BØY(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『BØY』(ボーイ)とは梅澤春人が1992年から1999年まで『週刊少年ジャンプ』で連載していた少年漫画、ヤンキー漫画。およびそれを原作としたアニメ作品。
私立楽園高校に通う、世界征服の野望を持つ無敵の主人公日々野晴矢と、その仲間達によって繰り広げられるドタバタ劇や熱い戦いを描き、その度に圧倒的な強さで日々野が敵を蹴散らしていく。最終的には必ず「日々野が強い!」という結果で終わる。
「高校対高校」といった王道のヤンキー漫画の要素はそこまで強くはなく、音楽・バンドの要素が強いのが特徴である。

一条誠(いちじょう まこと)

出典: www.suruga-ya.jp

CV:有馬克明
ハレルヤのライバルでクラスメイト。ハレルヤからはムッツリスケベと呼ばれる。普段ハレルヤとは口喧嘩ばかりしているが強敵とは協力して戦う。無敵のハレルヤと違い、強敵との戦いで敗北することもあれば、苦戦の末に敵の弱点を見つけ出し勝利することもある。
布袋中時代は神崎と共にケンカに明け暮れ、神崎と共に恐れられていたがロックに目覚めケンカをやめる。伊部麗子とは一応恋人同士。
ロックに目覚めてからは、FIRE GUNS(ファイヤー・ガンズ)という3人組ロックバンドを結成し、ボーカル兼ギタリストとしてライブハウスで活動、「ツッパルのはステージの上だけ」と誓う。バンド名の由来は「冷めた奴らの魂に火をつけてやる」から。当時のメンバーでは一番の人気者だった。神崎に脅されたバンドメンバーに裏切られたことで解散状態だったが、サポートメンバー2人を迎えFIRE GUNSの復活ライブを行う。レコード会社のプロデューサーも来るほど注目されていたものの、ライブのスタートが大幅にが遅れたことでプロデューサーが帰ってしまった為、デビューへの道は消えてしまったが本人は気にもとめなかった。
ベースに雨宮、ドラムに椎名、ハレルヤをボーカルとしてライブハウス「エデン」でFIRE GUNSの復活ライブを行う。それをきっかけに2年に進級後はハレルヤ・雨宮・椎名の4名で本格的にバンド活動を行う。その際バンド名を変えようとするが、DALIマスターから「いい名前だから」と止められ、「FIRE GUNZ」に変えた。
中学時代の悪名は高校進学後も有名だが、リンチなどの卑怯な行いは一貫して嫌っている。またDALIマスターや救急隊員などの目上の人物には敬語を使うなどハレルヤと比較すると常識的な行動も多い。
得意技はギターのピック投げ。スチールの下駄箱に突き刺さるほどの威力を持つ。
大型二輪免許はないがカワサキ・ゼファーを所有し、『マッドマックス』でやっていたマックスターンを得意するが、タイヤが極端に擦り減ることから本人はあまりやりたがらない。車の運転もでき、飲酒もする。
物語序盤はウェーブがかったセンター分けのセミロングで、ステージでは髪を立てていた。ミリオン編辺りからはやや茶髪気味のストレートロングヘアー。太郎のバトルゲームの囮となった際は金髪を立てていた。物語のラスト近くではそれにパーマをあてたような髪型になった。
ムッツリスケベはあくまでハレルヤがそう呼んでいるだけだが、知り合いがいるわけでもない夢殿学院の学園祭がこれまで一般には公開されていなかったことを知っているなど、実際にムッツリスケベであるような描写も見られる。

山奈みちる(やまな みちる)

出典: xn--kck4aa4nk081acvh.com

CV:みうらうらら
楽高高校の1年生でヒロインの1人。
将来の夢はジュエリーデザイナー。初登場時はストリートで手作りのシルバーアクセサリーを売っていた。ジュエリーデザインの技術は尊敬する人(アニキ)から教えてもらった。ハレルヤ・岡本と話している途中でキラーにアニキの形見をひったくられるが、ハレルヤがそれを取り返し、揉山を通して返された後(キラーたちから取り返したのはいいが傷だらけになり、直接返せなくなったため)、ハレルヤ達と友達になる。それ以来岡本に想いを寄せ、ストーリーの終盤では彼と両想いになる。かなりの美人でスタイルも良いため、敵対する者たちから性的な欲求の対象となりさらわれるなど、何度となくひどい目に逢う。原付の免許を取得し、アニキのベスパを引き継ぐ。
ストーリー序盤では大人びた外見をしており、男性的な言葉で喋っていたが、ストーリーが進行するにつれて幼い顔立ちで描かれるようになり、喋り方も当時の女子高生風に変わっていった。

北原俊太朗(きたはら しゅんたろう)

