Tom Clancy's The Division 2(ディビジョン2)のネタバレ解説まとめ

『Tom Clancy's The Division2』とは、ユービーアイソフトが発売したオンラインRPGである。舞台は、ウイルステロにより崩壊したアメリカの首都、ワシントンD.C.。プレイヤーは秘密機関「ディビジョン」のエージェントとなり、ウイルスの脅威を止めるべく敵勢力に立ち向かう。舞台となるワシントンD.C.は、ホワイトハウスなどの特徴的な建物がリアルに再現されており、美しい景色が魅力的である。またマイクロマシンを駆使した最先端の装備を扱えるのも、本ゲームの醍醐味となっている。

序盤で主人公と共にコミュニティを守るディビジョンエージェント。
救難信号を受けたが、コミュニティを守るためワシントンD.C.には行かず、主人公と別行動になる。

エージェント・デラクルス

下の人物がエージェント・デラクルス。

序盤で主人公と共にコミュニティを守るディビジョンエージェント。
コミュニティを守る際に、敵の攻撃により負傷してしまう。

ジョイント・タクス・フォース(JTF)

ジョイント・タクス・フォースは、消防や警察などで構成されている公共機関である。
ゲーム内では、頭文字をとって「JTF」と呼ばれている。
ウイルステロ発生時からアメリカの復興や治安維持のため活動している。
ディビジョンの裏方として活動することが多いため、ディビジョンとは協力関係にある。
しかし、ジョイント・タクス・フォースの中にも反逆者が存在する。
反逆者達は「トゥルーサンズ」を結成して、ディビジョンやJTFと敵対している。

マニー・オルテガ

ディビジョンの指揮官を務めるコーディネーター。
情報収集のスペシャリストとして州兵に入隊した経歴を持つ。

市民軍

崩壊したワシントンD.C.で生き抜くため結成された自衛軍。
主に、敵勢力への抵抗や安全地帯であるコミュニティの防衛を行っている。
ジョイント・タクス・フォースと同様にディビジョンとは協力関係にあり、武器やガジェットなどを提供してくれる。

ヘンリー・ヘイズ

コミュニティ「キャンパス」のリーダーである。
仲間を大切にする思いが強いため、敵との戦闘は極力避けている。
またどんな状況でも冷静を保ち、強い責任感を持っている。

オデッサ・ソイヤー

コミュニティ「シアター」のリーダーである。
かつてディビジョンのエージェントとして活動していたが、戦闘で片足を失い退役している。
コミュニティでは、武器の扱い方や護身術を教えている。

エレノア・ソイヤー

中央の人物がエレノア・ソイヤー。

オデッサ・ソイヤーの娘。
ハイエナに誘拐されてホテルに監禁せれていたが、主人公とアラニ・ケルソにより救質される。
その後は、コミュニティ「シアター」で母親と生活を共にしている。

ハイエナ

ハイエナは複数のギャングで構成されている犯罪者集団である。
メンバーのほとんどは犯罪歴があり、暴行や物資の略奪を繰り返している。
複数のギャングで構成されているため、組織内での抗争が激しく、まとまりが全くない。
また各ギャングのリーダーが組織を統括しているため、組織のトップに当たる人物はいない。

Rydeen
Rydeen
@Rydeen

目次 - Contents