ろくでなしBLUES 四天王最強説

ろくでなしブルースといえばかなり人気のあった漫画ではあるが、非常におおくのファンを未だに獲得している。そんなろくブルの四天王は最強ではないかと言われるので検証してみよう。やっぱりろくでなしブルースは面白い。しかも、かっこいいときている。あなたは四天王の中で誰がタイプ?

前田太尊

やはりボクシングでは前田の技が光ります。
これこそ前田です。初期の必殺技はアッパーでしたが成長するにつれ、コークスクリュー、ライトクロスなど多彩な技を使うようになります。

渋谷の鬼塚

とにかく強い印象のあった鬼塚。しかし前田に敗れ、改心していい人にもなりました。
ちなみにプロレスの技も使います。ただ受け身にかんしては知ったこっちゃない感じです。

浅草の薬師寺

後ろ回し蹴り

イケメンぶりでは1番かもしれませんが、前田に負け、さらに池袋の葛西にも負けています。ちょっと最強ぶりが弱い?
しかし一応四天王…この制度自体正直よくわかりません。

池袋の葛西

四天王の中では最強との声もある葛西です。前田には負けましたが基本勝ちしかないです。これは最強でしょう。
圧倒的に強く隙がない男、葛西。この男を倒せる男はいるのか!?

いかがでしょうか?この男たちの暑き戦いぶり。まさに血湧き肉踊ります。
あなたは一体誰が好き?そもそも四天王という制度自体よくわからないので基本的にはかっこいいやつがいちばんいいと思います。

moboo
moboo
@moboo

Related Articles関連記事

ろくでなしBLUES(ブルース)のネタバレ解説・考察まとめ

『ろくでなしBLUES(ブルース)』とは、森田まさのりによる『週刊少年ジャンプ』に連載された学園ヤンキー漫画で、コミック版は全42巻。東京の吉祥寺を舞台に、帝拳高校のヤンキー達が暴れ回る。ギャグをちりばめた短編と、他校の強敵とのバトルがメインの長編ストーリーの組み合わせによって構成されており、特に他校とのバトルをメインにした長編シリーズはストーリーの完成度が高く、本作の人気を不動の物にしている。

Read Article

ROOKIES(ルーキーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ROOKIES(ルーキーズ)』とは、森田まさのりによる高校野球漫画である。『週刊少年ジャンプ』にて連載されていた。二子玉川学園へ赴任してきた新人教師の川藤幸一が、野球部の顧問になって野球部の不良たちと甲子園を目指すストーリーとなっている。川藤が親身になって不良の部員達と向き合うことで成長していくところがこの漫画の面白さである。2008年には同タイトルでドラマ化されている。2009年には『ROOKIES-卒業-』として映画化された。単行本は全24巻のほか文庫版が発売された。

Read Article

目次 - Contents