出典: igmonostone.com

CV:立木文彦
愛称はボブじいさん。似顔絵描きなどで日銭を稼ぐ70歳前後のホームレスの老人。かつては偉大な画家だったが、現在は地位も名誉も戸籍も捨ててホームレス生活を営んでいる。
サングラスに長いあごひげをたくわえ、、白髪のドレッドヘアー、派手なヒッピーファッションがトレードマーク。並みのチンピラ程度であれば簡単に倒せる。
フランスで画家だった頃に妻(マリアンヌ)がいた。病院のベッドに臥せる妻の傍らで彼が妻のために描いた絵は、その完成を迎える前にマリアンヌが亡くなったため彩色を終えていなかったが、美術界によって「未完の情景」と題されたその絵には巨額の値がつけられた。未完の情景はマリアンヌの墓に一緒に納められていたが、心無い画商によって墓から持ち出されてしまう。北原画伯は絵を取り返そうとして犯人の画商にケガを負わせてしまう。妻の安らかな眠りを願い、かつ「未完の情景」をめぐるいざこざを嫌った北原はひとり「未完の情景」を持って帰国し日本でホームレス生活を送ることを決める。岡本は彼の人柄と絵画の技術に惚れ込み弟子入りする。

ピカソ

出典: igmonostone.com

CV:佐々木菜摘
ボブじいさんの相棒。非常に知能が高く、ピンチに陥った人々を救ったり、的確な判断ができる。

揉山正象(もみやま しょうぞう)

出典: igmonostone.com

CV:梁田清之
私立楽園高校3年生の男子生徒で、30歳から40歳ぐらいに見える老け顔だがれっきとした18歳。一条やハレルヤからは「オッさん」・「ダンナ」・「モミー」などと呼ばれ方をされている。得意技は拳を瞬間的に3発繰り出す「トリプルパンチ」。当初は楽高の番長だったが、ハレルヤの停学明け初日に子分もろともやられる。そうした背景から、当初はハレルヤを陥れようと色々と策を弄することもあったが、ことごとくやられた。その後は次第にハレルヤたちに協力することも多くなった。
愛車はシボレー・インパラだが、何度もハレルヤのアシ代わりにされたり、破壊されている。不良に対しては顔が広く一般の不良には入手できないような裏の情報まで掴んでおり、ハレルヤたちにそれらを教えることにより重要なポジションを担う。ハレルヤに敗れた後も数人ほどの子分がおり、岡本らからも「番長」と呼ばれている。学年末試験での不正行為がばれ、留年した。妹(静花)を溺愛している。父親似。
美人に弱く、美女を見ると「ラブリー」と口走る。みちるに一目惚れするが卑怯かつその小さい器ゆえ、みちるからの印象はよくない。反面、非常に家族想いであり、仲間や身内の危機は無視できない等、義理人情に厚い一面も持つ。敵対時以外にも事あるごとにハレルヤにボコボコにされたりと格好悪いシーンも多いが、肩繰高野球部員の振り下ろしたバットを素手で受け止めたり、1人でチンピラ3人を軽く倒した魅上明を追い詰めるなど、戦闘力はそれなりに高い。本城とは中学時代の野球仲間であり、当時キャッチャーを務めていたた、肩繰高との試合では途中からマスクを被る。

伊部麗子(いぶ れいこ)

出典: igmonostone.com

CV:鶴ひろみ
摩天学院高校(通称マジョガク)3年。スケバンたちを束ねる。
蹴りは木製バット2本を折るほどの威力を持ち、トリカブト毒を仕込んだダーツと指輪を携帯している。日本人離れ、高校生離れしたルックスで、携帯電話や映画のチケットを入れられるほどの巨乳、派手なファッションを好む。当初は山奈のベスパを盗んだり、愛原めぐみに売春を強要するなどしていたがこれらの騒動を経て一条に惚れて以来、ハレルヤたちと共に闘い、リアルゲーム編以降は完全に仲間となる。
もともとは陽気で無邪気な性格で、手下(キョーコ、ミナヨ)とよく一緒にいる。一条とは最終的には両想いとなる。
器用な手先を活かし、太郎に誘われてのリアルゲームではコスプレ衣装(太郎がハマっていた格闘ゲームのヒロインの衣装)を自作していた。マジョガクを卒業した後はSMクラブで女王様役のアルバイトとして働いている。

雨宮拓矢(あまみや たくや)

出典: igmonostone.com

楽園北中学の3年。のちに私立楽園高校に入学する。自称「ロッケンローラー」の超お調子者。垂直跳びで床上3mほどの天井に頭をめり込ませることができるほどのジャンプ力を持つ。FIRE GUNS一条の大ファン。
もともとギターを弾いていたが一条からベースの才能を見出され、ベーシストに転向する。ハレルヤとは犬猿の仲。後輩の森下に想いを寄せていた。

椎名幹(しいな まさし)

出典: igmonostone.com

雨宮の同級生でバンド仲間でドラマー。楽園北中学の3年。寡黙な性格でで滅多に喋らない。雨宮と共にFIRE GUNSに加入する。素手でドラムを叩くのが得意技(イギリスのロックバンドLed Zeppelinのドラマー、ジョン・ボーナムを崇拝しており、ドラムセットを素手で叩くパフォーマンスはボーナムの技)。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents