BØY(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『BØY』(ボーイ)とは梅澤春人が1992年から1999年まで『週刊少年ジャンプ』で連載していた少年漫画、ヤンキー漫画。およびそれを原作としたアニメ作品。
私立楽園高校に通う、世界征服の野望を持つ無敵の主人公日々野晴矢と、その仲間達によって繰り広げられるドタバタ劇や熱い戦いを描き、その度に圧倒的な強さで日々野が敵を蹴散らしていく。最終的には必ず「日々野が強い!」という結果で終わる。
「高校対高校」といった王道のヤンキー漫画の要素はそこまで強くはなく、音楽・バンドの要素が強いのが特徴である。

雨宮の先輩でライブハウス「エデン」の現店主。元々エデンは青木の父親が経営していた。鮫島率いる葦怒(アシド)高校のバンドを出禁にしたことで逆恨みされる。父親が経営を退いたのち店を引き継ぐも、葦怒高校の連中に嫌がらせを受け閉店の危機に陥る。一条は雨宮の頼みでFIRE GUNS復活ライブをこの「エデン」で行うことに決める。

揉山静花(もみやま しずか)

CV:白鳥由里
揉山正象の妹で、夢殿学院高校の生徒。母親そっくりの美人で、揉山家の家族写真を見たハレルヤと一条が「遺伝子が混ざらないことがあるんだな」と言ってしまうほど、正象とは全く似ていない。
初の一般公開となった夢殿学院の学園祭では実行委員を務めていたが、魅上にさらわれそうになる。実際にそれを助けたのは兄の正象だが、ハレルヤがついた「助けたのは自分だ」という嘘を信じ、ハレルヤにお礼を言うため楽高にやって来る。

桃山太郎(ももやま たろう)

CV:柊美冬
ゲーム好きな小学5年生。格闘ゲームのみで満足することが出来ず、実際に人にケンカさせて観客の小学生達から料金を取ってそれを見物させていた。自分がトランシーバを通して操作するキャラクターたちが次々と相手を倒していくことでそれがそのまま自分の強さであると錯覚していた。当初は伊部と組んで街の不良とバトルゲームをしていたが、岡本が偶然にハレルヤ・一条を敵として連れてきたために伊部からコンビ解消を告げられる。その後荊木・ナオミ・シンジの3人と出会いバトルゲームを再開するが、最終的に3人に裏切られ、彼らを倒した一条達と和解する。

森下由紀(もりした ゆき)

雨宮と椎名の後輩で楽園北中学の生徒。不良に絡まれているところを雨宮に救われる。後に椎名に一目惚れするが、椎名との二度目のデートを最後に沖縄に引っ越す。

姫乃木彩(ひめのぎ あや)

花魁高校3年生。偶然街で知り合った鬼頭との間に1児(ユウキ)を授かるが、彼の凶暴な計画を知ったことでユウキを連れて鬼頭の下から逃走し、晴霽の教会にユウキを置き去りにするが、その後すぐヨキに捕まる。再び鬼門高校に捕まった際には、入浴を指示されたときに逃げ出すつもりであったりと肝が据わっている。ハレルヤからは「ヤンママ」と呼ばれる。

谷口

楽高に赴任してきた生活指導教師。スキンヘッドで、庄野らの不良が最も恐れている教諭。

敵キャラクター

神崎狂(かんざき きょう)

出典: igmonostone.com

CV:不詳
私立戯堂(げどう)高校を仕切る人物で、ドラッグ「ヘルビジョン」を売るチーマーのボス。かつて自身に挑んだ一条をリンチのようなやり方で叩きのめした。
商品にしているドラッグのヘルビジョンはヒマワリに似た植物の種で、アフリカの部族の決闘儀式にも使われる興奮性の薬物である。4粒以上服用すると、どれほどの重傷を負おうと痛みや恐怖を感じることなく戦い続けることが可能な肉体となる。自身もヘルビジョンを服用しており、一条に殴られても蹴られても効かなかった。しかし、ハレルヤのパンチを受けた際に一条の攻撃では感じなかった肉体の痛みを感じ、さらに短時間にヘルビジョンを大量に服用したことによる副作用で己の顔や腕が溶けてゆく幻覚を見た後、ハレルヤのパンチで気絶し、仲間に連れられる形で逃走。
その後、ハレルヤに負けた怨恨からか行方不明となっていたが、集会所のクラブ「ビヨンド」に戻った後、ハレルヤを倒すためヘルビジョンとの最強の組み合わせのドラッグカクテルである「マッド・カクテル」作りに没頭。ハレルヤと集英ボウル廃墟にて再戦。戦いの最中、駆けつけた一条らやハレルヤを前に最強のマッド・カクテルを服用しようとしたが、ハレルヤの挑発に対する怒りでマッド・カクテルを服用せず、怒りの力でハレルヤと互角以上の戦いを繰り広げるが敗北。その後、一条に自分の過去を明かし、自分の意思で警察に出頭する。物語のラストでは仮出所したのか、さりげなくFIRE GUNZのライブに顔を出している。
バタフライナイフの扱いが得意で一条の両脚に突き刺したり、チンピラの手首の動脈を切るなどしている。
なお、一条は過去の神崎を「クールなやつ」というが、本人は実際は何にでも熱中していたと語っている。
一条に「日比野にあれだけパンチを打ち込んだのは多分あんたが初めてだ」と言わしめたほどの実力を持つ。

丸鬼戸零二(まるきど れいじ)

出典: igmonostone.com

CV:矢尾一樹
丸鬼戸グループの御曹司。ハレルヤたちのクラスにやってきた転校生。
高級な腕時計やネックレスを着用して登校する。美形だが非常に好色である。気に入った女を手中に収めるためならどんな汚い手でも使う。また、自分の別荘に連れ込んだ女性をボディガード達に輪姦させ、その一部始終を撮影してコレクションにするという趣味も持ち(別荘の一室には本格的なSMの道具まで揃えていた)、弱い者いじめも大好きという、救いようのない性格。これまでの悪行は全て丸鬼戸グループ総帥である父の力によって揉み消され、そのたびに何事もなく転校することを繰り返していた。
みちるをターゲットにするが、豪田をも倒したハレルヤの圧倒的な力と岡本の思い、そして父の力を使おうとして失敗したのをハレルヤに爆笑されて敗北。その後アメリカの高校へ転校する。サドな性格であったが、単行本のおまけ漫画ではマゾに目覚めていた。

豪田(ごうだ)

出典: igmonostone.com

CV:石塚運昇
丸鬼戸のボディガードで元プロボクサー。スキンヘッドの大男。リング上で人を殺してしまい、地下プロレスのレスラーに転向。香港の地下プロレス界のチャンピオンになる。ハレルヤの金属バットを折るほどのパンチ力やみぞおちへの蹴りに耐えるほどの強靭な肉体を持ち主だが、最終的にハレルヤに敗れた。あまたの敵キャラクターの中でも常識的な感覚を持ち合わせている。。零二の転校にともなう別れの際にはハレルヤに「お前とファイト出来てよかった」と言っている。ハレルヤとの決戦の後、零二が自らの敗北を認め引き下がったのを見て感動した様子を見せた。

氷堂純一(ひどう じゅんいち)

出典: igmonostone.com

CV:檜山修之
肩繰高校野球部主将でピッチャー。セミロングの金髪に色黒の肌が特徴。
野球の実力は高いものの非常に素行が悪く、揉山曰く「ヤクザにも顔がきく」ほどの不良。
投球の際は中指だけを立てた握り方をし、打者にデッドボールを当てることを目的とする「ファックボール」を得意とする。その破壊力はヘルメットを粉々に砕くほどである。昨年の甲子園出場をかけた決勝戦の裏で野球賭博に関わっており、楽高野球部マネージャーをさらって部員たちを相手に乱闘騒ぎを起こしたことで謹慎処分と無期限の対外試合禁止処分となる。さらに事件の真相が明るみになり退学と野球部の廃部を宣告され、それに対する逆恨みから楽園高校野球部のメンバー達を闇討ちしていた。ハレルヤたちと野球の試合で対決し、敗北する。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents