Tom Clancy's The Division 2(ディビジョン2)のネタバレ解説まとめ

『Tom Clancy's The Division2』とは、ユービーアイソフトが発売したオンラインRPGである。舞台は、ウイルステロにより崩壊したアメリカの首都、ワシントンD.C.。プレイヤーは秘密機関「ディビジョン」のエージェントとなり、ウイルスの脅威を止めるべく敵勢力に立ち向かう。舞台となるワシントンD.C.は、ホワイトハウスなどの特徴的な建物がリアルに再現されており、美しい景色が魅力的である。またマイクロマシンを駆使した最先端の装備を扱えるのも、本ゲームの醍醐味となっている。

ニアサイテッド

安定性が35%上昇するがクリティカルレンジと射程距離が20%低下する。
発動条件はスキル力の数値が合計4以上。対応武器はアサルトライフルのみ。

パムル

ボディのみの射撃で敵を3人連続で倒すと、マガジンに弾薬が補充され武器ダメージが7秒間50%上昇する。
発動条件は攻撃力の数値が合計4以上。対応武器はショットガンのみ。

ビンディクティブ

状態異常効果のある攻撃をする敵を倒すと、15m以内にいるグループメンバー(見方)のクリティカル発生率が20%上昇する。
発動条件は攻撃力の数値が合計4以上。対応武器はシグネチャーウェポン以外の全て。

フィニッシャー

敵を倒してから3秒以内に他の武器に切り替えると、クリティカル発生率が30%上昇する。
発動条件はスキル力の数値が合計4以上。対応武器はピストルのみ。

プリザベーション

敵を倒すとアーマーが5秒間10%修復する。
発動条件は防御力の数値が合計7以上。対応武器はシグネチャーウェポン以外の全て。

フレンジー

マガジン内の弾薬が10発残った状態でリロードすると、連射速度とダメージが5秒間2%上昇する。
発動条件は防御力の数値が合計4以上。対応武器はライトマシンガンのみ。

ブーメラン

クリティカルヒットが発生すると、50%の確率で弾薬がマシンガンに戻ってくる。
発動条件は攻撃力の数値が合計5以上。対応武器はライフルのみ。

ライフルマン

ヘッドショットを決めると武器ダメージが10%上昇する。この効果は最大5個までストックできる。
発動条件は防御力の数値が合計4以上。対応武器はライフルのみ。

ラッキーショット

マガジンの容量が20%上昇し、敵に命中しなかった弾が25%の確率でマガジンに戻る。
発動条件は無し。(常に発動する。)対応武器はライフル、マークスマンライフル、ピストルのみ。

レンジャー

敵から5m離れるごとに武器ダメージが2%上昇していく。
発動条件はスキル力の数値が合計4以上。対応武器はシグネチャーウェポン以外の全て。

防具

左列は上からマスク、ベスト、ホルスター。左列は上からバックパック、グローブ、ニーパッド。

防具はマスク、バックパック、ベスト、グローブ、ホルスター、ニーパッドの6種類が装備できる。
本ゲームでは、銃を携帯するホルスターなどを交換したからといって、持てる武器の数が増えるなどといった効果はない。
また武器同様に防具にも、強さを表すレアリティが設定されている。
強さ順に、緑(一般)>青(特殊)>紫(上級)>黄色(最上級)>赤(エキゾチック)となっている。
また防具にはタレントが付いている。
タレントは、防具に必ず付いている特殊な効果である。
特定の武器のダメージを増加するなどといった効果がある。
防具にはアーマーが設定されている。
アーマーは敵の攻撃を防ぐ装甲のことである。
本ゲームではアーマーは数値化されており、数値が大きい程プレイヤーの生存率が上がる。

セット防具

Rydeen
Rydeen
@Rydeen

目次 - Contents