ランウェイで笑って(Smile Down the Runway)のネタバレ解説まとめ

『ランウェイで笑って』とは、猪ノ谷言葉による少年漫画作品。2017年から『週刊少年マガジン』で連載を開始。2020年1月にアニメ化。ファンション業界を描いた作品で、ファッションデザイナーを目指す少年「都村育人」と、トップモデルを目指す「藤戸千雪」の成長を描く物語。モデル事務所「ミルネージュ」の社長令嬢である千雪はパリコレに出るトップモデルを目指していたが、身長に恵まれなかった。高校三年生の春、千雪は学校でファッションデザイナーを目指す育人に出会い、お互いに刺激されあいながら夢を追っていく。

ファッションショーのシーン

出典: anicobin.ldblog.jp

千雪の憧れのモデルで現在のマネージャーの雫がパリコレに出た時のランウェイ。

「ランウェイで笑って」というタイトル通り、ランウェイを歩くファッションショーのシーンが何度も出てくる。
柳田が出た東京コレクションのシーンでは、柳田についてきた育人とたまたま代役になった千雪が現場で出会う。育人は千雪の背丈にあわせて服を作りなおすが、ミシンが使えないなどの道具の制限から苦戦を強いられた。しかし千雪に活を入れられ、千雪に似合う服を作るという点に集中した事でギリギリ服が完成する。柳田がデザインした本来の服とは全然違うものになったが、途中で服の形状が代わるなどのサプライズ演出もありショーは大成功に終わった。ランウェイを歩く千雪は他のモデルより明らかに小さく会場がざわつくが、育人の服の影響もあり悪い印象を与えずに終わる事ができた。
またこの東京コレクションを見に来ていた新沼は、場違いなほど背の小さい千雪に心を惹かれ、ファッションについて勉強する気になった。育人の服と千雪のウォーキングが1人の人間の価値観を変えたのである。

芸華大のファッションショーでは、予選を勝ち抜いた生徒達によるショーが開催された。それぞれが「わ」をテーマにしたショーをし、服のデザインや演出を競う。
育人は「男女の調和」というテーマで、世界の国の特徴をそのまま服にし、最後はシンプルなユニセックスの服で終了する。
心は「わくわく」というテーマで、ワンピースがスカートになったり、ズボンスタイルがスカートスタイルになったり、アウターを変えたりすることで服が段々と変化していくというものであった。
遠は育人と同じ「調和」がテーマであったが日常と非日常の調和で、奇抜なデザインと日常使いのデザインの二つをセットで出すというものであった。

こういったファッションショーのシーンの演出には特に力が入っており、審査員や観客の解説が所々で入るため素人でも何が行われているか分かるようになっている。

金銭面で不安のある育人と、その救済

出典: anicobin.ldblog.jp

第一話で育人が千雪に作った服。雑誌に載りセイラがSNSで紹介した事で話題となった。

育人の家は元々は喫茶店を経営していたが、父親が死に母が過労で倒れて入院し、都村家は経済的に厳しくなってしまう。長男である育人は妹達のために夢を諦めて無難なところに就職し、妹達を進学させようと考えていた。ほのかは育人の自己犠牲的な態度に苛立ちを覚えており、育人を犠牲にして進学などしたくないと考えている。
葵もバレー部に入っているが、費用が出せないため遠征などには行けないでいた。育人が柳田の所で服の仕事をしてお金を貰うようになってからは、多少精神的な余裕が出てくる。しかし柳田のところだけで貰える給料では全てをやりくりできないのであった。さらに母が緊急手術をすることになり、その甲斐あって体調は回復に向かうが、今度は入院費と手術費の支払いという問題が迫ってきた。手術費は育人や百合子がコツコツ貯めたお金では到底足りず、育人はショーの準備をしながらバイトを掛け持ちしなければならなくなった。またバイトを掛け持ちするために遠と柳田の事務所を辞めてしまうのであった。バイトで忙しく家に帰ったら疲れて服が作れず、そのイライラを家族にぶつけるなど育人の状況は悪い方へと行っていた。
遠はお金を肩代わりするからショーに出るのを諦めて自分と組もうと育人を誘い、五十嵐は育人が心に引導を渡したら金を工面するという。どちらも育人の足元を見た悪魔の囁きであり受け入れがたかった。しかし遠の所であれば服の仕事にはありつく事が出来るため、心身ともに疲れていた育人はもうそれでも良いんじゃないかと思うようにもなっていた。
育人が柳田の事務所を辞めた事に驚いた心は、遠に電話して育人についての話を聞き出す。そして育人がお金に困っている事を柳田に伝えると、柳田はその話を研ニに伝えた。研ニは第一話で育人が千雪に作った服のデザインを200万円で買い取り、育人の金銭問題は解決となった。育人の夢の第一歩となった服と、育人が優しく接した心や師匠のような存在である柳田などの助けもあり、育人は金銭問題から救われるのであった。
そして問題が解決した事で純粋に服作りに集中できるようになった育人が向けた笑顔と言葉が、パリで挫折して帰って来た千雪を救うのであった。また、研ニは千雪を励ませるのは育人だけだと思っており、研ニが育人を救ったことで千雪も救われるという結果になった。

『ランウェイで笑って』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

ファッションを題材にした異色の作風

本作はこれまで漫画業界にあまりなかったファッション業界を題材にしており、ニュースサイト「東スポWeb」を立ち上げたライターの徳重辰典に「異色の漫画」と評された。作者はスポーツ漫画の友情や熱い感じが好きであり、男女の垣根なく競い合えるという理由からファッションを選んだ。ファッションに疎い読者もいるため、育人と千雪の将来像を示し物語のゴールをイメージさせやすくしている。1話では「育人と千雪が成功するまでの物語」と語られており、ハッピーエンドが約束された物語でもある。またファッションに興味が無い人でも興味が持てるように、ヒューマンドラマを中心に描かれている。

男性読者にも女性読者にも評価を受けるストーリー展開

本作は当初女性キャラクターの可愛らしさから20代男性から人気を集めていた。しかし夢に突き進む王道ストーリーは幅拾い層から人気を得るようになり、女性読者も増加した。低身長というハンデを背負う千雪や、お金がないというハンデを背負う育人が、夢を諦める理由を否定し反逆するストーリーが様々な人からの共感・感動を得ている。
本作のタイトルは『ランウェイで笑って』だが、実際にはランウェイでは笑わないものであり、ありえないタイトルとなっていると元ゲームプランナーのライターの森花リドは語る。その「ありえない」ものに挑む主人公達の姿はエモく、ハンデを言い訳にせず相手を認めさせて行く姿はヤンキー漫画にも通ずるところがあり、マガジンらしさを今時な表現にしていると、サブカルチャーの取材・執筆を手がけるライターの飯田一史は語る。

ファッション業界を描くリアリティ

ファッション業界に対する描写はリアリティを追及しており、コミックス7巻からはファッション監督にデザイナーのHASEGAWA KAZUYAや東京服飾専門学校といった専門的な分野に携わる人たちの監修が入っている。
ファッション業界の関係者からも注目を集めており、ファッションジャーナリストの増田海治郎は本作を「ファッション業界をリアルに描いていて、読み応えがある」と評価。
インスタグラマーとして活躍しファッションドリーマーという肩書きを持つDは2018年に本作とコラボしたファッションイベントを開催。アニメ化の際にはブラザー工業・ブラザー販売が協賛を表明。また、作者はリアリティを出す為に服飾専門学校・生地屋・コンテストを見学している。杉野服飾大学准教授の五月女由紀子は「コンテストで受賞として、デビューするのは簡単ではない」としながらも、「夢を見せるのも大事。学生の目標にはなるかもしれない」と本作に期待を示している。デザインを学ぶ学生らは、徹夜で作品を完成させたり納期に追われるシーンが現実と同じでありリアリティがあると語っている。

