当している。
また、2001年からは『M-1グランプリ』の決勝戦の審査員を務めたり、『キングオブコント』の審査員まで務めている。
お笑い番組のみならず、最近では『ワイドナショー』でコメンテーターも務めている。

どこにでもある町工場で働く松本人志演じる男は、妻子を持ち平和な日々を過ごしていた。しかし、一緒に住んでいた父の認知症がひどくなってきており、妻がそれに嫌気が差す。
妻に父を老人ホームへ送って欲しいと言われた男は面倒そうに父に相談をする。
一見、どこにでもある家族風景だが、1つだけ非現実的な風景があった。それは「頭頭(とうず)」という食べ物が存在しているということ。
その町に住んでいる人たちは、「頭頭」という人の頭のようなものについている髪の毛を食べていた。

『松本人志の流 頭頭』は、「頭頭」と呼ばれた食べ物にクローズアップしており、どういった食べ物なのか、そしてそれはどこから生まれるのかが表現されている。

『松本人志の流 頭頭』のあらすじ・ストーリー

頭頭を食べる主人公の次男

頭頭

家に帰ってきた次男は、テレビをつけて床に置いていた人の頭のようなものについている髪の毛を摘んで、口に運ぶ。

主人公の家に三男から電話がかかる

電話をする主人公

町工場で働く主人公・長男の家に三男から一本の電話がかかる。電話に出た主人公の横で、プロレスを応援しながら見る小さな息子と祖父がいる。それを横目で見ながら洗濯物を畳む妻。電話の内容は今週兄弟で集まる予定だったのが急遽行けなくなったとのこと。

三男は電話をしながら女と行為を行っている。

テレビでプロレスを見ていた次男は、時計を見るなり急いで部屋を出て行き車に乗りどこかへ向かう。車のラジオから「この時期日本海側では頭頭が…」と流れ始めたところでチャンネルを変えた。

頭頭を海から引き上げる漁師

海に浮かぶ船に乗る漁師が海から綱を引っ張っている。海から引き上げられてきたものは小さい人間の形をした頭頭と呼ばれるものであった。頭頭が魚のように何十体も海から引き上げられていた。

引き上げられた頭頭は、漁師に首を掴まれ大きな斧で頭をかち割られる。そして額から上を切断された頭頭の手や足は次第に動かなくなり、額から下の頭頭の胴体は捨てられた。

車を走らせていた次男は「トウズ」と書かれた魚屋に止まり、店内に入る。先ほど切断されていた頭頭の額から上の頭の部分がザルに1つ1つ並べられていた。1つ1つの頭頭の上には「2個で1000円」と書かれている値札が置かれている。

魚屋で働くおばちゃんが「ここの頭頭は甘いで」と言いながら、頭頭の頭から生えている髪の毛をむしりとり次男に試食させる。頷きながら「ちょっと甘すぎるなぁ」とつぶやく次男。

水を張った場所には大量に浮かんでいる頭頭や「キズあり」と書かれた350円の頭頭もある。結局、850円の頭頭1つを買った次男は車でその場を去る。

頭頭の話をする祖父と孫

頭頭の髪の毛をむしりとり食べる主人公の父(祖父)。それを不思議そうに見ながら「おじいちゃん、それって美味しいの?」と聞く主人公の息子(孫)。祖父は「カンムリガシな」と答える。孫は「トウズちゃうの?」と重ねて聞く。祖父は「じいちゃんらの頃はな、カンムリガシと呼んでたんや」と答える。孫は「どんな味がするの?」と聞くと、祖父は息子に頭頭の髪の毛を摘み、孫にあげる。むしゃむしゃしながら「甘いな!」という孫。頭頭の上の部分は甘くて、下の方は少し苦いらしい。祖父は「カンムリガシはな、カルシウム入ってて体にええんやで」と言ってるのを聞きながら自分で摘む孫。それを半分口から出し、髭みたいにして遊ぶ孫。それを見て笑う祖父。

老人ホームの話をする次男と三男

急いで帰ってきた次男はまだやっていたプロレスの中継を見て安堵しながら新聞紙に包んだ頭頭を出す。すると三男から電話がかかる。
内容は今週兄弟で会う約束だったが、会えなくなったことの連絡であった。

上半身裸で電話をする三男。目の前の鏡台で身なりを整える女。三男が「老人ホーム?あれに入るんやったらどれくらいお金かかるかわからんし…」と主人公の父親を老人ホームに送る際のお金の話をしていた。

そして電話を切るなり、「鬱陶しいなぁ」と天井を見上げる三男。それをみていた女が「相変わらずあんたら兄弟、親に冷たいな」と口にする。「え?そんなことどうでもええやんけ」と言いながらまた行為を始めた。

認知症の祖父の不満を話す妻

炊事場で歯を磨く祖父。横にはバケツに浮かんでいる頭頭。そんな祖父を軽蔑するかのような目で見る主人公の妻。

「なんとか言うてよ、また炊事場で(祖父が)歯磨いてる!」と怒る妻。主人公が「大きい声で言うな!聞こえるやないか!」と小声で話す。認知症が進んでいる祖父に我慢が耐えられなくなっている妻は主人公に不満を話す。

バケツに入った頭頭を見て笑う祖父。

車をぶつける三男

コンビニで働く三男

場面が変わって、業者に運ばれてきた頭頭を発泡スチロールに仕分ける。

三男は女の部屋を出ていき、女から借りた車で職場へ向かう。その時に駐車場で車を発進させた時に間違えて後進してしまい壁にぶつかり車を少し傷つける。「まぁええかぁ」と開き直る三男。

場面がまた変わって、梱包された頭頭が入った箱をトラックに詰める業者。

老人ホームの話をされて傷つく祖父

「おじいちゃんおやすみ」と言って寝床に向かう孫。それについていく妻。机には祖父と主人公がいる。主人公は言いづらそうに祖父に老人ホームに行かないかと相談する。それを聞いてうつむく祖父。

時間が経過してから寝床で妻に「あんた老人ホームのことちゃんと話した?」と聞かれる主人公は曖昧な返事をして寝たふりをして誤魔化す。

布団で寝ていた祖父は天井を見ながらため息を何度も吐く。

そして朝になると孫が祖父を起こしに行ったが、祖父はそこにいなかった。

出勤する前に頭頭をゴミ袋に入れて出す次男。

駐車場でまた壁にぶつける三男は、何やらひらめきガムテープを用意する。

主人公は祖父がいなくなったことを気にかけ、次男、三男の職場に電話をかけるが連絡がつながらない。

河川敷を歩く祖父

nao_1225
nao_1225
@nao_1225

Related Articles関連記事

ダウンタウンのごっつええ感じ(ごっつ)のネタバレ解説・考察まとめ

ダウンタウンのごっつええ感じ(ごっつ)のネタバレ解説・考察まとめ

「ダウンタウンの伝説の番組」といえば「ごっつええ感じ」を抜きには語れない。1991年12月~1997年11月まで放送されたこのバラエティー番組は、見ないと学校で月曜日の話題に取り残されたものだった。この番組の人気は、ダウンタウンだけではなく、メインキャストの名を一気に全国区に押し上げていくこととなる。90年代に少年時代を過ごした人達にとっては、忘れられない衝撃だった。

Read Article

ダウンタウン(DOWNTOWN)の徹底解説まとめ

ダウンタウン(DOWNTOWN)の徹底解説まとめ

ダウンタウン(DOWNTOWN)とは、浜田雅功と松本人志からなるお笑いコンビである。タレント養成所・NSCへの入学を期に1982年に結成。よしもとクリエイティブ・エージェンシー(吉本興業)所属。多数の冠番組の他ソロとしても司会者、俳優、歌手、声優、著述等幅広く活躍しており、それぞれ日本を代表するお笑いタレントである。とんねるず、ウッチャンナンチャンらとともにお笑い第三世代の代表格に数えられる。

Read Article

水曜日のダウンタウン(水ダウ)のネタバレ解説・考察まとめ

水曜日のダウンタウン(水ダウ)のネタバレ解説・考察まとめ

水曜日のダウンタウン(WEDNESDAY DOWNTOWN)とは、TBS系列で放送中のバラエティー番組。2014年4月23日から放送開始。芸能人が世に蔓延る様々な「説」を立証するべくプレゼンし、検証するスタイルの番組である。検証部分はVTRになっており、それをスタジオにいるパネラーが見ながらトークをする。ダウンタウンの冠番組だが、浜田雅功は進行、松本人志はパネラーという立ち位置になっている。

