ROOKIES(ルーキーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ROOKIES(ルーキーズ)』とは、森田まさのりによる高校野球漫画である。『週刊少年ジャンプ』にて連載されていた。二子玉川学園へ赴任してきた新人教師の川藤幸一が、野球部の顧問になって野球部の不良たちと甲子園を目指すストーリーとなっている。川藤が親身になって不良の部員達と向き合うことで成長していくところがこの漫画の面白さである。2008年には同タイトルでドラマ化されている。2009年には『ROOKIES-卒業-』として映画化された。単行本は全24巻のほか文庫版が発売された。

桧山清起(ひやまきよおき)

演:川村雄介
二子玉川学園高校の生徒で野球部員。ポジションはショート。ボールをミートさせるのが苦手で、バッティングセンターでもなかなか当たらないほど。しかし守備はセンスのあるところを見せる。湯舟らとともに部に戻る。キレやすい性格に見えるも、他校の不良に絡まれても手を出さないで我慢することもできる。名前の由来は桧山進次郎選手と中西清起選手。

今岡忍(いまおかしのぶ)

演:尾上寛之
二子玉川学園高校の生徒で野球部員。ポジションは外野で時々投手。アンダースローや一本打法など変わったセンスの持ち主。平岡と唯一仲がいい。ニコ学の中では1番地味な存在ではあるが、相手チームの選手に何を考えているか分からないなど不気味な存在でもある。名前の由来は今岡誠選手と吹兎原忍選手。

岡田優也(おかだゆうや)

演:佐藤健
二子玉川学園高校の生徒で野球部員。ポジションは外野。ドレッドヘアが特徴。サウスポーであるが、赤星が加入後は控えに回る。目黒川高校の河埜と中学が同じでいつも冷静だが、河埜のことになると冷静さを書く場面があり。湯舟や桧山とともに同時期に野球部へ戻った。名前の由来は岡田彰布選手と安藤優也選手。

平塚平(ひらつかたいら)

左下が平塚平

演:桐谷健太
二子玉川学園高校の生徒で野球部員。ポジションは代打の切り札。ニコガク一の三振王であり、握力の持ち主。握力は82.5kg。バットのスイングの威力はニコガク一ではあるが、顔の近くにボールが来ないとミートができない。濱中太陽の憧れの先輩であり、八木と付き合っているなど嘘をばかりつくこともあり。頭は悪そうにみえて、目黒川高校との試合で、安仁屋にカーブの握りを確かめるななどの偶然の指摘をすることもあった。名前の由来は平塚克洋選手と藤田平選手。

赤星奨志(あかぼししょうじ)

演:山本裕典
二子玉川学園高校の生徒で野球部員。ポジションは投手。1年生だが圧倒的の野球センスと抜群の肉体の持ち主。メジャーリーグ志望であるため、甲子園には興味がなかった。しかし御子柴をはじめ自分の夢を信じてくれる人たちを見て、野球部に加入する。走攻守が揃っており、多くの変化球を投げることができる。左利き。練習試合で完全試合を後一歩のところまでいった。敬遠するときなどたまに油断することがある。名前の由来は赤星憲弘選手と遠山奨志選手。

濱中太陽(はまなかたいよう)

演:石田卓也
二子玉川学園高校の生徒で野球部員。ポジションはベンチ。練習をサボっているため、ど素人に近い。試合中にいきなり唾を吐くなど空気の読めないところがあり。ある一件から平塚を師と仰いでいる。

八木塔子(やぎとうこ)

演:村川絵梨
二子玉川学園高校の生徒でマネージャー。安仁屋とは幼馴染であり、友達以上恋人未満の関係。野球に詳しく、池辺や川藤の相談役もやっている。予選の抽選会では、他校の悪口に心をいためることもあった。名前の由来は八木裕選手と雨宮塔子選手。

池辺(いけべ)

演:浅野和之
二子玉川学園高校の教頭で野球部部長。高校時代に甲子園に出場した経験がある。川藤のことを最初は少なからず偏見を持っていたが、次第に彼の姿を見るうちに考えを改める。用賀第一高校との練習試合後に野球部部長に就任。コーチも引き受ける。池辺マニュアルの作成者で部員個人個人に配布する。御子柴以外の部員には「おっさん」と言われているも、池辺マニュアルによって成長していく自分の姿を見た部員は信頼を置いている。名前の由来は池辺厳選手。

amagihajime4
amagihajime4
@amagihajime4

目次 - Contents