オダギリジョー(オダジョー、小田切譲)の徹底解説まとめ

オダギリ ジョーとは、日本を代表する俳優の一人であり、その醸し出す雰囲気や演技から唯一無二の俳優として名高い。数多くの映画やテレビドラマに出演しておりその役の評価はいずれも高い。シリアスなストーリーから特撮、近年は伝記物にも出演しておりその役の幅は留まるところを知らない。

オダギリジョーの概要

本名は小田切譲。1976年2月16日生まれ、岡山県津山市出身。鈍牛倶楽部所属。身長176cm。オダジョー、オダギリと略されることもある。個性派俳優と名高くその演技力は日本でも随一のものである。2008年に女優の香椎由宇と結婚している。

母子家庭のため、幼少時は映画館に預けられて育った。これがきっかけで映画監督を目指す。

カリフォルニア州立大学フレズノ校で演劇学を専攻し、その後休学。
1999年、舞台「DREAM OF PASSION」で俳優デビューを果たした。

2000年、「仮面ライダークウガ」の主人公・五代雄介役に選ばれる。幼少期より特撮番組とは馴染みが薄く、「リアルな芝居がやりたくて俳優になったから、特撮はやりたくない」と発言していたが、彼の個性を高寺成紀に認められ、高寺の説得に応じ、出演する事を決定した。
※髙寺成紀(たかてら しげのり):日本のテレビドラマプロデューサー。代表作「仮面ライダークウガ」「仮面ライダー響鬼」

2003年、映画「アカルイミライ」に出演。自身初の映画出演である。この作品はカンヌ国際映画祭に正式出品された。また、日本映画プロフェッショナル大賞でオダギリは主演男優賞を受賞。

2004年、映画「血と骨」でビートたけし演じる金俊平の息子、朴武を演じた。この映画の出演時間は短かったが、ビートたけしとの過激な喧嘩シーンを演じ、同年度の国内の映画賞の助演男優賞を多数獲得した。

2005年、映画「メゾン・ド・ヒミコ」ではゲイの青年を演じ、主演での男優賞を複数獲得した。

2007年、自身初の自らによる脚本・監督で映画「さくらな人たち」を撮影。第38回ロッテルダム国際映画祭に出品された。

2015年、自身が主演を務める映画「FOUJITA」が、第28回東京国際映画祭コンペティション部門に出品される。

2017年、阪本順治監督の映画「エルネスト もう一人のゲバラ」にフレディ前村ウルタード役として出演。全編スペイン語の難易度の高い映画を主演として迫力のある演技で彩った。

オダギリジョーの人物像

オダギリジョーはインドア派な性格で、休日はずっと家にいるとも発言している。また、山本太郎とのトークで「オダギリ君は撮影の控え室でみんなが盛り上がっていても1人座って本を読んでる」と言われていた。しかし内に秘めたる情熱は並大抵のものではなく、映画「エルネスト もう一人のゲバラ」で全編スペイン語の役を演じた際も、「ハードルが高ければ高いほどやりがいが持てる。一生に一度、出会えるかどうかの作品」と発言している。

オダギリジョーのエピソード・逸話

次長課長、河本準一とのエピソード

小学校ではお笑いコンビ「次長課長」の河本準一と同級生だった。
元クラスメイトの河本曰く「クラスの人気はオダギリ君が1位で、自分が僅差の2位だった」との事。

音楽

音楽に対しても造詣が深く、いくつかの音楽作品も発表している。
尊敬するミュージシャンは、フランク・ザッパとトム・ウェイツ。
※フランク・ザッパ(Frank Zappa):アメリカのロックミュージシャン。2011年「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において22位。
※トム・ウェイツ(Tom Waits):アメリカのシンガーソングライター。2011年ロックの殿堂入り。

テレビドラマについて

2014年の主演ドラマ「リバースエッジ 大川端探偵社」の会見で「すごい低視聴率を取って、もうゴールデンの時間嫌だな、テレビをやるなら深夜かWOWOWだなと思っていた。深夜枠しかやるつもりないというような感じになっていた」と語った。実際に「リバースエッジ 大川端探偵社」は毎週土曜日0:12 - 0:52の枠で放送された。

仮面ライダークウガ

自身の出世作である「仮面ライダークウガ」は、番組終了から数年が経過した今でもプロデューサーの高寺成紀と交友が続いている。2008年のインタビューでは、共演者だった葛山信吾がオダギリを含めたクウガのキャストと交流があることを話している。また、2008年8月に行われたクウガ同窓会にも出席し、2009年11月に行われた共演者の千崎若菜の結婚式ではスピーチの大トリとして参加。さらに髙寺が角川移籍後に初めてプロデュースしたドラマ「大魔神カノン」の最終回に巫崎フーガ役で特別出演しているなどそのメンバーとの交流は厚い。

サイン事件

韓国・釜山国際映画祭に参加した際に韓国人からサインを求められ「こうだくみ」と書いたことがある。これについてオダギリは「日本でもサインを頼まれると、絵を描いたこともあり、思いついた言葉を書いたこともある」とし「誤解があったのなら本当に申し訳なく思う。」と反省の意を述べていた。しかし個性的な人物である。そこが役者としての魅力なのかもしれない。

オダギリジョーの活動履歴

映画

1999年
金融腐蝕列島 呪縛 ー 記者役
※オダギリジョー映画初出演作。

2001年
プラトニック・セックス ー 岩崎敏海役
※過激かつシリアスな作品であったがその映画の重要な役をしっかりと果たした。

2002年
目下の恋人 ー コウジ役

2003年
アカルイミライ ー 仁村雄二役
※初の主演作品。日本映画プロフェッショナル大賞で主演男優賞を獲得するなど演技について高い評価を受けた。
曖昧な未来
※オダギリジョー、浅野忠信、藤竜也の共演が話題となった。
あずみ ー 最上美女丸役
監督感染 payday ー サナエの夫役

2004年
この世の外へ クラブ進駐軍 ー 池島昌三役
日常恐怖劇場 オモヒノタマ〜念珠 七ノ珠「ECHOES」 ー 草太役
血と骨 ー 朴武役
※出演時間は短いものであったが、その壮絶な喧嘩の演技が主に評価され、国内の助演男優賞を多数獲得した。

2005年
パッチギ! ー 坂崎役
※主人公に大きな影響を与えた役として非常に重要なポジションでの起用となった。
イン・ザ・プール ー 田口哲也役
※非常に珍しく表現の難しい役柄を見事に演じきった。
オペレッタ狸御殿 ー 雨千代役
※ミュージカル形式の映画という彼自身初のジャンルであったが持ち前の個性と実力を活かし重要な役を演じきった。
夢の中へ ー コウジ役
メゾン・ド・ヒミコ ー 岸本春彦役
※同性愛者の役というセンシティブで難しい役を主演として見事に演じた。
懲戒免職 ー 小田切先生役
SHINOBI ー 甲賀弦之介役
スクラップ・ヘブン ー 葛井テツ役
※加瀬亮と共に相棒的な形で個性的な役を演じた。

2006年
THE 有頂天ホテル ー 筆耕係・右近 役
ブラックキス ー ジョーカー城野 役
BIG RIVER ー 哲平 役
日本・アメリカ合同制作の映画。2006年度ベルリン国際映画祭に出品された本作は、オダギリジョー初の海外進出作品である。
ゆれる ー 早川猛 役
※オダギリジョーの代表作として名高く、日本アカデミー賞では優秀主演男優賞を受賞するなどその演技が高く評価された。
パビリオン山椒魚 ー 飛鳥芳一 役
※この作品での共演がきっかけとなり、オダギリジョーと香椎由宇が交際の後結婚した。
HAZARD ハザード ー シン 役

2007年
叫 ー 精神科医・高木 役
※ホラー作品の出演は初であり、彼自身新たな挑戦だったが完成度の高い演技を披露する事ができた。
蟲師 ー ギンコ 役
東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜 ー 中川雅也 / ボク 役
※日本アカデミー賞で優秀主演男優賞を受賞したり東京スポーツ映画大賞で主演男優賞を受賞したりとその演技力が高く評価された。
サッド ヴァケイション ー 後藤 役
転々 ー 竹村文哉 役
非常に深刻な背景を持つ物語だが、明るいコメディ調で展開されるという難易度の高い演技を主演として見事に演じた。

2008年
たみおのしあわせ ー 神崎民男 役

2009年
悲夢 ー ジン 役
※韓国で制作された映画だがその主役に抜擢。現地でもその演技は高く評価された。
プラスティック・シティ ー キリン 役
※中国・香港・ブラジル・日本の4か国合同制作といった国際的な作品の主演に抜擢されその複雑な役を物ともせず演じた。
空気人形 ー 人形師 役
※高崎映画祭にて最優秀助演男優賞を獲得した。

2011年
奇跡 ー 木南健次 役
ウォーリアー&ウルフ ー 陸沈康 役

2012年
マイウェイ 12,000キロの真実 ー 長谷川辰雄役
※韓国映画史上最大級となる製作費25億円を投じた韓国映画。その主役に抜擢され世界に彼の高い演技力を知らしめた。
プンサンケ ー 北朝鮮兵士1 役

2013年
舟を編む ー 西岡正志 役
※この映画でオダギリは日本アカデミー賞で優秀助演男優賞を受賞している。
リアル〜完全なる首長竜の日〜 ー 沢野 役
※同映画は世界4大映画祭の1つ、ロカルノ国際映画祭のコンペティション部門に出品。惜しくも受賞は逃したがそのストーリーと俳優陣の高い演技力が評価された。
人類資金 ー 鵠沼英司 役

2014年
ミスターGO! ー イトウ 役
※サーカス出身のゴリラが、人間世界のプロ野球選手として活躍する姿を描いた異色の韓国映画。オダギリは中日ドラゴンズのオーナー役として出演した。
ひもかわラプソディ ー 岡野貴司 役
渇き。 ー 愛川 役

2015年
深夜食堂 ー 小暮 役
Present For You ー 梶原茂 役
※キャストを人形化したパペットアニメーションと、実写映像を融合させて描いた異色の3D映画の主演として持ち前の個性を活かした演技で映画を彩った。
S -最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE ー 正木圭吾 役
合葬 ー 森篤之進 役
FOUJITA ー 藤田嗣治 役
※フランスを中心に活躍した日本人画家、藤田嗣治の半生を見事に演じた。

2016年
オーバー・フェンス ー 白岩義男 役
※上述の「FOUJITA」と合わせてTAMA映画賞で最優秀主演男優賞を受賞した。
湯を沸かすほどの熱い愛 ー 一浩 役
続・深夜食堂 ー 小暮 役

2017年
エルネスト もう一人のゲバラ ー フレディ前村ウルタード 役
※全編スペイン語ながら鬼気迫る演技で役を演じた。
南瓜とマヨネーズ ー ハギオ 役
緑色音楽 ー 風呂田久 役

テレビドラマ

1999年
週末婚スペシャル ー 大森の予備校仲間 役
温泉へ行こう ー 宿泊学生 役
※この頃のオダギリはまだ名前の無い役で一度限りの出演に留まっている。

2000年
仮面ライダークウガ ー 五代雄介 / 仮面ライダークウガ(声) 役
※オダギリの出世作でありこの作品の主演を務めた事で彼の名が世に広く知れ渡った。

2001年
仮面ライダークウガ 新春スペシャル ー 五代雄介 / 仮面ライダークウガ(声) 役
OLビジュアル系 ー 一ノ宮華都比呼 役
※第2シリーズのみの出演であったがその存在感はたしかな物である。
嫉妬の香り ー 浅井誠 役
※黒幕として存在感ある役を演じた。
ドラマDモード夏の王様 ー 37番の男 役

2002年
初体験 ー 甲田敦史 役
愛の手前 恋のとなり ー コウジ 役
天体観測 searchin' for my polestar ー 木崎タケシ 役
IT企業の子会社を経営する役として出演。物語の進行に大きく関わる役を演じる。
サトラレ ー 里見健一 役
※サトラレという能力を持つ者として物語で重要な位置を占める役を演じた。

2003年
顔 ー 西島耕輔 役
ぼくらはみんな生きている ー 沢村修一 役
※テレビ朝日のスペシャルドラマの主演として出演。
さとうきび畑の唄 ー 吉岡 役
ビギナー ー 羽佐間旬 役
※演技素人を対象したオーディションで選んだ主演女優、ミムラと共に主演として出演。先輩俳優としての貫禄を発揮した。

2004年
NHK大河ドラマ 新選組! ー 斎藤一 役
新選組!! 土方歳三 最期の一日 ー 斎藤一 役
※初の時代劇出演。時代背景もこれまでと全く違う役をしっかりと演じた。
海峡を渡るバイオリン ー 相川喜久衛 役

2005年
不機嫌なジーン ー 勝田隼人 役

2006年
時効警察 ー 霧山修一朗 役
奇抜な言動・行動が多い独特な役を演じた。

2007年
帰ってきた時効警察 ー 霧山修一朗 役
※第8話には監督と脚本を担当した。

2009年
ぼくの妹 ー 江上盟 役
※主演の長澤まさみと共に幼き頃に両親を亡くし天涯孤独の兄弟という役を演じた。
深夜食堂 ー カタギリ 役
※原作には登場しないオリジナル役を演じた。

2010年
熱海の捜査官 ー 星崎剣三 役
「時効警察」の主演のオダギリと脚本・監督を務めた三木聡がタッグを組み、製作に携わっている。
大魔神カノン 最終話 ー 巫崎フーガ 役
塀の中の中学校 ー 石川順平 役
※日本のテレビドラマ史上初である、刑務所内でのロケ撮影が行われた。

2011年
深夜食堂2 ー カタギリ 役

2012年
家族のうた ー 早川正義 役
※本作がフジテレビ系のドラマの単独初主演となった。
都市伝説の女 最終話 ー 加賀春樹 役

2013年
都市伝説の女(第2シリーズ)最終話
八重の桜 ー 新島襄 役
※新島襄として劇中でも非常に大きな役割を持った役を見事に演じきった。
大空港201 ー 国木田修 役

2014年
深夜食堂3 ー 小暮 役
※「深夜食堂」Netflix公開シリーズではここで演じた小暮役と全シリーズで演じたカダギリ役で一人二役を行っている。
S -最後の警官- 第3話 - 最終話 ー 正木圭吾 役
アリスの棘 ー 西門優介 役
普段は温和な口調と振舞いだが、結衣を死に追いやった有馬や水野に対しては強烈な殺意を抱くという複雑な役を演じた。
リバースエッジ 大川端探偵社 ー 村木タケシ 役
極悪がんぼ ー 伊集院保 役

2015年
夢を与える ー 村野 役
スペシャルドラマ 経世済民の男 第一部「高橋是清」 ー 高橋是清 役
おかしの家 ー 桜井太郎 役
※TBSの新設ドラマ枠である「水ドラ!!」のシリーズ第1作の主演に抜擢された。

2016年
重版出来! ー 五百旗頭敬 役
※劇中でオダギリは主人公の指導係といった役を担当し、名脇役としての評判を高めた。

CM

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents