生田絵梨花(乃木坂46)の名言・迷言・発言まとめ

生田絵梨花は日本のアイドルグループ「乃木坂46」の第1期メンバー。結成当初から選抜メンバーに選ばれており、学業の都合で9枚目のシングル『夏のFree&Easy』では活動を休業するが、次のシングル『何度目の青空か?』で復帰、いきなりセンターに選ばれている。以降、卒業するまで選抜落ちを経験していない。本記事ではそんな生田絵梨花のテレビや雑誌のインタビューでの発言を集めている。

卒業について

「アイドルっていつかは終わりが来るものなので」

アイドルっていつかは終わりが来るものなので。今考えることではないですが、メンバーの卒業があったりすると、ちょっと考えちゃいますね。年を重ねてもずっとステージに立ち続けていける人になりたいなっていうのが、私にとって1番大きな夢なんです。
(2017年2月24日『クイック・ジャパン130』)

生田が乃木坂46を卒業したのは、2021年12月31日。『第72回NHK紅白歌合戦』が乃木坂46での最後のパフォーマンスとなった。このインタビューが掲載された約4年10ヵ月後のことである。

「6年もやっていると別れも多くなってくるもので」

6年もやっていると別れも多くなってくるもので。やっぱりすごく寂しいなという気持ちもありつつ、ずっと乃木坂でやってきた縁やつながりは、永遠に続くものだと思っています。そういうものを私はずっと大事にしていきたいし、卒業していった全てのメンバーに感謝の気持ちを込めて歌いたいと思います。
(2017年12月25日・東京・豊洲PIT『MTV Unplugged: Erika Ikuta from Nogizaka46』)

2017年12月25日、東京・豊洲PITで開催された「MTV Unplugged: Erika Ikuta from Nogizaka46」でのMC。2017年は2月に橋本奈々未、11月に中元日芽香、12月に伊藤万理華が卒業している。上の発言はそんな卒業していったメンバーに対する気持ちを表したもの。このMCの後に、生田は中元日芽香のセンター曲『君は僕と会わない方がよかったのかな』と橋本奈々未のソロ曲『ないものねだり』を披露している。

「これから違う場所で輝く姿を見られるのは嬉しいんです」

みんながそれぞれの夢を持って飛び出していくので、「前向きな別れ」として捉えられるようになってきました。むしろ、これから違う場所で輝く姿を見られるのは嬉しいんです。
(2019年2月9日『YAHOO!ニュース』)

当インタビューが掲載された前年には、川村真洋、生駒里奈、斎藤ちはる、相楽伊織、若月佑美、能條愛未、川後陽菜、そして西野七瀬が卒業していった。1期生のフロントメンバーや同年代で仲の良かった斎藤ちはるの卒業などは悲しい出来事でもあったはず。そんな卒業を「前向きな別れ」として捉えられるようになれた、そのこと自体が生田の成長の証にも思える。

「なんか、言葉が出てこなくなっちゃって」

なんか、言葉が出てこなくなっちゃって。喋れなくなっちゃって。分かってはいるけどやっぱり実際にその場になってみると、あぁ、こんなに寂しいんだとか、(メンバーの)顔を見て、こんなに思ってくれている人達がいるんだとか、それがすごいドッと押し寄せてきてね。
(2021年11月3日:ニッポン放送『乃木坂46のオールナイトニッポン』)

2022年一杯で乃木坂46を卒業することを発表した生田。上の発言はニッポン放送『乃木坂46のオールナイトニッポン』のメインパーソナリティでもあり、乃木坂46のメンバーでもある新内眞衣とのラジオ番組での発言。メンバーに卒業する旨を打ち明けた時の模様を語っている。

「これからはたくさん寄り道をしたいなと思っています」

これまで目標があったらそこに向けて一直線だったんです。でもこれからはたくさん寄り道をしたいなと思っています。それは例えば人との無駄話にも、自分の価値観を変えられる話や、行動を起こしてみようと思うきっかけが混ざっていると思うんです。その時点で自分の目標に繋がることはないかもしれないけど、いつか繋がるかもしれない。点をいっぱい作っておいて、あとから線を結ぶ。しばらくはそういうスタンスでいきたいと思います。ただそれがもし夢を叶える秘訣ではないなと思ったら、また1年後くらいに言います。やっぱ違いましたって、何事も一直線でやった方がいいですって(笑)。
(2022年1月16日『モデルプレス』)

2021年12月31日『第72回NHK紅白歌合戦』への出演をもって生田は乃木坂46から卒業した。上のインタビューはそこから約1ヵ月後に掲載されたもの。卒業後まだ時間は経過していないが、既に自分の歩む道をしっかりと見つめている姿勢が伺える。

乃木坂46について

「ほかのグループとは違った色を出したい」

ほかのグループとは違った色を出したいというのは今、メンバー全員が思っていて。そこを模索しながら活動して、最終的にはアイドルの枠を超えて……例えばAKBさんみたいに、ジャンルを超えた存在になりたいです。今はまだ「アイドルという枠の中の乃木坂46」だと思うんですけど、将来的には「乃木坂46という枠」ができて、その中にアイドルとか女優とかいろんなジャンルがある、そういうふうになれたらうれしいですね。そのためにも個々の歌唱力も表現力も上げるべきだと思うし、ほかのアーティストの皆さんがやっていることができるようになっていけたらいいなと。
(2014年10月7日『音楽ナタリー』)

乃木坂46結成4年目に突入、ということで今後の目標を質問された時の回答。乃木坂46を俯瞰したうえで、まだまだグループとしては発展途上にあることを自認し、それでも将来の大きなビジョンを抱いていることが伺える。

「乃木坂“さん”、いつもスゴイなぁと思いながら見ています」

乃木坂“さん”、いつもスゴイなぁと思いながら見ています。個々に光り輝いているメンバーがたくさんいるので、尊敬を込めての乃木坂“さん”なんです。
(2019年2月9日『YAHOO!ニュース』)

舞台という外仕事が多い関係もあるのかも知れないが、あえて「乃木坂さん」というグループを俯瞰できる姿勢が現れている発言。

「これからどうやって今の人気を持続させていくのか?」

今までは勢いでいけたものが、これからは勢いだけでは難しくなってくると思います。となると、「これからどうやって今の人気を持続させていくのか?」みたいなことは、常に考えています。永遠に上へと登り続けるって、難しいですから。
(2019年2月9日『YAHOO!ニュース』)

2019年2月21日~24日、約5万人を収容できる大阪・京セラドームで「7th YEAR BIRTHDAY LIVE」を開催した後の心境。急激に巨大化していく乃木坂46に対し、不安を抱きながらも先を見つめている姿勢が伺える。ここでもきちんと自分たちを俯瞰している。

「私たち1期生はゼロから乃木坂を“縦”に伸ばすためのことを考えて実践してきました」

私たち1期生はゼロから乃木坂を“縦”に伸ばすためのことを考えて実践してきました。これからは、縦に伸ばす役目は若い子たちがどんどん担っていってもらいたいです。私たち1期生は、乃木坂の未来を担う子たちをサポートしつつ、“横”へと広げていく役目を担うべきなんじゃないかな。
(2019年2月9日『YAHOO!ニュース』)

このインタビューが掲載された時点では既に乃木坂46には第4期生までが加入している(新4期生の5名は翌年の加入)。自分たちの役割をきちんと考慮するだけでなく、ここでは先輩としての自覚と項はたちへの暖かいまなざしを感じることが出来る。決して近視眼にならない生田ならではの感覚なのだろう。

「見られ方を気にしないで自由にできるようになったかな」

今まではなんとなく「自分は乃木坂46ではこういうイメージだろうな」と、イメージを壊さないようにしなきゃという意識がどこかにあったと思うのですが、写真集の撮影を経てから、見られ方を気にしないで自由にできるようになったかな。それが「良くない」と感じるのであれば元に戻すべきだなと思っていたのですが、「すごく良かった」や「新しい面も素敵だと思う」という意見を聞くことができたので、良い方向に進んでいると思います。「大人っぽいね」と言われるのも嬉しいのですが、大人っぽいだけになりたいかと言ったらそうではなくて、まだまだ子どもでもある。例えば外見のことだと、しばらく前髪を伸ばして大人びたい期間もあるのですが、若返りたくて前髪を切ったり、髪を暗く染めたりもします。いろいろな面を見てもらいたいし、「生田絵梨花はこれ」と決まっていなくても良いのかなと思うんです。その都度変化していったり、進んだり、戻ったり、そういうことで良いんじゃないかなと思っています。
(2019年6月2日『モデルプレス』)

2019年1月22日に出版された生田絵梨花初の写真集『インターミッション』出版から半年後に掲載されたインタビューから。それまでは第三者から見られるイメージが「乃木坂46」という括りに囚われていたのだけれど、写真集「インターミッション」によってそれは解放されることになったことを示唆している。

yamada3desu
yamada3desu
@yamada3desu

Related Articles関連記事

賭ケグルイ(Kakegurui)のネタバレ解説・考察まとめ

賭ケグルイ(Kakegurui)のネタバレ解説・考察まとめ

『賭ケグルイ』とは2014年に原作河本ほむら、作画尚村透によって出版社スクエアエニックス『月刊ガンガンJOKER』で連載が開始されたギャンブル漫画である。名門、私立百花王学園に転校してきた蛇喰夢子(じゃばみ ゆめこ)は大きなリスクを負うことに興奮を感じる通称『賭ケグルイ』だった。 人間の心の闇、執着、醜さと言ったリアルで生々しい表現は、日本国内のみならず世界中から評価されている。2017年7月にアニメ1期『賭ケグルイ』の公開。2019年1月にはアニメ2期『賭ケグルイxx』が公開された。

Read Article

乃木坂46の徹底解説まとめ

乃木坂46の徹底解説まとめ

乃木坂46とは、2011年8月21日に「AKB48の公式ライバル」として誕生したアイドルグループ。AKB48と同じく秋元康プロデュースのグループであり、のちに誕生する「欅坂46」や「日向坂46」など「坂道シリーズ」の第一弾グループでもある。当初はAKB48のライバルということで何かと比較されることが多かったが、現在では第59回、及び第60回の日本レコード大賞を連続受賞するなど、「AKB48の公式ライバル」という看板はもはや不要の「乃木坂46」という唯一無二のアイドルグループとして君臨している。

Read Article

AKB48グループ・坂道シリーズのスキャンダルまとめ

AKB48グループ・坂道シリーズのスキャンダルまとめ

AKB48グループ・坂道シリーズは、秋元康がプロデュースする女性アイドルグループ・AKB48および姉妹グループ、坂道シリーズのことである。恋愛禁止を掲げるアイドルグループとしても有名であるが、スキャンダルや騒動が後を絶えない。ついにはグループに在籍しながら結婚宣言を行ったメンバーも現れ、世間を騒がせている。

Read Article

乃木坂46の家族エピソードまとめ

乃木坂46の家族エピソードまとめ

乃木坂46は秋元康がプロデュースする女性アイドルグループであり、坂道シリーズの第1弾グループでもある。グループ結成とほぼ同時期の2011年10月にテレビの冠バラエティ番組『乃木坂って、どこ?』の放送が開始された。その後2015年4月から後継番組『乃木坂工事中』が放送されている。本記事では、この2番組で放送された内容を中心に乃木坂46のメンバーと家族とのエピソードをまとめて紹介する。

Read Article

乃木坂46のハロウィン仮装まとめ

乃木坂46のハロウィン仮装まとめ

乃木坂46は秋元康がプロデュースする女性アイドルグループであり、坂道シリーズの第1弾グループでもある。グループ結成とほぼ同時期の2011年10月にテレビの冠バラエティ番組『乃木坂って、どこ?』の放送が開始された。その後2015年4月から後継番組『乃木坂工事中』が放送されている。本記事では、ハロウィン時にこの2番組で放送されたメンバーによる仮装の模様や、その後のゲーム大会などをまとめて紹介する。

Read Article

乃木坂46の学力テストまとめ

乃木坂46の学力テストまとめ

乃木坂46は秋元康がプロデュースする女性アイドルグループであり、坂道シリーズの第1弾グループでもある。グループ結成とほぼ同時期の2011年10月にテレビの冠バラエティ番組『乃木坂って、どこ?』の放送が開始された。その後2015年4月から後継番組『乃木坂工事中』が放送されている。本記事では、この2番組で放送された学力テスト企画「頭脳(NO)王決定戦」の内容を紹介する。

Read Article

NEW
乃木坂46の名言・迷言・発言まとめ

乃木坂46の名言・迷言・発言まとめ

乃木坂46とは、2011年8月21日に「AKB48の公式ライバル」として誕生したアイドルグループ。AKB48と同じく秋元康プロデュースのグループであり、のちに誕生する「欅坂46(現櫻坂46)」や「日向坂46」など「坂道シリーズ」の第一弾グループでもある。本記事では、乃木坂46が出演したテレビ番組や雑誌等で行なわれたインタビューから、印象深い名言や迷言、発言を集め、加入した期生別・メンバー別(50音順)に紹介する。

Read Article

【乃木坂46】可愛いだけがアイドルじゃない!生田絵梨花のエリートぶりまとめ

【乃木坂46】可愛いだけがアイドルじゃない!生田絵梨花のエリートぶりまとめ

ピアノにクラシックバレエに英検、それに漢検や数学検定、習字など、マルチな才能を見せる生田絵梨花。ファンの間では有名ですが、実は彼女、ドイツで生まれ育った帰国子女だったのです。この記事では、そんな生田絵梨花のエリートぶりについてまとめました。ミュージカル界にも欠かせない存在になっている彼女を見ていると、今のアイドルはもはや「ただ可愛いだけ」では通用しないのかもしれませんね。

Read Article

乃木坂46次世代エースは誰!?

乃木坂46次世代エースは誰!?

現在人気のアイドル、乃木坂46。 現在のエースや十福神といったフロントメンバーの人気は非常に高まっており、今や公式ライバルであるAKB48グループをもしのぐものとなっています。 しかし、メンバーの層は厚く、次世代と言われる若手のメンバーの人気も実力も上がってきていると話題になってきています。 そこで、今回はそんな乃木坂46の次世代メンバーを紹介します。

Read Article

【あつ森】乃木坂46を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

【あつ森】乃木坂46を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。人気アイドルを再現したマイデザインは特に人気だ。Switchオンラインで公開されているマイデザインは自由に使うことができるので、大好きなアイドルと同じ衣装を身に着けることもできる。ここでは「乃木坂46」の衣装を再現したマイデザインを紹介する。

Read Article

【乃木坂46】柏幸奈の画像まとめ

【乃木坂46】柏幸奈の画像まとめ

乃木坂46はAKB48の「公式ライバルグループ」として2011年に結成され、今や日本を代表するアイドルグループのひとつとなった。柏幸奈は乃木坂46の元メンバーで、子どもの頃から子役女優として活動し、アイドルグループ「ももいろクローバー」にも所属した。乃木坂46の卒業後はファッションモデルとして活動している。ここでは柏幸奈の画像をまとめた。

Read Article

ヴィンテージ物も!芸能人・著名人が愛用しているカメラまとめ【タモリ、福山雅治ほか】

ヴィンテージ物も!芸能人・著名人が愛用しているカメラまとめ【タモリ、福山雅治ほか】

日々テレビや映画など華やかな世界で活躍している芸能人・著名人たち。彼らの中には「カメラ収集」や「写真撮影」を趣味にしている人も多い。テレビ番組の企画などではたまに彼らのコレクションの一部が披露されているが、手軽な一眼レフやコンパクトカメラ、中にはヴィンテージ物の貴重なカメラも含まれている。本記事では芸能人・著名人たちが愛用しているカメラに関して、画像と共にまとめて紹介する。

Read Article

目次 - Contents