湯を沸かすほどの熱い愛(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『湯を沸かすほどの熱い愛』とは、2016年に公開された日本映画。「幸の湯」という銭湯を営む幸野家。しかし1年前に父が家を出て行ってしまい銭湯は休業状態。母の双葉はパートをしながら懸命に娘を育てていたが、ある日余命宣告を受ける。双葉はその日から、「絶対にやっておくべきこと」を決め実行して行くが、それは家族の秘密を取り払うことでもあった。関わるすべての人の心を突き動かす強さと優しさを持つ主人公・双葉を宮沢りえが演じ、失踪した夫・一浩をオダギリジョーが演じる。第40回日本アカデミー賞受賞作品である。

双葉の夫。
過去に浮気した女性との間に子供が出来た事が発覚し家を出るが、その女性も出て行ってしまい双葉に連れ戻される。いい加減で頼りない性格だが憎めない所があり、双葉や娘の安澄からもあまり恨まれていない。浮気相手との間には鮎子という娘がいる。
両親が早くに亡くなってしまい、高校を中退して銭湯「幸の湯」を継いだ。

幸野安澄(演:杉咲花)

一浩の娘。学校でいじめを受けている。制服を隠され学校を休むと言った事で双葉と言い合いになり、立ち向かうよう説得する双葉に対し自分は双葉と違って弱いからと言い学校へ行く事を拒む。
しかし、「お母ちゃんと安澄は何も変わらない」という双葉の言葉に背中を押され、いじめを乗り越える。
とても優しい性格の持ち主で、突然一浩から妹と紹介された鮎子にも温かく接し、よく面倒を見ている。
双葉とは血が繋がっておらず、一浩が双葉の前に結婚していた酒巻君江という女性が産みの母親だという事を双葉から告げられる。

片瀬鮎子(演:伊東蒼)

一浩の娘。以前一浩が浮気していた女性との間に出来た子供。母親は、来年の誕生日までには必ず迎えに来るからと手紙を残し出て行ってしまい、幸野家に身を寄せる。
誕生日の当日、母親と暮らしていたアパートに行き迎えを待つが結局来る事はなかった。
「一生懸命働くからこの家にいたいです。でもまだ、ママの事好きでいてもいいですか?」と言い、双葉達に快く受け入れてもらう。喜びを表現するのが苦手なようだったが、双葉に旅行に誘われた時喜びを隠しきれず、すぐ一浩に報告していた。
始めの方は安澄の事を呼び捨てにしていたが、物語の終盤呼び方が「お姉ちゃん」に変わっている。

向井拓海(演:松坂桃李)

ヒッチハイカーの青年。双葉たちの旅行中に出会う。嘘を付いて旅をしていたが双葉に見破られる。
産みの母親の顔を知らず、現在の母親は3人目で腹違いの弟が2人いる。父親は建設会社の社長。お調子者だがどこか冷めているようでもあり、人生の目標や目的を見失っていた中双葉との出会いで自分自身を見つめ直し始める。
双葉から日本の最北端を目指すという目標を与えられ、達成後幸野家に報告しに行く。その後、幸の湯で住み込みで働いている。

酒巻君江(演:篠原ゆき子)

安澄の本当の母親。毎年安澄の誕生日にカニを送っている。
19歳で安澄を産んだが耳が不自由だった為、赤ん坊だった安澄と上手くコミュニケーションが取れず家を出て行ってしまう。
双葉の計らいで安澄と再開を果たし、関係を徐々に築き上げている。自分といつか会う為にと、安澄に手話の勉強を勧めた双葉に深く感謝している。

滝本探偵(演:駿河太郎)

画像左側の人物

探偵。双葉から一浩と母親の捜索の依頼を受ける。
妻は真由を出産する時、脳出血で亡くなった。天国を「遠いからなかなか会いに行けない場所」と真由に話していた滝本だったが、双葉の死をきっかけに「双葉ともママとも、もう2度と会えない」と本当の事を話す。お人好しな所があり、双葉が頼りにしていた人物。

滝本真由(演:遥)

画像上部の人物

天真爛漫な少女。双葉によく懐いており、双葉のお見舞いには赤い花を贈っていた。
亡くなった母親は天国にいるという認識はしていたものの、なかなか会えない場所だと思っていた。しかし双葉の死後、父の滝本にママとも双葉とももう2度と会えないと諭され、漠然と理解したのかゆっくりと頷いていた。

宮田留美(演:松原菜野花)

安澄をいじめていた3人組の中の1人。何をされても抵抗しない安澄に絵の具を塗りつけたり、制服を隠したりしていた。
しかし制服を隠された安澄が教室で、着ていた体操着を脱いで下着姿になり「制服返してください」と訴えると、その後安澄の居る保健室の前に制服を置いて走り去って行った。

向田都子(演:りりィ)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

花束みたいな恋をした(はな恋)のネタバレ解説・考察まとめ

『花束みたいな恋をした』とは、2021年公開の日本のラブストーリー映画。主演は菅田将暉と有村架純。『東京ラブストーリー』『Mother』などで知られる坂元裕二によるオリジナル脚本で、終電に乗りそびれた二人が21歳で恋に落ちて、26歳で別れるまでの忘れられない恋愛を描く。坂元裕二はあくまで「普通の恋愛」を描くことを目指しており、等身大の恋愛に共感する視聴者が続出した。

Read Article

仮面ライダークウガ(空我)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダークウガ』とは、テレビシリーズ『仮面ライダーBLACK RX』の終了より10年、劇場作『仮面ライダーJ』の公開より6年を経て誕生した、平成仮面ライダーシリーズ第1作。 超古代の戦闘種族グロンギは長き封印から蘇り、人間に対して“殺人ゲーム”を繰り返す。若き冒険家・五代雄介は、超古代の遺跡から発掘されたベルトの意思に導かれ、戦士クウガに変身し、人々の笑顔を守るために熾烈な戦いにその身を投じてゆく。

Read Article

メアリと魔女の花(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『メアリと魔女の花』とは、2017年に公開されたスタジオポノック制作のアニメーション映画だ。監督はスタジオジブリで「借りぐらしのアリエッティ」と「思い出のマーニー」を手がけた米林宏昌。キャッチコピーは「魔女、ふたたび。」。主人公のメアリは縮れた赤毛の女の子。不器用で何をやっても上手くできず、人から期待されることがなかった。失敗が続いたある日、メアリは森で魔法の花「夜間飛行」を見つける。そして魔法の世界に迷い込み、彼女の大冒険が始まる。

Read Article

重版出来!(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『重版出来!』とは2012年から松田奈緒子が小学館『月刊!スピリッツ』に連載中の青年漫画。週刊コミック誌『バイブス』の編集部を舞台に、主人公の漫画編集者・黒沢心が一癖も二癖もある漫画家たちや出版業界に関わる様々な業種の人々と一冊の本を生み出すため奮闘するお仕事漫画。2016年には黒木華主演でTBS系列にてドラマも放映。脚本は映画『図書館戦争』シリーズなどで知られる野木亜紀子。後に『逃げるは恥だが役に立つ』、『アンナチュラル』などのヒット作も手掛ける。

Read Article

目次 - Contents