BØY(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『BØY』(ボーイ)とは梅澤春人が1992年から1999年まで『週刊少年ジャンプ』で連載していた少年漫画、ヤンキー漫画。およびそれを原作としたアニメ作品。
私立楽園高校に通う、世界征服の野望を持つ無敵の主人公日々野晴矢と、その仲間達によって繰り広げられるドタバタ劇や熱い戦いを描き、その度に圧倒的な強さで日々野が敵を蹴散らしていく。最終的には必ず「日々野が強い!」という結果で終わる。
「高校対高校」といった王道のヤンキー漫画の要素はそこまで強くはなく、音楽・バンドの要素が強いのが特徴である。

『BØY』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

タイトルの由来

本作のタイトルの由来は、日本のロックバンド「BOØWY」からである。ちなみに君島祥子は一条のことを「マコっちゃん」と呼んでいるが、これはBOØWYのドラマーである高橋まことの愛称でもある。またBOØWYのギタリストは布袋寅泰であり、一条らが通っていた中学は「布袋中学」である。

ハレルヤは金属バットでの攻撃はしない

ハレルヤの代名詞でもある金属だが、あくまで敵からの攻撃を防ぐためだけに使用し、「バットで人を殴る」などの行為は絶対にしない。

日比野晴矢の背中のアイテムの種類と使用回数

投網(1回)

出典: igmonostone.com

投網を使用し、大勢いた揉山番長の舎弟を一網打尽にした。

鍋(1回)

出典: igmonostone.com

楽園高校の屋上で岡本とカニ鍋をするため使用。

毛ガニ(1回)

出典: igmonostone.com

岡本の親戚が送ってきた。ちなみにあと二杯いる。

マイボール(1回)

出典: igmonostone.com

神崎狂との対決の場所である集英ボウルに出向く際、 父の日々野晴霽に出かける目的をごまかすため使用。

焚き火道具(1回)

出典: igmonostone.com

ハレルヤたちに敗北した伊部麗子は「煮るなり約鳴り犯すなり…好きにしなよ」と言う。なのでハレルヤは焼くことにした。

ガムテープ(3回)

出典: igmonostone.com

「秘奥義ガムテープ地獄の刑」としてガムテープで敵をぐるぐる巻きにするのに使用。基本的にネーミングはその見た目通りである。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents