生田絵梨花(乃木坂46)の名言・迷言・発言まとめ

生田絵梨花は日本のアイドルグループ「乃木坂46」の第1期メンバー。結成当初から選抜メンバーに選ばれており、学業の都合で9枚目のシングル『夏のFree&Easy』では活動を休業するが、次のシングル『何度目の青空か?』で復帰、いきなりセンターに選ばれている。以降、卒業するまで選抜落ちを経験していない。本記事ではそんな生田絵梨花のテレビや雑誌のインタビューでの発言を集めている。

生田絵梨花(いくたえりか)の概要

生田絵梨花は日本のアイドルグループ「乃木坂46」の第1期メンバー。
ドイツ・デュッセルフドルフ出身。デビューシングル『ぐるぐるカーテン』から選抜メンバーに選出されており、学業の都合で9枚目のシングル『夏のFree&Easy』では活動を休業するが、次のシングル『何度目の青空か?』で復帰、いきなりセンターに選ばれている。以降、2021年12月31日に乃木坂46を卒業するまで、シングルでの選抜落ちを経験することはなかった。
乃木坂46活動中からミュージカルの舞台に立つことも多かった。生田のミュージカルに対する取り組みや考えは、下の記事「舞台について」で生田自身の言葉で語られている。乃木坂46卒業後は主にミュージカル女優として活躍している。

アイドルについて

「思っていた以上にすごく踏ん張る力がいるなって」

やってみて、思っていた以上にすごく踏ん張る力がいるなって思いました。表では笑顔で人を楽しませるっていうキラキラした姿のイメージが強いんですけど、そのためには当たり前だけどものすごい苦労が必要だし。それは乃木坂に入ってから初めて気付かされました。
(2014年10月7日『音楽ナタリー』)

実際にアイドルになって、そのアイドルの世界と現実の世界はどう違うか、という質問に対する回答。

「アイドルって本当に何でもやるんです」

アイドルって本当に何でもやるんです。コントとか、滝行とか、ドリアンアイスを食べるとか。「こんなはずじゃなかった!」ということもあります。でも、それは全部アイドルでなかったら経験できなかったし、経験する前と後では視野が変わりました。だから、いろいろなジャンルを経験できることが一番の良さかな。
(2015年7月8日『デビュー』)

コント、滝行、ドリアンアイスなどはテレビ番組『乃木坂って、どこ?』で行われたこと。シングルデビュー前から自分達の冠番組を持つことができたことも、多岐に渡る活動を可能にしていた。

オーディションについて

「もともと興味は持ってなかったんですけど」

もともと興味は持ってなかったんですけど、小さい頃からミュージカルを観に行くのが好きで、いつか自分もあの舞台に立ちたいと思っていて。で、“ステージ”という共通点からたまたま乃木坂のオーディションにたどり着いて、1期生として1から立ち上げるという機会はあまりないことだからチャレンジしてみようと思って受けたのが、アイドルになったきっかけなんです。
(2014年10月7日『音楽ナタリー』)

冒頭の「もともと興味は持ってなかった」はアイドルに対しての発言。アイドルになりたい、というよりもミュージカルを通じてステージの上に立てるパフォーマーになりたい、というのがオーディションを受けた動機とこのと。

「芸能活動を始めることを反対されることはなかったですね」

お父さんには乃木坂のオーディションを受けていることを最終審査まで言っていなかったんです。お母さんには言っていたんですけど(笑)。最終審査の前にお父さんに「いま実は乃木坂46のオーディションを受けていて」って打ち明けたら、「あれ?ピアノはどうしたの?」って当然ながら言われて…。「受かるかわからない」ってその場は終わったんですけど、受かったので「両方やります!」って宣言しました。芸能活動を始めることを反対されることはなかったですね。
(2015年2月25日『モデルプレス』)

この発言の前に、反対する父親に自分の決意を話し、グランドピアノを買ってもらったというエピソードが語られている。ピアノをとるか、アイドルをとるか。生田は「両方やります!」と両方ととったことになる。なるべく色々なことを経験したい、そしてやるならば全力でやり抜く、という生田の心情が現れた発言になっている。

「“いつか絶対にこの舞台に立ちたい!”と思っていました」

私は13年にこの作品を観たときから、“いつか絶対にこの舞台に立ちたい!”と思っていました。ですから、オーディションがあると聞いたときは、再演される嬉しさと同時に、“ダメで元々、今の力を精一杯出そう”という気持ちでオーディションに臨みました。オーディション当時は、演出の小池修一郎先生の前で歌うということで、最初は緊張でガチガチ! でも、小池先生からの演技指導が入る稽古さながらのオーディションだったので、“落ちたとしても得るものが大きかった、受けて良かった”と思っていました。結果をいただいたのは少し先だったので、正直、ダメだったか……と気持ちを切り替え始めていたので、合格の知らせはとても驚きましたし、嬉しかったです。
(2016年12月21日『デビュー』)

2017年1月から赤坂ACTシアター、及び梅田芸術劇場メインホールで上演されたミュージカル『ロミオ & ジュリエット』のオーディションを受けた際の模様を語っている。ちなみにこの舞台は生田とミュージカル女優・木下晴香のW主演だった。

休業について

「進学準備のために力をつけることに集中したいなと思いました」

今まで乃木坂と高校生活を両立してやってきたんですけど、どうしても積み残しがいっぱいあって、そういうのを次のステップに進めない、このままにしておくと進めないという気がしたので、この夏、進学準備のために力をつけることに集中したいなと思いました。あと2カ月は普通に活動しますし、そのあともすぐ戻って来ますのでよろしくお願いします!
(2014年4月20日:パシフィコ横浜・個別握手会において)

2014年4月20日、神奈川県・パシフィコ横浜にて「気づいたら片想い 個別握手会」が開催された。その際に生田本人の口から、次のシングル及びそれに伴う活動への不参加が発表された。上の発言はその時のもの。生田は大学進学への準備期間を設けるため、グループ活動からの一時休業を決心したのだ。

「自分の持っているパワーをいっぱい出せたらいいな」

全然予想してなくて。しばらく自分が離れていたのもあって。さらに実感がわかなくて。なんか戻ってきていきなりここっていうのは、自分的に複雑な気持ちもあるし。きっとなんか図々しいだろうなとも思うし。だけど自分の持っているパワーをいっぱい出せたらいいなと思っています。
(2014年8月4日『乃木坂って、どこ?』)

2014年8月4日の『乃木坂って、どこ?』で放送された、乃木坂46の10枚目シングル『何度目の青空か?』選抜メンバー発表時の心境を語っている。この日の放送は、生田が休業明け初の放送であった。ちなみにこの日は研究生として相楽伊織が初めて番組に登場した回でもある。生田は休業明け、いきなりセンターに抜擢された。センターとして名前を呼ばれた時、生田は放心したような表情で、しばらく声も出なかった。ただ、最後にMCバナナマン設楽から「頑張ってやろう!頑張ろう!」とエールを送られると、生田は目をギュっとつぶり、大きく頷いて「やります!」としっかり応えていた。

「なんと言っても私は前作での活動を休んでいたから」

やっぱり一段と緊張しますよね(笑)。緊張するし、何をするにもプレッシャーもかかるし、なんと言っても私は前作での活動を休んでいたからそのことを少し引きずってもいたし。だけどそこは周りのメンバーが「全然気にしなくていいよ! そのままいくちゃんらしくやってくれれば、それが一番いいと思う」と言ってくれて、それが支えになって変に構えたりとか作ったりとかせずに、自由にできたのかなと思ってます。
(2014年10月7日『音楽ナタリー』)

2014年8月30日、明治神宮野球場に於いて「真夏の全国ツアー2014」千秋楽が開催されたが、そこで生田は休養後初めてファンの前に姿を表した。そこで生田初のセンター曲『何度目の青空か?』の初披露も行われた。上の言葉はその時の心境を表している。

yamada3desu
yamada3desu
@yamada3desu

Related Articles関連記事

賭ケグルイ(Kakegurui)のネタバレ解説・考察まとめ

『賭ケグルイ』とは2014年に原作河本ほむら、作画尚村透によって出版社スクエアエニックス『月刊ガンガンJOKER』で連載が開始されたギャンブル漫画である。名門、私立百花王学園に転校してきた蛇喰夢子(じゃばみ ゆめこ)は大きなリスクを負うことに興奮を感じる通称『賭ケグルイ』だった。 人間の心の闇、執着、醜さと言ったリアルで生々しい表現は、日本国内のみならず世界中から評価されている。2017年7月にアニメ1期『賭ケグルイ』の公開。2019年1月にはアニメ2期『賭ケグルイxx』が公開された。

Read Article

乃木坂46の徹底解説まとめ

乃木坂46とは、2011年8月21日に「AKB48の公式ライバル」として誕生したアイドルグループ。AKB48と同じく秋元康プロデュースのグループであり、のちに誕生する「欅坂46」や「日向坂46」など「坂道シリーズ」の第一弾グループでもある。当初はAKB48のライバルということで何かと比較されることが多かったが、現在では第59回、及び第60回の日本レコード大賞を連続受賞するなど、「AKB48の公式ライバル」という看板はもはや不要の「乃木坂46」という唯一無二のアイドルグループとして君臨している。

Read Article

AKB48グループ・坂道シリーズのスキャンダルまとめ

AKB48グループ・坂道シリーズは、秋元康がプロデュースする女性アイドルグループ・AKB48および姉妹グループ、坂道シリーズのことである。恋愛禁止を掲げるアイドルグループとしても有名であるが、スキャンダルや騒動が後を絶えない。ついにはグループに在籍しながら結婚宣言を行ったメンバーも現れ、世間を騒がせている。

Read Article

乃木坂46の家族エピソードまとめ

乃木坂46は秋元康がプロデュースする女性アイドルグループであり、坂道シリーズの第1弾グループでもある。グループ結成とほぼ同時期の2011年10月にテレビの冠バラエティ番組『乃木坂って、どこ?』の放送が開始された。その後2015年4月から後継番組『乃木坂工事中』が放送されている。本記事では、この2番組で放送された内容を中心に乃木坂46のメンバーと家族とのエピソードをまとめて紹介する。

Read Article

乃木坂46のハロウィン仮装まとめ

乃木坂46は秋元康がプロデュースする女性アイドルグループであり、坂道シリーズの第1弾グループでもある。グループ結成とほぼ同時期の2011年10月にテレビの冠バラエティ番組『乃木坂って、どこ?』の放送が開始された。その後2015年4月から後継番組『乃木坂工事中』が放送されている。本記事では、ハロウィン時にこの2番組で放送されたメンバーによる仮装の模様や、その後のゲーム大会などをまとめて紹介する。

Read Article

乃木坂46の学力テストまとめ

乃木坂46は秋元康がプロデュースする女性アイドルグループであり、坂道シリーズの第1弾グループでもある。グループ結成とほぼ同時期の2011年10月にテレビの冠バラエティ番組『乃木坂って、どこ?』の放送が開始された。その後2015年4月から後継番組『乃木坂工事中』が放送されている。本記事では、この2番組で放送された学力テスト企画「頭脳(NO)王決定戦」の内容を紹介する。

Read Article

NEW

乃木坂46の名言・迷言・発言まとめ

乃木坂46とは、2011年8月21日に「AKB48の公式ライバル」として誕生したアイドルグループ。AKB48と同じく秋元康プロデュースのグループであり、のちに誕生する「欅坂46(現櫻坂46)」や「日向坂46」など「坂道シリーズ」の第一弾グループでもある。本記事では、乃木坂46が出演したテレビ番組や雑誌等で行なわれたインタビューから、印象深い名言や迷言、発言を集め、加入した期生別・メンバー別(50音順)に紹介する。

Read Article

乃木坂46次世代エースは誰!?

現在人気のアイドル、乃木坂46。 現在のエースや十福神といったフロントメンバーの人気は非常に高まっており、今や公式ライバルであるAKB48グループをもしのぐものとなっています。 しかし、メンバーの層は厚く、次世代と言われる若手のメンバーの人気も実力も上がってきていると話題になってきています。 そこで、今回はそんな乃木坂46の次世代メンバーを紹介します。

Read Article

【あつ森】乃木坂46を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。人気アイドルを再現したマイデザインは特に人気だ。Switchオンラインで公開されているマイデザインは自由に使うことができるので、大好きなアイドルと同じ衣装を身に着けることもできる。ここでは「乃木坂46」の衣装を再現したマイデザインを紹介する。

Read Article

【乃木坂46】柏幸奈の画像まとめ

乃木坂46はAKB48の「公式ライバルグループ」として2011年に結成され、今や日本を代表するアイドルグループのひとつとなった。柏幸奈は乃木坂46の元メンバーで、子どもの頃から子役女優として活動し、アイドルグループ「ももいろクローバー」にも所属した。乃木坂46の卒業後はファッションモデルとして活動している。ここでは柏幸奈の画像をまとめた。

Read Article

目次 - Contents