君と僕。(君僕)のネタバレ解説・考察まとめ

『君と僕。』とは、2003年から堀田きいちが、『月刊少年ガンガン』にて連載を開始した漫画。2004年からは『ガンガンパワード』、2009年からは『月刊Gファンタジー』に移籍して連載。2011年、アニメ第1期の放送が開始され、1年後には第2期も放送している。クールな双子に真面目な学級委員、可愛い系男子と、少しお馬鹿な帰国子女。5人の男子高校生が日常の中で、少しずつ成長を遂げていく、青春×コメディー。思春期の「恋」や「友情」が、優しいタッチで描かれている作品で、知名度と比較して熱狂的ファンが多い。

恋人でいることを辞める寸前の悠太(左)と里奈(右)。里奈は、友人に合わせて自分を出せない弱さをさらけ出し、悠太はそれを優しく受け入れた。

意図せずして悠太が告白されている現場を目撃してしまった要たち4人。相手は同じ学年の高橋里奈。悠太が女の子に取られ面白くないブラコンな祐希や、単純に興味津々な千鶴をはじめとして、みんなで悠太の腹を探ろうとするが、悠太は素知らぬ風だった。ヤキモキする一同だったが、悠太から、用事があるので一緒に帰れないと言われ、とうとう後をつけることにする。案の定里奈と待ち合わせていた悠太は、本屋に入る。里奈の本を買った2人は次にハンバーガーショップに入る。要たちも店内で作戦会議をするが、悠太に尾行がバレて捕まってしまう。それでも悠太からはちゃんとしたことは聞けず、一同のモヤモヤは残ったままになってしまった。翌日、悠太にCDを借りた里奈だったが、友達に見られるのが嫌で、慌ててぎこちない会話しかできず、CDもひびを入れてしまった。放課後、一緒に帰ろうと並んで下駄箱へ向かう悠太と里奈。そこで、里奈の友達の会話が聞こえてきた。「まさか高橋がうまくいくなんてね」「告白しろって言ったのジュンちゃんじゃん」「ノリよ、ノリ」「フラれると思ってたんだ、性格悪ーい!」ケラケラと笑いながら話す友達の声を受け、里奈は立ちすくんでしまう。悠太は、里奈が友人の中で自我を出せず苦しんでいたことを、全て分かっていた。そのことに気づいた里奈は、強くなろうと決心をした。そして、2人は別れた。里奈にとって、友達に勧められて告白したことで始まったこの恋愛は、偽物だったからだ。別れた理由を聞いてくる友人たちに「そんな簡単じゃないよ、恋は」と返す里奈の表情は、晴れやかだった

#8 「日給ヒーロー/先輩と僕。」

隆之介が妄想した戦隊ヒーロー。憧れの祐希(中央)がリーダーレッド。

芸術の秋。ある日、祐希の元に1年生がやってきた。漫研の後輩で松下隆之介と名乗るその1年生は、部活動の一環として漫画を描いてもらうための原稿用紙を持ってきたのだった。祐希は漫画好きだが、読む専門で描くのはさっぱりだった。そこで苦肉の策として、要たち4人を集めてリレー形式で漫画を描き進めることにした。要は渋っていたが、千鶴と春が面白がり、遂にはやってみることになった。勇者ものの方向性で決まった漫画の1枚目の担当、悠太のイラストが驚くべき上手さでみんなの士気もあがるが、2枚目担当祐希はクオリティーが低すぎ、3枚目担当春はメルヘンすぎで、先行き不安な状態になる。4枚目にいたっては、千鶴の一存で方向性まで変えてしまい、勇者はパンを加えて学校へ走り、スピード婚でゴールインしてしまった。5枚目要担当の原稿は、下手すぎる絵とませたセリフのミスマッチで大爆笑を起こした。そして初めての合作は無事に完成したのだった。一方、隆之介も自身の原稿のテーマに悩んでいた。隆之介は、漫研部員でありながら、運動神経抜群で容姿端麗な祐希のことを、密かにヒーローと崇めていた。そこで、祐希を題材にした漫画を描くことに決める。しかし、戦隊もの、子連れ侍、一匹狼の不良もの、どれも祐希とはミスマッチで、何を描けば良いか分からなくなっていた。そんなとき、隆之介は学校の渡り廊下で祐希に出くわし、漫画の出来具合を話す。いつも眠そうな祐希が、どうもヒーローっぽくないことに気づく隆之介だったが、それでもやっぱり祐希は、隆之介の中でどんなヒーローより、かっこいいと思ってしまうのだった。

#9 「naked king」

文化祭の準備で、クラスメートたちから頼られる要(中央)。

穂稀高校に、文化祭の季節が近づいてきた。要は、生徒会役員と学級委員の二足の草鞋で、大忙しだった。要と祐希、千鶴の教室ではお化け屋敷をやることになっていたが、クラスメートから頼られて、人一倍仕事を抱えてしまっていた。そんな中、祐希と千鶴は全く関係の無い遊びでサボっており、それが尚更要を苛立たせていた。晃一もそんな要を心配していた。一方、悠太と春のクラスは順調で、ファンシーなコスプレを和気藹々と選んでいた。それに比べて祐希と千鶴は、要から指示されたコピーすら満足にできず、結果それも要自身でやってしまう。クラスの出し物だけでもてんてこ舞いだが、生徒会の仕事も押し寄せて破裂寸前だった。そして、とうとう無理がたたって大きなミスをしてしまう。お化け屋敷で必需品の暗幕の貸し出し申請を忘れていたのだ。しかし、晃一のおかげで何とかその問題は解決したのだった。要はショックで落ち込むが、それを知ってか知らずか、その間に悠太たちが残った仕事を終わらせていた。責任のある立場にいると、流されないように必死になる。それでも要は、流されてみないと見えない景色もあるということを知ったのだった。

#10 「on your mark」

メルヘン喫茶という出し物で、それぞれ赤ずきんと白雪姫のコスプレをした春(左)と悠太(右)。

遂にやってきた文化祭当日。要たちのお化け屋敷も、悠太たちのメルヘン喫茶も大盛況だった。文化祭には晃一の友人、あきらも来ており、千鶴たちがチョコバナナを買おうと列に並んでいるところへ現れる。あきらは順番を抜かして千鶴の前へ割り込んだ上、文句を言う千鶴に対して、小さい身長を馬鹿にする発言をしたことで、千鶴はカンカンに怒ってしまう。茉咲のクラスではシンデレラの劇をやることになっており、茉咲はねずみ役で張り切っていた。それに加えて春から声援を受け、気合十分だった。その様子を見ている千鶴は、やはり面白くない。みんなで茉咲の劇を見に行くことになり、5人揃って舞台へ向かう。一方、舞台袖の茉咲は、春が見に来ていることを知る。緊張はピークを越え、盛大に噛んでしまった。劇が終わり、春に会うのが恥ずかしくて、逃げてしまった。女子トイレに一人駆け込んだ茉咲の元に現れたのは、千鶴だった。最初は堂々と女子トイレに入ってくる千鶴に動揺するが、いつものように喧嘩する元気もなく、しゃがみこんでしまう。遂には涙までこぼれてきて、千鶴に感情をさらけ出す茉咲だった。

#11 「三日月シルエット」

放課後、花代に学食の掃除を頼まれた祐希。

昼食を食べようといつものように屋上へ向かう要たちだったが、ペンキ塗りたてで立ち入り禁止になっていた。そこで、千鶴にとってはデビューでもある学食で食事をとることになった。季節柄屋上も冷えてきたのと学食の安さから、しばらく学食で食べようかという話にもなったが、祐希だけは難色を示していた。コンビニに売っているパンのシールを集めていたのだ。毎日学食になったら、シールが集められなくなる。千鶴の提案で、パンを買って食べるのは交代制で分担することになった。そんな中、ふとしたことで学食で働く美人なお姉さん、佐倉花代と知り合った祐希。花代も、祐希と同じシールを集めていた。ある時、祐希は花代にテーブルの拭き掃除を頼まれた。最初は断ろうとしてた祐希だが、シールと交換で手伝うことにする。

#12 「中学生日記」

春を中学に呼びつけた春の弟、冬樹(中央)。

春に、中学生の弟、冬樹から電話がかかってくる。冬樹の英語のノートを届けるために今から中学へ行かなければならないと聞き、千鶴の目が光る。要たちが卒業した中学校にも、春の弟にも興味深々だった。しかし、後者の期待は大きく裏切られることになる。生意気で、目つきが悪くて、兄の春とはまるで正反対だった。要たちも久々に会う冬樹は、性的なことに興味津々で、男子としても健全に成長していた。春も、下ネタばかりの弟にあたふたしている。そんな冬樹には、彼女もできたらしい。自分に彼女がいないことで悔しがる千鶴は、せめて見せろとせがむ。冬樹は写真で勘弁してもらおうと思っていたが、タイミング悪く、教師に携帯を没収されてしまう。彼らの中学校は、生徒による携帯の持ち込みが禁止されていたのだ。致し方なく、見るだけならと彼女の元へと案内することになった。向かった先は武道場。彼女は剣道部だった。悠太と春も中学時代は剣道部で、流れで練習に参加することになる。そこに冬樹の彼女、間宮杏子が現れた。彼女の前では淡泊ぶってることを千鶴に見抜かれ、からかわれる冬樹だったが、先に没収された携帯を取り戻さないと、彼女から夜に電話がかかってくるとのことで、かなり焦っていた。家にかけてこられて、親にバレることを危惧していたのだ。千鶴たちも携帯回収作戦に協力するが、それも失敗に終わる。一方、杏子は部活で足首を捻り、保健室で手当てをしてから冬樹と出くわす。剣道着の汗の臭いを嗅がれたくないという理由から、冬樹と一緒に帰るのを拒む杏子だったが、その気持ちに気付かない上に、杏子の怪我を知らない冬樹は、いつも通りの淡泊な態度をとってしまう。とうとう杏子は一人で帰ってしまい、彼女に嫌われたと思ってしまう冬樹だったが、春はそんな弟を、相手の気持ちを考えなさいと一喝する。ようやく兄の言葉で目が覚めた冬樹は、杏子の湿布臭に気づき、杏子の後を追いかけて一緒に帰るのだった。

#13 「陽だまりの詩」

職場体験先の陽だまり幼稚園で、園児と挨拶を済ませる要たち。

穂稀高校では2年生で職場体験を実施する。要たちは、自分たちが卒園した陽だまり幼稚園へ行くことにした。千鶴だけは、自分だけ部外者だといじけてしまうが、春のフォローによって機嫌を直し、全員で参加することとなった。要の初恋の相手、かおり先生もまだいるそうで、要は行く前からイジり倒される。当日、懐かしの陽だまり幼稚園へやってきた一同は、さっそく門の入り口でわんぱくな男の子の洗礼を受ける。そして、かおり先生との挨拶を済ませた要たちに、忙しい一日が始まる。そんな中、門の入り口にいたわんぱく児童、けんちゃんの好きな女の子、そのちゃんとおままごとをしていたことがきっかけで、要はけんちゃんから徹底的に嫌われてしまう。要も、けんちゃんには苛ついて、うんざりしていた。おやつの時間になり、けんちゃんはそのちゃんと仲良くなりたい一心で、自分のクッキーをあげようとする。しかし、ほかの子のクッキーをとったと勘違いされ、やけになったけんちゃんは手当たり次第にほかの子のクッキーをほおばって逃げてしまう。追いかけてきた要は、けんちゃんの手を引き、そのちゃんの所へ連れていく。おかげで、2人は仲直りすることができた。春の目には、要とけんちゃんがまるで本当の兄弟のように見えていた。

第2期

#1 「月のうさぎは夜を跳ねる」

要の家に集まってのお泊り会で、話に華を咲かせる千鶴たちと、「早く寝ろ!」と怒る要(中央)。

季節は冬。要たちは相も変わらず脱力的な日常を送っていた。春が要の家にみかんの差し入れを持っていく約束をしていたが、何故かそこに悠太たちも付いてきて、更には全員で夕飯の食卓を囲んでいた。挙句の果てに、「帰んの面倒くさくなってきたな」という千鶴の一言から、全員でお泊り会をすることになった。まずはお風呂の順番決めじゃんけんを決行し、お風呂1つでも大騒ぎ。全員がお風呂に入り終わると、春の提案で月を観測することに。月を見るつもりが、オリオン座やふたご座などを見つけ、神話の話で盛り上がる。要の母親も乱入したりしつつも、やっとみんなが布団に入る。それでもなかなか眠ることはできず、みんなの昔の話や悠太と里奈の話、双子の仲良し自慢など、話のネタは尽きない。そうこうしてるうちに、みんなお腹がすいてきて、全員でコンビニへ行くことになる。まだ夜は長い。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

探偵オペラ ミルキィホームズ(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『探偵オペラ ミルキィホームズ』とは偵都ヨコハマを舞台にしたアニメで、探偵を目指す四人の少女を中心としたものである。ゲーム版『探偵オペラミルキィホームズ』を原作にしており、J.C.STAFFによって製作された。2010年10月から12月まで1期が、2012年1月から3月まで2期が放送された。2013年7月から9月から3期が、2015年1月から3月まで4期が放送された。

Read Article

クジラの子らは砂上に歌う(クジ砂)のネタバレ解説・考察まとめ

「クジラの子らは砂上に歌う」とは、「梅田阿比」による漫画作品。2017年にJ.C.STAFF製作でアニメ化。砂の海に浮かぶ巨大な船「泥クジラ」には、超能力「情念動(サイミア)」を操る「印」と、操れない「無印」がいた。印である主人公「チャクロ」は泥クジラの歴史を綴る記録掛りをしていた。チャクロはある日、砂の海を漂流してきた島で謎の少女「リコス」に出会う。

Read Article

プラネット・ウィズ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『プラネット・ウィズ』とは、「J.C.STAFF」製作のオリジナルアニメーション作品。2018年に放送。本作は漫画家「水上悟志」が書き下ろしたネームを元に製作されている。漫画版は水上悟志自らが描いている。主人公「黒井宗矢」は記憶喪失の状態で「先生」「黒井銀子」の二人と暮らしていた。ある日、街に「ネビュラウェポン」と呼ばれる謎の飛行物体が現れ、それをヒーロー7人が倒す。しかし宗矢は銀子にヒーロー達を倒すように言われるのであった。

Read Article

こどものおもちゃ(こどちゃ)のネタバレ解説・考察まとめ

『こどものおもちゃ』とは、子役タレントとして活躍する主人公・小学6年生の倉田紗南と、クラスメイトで問題児の羽山秋人を中心に繰り広げられる学校生活を描いた作品である。物語の中では、学校で起こるイジメや問題を紗南が解決しようとする姿、子供ならではの淡い恋心やストレートな感情が描かれている。学級崩壊や家庭崩壊、イジメといった社会問題を取り上げた深刻なシーンも、ギャグを交えながら表現されている。そのため、子供も大人も最後まで楽しむことができる学校生活を描いたコメディ漫画およびアニメ作品。

Read Article

NEW

舞妓さんちのまかないさん(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『舞妓さんちのまかないさん』とは作者・小山愛子によるマンガで、「週刊少年サンデー」にて連載している作品である。 第65回小学館漫画賞に少年向け部門作品として受賞している。 京都の舞妓が暮らす「屋形」で、まかないさんとして日々の食事を担う少女「キヨ」を主人公とした物語。 一般の家庭料理や京都の昔ながらの料理、キヨの地元である青森の郷土料理など、たくさんの料理が登場する。舞妓の普段の食生活や稽古の様子、日常が垣間見える作品となっている。

Read Article

アリスと蔵六(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『アリスと蔵六』とは、今井哲也による漫画、及びJ.C.STAFF製作のアニメーション作品。2012年から連載が始まり、2013年に第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞を受賞。「アリスの夢」と呼ばれる能力者である主人公「沙名」は、住んでいたある研究所から逃亡する。空腹の中出会ったのは、曲がった事が大嫌いなお爺さん「樫村蔵六」であった。

Read Article

初恋限定。(Hatsukoi Limited.)のネタバレ解説・考察まとめ

『初恋限定。』は、河下水希による漫画作品。 『週刊少年ジャンプ』にて、2007年44号から2008年26号まで連載された。 中学2年生の有原あゆみと江ノ本慧を中心に、中学生と高校生計8人の恋が同時進行で進む姿を描いたオムニバス作品だが、連載期間は約半年と短命に終わった。 いわゆる「打ち切り」となった作品であるが、打ち切りに遭いながらドラマCDやアニメといったメディアミックス化された珍しい作品でもある。

Read Article

NEW

極主夫道(漫画・ドラマ・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『極主夫道』(ごくしゅふどう)とは、おおのこうすけによる日本の漫画。実写ドラマ化とアニメ化もされている。「不死身の龍」と呼ばれた元・最凶ヤクザの、主夫業の日常を描いたハートウォーミングコメディ。強面のヤクザが全力で主夫業に邁進するギャップ、および高い画力とシュールな展開が特徴。大筋は主人公の龍がその強面から繰り出す熟練の家事スキルギャップが軸になるが、登場人物たち半数近くがその筋の関係者で彼らも彼らでどこかしらズレており、そのズレの連鎖から笑いの渦を生んでくるパターンも多い。

Read Article

ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)』とは、講談社『good!アフタヌーン』に掲載されている水薙竜のファンタジー漫画、およびそれを原作とするアニメ作品。 とある普通の高校生(多華宮君)と全校生徒から姫様と敬愛される美少女クラスメートの魔女(火々里さん)を中心に多華宮君を巡って繰り広げられる魔女たちと多華宮君の物語である。

Read Article

あまんちゅ!(Amanchu!)のネタバレ解説・考察まとめ

『あまんちゅ!』とは、天野こずえによる漫画作品、及びアニメシリーズ。 2016年と2018年の2度アニメ化した際には、舞台である静岡県伊東市を中心に大きな盛り上がりを見せた。 登場人物が所属する静岡県立夢ヶ丘高校ダイビング部の日常を描いた作品であるが「日常ときどきダイビング。」というキャッチコピーのようにメインは日常であり、ダイビングに対する知識がなくても日常作品として楽しめる。 勿論、ダイビングに関する知識や楽しさ、そして恐さも作中で描かれておりダイビング漫画としても評価が高い。

Read Article

ふらいんぐうぃっち(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ふらいんぐうぃっち』とは、2012年より講談社「別冊少年マガジン」で連載された石塚千尋による漫画の事である。主人公の魔女、木綿真琴(こわたまこと)が修行のため横浜から青森の親戚の家やって来る。居候先の倉本家で高校生活を送りながら魔術の勉強をしたり、他の魔女や異世界の住人と関わりと通じて一人前の魔女としての修行に励む、日常系ほのぼのファンタジー。

Read Article

食戟のソーマ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『食戟のソーマ』とは、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊による料理・グルメ漫画。原作コミックは発売から2週間で20万を超える部数を売り上げた。テレビアニメも好調で、2015年から2019年で4回に渡って放送された。 下町の定食屋で育った主人公・幸平創真は店を継ぐつもりだったが、父親が突如店を閉めることを宣言する。創真は料理のエリートが集う名門料理学校・遠月学園に進学することになる。

Read Article

会長はメイド様!(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『会長はメイド様!』とは2006年から藤原ヒロが『LaLa』で連載しているメイド喫茶で働く生徒会長と完全無欠のスーパー男子高校生との恋愛を描いた学園ラブコメを原作としたアニメ作品。普段は厳しい生徒会長であるため恐れられている主人公の鮎沢美咲には、メイド喫茶で働いている秘密があった。メイド姿で働いていることが広まると、星華高校を改革しようと積み上げてきた努力が無駄になることを恐れていた。そんな美咲の秘密を知ってしまった碓氷拓海が何かにつけて美咲を助け、美咲は徐々に碓氷拓海に惹かれていく。

Read Article

とある魔術の禁書目録(第1期)のネタバレ解説・考察まとめ

『とある魔術の禁書目録』とは、鎌池和馬のライトノベル『とある魔術の禁書目録』を原作とする、J.C.STAFF制作によるサイエンス・ファンタジーアニメ作品。第1期は、2008年10月から2009年3月まで放送された。第1期以降、2020年までには、第2期、第3期までが放送されている。『とある科学の超電磁砲』、『とある科学の一方通行』などと合わせて「とある」シリーズと呼ばれており、本作『とある魔術の禁書目録』はその中核的な位置づけの作品である。

Read Article

殺戮の天使(第1話『Kill me... please.』)のあらすじと感想・考察まとめ

見覚えのないビルの最下層で目を覚ました少女、レイチェル。わけもわからないまま、出口を求めてビルの中をさまよっていると、顔を包帯で覆い、大きな鎌を持った殺人鬼、ザックが現れる。 「3秒数えてやる。だからさぁ、逃げてみろよ!」 今回は「殺戮の天使」第1話『Kill me... please.』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

食戟のソーマの十傑まとめ

『食戟のソーマ』とは、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊による日本の漫画作品である。小説やアニメなど、多数のメディアミックスが成された。 創真は日本屈指の料理の名門校『遠月茶寮料理學園』へと編入する。そして、そこで出会う仲間やライバルと共に研鑽を積んでいく。 『十傑』とは、遠月に存在する最も優れた10人の料理人である。創真は遠月で最も優れた料理人になるため、十傑の打倒を目標とする。

Read Article

とある魔術の禁書目録(インデックス)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「とある魔術の禁書目録」は、鎌池和馬によって書かれたライトノベル作品。 科学によって超能力を発現する「能力開発」をカリキュラムに組み込んだ、大規模な教育機関「学園都市」。その街に住む高校生「上条当麻」のもとにある日現れたシスター「インデックス」を巡って、上条は魔術の世界に踏み込んでいく。オカルトと科学、相反する二つの世界を描くバトルアクションとして、深いストーリーや名言の評価が高い作品である。

Read Article

食戟のソーマの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「食戟のソーマ」は、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊による漫画作品。 下町の定食屋の倅である「幸平創真」は、一人前の料理人になるべく家業を手伝いながら料理の修業に励む日々を送っていた。中学卒業の折、幸平は父親の紹介により世界屈指の料理学校「遠月学園」に通うことになる。遠月学園での幸平の活躍と成長を描く料理漫画。料理を通して人生について語られる名言が数多い。

Read Article

目次 - Contents