君と僕。(君僕)のネタバレ解説・考察まとめ

『君と僕。』とは、2003年から堀田きいちが、『月刊少年ガンガン』にて連載を開始した漫画。2004年からは『ガンガンパワード』、2009年からは『月刊Gファンタジー』に移籍して連載。2011年、アニメ第1期の放送が開始され、1年後には第2期も放送している。クールな双子に真面目な学級委員、可愛い系男子と、少しお馬鹿な帰国子女。5人の男子高校生が日常の中で、少しずつ成長を遂げていく、青春×コメディー。思春期の「恋」や「友情」が、優しいタッチで描かれている作品で、知名度と比較して熱狂的ファンが多い。

#10 「cherry」

祐希の計らいで撮ってもらった、千鶴(右)と茉咲(左)のツーショット写真。

3年生の卒業式が近づいてきた。生徒会役員の要や部活に入ってる悠太、祐希、春と違って、部活にも入ってない千鶴にとって3年生の卒業式はあまり関係のない行事だった。そんなことより、千鶴には由々しき問題があった。気持ちを伝えた日からずっと、茉咲とちゃんと話していない。そんな時、3年生の女子から頼み事をされる千鶴。悠太と祐希の写真を撮ってきてほしいという内容だった。写真撮影にハマり、テンションの上がった千鶴のターゲットは双子にとどまらず、面白半分で要までモデルにされる。一方茉咲も、あの日以来千鶴を意識していた。そんな茉咲に、なるべくいつも通りを装って話しかける千鶴だった。祐希の計らいで、千鶴と茉咲ツーショット写真を撮れたが、茉咲が目をつぶってしまう。写真を持って逃げる茉咲を追いかける千鶴だったが、茉咲に「春ちゃんに見られたくないの!!」と怒鳴られてしまう。平静を装いつつも、千鶴はショックを受けてしまう。茉咲の中には、春しかいないんだと、痛感させられるようだった。卒業式が終わり、千鶴は茉咲を教室に連れてくる。そして、1枚の写真を渡した。それは、茉咲が目を閉じている写真だった。茉咲が持って逃げたものは目が開いている写真だったのだ。茉咲と、いつものようにじゃれあっていたかった千鶴は、「少しでも、少しの間だけでも、君が沢山俺のことを考えてくれた。俺で頭を一杯にしてくれた。それだけで」と言い、春のことが好きな茉咲を、受け入れることにした。

#11 「sugar baby,fly baby」

祐希と春が出場しているバレーボールの試合を観戦する、茉咲(右)と隆之介(左)。

塚原要、浅羽悠太、浅羽祐希、松岡春、橘千鶴は、18回目の春を迎え、穂稀高校の3年生になった。今年からは、要と悠太が同じクラス、祐希、春、千鶴が同じクラスだった。二年生になった佐藤茉咲と松下隆之介は体育委員を担当しており、新学期早々の球技大会に大忙しだった。隆之介は、憧れの祐希と一緒にいることの多い茉咲に関心を持つ。茉咲が好きな春、隆之介が憧れている祐希が決勝戦の試合をするバレーボールを、2人で見に行く約束をするが、試合の話に盛り上がる余り、ペットボトルを倒して表彰状を濡らしてしまう。急いで乾かそうとするが、試合を見に行く時間はもう無いと、2人が諦めかけた時、同級生たちが手伝いにきてくれる。同級生たちは、自分たちで表彰状を乾かすから、2人は試合を見に行って、と言ってくれる。そして、念願の試合を見に行くことができたのだった。球技大会が終わって、平凡な日常が戻ってきた。しかし茉咲の目には、以前とは違う風に見えていた。人に頼ることがどれだけ心強いかを知り、荷物を持つのを手伝ってくれる同級生の女の子たちに囲まれながら、茉咲は残りの高校生活にも希望が転がっているように見えたのだった。

#12 「赤裸々」

要と買い物に行った帰り、たい焼きを要に手渡す静奈。

要の両親が、3泊4日の海外旅行に行った。旅行中、幼馴染の相田静奈、日紗子姉妹と食事をすることになった。面倒くさいといいつつ、少し嬉しそうな要。日紗子は、密かに思いを寄せる要が来ることに浮足立つ。初日の夜、要は、昔から憧れを持っている静奈が結婚することを聞かされる。次の日、教室であからさまに落ち込む要の様子を見て、母親に会えないがゆえの傷心だと勘違いした千鶴たちは、みんなで相田家に乗り込む。その晩は明るく騒がしい食卓になったが、それでも要は立ち直れそうになかった。帰り際、明日の夕飯は行かないとだけ日紗子に伝える要。日紗子は、静奈に気持ちを伝えることもせずにただ落ちこむ要を見るのが、辛くて見ていられなかった。そして日紗子は要の家に乗り込み、静奈に気持ちを伝えろと怒鳴る。要にはなぜ日紗子がそこまで怒るのかは理解できなかったが、それでも日紗子の必死さだけは伝わり、翌日は相田家に顔を出した。静奈と2人で夕飯の買い出しへ行くことになった要は、久しぶりに2人の時間を過ごす。要は昔から、なんでも静奈に見てほしくて、褒められたくて仕方がなかった。

#13 「へそと凛」

十先生の話を聞いた帰り、ゆっくりと自分たちの将来を考えながらも、ずっと仲よくしようと語り合う要たち。

5月の連休明け、受験生の要たちには模試が待っていた。春や千鶴、祐希は、未だ受験生としての実感がわかない。春が部活の茶道部に行くとき、千鶴と祐希も体験入部に行く約束をした。部活に行く日、千鶴と祐希を探していた春は、要たちのクラスに立ち寄った。そこで春が見たのは、大学図鑑を読んでいる要と悠太の姿だった。いつまでも今までのようにはいかない、嫌でも見せつけられる現実だった。春は、晃一を呼び止めると「東先生は、いつ先生になろうと思ったんですか?」と聞いた。「大学に進学するときかな」という晃一の答えに、春は、またも現実を痛感した。晃一が自分の人生を決めたのは、今の自分たちと同じ頃だったのだ。春の中で、全てがモヤついていた。茶道部、やる気満々の千鶴と祐希、要は、お茶の師である十先生に茶道を教わる。お茶の道こそ千鶴たちには難しく飽きてしまったが、人生に不安を感じ始めた春たちに、慌てずゆとりをもって、考えることを教えた。

『君と僕。』の登場人物・キャラクター

穂稀高校の生徒

塚原要(つかはら かなめ)

CV:小野友樹・内山夕実(幼少期)
9月16日生まれ、血液型A型。学年トップの学力を誇り、家はお金持ち、学級委員や成都会役員なども積極的に行うエリートタイプ。ツッコミかいじられ担当。本当は不器用だが、努力家で何でも一人きりで抱え込んでしまう嫌いがある。周りから頼られれば、いつも自分の実力以上のパフォーマンスをしようとする。祐希や悠太のおふざけにはいつも頭を抱えているが、悠太のことは自分と対等かそれ以上として認めている様子。頑固な面を持っており、時折春に助けられている。千鶴からは「要っち」と呼ばれるが、千鶴のことは「子ザル」扱いである。要のことを溺愛する母親の存在から、周りからはマザコンだと思われている。初恋相手は幼稚園のかおり先生で、現在は幼馴染の相田静奈に思いを寄せている。双子が喧嘩したときに仲裁に入ったりと、たまに優しさを見せる。

浅羽悠太(あさば ゆうた)

CV:内山昂輝・森優子(幼少時)
6月20日生まれ、血液型 B型。双子の兄で、前髪がセンター分けなのが悠太。顔立ちが端正で双子共に女子によくモテるが、2人揃って全然表情が無い。なので色めいた話こそほぼ皆無だが、悠太の場合、一時期だけ高橋里奈と付き合っていた。初期は、祐希と一緒になって要にシュールな冗談を言っているのが目立ったが、千鶴の登場から、だんだんとまともなツッコミ役になってきた。千鶴からは「ゆうたん」と愛称で呼ばれる。双子なのに、自分が兄であることへの意識が強く、いつも祐希の面倒を見ている。祐希に対して、自分を「お兄ちゃん」と呼ぶときもある。メンバーの中では一番大人びた性格といえる。中学時代は剣道部、高校では茶道部に所属しており、どちらも春と一緒にやっている。趣味もなく、弟の面倒を見ているだけの自分に、多少のコンプレックスを感じている。弟の影響で、かなり絵が上手い。

浅羽祐希(あさば ゆうき)

CV:木村良平・上田茜(幼少時)
6月20日生まれ、血液型 B型。双子の兄で、前髪をおろしているのが祐希。テンションや感性は兄と似ているが、アニメや漫画が大好きだったり、面倒くさがりで人に迷惑をかけるあたり、性格は全然異なる。いつも兄の肩に顔を乗せて歩いていたり、自分から負ぶわれたりと、かなりのブラコン。悠太に彼女が出来た際も、「みとめない。」と繰り返している。基本全てのことを兄に面倒みてもらっている。何事にも無気力で、勉強面はいつも赤点ギリギリ。スポーツは、本気を出すと周りを圧倒させる程の運動神経を持っている。愛読書は「アニメージャ」で、ゲームも得意。漫画は読むのが専門で、描くのはからっきしである。兄と同じく、女子からの人気は高いが、あまり眼中には無いらしく、声をかけられても無視することが多い。女子特有の化粧や香水の匂いが苦手で、酔ってしまう。千鶴からは「ゆっきー」と呼ばれていて、まだ日本語が話せなかった幼い千鶴と遊んだ過去がある。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

探偵オペラ ミルキィホームズ(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『探偵オペラ ミルキィホームズ』とは偵都ヨコハマを舞台にしたアニメで、探偵を目指す四人の少女を中心としたものである。ゲーム版『探偵オペラミルキィホームズ』を原作にしており、J.C.STAFFによって製作された。2010年10月から12月まで1期が、2012年1月から3月まで2期が放送された。2013年7月から9月から3期が、2015年1月から3月まで4期が放送された。

Read Article

クジラの子らは砂上に歌う(クジ砂)のネタバレ解説・考察まとめ

「クジラの子らは砂上に歌う」とは、「梅田阿比」による漫画作品。2017年にJ.C.STAFF製作でアニメ化。砂の海に浮かぶ巨大な船「泥クジラ」には、超能力「情念動(サイミア)」を操る「印」と、操れない「無印」がいた。印である主人公「チャクロ」は泥クジラの歴史を綴る記録掛りをしていた。チャクロはある日、砂の海を漂流してきた島で謎の少女「リコス」に出会う。

Read Article

プラネット・ウィズ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『プラネット・ウィズ』とは、「J.C.STAFF」製作のオリジナルアニメーション作品。2018年に放送。本作は漫画家「水上悟志」が書き下ろしたネームを元に製作されている。漫画版は水上悟志自らが描いている。主人公「黒井宗矢」は記憶喪失の状態で「先生」「黒井銀子」の二人と暮らしていた。ある日、街に「ネビュラウェポン」と呼ばれる謎の飛行物体が現れ、それをヒーロー7人が倒す。しかし宗矢は銀子にヒーロー達を倒すように言われるのであった。

Read Article

こどものおもちゃ(こどちゃ)のネタバレ解説・考察まとめ

『こどものおもちゃ』とは、子役タレントとして活躍する主人公・小学6年生の倉田紗南と、クラスメイトで問題児の羽山秋人を中心に繰り広げられる学校生活を描いた作品である。物語の中では、学校で起こるイジメや問題を紗南が解決しようとする姿、子供ならではの淡い恋心やストレートな感情が描かれている。学級崩壊や家庭崩壊、イジメといった社会問題を取り上げた深刻なシーンも、ギャグを交えながら表現されている。そのため、子供も大人も最後まで楽しむことができる学校生活を描いたコメディ漫画およびアニメ作品。

Read Article

NEW

舞妓さんちのまかないさん(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『舞妓さんちのまかないさん』とは作者・小山愛子によるマンガで、「週刊少年サンデー」にて連載している作品である。 第65回小学館漫画賞に少年向け部門作品として受賞している。 京都の舞妓が暮らす「屋形」で、まかないさんとして日々の食事を担う少女「キヨ」を主人公とした物語。 一般の家庭料理や京都の昔ながらの料理、キヨの地元である青森の郷土料理など、たくさんの料理が登場する。舞妓の普段の食生活や稽古の様子、日常が垣間見える作品となっている。

Read Article

アリスと蔵六(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『アリスと蔵六』とは、今井哲也による漫画、及びJ.C.STAFF製作のアニメーション作品。2012年から連載が始まり、2013年に第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞を受賞。「アリスの夢」と呼ばれる能力者である主人公「沙名」は、住んでいたある研究所から逃亡する。空腹の中出会ったのは、曲がった事が大嫌いなお爺さん「樫村蔵六」であった。

Read Article

初恋限定。(Hatsukoi Limited.)のネタバレ解説・考察まとめ

『初恋限定。』は、河下水希による漫画作品。 『週刊少年ジャンプ』にて、2007年44号から2008年26号まで連載された。 中学2年生の有原あゆみと江ノ本慧を中心に、中学生と高校生計8人の恋が同時進行で進む姿を描いたオムニバス作品だが、連載期間は約半年と短命に終わった。 いわゆる「打ち切り」となった作品であるが、打ち切りに遭いながらドラマCDやアニメといったメディアミックス化された珍しい作品でもある。

Read Article

NEW

極主夫道(漫画・ドラマ・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『極主夫道』(ごくしゅふどう)とは、おおのこうすけによる日本の漫画。実写ドラマ化とアニメ化もされている。「不死身の龍」と呼ばれた元・最凶ヤクザの、主夫業の日常を描いたハートウォーミングコメディ。強面のヤクザが全力で主夫業に邁進するギャップ、および高い画力とシュールな展開が特徴。大筋は主人公の龍がその強面から繰り出す熟練の家事スキルギャップが軸になるが、登場人物たち半数近くがその筋の関係者で彼らも彼らでどこかしらズレており、そのズレの連鎖から笑いの渦を生んでくるパターンも多い。

Read Article

ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)』とは、講談社『good!アフタヌーン』に掲載されている水薙竜のファンタジー漫画、およびそれを原作とするアニメ作品。 とある普通の高校生(多華宮君)と全校生徒から姫様と敬愛される美少女クラスメートの魔女(火々里さん)を中心に多華宮君を巡って繰り広げられる魔女たちと多華宮君の物語である。

Read Article

あまんちゅ!(Amanchu!)のネタバレ解説・考察まとめ

『あまんちゅ!』とは、天野こずえによる漫画作品、及びアニメシリーズ。 2016年と2018年の2度アニメ化した際には、舞台である静岡県伊東市を中心に大きな盛り上がりを見せた。 登場人物が所属する静岡県立夢ヶ丘高校ダイビング部の日常を描いた作品であるが「日常ときどきダイビング。」というキャッチコピーのようにメインは日常であり、ダイビングに対する知識がなくても日常作品として楽しめる。 勿論、ダイビングに関する知識や楽しさ、そして恐さも作中で描かれておりダイビング漫画としても評価が高い。

Read Article

ふらいんぐうぃっち(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ふらいんぐうぃっち』とは、2012年より講談社「別冊少年マガジン」で連載された石塚千尋による漫画の事である。主人公の魔女、木綿真琴(こわたまこと)が修行のため横浜から青森の親戚の家やって来る。居候先の倉本家で高校生活を送りながら魔術の勉強をしたり、他の魔女や異世界の住人と関わりと通じて一人前の魔女としての修行に励む、日常系ほのぼのファンタジー。

Read Article

食戟のソーマ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『食戟のソーマ』とは、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊による料理・グルメ漫画。原作コミックは発売から2週間で20万を超える部数を売り上げた。テレビアニメも好調で、2015年から2019年で4回に渡って放送された。 下町の定食屋で育った主人公・幸平創真は店を継ぐつもりだったが、父親が突如店を閉めることを宣言する。創真は料理のエリートが集う名門料理学校・遠月学園に進学することになる。

Read Article

会長はメイド様!(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『会長はメイド様!』とは2006年から藤原ヒロが『LaLa』で連載しているメイド喫茶で働く生徒会長と完全無欠のスーパー男子高校生との恋愛を描いた学園ラブコメを原作としたアニメ作品。普段は厳しい生徒会長であるため恐れられている主人公の鮎沢美咲には、メイド喫茶で働いている秘密があった。メイド姿で働いていることが広まると、星華高校を改革しようと積み上げてきた努力が無駄になることを恐れていた。そんな美咲の秘密を知ってしまった碓氷拓海が何かにつけて美咲を助け、美咲は徐々に碓氷拓海に惹かれていく。

Read Article

とある魔術の禁書目録(第1期)のネタバレ解説・考察まとめ

『とある魔術の禁書目録』とは、鎌池和馬のライトノベル『とある魔術の禁書目録』を原作とする、J.C.STAFF制作によるサイエンス・ファンタジーアニメ作品。第1期は、2008年10月から2009年3月まで放送された。第1期以降、2020年までには、第2期、第3期までが放送されている。『とある科学の超電磁砲』、『とある科学の一方通行』などと合わせて「とある」シリーズと呼ばれており、本作『とある魔術の禁書目録』はその中核的な位置づけの作品である。

Read Article

殺戮の天使(第1話『Kill me... please.』)のあらすじと感想・考察まとめ

見覚えのないビルの最下層で目を覚ました少女、レイチェル。わけもわからないまま、出口を求めてビルの中をさまよっていると、顔を包帯で覆い、大きな鎌を持った殺人鬼、ザックが現れる。 「3秒数えてやる。だからさぁ、逃げてみろよ!」 今回は「殺戮の天使」第1話『Kill me... please.』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

食戟のソーマの十傑まとめ

『食戟のソーマ』とは、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊による日本の漫画作品である。小説やアニメなど、多数のメディアミックスが成された。 創真は日本屈指の料理の名門校『遠月茶寮料理學園』へと編入する。そして、そこで出会う仲間やライバルと共に研鑽を積んでいく。 『十傑』とは、遠月に存在する最も優れた10人の料理人である。創真は遠月で最も優れた料理人になるため、十傑の打倒を目標とする。

Read Article

とある魔術の禁書目録(インデックス)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「とある魔術の禁書目録」は、鎌池和馬によって書かれたライトノベル作品。 科学によって超能力を発現する「能力開発」をカリキュラムに組み込んだ、大規模な教育機関「学園都市」。その街に住む高校生「上条当麻」のもとにある日現れたシスター「インデックス」を巡って、上条は魔術の世界に踏み込んでいく。オカルトと科学、相反する二つの世界を描くバトルアクションとして、深いストーリーや名言の評価が高い作品である。

Read Article

食戟のソーマの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「食戟のソーマ」は、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊による漫画作品。 下町の定食屋の倅である「幸平創真」は、一人前の料理人になるべく家業を手伝いながら料理の修業に励む日々を送っていた。中学卒業の折、幸平は父親の紹介により世界屈指の料理学校「遠月学園」に通うことになる。遠月学園での幸平の活躍と成長を描く料理漫画。料理を通して人生について語られる名言が数多い。

Read Article

目次 - Contents