くるり(Quruli)の徹底解説まとめ

くるりとは、1996年にギターボーカルの岸田繁、ベースの佐藤征史、ドラムの森信行によって結成された京都出身のロックバンド。1998年に1stシングル『東京』をリリースしデビューした。デビュー後は、岸田と佐藤を中心に、メンバーチェンジをしながら活動を続けている。
ロックだけでなく、クラシックやラップなど多様な音楽性を取り入れ、アルバムごとに雰囲気が全く異なるところが、くるりの特徴であり、魅力でもある。TV番組のテーマ曲も担当するなど、知名度と人気を兼ね備えた日本を代表するバンドの1つである。

さよならストレンジャー

『さよならストレンジャー』のジャケット。

1. ランチ
2. 虹
3. オールドタイマー
4. さよならストレンジャー
5. ハワイ・サーティーン
6. 東京
7. トランスファー
8. 葡萄園
9. 7月の夜
10. りんご飴
11. 傘
12. ブルース

1999年にリリースされた、メジャーデビュー後の1stアルバムである本作は、制作当時大学生だった彼らの等身大の魅力が詰まっている。
フォークを感じさせるのどかで繊細な歌と、荒々しいロックの感触が混じり、ライブで演奏されることの多い「虹」や「東京」が収録された本作はファンの人気が高い作品である。

図鑑

『図鑑』のジャケット。

1. イントロ
2. マーチ
3. 青い空<アルバムmix>
4. ミレニアム
5. 惑星づくり
6. 窓
7. チアノーゼ
8. ピアノガール
9. ABULA
10. 屏風浦
11. 街
12. ロシアのルーレット
13. ホームラン
14. ガロン〈ガロ〜ンMIX〉
15. 宿はなし

2000年にリリースされた2ndアルバムである。
アメリカ出身のミュージシャンで、アメリカの90年代前後のロックシーンを象徴するバンド「ソニックユース」などに在籍していた、ジム・オルークを共同プロデューサーに迎えた作品である。
アルバム制作期間は周囲のプレッシャーからメンバー間の衝突もあり、20代前半の彼らの若く激しい感情や当時のバンドの空気が含まれているアルバムである。

TEAM ROCK

『TEAM ROCK』のジャケット。

1. TEAM ROCK
2. ワンダーフォーゲル
3. LV30
4. 愛なき世界
5. C’mon C’mon
6. カレーの歌
7. 永遠
8. トレイン・ロック・フェスティバル
9. ばらの花
10. 迷路ゲーム
11. リバー

前作までと打って変わって、打ち込みを導入しダンスミュージックの要素を取り入れた、2001年リリースのアルバムである。
前作のレコーディング時からメンバー間に生じ始めた不和を、1曲目の「ロックチームくるりのかかえる苦悩」という歌詞からも感じられる。
「愛なき世界」や「トレイン・ロック・フェスティバル」など前作にあったような激しいサウンドの曲も収録されており、くるりが自身の音楽性を大きく変化させていく過渡期の作品であると言える。

THE WORLD IS MINE

『THE WORLD IS MINE』のジャケット。

1. GUILTY
2. 静かの海
3. GO BACK TO CHINA
4. WORLD’S END SUPERNOVA
5. BUTTERSAND/PIANORGAN
6. アマデウス
7. ARMY
8. MIND THE GAP
9. 水中モーター
10. 男の子と女の子
11. THANK YOU MY GIRL
12. 砂の星
13. PEARL RIVER

2002年にリリースされた、『TEAM ROCK』と同様にダンスミュージック、エレクトロニックの要素を前面に出したアルバムである。
本作もダンスミュージックから、ロックサウンド、弾き語りの曲など様々な形の曲が収録されているが、全体的に奥行きのあるサウンドでまとめられ、繊細な雰囲気のある作品である。
くるりの最大のヒット曲である「WORLD’S END SUPERNOVA」が収録されている。

ジョゼと虎と魚たち

サウンドトラック『ジョゼと虎と魚たち』のジャケット。

1. ジョゼのテーマ
2. 乳母車
3. 別れ
4. サガン
5. 飴色の部屋
6. ドライブ
7. ジョゼのテーマ Ⅱ
8. 恒夫とジョゼ
9. ハイウェイ<Alternative>

2003年に公開された映画「ジョゼと虎と魚たち」に合わせて、同年にリリースしたオリジナルサウンドトラックである。
この映画は、小説家・田辺聖子の恋愛短編集が原作となっている。
「飴色の部屋」と「ハイウェイ<Alternative>」以外は歌のない曲である。
なお、「飴色の部屋」は映画では使用されていない。この曲はくるりがメジャーデビューの頃に作られた曲だが未発表だったもので、今作では再録したものが収録されている。

アンテナ

『アンテナ』のジャケット。

1. グッドモーニング
2. Morning Paper
3. Race
4. ロックンロール
5. Hometown
6. 花火
7. 黒い扉
8. 花の水鉄砲
9. バンドワゴン
10. How To Go

2004年にリリースされた、前作まで続いていたダンスミュージック要素の強いアルバムから一転して、シンプルなバンドサウンドのアルバムである。
ストレートなロックサウンドという点では1stアルバム『さよならストレンジャー』と同じだが、本作はグルーブ感が強調され洗練された渋さの目立つアルバムである。
リリース直後の音楽誌のインタビューで、本作制作に関する質問を受けた岸田は「クリストファーのアルバムやなと思ってて」と話していた。

NIKKI

『NIKKI』のジャケット。

1. Bus To Finsbury
2. Baby I Love You
3. Superstar (Album Edit)
4. 雨上がり
5. Tonight Is The Night
6. BIRTHDAY
7. お祭りわっしょい
8. 冬の亡霊
9. 赤い電車
10. Long Tall Sally
11. 虹色の天使
12. Ring Ring Ring!
13. (It’s Only) R’n R Workshop!

2005年にリリースされた6thアルバムである。
前作『アンテナ』と同じようにバンドサウンドのアルバムであるが、より明るくポップな印象の強い作品である。
UKロックからの影響を前面に出しており、岸田のUKロックに対する愛着を感じられる。

ベスト オブ くるり / TOWER OF MUSIC LOVER

『ベスト オブ くるり / TOWER OF MUSIC LOVER』のジャケット。

DISC1
1. ワンダーフォーゲル
2. ばらの花
3. 虹
4. ワールズエンド・スーパーノヴァ
5. THANK YOU MY GIRL
6. Baby I Love You
7. ハローグッバイ
8. 春風<Alternative>
9. ナイトライダー<QURULI ver.>
10. リバー
11. ハイウェイ
12. 飴色の部屋
13. 赤い電車<ver.金沢文庫>

DISC2
1. 水中モーター<Jam Remix>
2. ロックンロール
3. 東京
4. 青い空
5. リボルバー
6. 男の子と女の子
7. Birthday
8. Superstar
9. 尼崎の魚
10. 街
11. サンデーモーニング
12. 家出娘
13. HOW TO GO

DISC3(初回限定版のみ)
1. 怒りのぶるうす
2. Giant Fish
3. さっきの女の子
4. 人間通

2006年にリリースされた、くるりの1枚目のベストアルバムである。
このアルバム以前にリリースされた全17曲のシングル表題曲や、それまでCD化されていなかった「家出娘」などが収録されている。
初回限定版のみ付属するDISC 3には、それまで未発表だった音源が収録されている。
曲順はリリース順でなく、メンバーによって考えられた順番で収録されており、ベストアルバムではあるが趣向を凝らされた作品である。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents