くるり(Quruli)の徹底解説まとめ

くるりとは、1996年にギターボーカルの岸田繁、ベースの佐藤征史、ドラムの森信行によって結成された京都出身のロックバンド。1998年に1stシングル『東京』をリリースしデビューした。デビュー後は、岸田と佐藤を中心に、メンバーチェンジをしながら活動を続けている。
ロックだけでなく、クラシックやラップなど多様な音楽性を取り入れ、アルバムごとに雰囲気が全く異なるところが、くるりの特徴であり、魅力でもある。TV番組のテーマ曲も担当するなど、知名度と人気を兼ね備えた日本を代表するバンドの1つである。

坩堝の電圧

『坩堝の電圧』のジャケット。

1. white out(heavy metal)
2. chill pepper japonés
3. everybody feels the same
4. taurus
5. pluto
6. crab, reactor, future
7. dog
8. soma
9. o.A.o
10. argentina
11. falling
12. dancing shoes
13. china dress
14. my sunrise
15. bumblebee
16. jumbo
17. 沈丁花
18. のぞみ1号
19. glory days

2012年リリースの10thアルバムである。
ギタリストの吉田省念、トランペット奏者のファンファンが加入し、新体制になったくるりの初めてのアルバムである。
くるりのオリジナルアルバム史上最多収録曲数、最長収録時間であり、また、岸田以外のメンバー全員がそれぞれボーカルを担当する曲が収録されるなど色彩豊かな作品である。

THE PIER

『THE PIER』のジャケット。

1. 2034
2. 日本海
3. 浜辺にて
4. ロックンロール・ハネムーン
5. Liberty&Gravity
6. しゃぼんがぼんぼん
7. loveless〈album edit〉
8. Remember Me
9. 遥かなるリスボン
10. Brose&Butter
11. Amamoyo
12. 最後のメリークリスマス〈album edit〉
13. メェメェ
14. There is(always light)

2014年にリリースされた、11thアルバムである。
吉田が脱退し、岸田、佐藤、ファンファンの3人体制のくるりになって初めてのアルバムである。
「最新型の多国籍サウンド」とくるり自身も表現する本作は、様々な文化の音楽をまとめ上げた全く新しい音楽の作品である。
特に「Liberty&Gravity」は、異国の雰囲気を持つ楽曲のユニークさと、民族衣装を着たメンバーが独特な踊りを見せるMVが相まって、「くるりの変な新曲」と話題になった。
第7回CDショップ大賞に入賞している。

くるりとチオビタ

『くるりとチオビタ』のジャケット。

1. Jubilee
2. 太陽のブルース
3. 魔法のじゅうたん
4. シャツを洗えば (くるりとユーミン)
5. 旅の途中
6. 奇跡
7. o.A.o
8. Taurus
9. ロックンロール・ハネムーン
10. Loveless

2014年リリースの、くるりが約7年間に渡り担当してきた、チオビタR・ドリンクのCM曲をまとめたアルバムである。
くるりの過去の作品の中で代表的な曲が多数収録されており、くるりの入門盤としても適した作品である。

くるりの20回転

『くるりの20回転』のジャケット。

DISC1
1. 東京
2. 虹
3. 青い空
4. 街
5. 春風
6. ワンダーフォーゲル
7. ばらの花
8. リバー
9. ワールズエンド・スーパーノヴァ
10. 男の子と女の子
11. HOW TO GO

DISC2
1. ハイウェイ(LA mix)
2. ロックンロール
3. Birthday
4. Superstar
5. 赤い電車
6. Baby I Love You
7. Juice (くるりとリップスライム)
8. 五月の海
9. Jubilee
10. 言葉はさんかく こころは四角(single ver.)
11. さよならリグレット
12. 三日月
13. 愉快なピーナッツ

DISC3
1. シャツを洗えば
2. 魔法のじゅうたん
3. 奇跡
4. 石巻復興節
5. my sunrise
6. everybody feels the same
7. Remember me
8. ロックンロール・ハネムーン
9. 最後のメリークリスマス
10. Liberty&Gravity
11. There is(always light)
12. ふたつの世界
13. かんがえがあるカンガルー
14. 琥珀色の街、上海蟹の朝

2016年リリースの、くるりの20周年を記念して過去のシングル曲を全曲収録した3枚目のベストアルバムである。
全曲リリース順に収録されており、くるりの20年間の軌跡を辿ることができる作品である。

ソングライン

『ソングライン』のジャケット。

1. その線は地平線
2. landslide
3. How Can I Do?(Album mix)
4. ソングライン
5. Tokyo OP
6. 風は野を越え
7. 春を待つ
8. だいじなこと(Album mix)
9. 忘れないように(Album mix)
10. 特別な日(Album mix)
11. どれくらいの
12. News

2018年リリースの12thアルバムである。
新しい音楽を開拓した前作とは対照的に、「くるりらしさ」を追求したアルバムである。
シンプルで歌を大切にした楽曲が多い中、サウンドの随所に今までくるりが獲得してきた音楽性の要素が垣間見える、
くるりの集大成と言えるスケールの大きな作品である。

thaw

『thaw』のジャケット。

1. 心のなかの悪魔
2. 鍋の中のつみれ
3. ippo
4. チェリーパイ
5. evergreen
6. Hotel Evropa
7. ダンスミュージック
8. 怒りのぶるうす
9. Giant Fish
10. さっきの女の子
11. 人間通

Bonus Tracks(CDのみ)
12. Only You
13. Wonderful Life
14. Midnight Train(has gone)
15. ヘウレーカ!

2020年3月から始まる予定だったライブツアーが、新型コロナウイルス流行の影響で中止になったことを受け、急遽同年4月にリリースしたアルバムである。
タイトルの”thaw”(解凍)が意味する通り、過去の未発表曲を集めた作品になっている。
今作で初めて、2011年に脱退した田中の在籍中に制作した楽曲を聴くことができる。

くるりの代表曲

東京

「東京」のMV

1998年にデビューシングルとしてリリースされた曲だが、くるりのインディーズ時代から存在し、くるりの代表曲の1つである。
上京した主人公の、故郷の恋人への溢れる想いを歌うこの曲はファンからの人気が高い。
くるりのメンバーがまだ学生だった頃、レコーディングのために東京に出ていた時に綾瀬の公園で5分ほどでパッと作った曲と、岸田は話している。
くるりの原点を知るのに最適な曲である。

ばらの花

「ばらの花」のMV

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents