湯を沸かすほどの熱い愛(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『湯を沸かすほどの熱い愛』とは、2016年に公開された日本映画。「幸の湯」という銭湯を営む幸野家。しかし1年前に父が家を出て行ってしまい銭湯は休業状態。母の双葉はパートをしながら懸命に娘を育てていたが、ある日余命宣告を受ける。双葉はその日から、「絶対にやっておくべきこと」を決め実行して行くが、それは家族の秘密を取り払うことでもあった。関わるすべての人の心を突き動かす強さと優しさを持つ主人公・双葉を宮沢りえが演じ、失踪した夫・一浩をオダギリジョーが演じる。第40回日本アカデミー賞受賞作品である。

『湯を沸かすほどの熱い愛』の概要

『湯を沸かすほどの熱い愛』とは、銭湯を舞台に繰り広げられる家族の絆を描いたヒューマンドラマ。2016年公開の日本映画である。
「湯気のごとく、店主が蒸発しました。当分の間、お湯は沸きません」という張り紙が貼られているのは、幸野家が営む銭湯、幸の湯(さちのゆ)である。
1年前、夫の一浩はパチンコに行ってくると言って家を出て行ったきり、帰ってこなかった。妻である双葉は、生来のたくましさと明るさで、パートをしながら高校1年生の娘を育てている。
そんなある日、職場で倒れてしまった双葉は病院で、医者から余命2ヶ月と宣告される。束の間の悲しみに打ちひしがれるも、その日から双葉は「絶対にやっておくべきことを」決め、気丈に実行して行く。
それは、家出をした夫を連れ戻し銭湯を再開させること、いじめに遭っている娘を自立させること、そして娘をある人に会わせること。ひとつひとつ実行して行く中で出会う様々な人が、双葉の包み込むような優しさと、人間味に溢れた温かさに惹かれ、双葉の力になってくれていた。子供を見捨てた人、見捨てられた人、逃げた人、向き合った人。それぞれの思いが交わり、家族の絆を強く結んでくれるのだった。

余命宣告された人間と家族の話という普遍的なテーマが、しっかりとした伏線と展開によって思いがけない感動と驚きを織りなす。かつてない衝撃的なラストは賛否両論を呼び話題となった。
主人公・双葉の母親としての強さ、妻としての優しさ、そして時には一人の娘としての脆さ、様々な女の顔を『紙の月』、『たそがれ清兵衛』の宮沢りえが演じ、共演には、宮沢りえの娘を『トイレのピエタ』、『楽園』の杉咲花、夫を『アカルイミライ』、『ゆれる』のオダギリジョーがそれぞれ演じている。
脚本・監督は本作が長編デビュー作となる中野量太。第40回日本アカデミー賞優秀作品賞、優秀監督賞、優秀脚本賞を受賞し、最優秀主演賞を宮沢りえ、最優秀助演女優賞に杉咲花がダブル受賞している。

『湯を沸かすほどの熱い愛』のあらすじ・ストーリー

幸野家が営む銭湯「幸の湯」

銭湯の入り口の貼り紙

銭湯を営む幸野家。しかし入り口には、「湯気のごとく店主が蒸発しました。当分の間、お湯は沸きません」と貼り紙してある。休業の理由は夫の一浩が、1年前にパチンコに行ってくると言って家を出て行ったきり帰って来ないからだ。妻の双葉がパートをしながら、娘の安澄(あずみ)を育てている。

母の双葉(右)と、娘の安澄(左)

ある日の朝、双葉と安澄が朝ごはんを食べている時、味噌汁に口をつけた安澄は、「違う」と味付けに対し言った。そして「おとといも言ったじゃん」と続ける。安澄に言われ双葉も味噌汁に口をつけるが違いが分からないようで、嫌なら食べなくてよし、とあまり気にしていない様子だった。

学校へ行く時間になっても安澄は玄関から出ようとせず、「お腹痛い。頭も痛い」と双葉に訴える。双葉はそれには答えず、「コロッケのおいしいお肉屋さんあったよね?帰りに4つ買って来てくれる?」と明るく安澄に言う。安澄はしぶしぶ学校へ向かった。

教室の席に着いた安澄は、ある3人組の女子が教室に入って来るのを目にした途端、両手で自分の机をしっかりと掴んだ。その3人の女子は順番に安澄の机を蹴って行きながら自分の席に着く。
安澄は机に顔を伏せて、すぐ横の壁に書かれてある「笑って」という文字を見つめていた。

学校でいじめられている安澄

制服が絵の具まみれになっている安澄

美術の時間、教師に絵を褒められる安澄。授業が終わると、安澄の机を蹴った3人組が、絵の描き方を教えてと安澄に近寄り、安澄のパレットに次々と絵の具を全部出していく。
安澄がパレットを勢いよく自分の方へ引き寄せた時、3人のうちの1人のスカートに絵の具が付いてしまった。

その頃、パン屋で働く双葉の所に学校か呼び出しの連絡が入る。双葉が急いで学校へ向かうと、そこには全身に絵の具を塗りつけられた安澄が座っていた。
側にいた教師が双葉に、「全部自分でやったと言うんです」と言う。涙をこらえながら安澄は、「数えたら11色あった」と双葉に笑って答えた。
双葉は、「その中で好きなのは?安澄の一番好きな色」と安澄に聞く。安澄は少し戸惑いながら、「水色」と答えた。
「お母ちゃんは断然赤。情熱の赤が好き」と双葉が話すと、「赤?お母ちゃんぽい」と安澄は笑顔で言い、「着替えて帰ろう」と双葉は優しく言った。

廊下に出た双葉は教師に、安澄の家での様子を聞かれる。「うちでは私ともよく喋るんですが」と答える双葉だったが、「お父さんとは?」と聞かれると答えづらそうに、「父親は1年前にふらっといなくなりまして…」と話した。

双葉のパート先の制服を借りた安澄と双葉は自転車を2人乗りして帰って行く。双葉は安澄に、「明日も学校行こうね。行こうね安澄」と大きな声で言うが、安澄はそれには何も答えず、「お母ちゃん」と言って泣いた。

病院で余命2ヶ月と宣告される

営業しない銭湯の浴槽で泣く双葉

パート先でレジ打ちをしている途中、突然倒れる双葉。病院に行き、医師に自覚症状はないか聞かれると、「3ヶ月前くらいから時々めまいがして、たまに味覚が変な時が」と答える双葉。
「味が分からない?」と深刻な口ぶりになる医師に対して双葉は、「でもそれ以外は元気なんです。本当に」と念を押すように言った。
検査を終えた双葉に医師は、「まずは、現状がかなり厳しいという事を理解して下さい」と神妙な面持ちで話し始めた。
「幸野さんはステージ4の末期がんです。すい臓がんを原発巣としてすでに全身へ遠隔転移が見られます。肺、肝臓、あと脳にも転移している疑いが」と言われ、驚きを隠せない双葉。

営業していない銭湯の浴槽に座り込み、双葉は悲しみに暮れて泣き続けていた。
お腹を空かせて待っていた安澄が双葉に電話をかける。「お母ちゃんまだ?8時過ぎたよ?お腹空いて死にそう。早く帰って来ないと餓死しちゃうかも」。
何も言わない双葉に安澄は、「もしもしお母ちゃん?聞いてる?」と問いかけた。
すると双葉は、「お母ちゃん決めた。今から安澄のために超特急で帰っておいしいカレー作る」としっかりとした口調で答えた。「もうちょい我慢出来る。だから気を付けてゆっくり帰って来て」と安澄は言った。
双葉は意を決したようにすくっと立ち上がり、携帯を閉じた。

家出した夫・一浩の居場所を探し出す

双葉(左)と探偵の滝本(中央)とその娘の真由(右)

双葉は滝本という探偵と喫茶店にいた。滝本は双葉に、一浩の住むアパートの写真等を見せる。「探偵さんに頼んでたら、こんなにもすぐに見つかったんですね」と双葉は拍子抜けした様子だった。
滝本の隣には、真由という小さな娘が座っている。真由の口に付いたチョコを優しく拭いてあげている双葉に滝本は、「こいつの母親、こいつ産む時に脳出血で」と話し始めた。
滝本の発言に続けるように真由は、「今天国にいるの。でも遠いからなかなか会いに行けなくてさ」と双葉に言った。
「そっかぁ。天国から真由ちゃんのこと見守ってるんだね」と答える双葉に、「天国から真由ちゃん見えるの?」と驚く真由。双葉は「見えるよ!」と笑った。「天国に行った事あるの?」と真由が聞くと双葉は、「行った事ないけど、行きたいなって思ってる」と微笑んだ。

夕食に、送られて来た蟹を食べている双葉と安澄。添えられた手紙には、「皆さん元気でお過ごしでしょうか?今年も良い高足ガニが獲れましたのでお送りします。 4月25日 坂巻君江」とあった。
「毎年毎年律儀な人だね同じ日に」と蟹を頬張りながら言う安澄に、「安澄、今年もお礼の手紙書いてね」と双葉が言った。「なんで毎年私なの?」と不服そうな安澄に双葉は、「形式ばったお礼書くより、子供が自由に書いた方がもらった人は嬉しいでしょ?」と返した。「もうそんな子供じゃないし」とすねる安澄に、双葉は紙袋を取りに行きそれを安澄に渡した。
中身は水色のブラジャーだった。まだいいよと戸惑う安澄に、「大事な時にちゃんとした下着付けてないと。すぐに使わなくていいの。持ってて安澄」と双葉は言った。

一浩を連れて帰る双葉

一浩(右)の住むアパートを訪ねる双葉(左)