『ランウェイで笑って』の主題歌・挿入歌

OP(オープニング):坂口有望『LION』

作詞:坂口有望
作曲:坂口有望
編曲:江口亮
歌:坂口有望

ED(エンディング):ジェジュン『Ray of Light』

作詞:矢作綾加
作曲:真空ホロウ
編曲:佐久間誠
歌:ジェジュン

『ランウェイで笑って』の原作コミック

出典: www.amazon.co.jp

www.amazon.co.jp

『ランウェイで笑って』のBlu-ray

hinnketu
hinnketu
@hinnketu

Related Articles関連記事

ハッピーシュガーライフ(Happy Sugar Life)のネタバレ解説まとめ

『ハッピーシュガーライフ』とは、『月刊ガンガンJOKER』で連載している漫画作品であり、TVアニメは2018年7月より放送が開始された。原作者は鍵空とみやき。 牧原高校1年生の松阪さとうは、家族に関する記憶を失っている少女・神戸しおと共に暮らしている。しかし実の所しおは攫ってきた子であり、更に2人が暮らす部屋の元の住人を殺害しているなど、さとうは他人に言えない秘密を幾つも抱えていた。さとうは愛するしおとの生活を守るため、時には凶器を握りながら、あらゆる邪魔者を排除していく。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第4話『砂糖少女は気づかない』)のあらすじと感想・考察まとめ

太陽が暴行を受けている最中、しおはゆうなの幻に「アンタを許さない」と言われ、そのまま気を失ってしまう。やがてさとうは公園に辿り着き、しおを救出するが、しおを連れ公園を出ていく所を太陽に見られてしまっていた。さとうが今度こそしおを守り抜こうと心を新たにする一方、しおは太陽が発した「家族」という言葉、そしてゆうなの存在に苛まれていた。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第4話『砂糖少女は気づかない』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第8話『1208号室』)のあらすじと感想・考察まとめ

1208号室で一人暮らしをしていた男性画家は、マンションの入口前で雨に濡れながら立ち尽くしていたさとうを部屋に入れ、その後成り行きで彼女に絵のモデルをしてもらう。画家は「愛」という概念が欠落したさとうに惹かれていった。ある日、さとうは意識不明のしおを抱えて部屋を訪れる。愛の欠落など感じさせないさとうの満足げな表情を見た画家は、その原因がしおにあると考え彼女を絞め殺そうとした。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第8話『1208号室』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第1話『砂糖少女は愛を食む』)のあらすじと感想・考察まとめ

高校1年生の松坂さとうは、幼い少女の神戸しおと2人で暮らしていた。しおを養うためにもお金が必要なさとうは、収入源を増やすため、新たに『プリンセスインペリアル』という飲食店で働き始める。しかし同僚の三星太陽からの告白をさとうが断って以降、その太陽がバイトに来なくなり、さとうは店長の命で連日残業をさせられるようになった。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第1話『砂糖少女は愛を食む』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第12話『ハッピーシュガーライフ』)のあらすじと感想・考察まとめ

さとうとしおは叔母の協力のもと、いよいよ逃亡計画を実行に移す。しかし、しょうこの遺体に偽装工作を施した際、しおにはめてもらった指輪をその部屋に置いてきてしまう。空港に向かう途中でそれに気づいたさとう達は一旦マンションに引き返した。それと時を同じくして、太陽からマンション名を聞き出したあさひもそこへ向かい、指輪を取り再び外に出ようとしていたさとう達と鉢合わせるのだった。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第12話『ハッピーシュガーライフ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第5話『罪の味、罰の味』)のあらすじと感想・考察まとめ

宮崎すみれは持ち物から化粧まで何でもお揃いにするほど、さとうに対して異常な好意を向けていた。すみれが、さとうに住所を教えるよう迫ると、さとうはすみれを黙らせるため、彼女の愛を受け入れるかのような嘘をつく。その後、愛を偽ったことに負い目を感じながら帰宅すると、しおが呻きながら部屋に倒れ込んでいた。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第5話『罪の味、罰の味』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第9話『融解レイン』)のあらすじと感想・考察まとめ

あさひをしおから遠ざけるよう命じられた太陽は、あさひに対して「しおは遠くに居る」という旨の嘘情報を与える。あさひは太陽を疑いつつも後日電車で町を後にし、さとうはしおとの生活を脅かす一番の邪魔者の排除に成功する。買い物へ行こうとするさとうにしおが突然抱きつき、2人揃って外に出る格好になったが、その一瞬を何故か部屋の近くに居たしょうこに撮影されてしまうのだった。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第9話『融解レイン』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第2話『しおの箱庭』)のあらすじと感想・考察まとめ

死体処理に困っていたさとうは、自分をストーカーしていた学年主任の北埋川大地を脅し、死体入り袋のうちの1つを彼に処分させることにした。しかし、しおの兄である神戸あさひが妹を捜索していたり、バイト仲間の宮崎すみれがさとうの家に行きたいと迫ってきたり、さとうとしおの愛を阻む障害は次から次へと増えていく。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第2話『しおの箱庭』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第6話『私たちは、月の周りを回っている』)のあらすじと感想・考察まとめ

さとうがしおを誘拐したのではないか、という話を太陽から聞いたしょうこは、その件についてさとうに問い質せずにいた。しかしあさひと関わり、彼のしおを想う気持ちに触れたことで、さとうに深入りすることへの躊躇を払拭。しょうこはさとうを遊びに誘うと、機会を窺った末、ついに「本当は彼氏なんて居ないんじゃない?」と切り出すのだった。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第6話『私たちは、月の周りを回っている』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第10話『星空のプロポーズ』)のあらすじと感想・考察まとめ

眠り込んでしまったさとうに代わり家事をやっていたしおは、さとうが目覚めるまでの間に、母親のゆうなに関する記憶をほぼ全て取り戻す。さとうと一緒に今の生活を守りたいしおに対し、さとうは突然「この家を出る」と言い出す。全てを抱え込み、しおを頼る様子が無かったことに、しおは「私、居なくてもいいじゃない」と怒って部屋を飛び出してしまった。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第10話『星空のプロポーズ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第3話『モノクロームの長い夜』)のあらすじと感想・考察まとめ

さとうの帰りが遅いことを心配したしおは、さとうを探しに家を飛び出してしまう。怪我や寒さに苦しみながらも、時折現れるゆうなの幻に導かれながら走り続けるしおだったが、彼女は家族に関する記憶を失っていた。結局しおが幻の正体を掴めぬままゆうなは消えてしまい、入れ替わるようにして太陽がしおの前に姿を現す。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第3話『モノクロームの長い夜』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第7話『砂糖少女の原材料』)のあらすじと感想・考察まとめ

さとうはしょうこに「本当の事」を話すため、自分の家に案内することにする。一方、北埋川はさとうが他の人間と秘密を共有しようとしていることに憤り、「異臭がする」との通報によって彼女の家に警察を差し向けた。さとうが自宅に叔母殺害の痕跡を残していると考えたからこその行動だったが、家のドアが開くと、さとうの叔母が元気な姿で警察らを出迎えるのだった。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第7話『砂糖少女の原材料』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第11話『永遠の一瞬を、貴方と。』)のあらすじと感想・考察まとめ

さとうがしおを誘拐している事実を知ったあさひは、公園で太陽を拘束し、バイト先でさとうの住所を探るよう彼に命令する。一方さとうは、殺人の証拠を消した上でしおと2人で逃亡するため、叔母の部屋を訪ね彼女に協力を要請した。そして、さとうが「愛のお城」と語っていた1208号室での生活に、別れを告げる時がやって来る。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第11話『永遠の一瞬を、貴方と。』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents