ROOKIES(ルーキーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ROOKIES(ルーキーズ)』とは、森田まさのりによる高校野球漫画である。『週刊少年ジャンプ』にて連載されていた。二子玉川学園へ赴任してきた新人教師の川藤幸一が、野球部の顧問になって野球部の不良たちと甲子園を目指すストーリーとなっている。川藤が親身になって不良の部員達と向き合うことで成長していくところがこの漫画の面白さである。2008年には同タイトルでドラマ化されている。2009年には『ROOKIES-卒業-』として映画化された。単行本は全24巻のほか文庫版が発売された。

村山義男(むらやまよしお)

出典: ameblo.jp

演:伊武雅刀
二子玉川学園高校の校長。問題児の野球部員を退学に追い込むために川藤を迎え入れる。最初は部員と川藤が問題を起こしてともに退学してもらうことを画策していた。しかし川藤の指導により変わっていく野球部員をみて姿勢を改める。川藤が他校と問題を起こしたときに責任を負って退任した。元々野球部のキャプテンで池辺と甲子園を出場したときのメンバーだった。名前の由来は村山実選手と吉田義男選手。

用賀第一高校

国松(くにまつ)

演:田口浩正
用賀第一高校の副顧問。関西弁で自陣の選手がミスをしても罵声を浴びさせる。試合中に味方の部員が怪我しても交代させないほど部員を大切にしていない。ニコ学野球部のことも嘲笑したため、川藤に殴られる。

目黒川高校

江夏卓(えなつすぐる)

演:上地雄介
目黒川高校の生徒で野球部員。ポジションはピッチャーで。元ニコ学野球部部員で暴力事件を起こした張本人。ニコ学時代も1年生でベンチ入りしていた。球速が速く重たい球を投げる。喫煙をしているためスタミナはあまりない。ニコガクに練習試合に敗北してから、初心に戻って野球に励んでいた。名前の由来は江夏豊選手と江川卓選手。

河埜(こうの)

演:阿部亮平
目黒川高校の生徒で野球部員。ポジションはキャッチャーで4番。巨体ながら動きは俊敏かつ強肩の持ち主。安仁屋からホームランを打った数少ない選手。中学時代は岡田と同じ中学だった。名前の由来は河埜和正選手。

笹崎高校

千葉(ちば)

演:勝野洋
笹川高校の監督。勝利至上主義のため、時には生徒の将来を考えない采配をふるう。川上に現場を気づかせるために、打たれ続けてもなお交代しない采配を甲子園でふるった。元々甲子園にも出場したことのある選手で地元の英雄であった。名前の由来は千葉茂選手。

川上貞治(かわかみさだはる)

演:武田航平
笹川高校の生徒で野球部員。ポジションはピッチャー。エースでサウスポー。中学時代は安仁屋のいた松坂中学相手にノーヒットノーランを達成していた。当時も安仁屋を全て三振で討ち取る実力があった。高校入学当初は天狗になっており、自己流の練習を優先していた。夏の甲子園で1回で12失点をしたことで自分の過ちに気づき、そこからは真面目に取り組むようになった。名前の由来は川上哲治選手と王貞治選手。

別所真澄(べっしょますみ)

演:永井浩介
笹崎高校の生徒で野球部員。ポジションはサードで4番。高校通算70本塁打の強力スラッガー。フライかと思うような打ち損じもホームランにしてしまうほどのパワーの持ち主。名前の由来は別所毅彦選手と桑田真澄選手。

その他

張本(はりもと)

amagihajime4
amagihajime4
@amagihajime4

目次 - Contents