双葉は一浩の元を訪ねる。チャイムを押すと一浩はエプロン姿で出て来た。双葉は一浩の持っていたおたまで頭を思い切り殴る。一浩は流血してしまい、慌てる2人だった。
落ち着きを取り戻し、向き合って座る双葉と一浩。「ちょと痩せた?シュッとして綺麗になったかなと思って」と一浩が言うと、双葉は馬鹿じゃないのと席を立ち、「そんな事言われたら話しづらくなっちゃうじゃん」と言った。「何を?」と怪訝そうに聞く一浩に、「なんで私がここに来たか」と答える双葉。一浩は、「俺を成敗する為じゃないの?」と言った。双葉は疲れ果てたように、「その逆」と答えた。「あのね、私さ、あと2、3ヶ月しか生きられないんだって」と話す双葉だったが、一浩は呆然としたまま何も答えられなかった。

4人家族になった幸野家(画像右奥・双葉/左奥・安澄/画像右手前・一浩/左手前・鮎子)

安澄が帰って来るとしゃぶしゃぶが用意してあった。「誰の誕生日?」と聞く安澄に、「誕生日じゃないとしゃぶしゃぶ食べちゃだめっていうルールはないでしょ?」と双葉。安澄が、「だってうちいつもそうじゃん。誰か来るの?」と言うと、「今安澄の頭に浮かんだ人」と双葉は答えた。
すると、ただいまと一浩が入って来た。驚く安澄は、続けざまに入って来た小さな女の子に更に驚く。そこで一浩が、「あー安澄、あれだ。妹。9歳。鮎子。仲良くな」と当たり前の事のように安澄に言った。
双葉、一浩、安澄、鮎子の4人での夕食中、ごちそうさまと席を立つ安澄はトイレに閉じこもった。トイレの前に立ち、一浩は安澄に事の顛末を説明する。
「もう11年くらい前になるんだけどさ、サチコっていう子が時々行ってたそういうお店に居て、その、浮気したんだよ。そしたら去年たまたま別の店で会ってさ、子供がいるって言われて。嘘だろって思うじゃない、でも若干震えてて、乗っちゃったんだよ、一緒に暮らしてほしいって提案に。まあでも、1ヶ月もしない内にサチコは出て行っちゃったんだけど。ごめん。何も言わないで急に出て行ったのはほんとに悪かったと思ってる。決してその、2人を嫌いになって出て行った訳じゃなくて」と一浩が説明している途中でトイレから出て来た安澄は、「そんな言い訳、なんにも聞こえなかった」と言い放った。

銭湯の再開

銭湯の再開に向け4人で協力をする(画像左から双葉・鮎子・安澄・一浩)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

花束みたいな恋をした(はな恋)のネタバレ解説・考察まとめ

『花束みたいな恋をした』とは、2021年公開の日本のラブストーリー映画。主演は菅田将暉と有村架純。『東京ラブストーリー』『Mother』などで知られる坂元裕二によるオリジナル脚本で、終電に乗りそびれた二人が21歳で恋に落ちて、26歳で別れるまでの忘れられない恋愛を描く。坂元裕二はあくまで「普通の恋愛」を描くことを目指しており、等身大の恋愛に共感する視聴者が続出した。

Read Article

仮面ライダークウガ(空我)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダークウガ』とは、テレビシリーズ『仮面ライダーBLACK RX』の終了より10年、劇場作『仮面ライダーJ』の公開より6年を経て誕生した、平成仮面ライダーシリーズ第1作。 超古代の戦闘種族グロンギは長き封印から蘇り、人間に対して“殺人ゲーム”を繰り返す。若き冒険家・五代雄介は、超古代の遺跡から発掘されたベルトの意思に導かれ、戦士クウガに変身し、人々の笑顔を守るために熾烈な戦いにその身を投じてゆく。

Read Article

メアリと魔女の花(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『メアリと魔女の花』とは、2017年に公開されたスタジオポノック制作のアニメーション映画だ。監督はスタジオジブリで「借りぐらしのアリエッティ」と「思い出のマーニー」を手がけた米林宏昌。キャッチコピーは「魔女、ふたたび。」。主人公のメアリは縮れた赤毛の女の子。不器用で何をやっても上手くできず、人から期待されることがなかった。失敗が続いたある日、メアリは森で魔法の花「夜間飛行」を見つける。そして魔法の世界に迷い込み、彼女の大冒険が始まる。

Read Article

重版出来!(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『重版出来!』とは2012年から松田奈緒子が小学館『月刊!スピリッツ』に連載中の青年漫画。週刊コミック誌『バイブス』の編集部を舞台に、主人公の漫画編集者・黒沢心が一癖も二癖もある漫画家たちや出版業界に関わる様々な業種の人々と一冊の本を生み出すため奮闘するお仕事漫画。2016年には黒木華主演でTBS系列にてドラマも放映。脚本は映画『図書館戦争』シリーズなどで知られる野木亜紀子。後に『逃げるは恥だが役に立つ』、『アンナチュラル』などのヒット作も手掛ける。

Read Article

目次 - Contents