カラ松の画像をアップすると似た構図のノンスタイル井上の画像が送られて~(以下略)

2015年12月15日頃から徐々に、以下のタグがツイッター界隈を賑わせていたのをご存知でしょうか。
『#カラ松の画像をアップすると似た構図のノンスタイル井上の画像が送られてくる』とは、一体全体ナンだったンだ?

簡単な概要

・こちらではツイッター画像からピックアップし、まとめさせて頂きました(2015年12月15~17日)。
・時間系列が新しい順に下へと置かれています。
(お詫び):誤字を修正致しました。/誤ったツイの位置を修正致しました。

・松野カラ松
別名、松野家のクール&エゴイスト(笑)。何時もカッコつけながらの自分に酔ってます。

(画像:TVアニメおそ松さん公式)

・ノンスタイル井上さん
ご存知お笑いコンビ「ノン スタイル」の“ノンスタ井上”こと井上裕介さん、相方は石田明さん。

(画像:NONSTYLE井上裕介みんなのアイドルになりたくて)

簡単なタグ付けルールもどき

▲流れとしては、例えばタグと共にこんな画像を上げると。↓

▲似た画像を探し出し、それをツイッター上で比較する。………と言うだけのもの。
もちろん自分で見付けた画像を2つ並べ、タグと共に画像を流すのもOKのようです。

ご本人も大喜び!

▲どうしてそんなにポジティブ・シンキング(笑)。

『#カラ松の画像をアップすると似た構図のノンスタイル井上の画像が送られてくる 』まとめ。

おかしなタグと共に突然“それ”は始まったのです。

“カラ松とノンスタ井上さんは似ている!”その事実に気付いたツイッター民の動向をご覧下さい。

なぜ、こんなにも似ているのか?

秀逸すぎる!

勘違いっぷりが一周してカッコイイに。

高塔
高塔
@chaineltess

Related Articles関連記事

おそ松さん(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

おそ松さん(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『おそ松さん』とは、赤塚不二夫の漫画「おそ松くん」を原作にしたアニメーション作品。キャッチコピーは「成長しても、やっぱりバカ」。「おそ松くん」では子供だった六つ子おそ松・カラ松・チョロ松・一松・十四松・トド松は、成長し大人になるが童貞のニートになってしまう。六人は実家暮らしをしながら、今日も働かずにダラダラと過ごす。「おそ松くん」でお馴染みのイヤミ・チビ太・トト子・ハタ坊・デカパン・ダヨーンも登場。ナンセンスでシュールなギャグコメディ。

Read Article

おそ松さんの公式女体化『じょし松さん』6人の喪女像がリアルすぎる件について

おそ松さんの公式女体化『じょし松さん』6人の喪女像がリアルすぎる件について

3/25ついに最終回を迎えた人気ギャグアニメおそ松さん。 その13話で初登場となった、六つ子を女体化した『じょし松さん』たち。 松野家の6つ子たちと同じ声優さんが演じている為オネエキャラのようなキモカワな魅力 で話題となりましたが、それだけではないリアルな『喪女』っぷりを 振り返ってみます。

Read Article

《あなたの好みはどれ?》アニメに登場する女子(男子少し)キャラたちと制服まとめ(クイズもあるよ!)

《あなたの好みはどれ?》アニメに登場する女子(男子少し)キャラたちと制服まとめ(クイズもあるよ!)

アニメに登場する女子キャラたちの制服は、現実の飾らない制服よりも、遥かに華やかで特徴的で可愛らしいですよね。カラフルなものからファッションセンスにこだわったもの、シンプルだけどどこか趣があるものから、どれも印象的です。そしてもはや、その制服を見ただけで原作がなにかわかってしまうほどです。今回はそんなアニメに登場する女子たちの制服をあれこれまとめてみました。

Read Article

27年の時を経て再びアニメ化!!「おそ松くん」と「おそ松さん」キャラクターと声優一挙紹介!

27年の時を経て再びアニメ化!!「おそ松くん」と「おそ松さん」キャラクターと声優一挙紹介!

1966年に第1作、そして1988年に第2作とアニメ化され放送されていた赤塚不二夫原作「おそ松くん」 が大人に成長した姿で27年ぶりにアニメ化され話題となった「おそ松さん」! 今回は「おそ松くん」、「おそ松さん」の登場キャラクターと歴代のアニメ制作スタッフをご紹介します!

Read Article

今更ながら『おそ松さん』を深読みする(最終回ネタバレあり)

今更ながら『おそ松さん』を深読みする(最終回ネタバレあり)

深夜枠の放送ながら何かと話題の『おそ松さん』。「ギャグ漫画の巨匠の作品」。そのネームバリューだけではない快進撃ですが、何だか単なるギャグではなく、風刺の香りがプンプンしますね。ものすごく今更ですが、第1話をはじめいろいろと振り返って、色々と考察というか深読みして行こうかと思います。「本当に今更だな!」とチョロ松兄さんからツッコミが入ろうとも。

Read Article

目次 - Contents