Read Article

松ちゃんの奥さんってどんな人?伊原凛の知られざる過去まとめ

松ちゃんの奥さんってどんな人?伊原凛の知られざる過去まとめ

2009年、ダウンダウンの松本人志との結婚を発表した伊原凛。元お天気キャスターとして活躍してきた彼女は、一体どんな過去を生きてきたのでしょうか。この記事では、そんな伊原凛の知られざる人生についてまとめています。あの松ちゃんと結婚するなんて、ほんと芸人の奥さんって芯の強いしっかりした方が多いですよね。ただただ尊敬です。

Read Article

【向井理】あの人も右派だった…?愛国心の強い有名人まとめ【松本人志】

【向井理】あの人も右派だった…?愛国心の強い有名人まとめ【松本人志】

ニュースなどでよく耳にする「右翼」。その意味は、保守的だったり国粋主義的な思想傾向、もしくはその立場に身を置く人や団体のことをいいます。自分の国を愛することは大切なことですが、あまりにも保守的だとちょっと接しづらいなと感じてしまいますよね。この記事では、テレビなどでの発言から右翼と思われる有名人についてまとめました。信じるか信じないかは、あなた次第です。

Read Article

松本人志が伊原凛と結婚を決意した理由をまとめてみた!

松本人志が伊原凛と結婚を決意した理由をまとめてみた!

トップクラスの人気を誇るお笑い芸人、「ダウンタウン」の松本人志。『M-1グランプリ』の審査員を務めることでも有名な彼が、2014年2月23日放送のフジテレビ『教訓のススメ』に出演。結婚を決意した理由を公の場で初めて語った。 普段私生活のことを語りたがらない松本が、どのようにして妻を選んだのかを紹介していく。

Read Article

【松本人志】あの人はどこに住んでる?芸能人の実家・生家・自宅まとめ【志村けん】

【松本人志】あの人はどこに住んでる?芸能人の実家・生家・自宅まとめ【志村けん】

芸能人が生まれ育った実家や自宅がどこにあるのか、どんな外観をした建物なのか、気になる方は多いのではないでしょうか。この記事では、各界で活躍する有名人たちの家についてまとめました。「ここに住んでるんだ!」と意外な発見があるかもしれませんね。でも、この記事を読んだからといって、くれぐれも現地にまで押しかけたりなんかしないように!そうしたい気持ちはわかるけど、常識の範囲内で…。

Read Article

松本人志が絶賛!ゲーム・ワンダと巨像の監督上田文人を紹介!

松本人志が絶賛!ゲーム・ワンダと巨像の監督上田文人を紹介!

知る人ぞ知る名作ゲーム『ワンダと巨像』。フィールド内にいる「巨像」を倒すのみという非常にシンプルなルールだが、グラフィックスの美しさや音楽に特にこだわりを持って作られており、国内外で様々な賞を受賞した。このゲームを監督したのは「上田文人」という人物で、ダウンタウンの松本人志が、テレビやラジオなどでたびたび話題にあげて大きな反響を呼んでいる。本記事ではゲーム監督「上田文人」とはどのような人物なのか、まとめて紹介する。

Read Article

それは厳しくない!?芸能人の結婚条件のハードルが高すぎて話題【西島秀俊、中居正広 など】

それは厳しくない!?芸能人の結婚条件のハードルが高すぎて話題【西島秀俊、中居正広 など】

結婚とは人生の中でも特に大きなイベント。赤の他人だったパートナー同士が生涯を添い遂げるには、相手もそれなりに慎重に選びたいし、理想というものもある。ただその理想が高すぎるとなかなか結婚見つからないという事態に陥る。かと言って妥協して結婚相手を選べば、価値観の相違や生活時間のすれ違いから離婚を招くことになる。多忙な芸能人はパートナーの仕事への理解がなければ結婚も難しい。しかし西島秀俊や中居正広のように、逆に結婚条件のハードルが高すぎるのでは、という芸能人も多数存在している。

Read Article

【明石家さんま】お笑い芸人の出身高校偏差値まとめ【今田耕司】

【明石家さんま】お笑い芸人の出身高校偏差値まとめ【今田耕司】

キレのあるトーク、話にちゃんとオチがあるかどうか、咄嗟の時の切り返しなど、巧みな話術が必要とされるお笑い芸人。この記事ではそんな彼らの出身高校の偏差値をまとめていますが、本当に頭が良い芸人というのは数値の高低関係なしにこうした話術を身に付けている人のことなのではないかと思います。高卒だからどうだとか、どの高校だからどうだとか、それを気にしてあれこれ言い立てる人たちは一体何がしたいんでしょうね…。

Read Article

目次 - Contents