ランウェイで笑って(Smile Down the Runway)のネタバレ解説まとめ

『ランウェイで笑って』とは、猪ノ谷言葉による少年漫画作品。2017年から『週刊少年マガジン』で連載を開始。2020年1月にアニメ化。ファンション業界を描いた作品で、ファッションデザイナーを目指す少年「都村育人」と、トップモデルを目指す「藤戸千雪」の成長を描く物語。モデル事務所「ミルネージュ」の社長令嬢である千雪はパリコレに出るトップモデルを目指していたが、身長に恵まれなかった。高校三年生の春、千雪は学校でファッションデザイナーを目指す育人に出会い、お互いに刺激されあいながら夢を追っていく。

新沼 文世(にいぬま ふみよ)

出典: anicobin.ldblog.jp

CV:諏訪絢花

ファッション誌『MODE JAPAN』の新人編集者。
本当は文芸誌志望であったが、ファッション誌の編集になってしまう。
洋服は「しもむら」でしか買った事がなくファッションに疎いため、ファッション誌の担当に戸惑っている。先輩に連れられ柳田一の東京コレクションを見に行き、そこで低身長なのに頑張る千雪に心を動かされる。その後は自分のファッションにも気を使うようになった。千雪を高く評価している。

セイラ

出典: anicobin.ldblog.jp

CV:牧野由依

容姿と実力を持つスーパーモデル。
天然キャラとしてバラエティでも活躍している。マイペースな性格で、大物や若手など関係なくズバズバと発言する。
千雪曰く世間的には天然キャラでも、モデルとしてはむしろストイックな方で、高いヒールの靴を履いて完璧なウォーキングをする。モデルとして自分に匹敵する高いポテンシャルを持つ心を気にしていた。しかし心がデザイナー志望だと知ると、ファッションショーで心を支持し心を入賞させ、心をモデルから遠ざけた。「これからも(モデルではなく)デザイナーとして頑張って」と、心を含みのあるニュアンスで応援した。

『ランウェイで笑って』の用語

ミルネージュ

出典: anicobin.ldblog.jp

千雪の父「研二」が社長のモデル事務所。
社名はフランス語の「千の雪」という意味で、千雪の名前を由来としている。
アパレル産業や化粧品業界にも進出している。
柳田は独立前はミルネージュのデザイナーを務めていた。その縁もあり育人は柳田に紹介される事になった。
育人が初めて千雪に作った服を、千雪はインタビューでついミルネージュの服だと紹介してしまい、それがSNSで拡散され話題になった。研二は育人の能力を高く評価し、育人の服のデザインをミルネージュが買い取る約束をする。育人がお金に困っていた時にその時の約束が実行され、買い取り金は育人の母の手術代となった。

服飾芸華大学(ふくしょくげいかだいがく)

出典: anicobin.ldblog.jp

本作の中での、日本随一の服飾大学。
学園長は高岡祥子。
毎年秋に学園祭でファッションショーを行っており、グランプリを獲得した生徒には豪華な副賞が与えられる。心はこの副賞を使ってパリに留学した。
ファッションショーは全ての人が出られるわけではなく、予選を戦い合格した生徒のみが出場できる。育人はまだ高校生であるが特例として参加を許され、予選を潜り抜けて本戦であるファッションショーに参加。ファッションショーにはファッション業界の人が沢山見に来ていて、服の出来次第では生徒がプロデザイナーや服屋から名刺を貰う事がある。
綾野麻衣は生徒時代に数過去最高記録の52枚の名刺を貰っており、遠は祖母を越える数の名刺を貰う事を目指していた。しかし名刺が1枚分足りず目標に届かなかったため、グランプリを辞退し、繰り上がりで心がその年のグランプリとなった。

Aphro I dite(アプロ アイ ディーテ)

出典: anicobin.ldblog.jp

本作の中での日本最高峰のファッションブランド。
綾野麻衣が社長を務めている。
ファーストラインの他に、メンズ服の「homme」、フォルムを重視した服を扱う「figure」、若者向けの「novice」がある。
遠は学園祭のファッションショーで祖母の記録に負けたため、独立はせず「Aphro I dite」に所属する事になった。しかしこれはあくまで遠本人が決めた事であり、麻衣が強制したわけではない。

『ランウェイで笑って』の名セリフ/名シーン・名場面

第一話ラストで起こる主人公の切り替え

出典: anicobin.ldblog.jp

第一話は千雪目線で語られる。

出典: anicobin.ldblog.jp

第一話のラストに主人公が育人にバトンタッチする。

物語の始まりは千雪の「私、藤戸千雪がトップモデルに至るまでの物語。そして…」というセリフスタートする。
千雪は元々は歳の割には身長が高くモデルの素質が高かった過去を持っていたが、身長が伸びるのが人より早く止まり、むしろ人より低身長になってしまう。それでも夢を諦めたくなかった千雪はパリコレに行くのだとダダを捏ねるが、そのせいで事務所をクビになる。そこから千雪はミルネージュのオーディションを受け続け、落ち続けていた。
高校3年の時にクラスメイトの育人に出会う。千雪にとって都村育人は存在感が薄く大した興味も抱かなかったが、育人がファッションデザイナー志望である事を知り仲良くなっていく。千雪は夢と諦めの間に揺れる育人にシンパシーを感じ、育人に自分に似合う服を作ってもらう事にした。育人が作った服は千雪の雰囲気にピッタリなもので、千雪はその服を着てミルネージュのオーディションを再度受けた。
服の効果も相まって千雪はミルネージュのオーディションに合格し、もう一度プロモデルになることが出来た。
一方千雪が着ていた育人の作った服はSNSで拡散して話題になる。便宜上ミルネージュの服となっていたため、ミルネージュの社長・研ニは育人を呼び出しデザインの買取と、ミルネージュのデザイナーになる事を提案した。

そして、千雪が「そう。これは私…藤戸千雪が、トップモデルに至るまでの物語」と言って育人にハイタッチ。
続けて育人が「そして僕…都村育人が…トップデザイナーになるまでの物語」というセリフが入り第一話が終了する。
千雪が主人公のように進んでいたが、一話のラストで本作の主人公は都村育人なのだと明かされる。

キャラクターたちの苦悩と成長

出典: anicobin.ldblog.jp

芸華大のファッションショーは心がグランプリを獲得。

千雪はモデルに最も必要である身長という才能が無く、ただその一点が無いだけに誰からも見向きもされずに苦戦を強いられる。代理で入ったモデルの仕事で心に出会い、一人だけ身長が合わないという理由で降ろされ、心に持参した手袋を貸すだけの役割になってしまう。その後単身でパリに留学するが、結局パリでも誰にも見向きもされずたった数メートル歩く姿すら見て貰えない状態であった。ステージに上がるだけで背が小さいと言われてしまう立場であるが、身長を感じさせない立ち居振る舞いを身に付け、周りに認めさせるために日々戦っている。

育人は母子家庭且つ母が入院中で家にお金もなく、長男という立場から自分の夢を優先できなかったり進学するお金が無かったりといった家庭環境に恵まれないため苦戦を強いられる。祖母が有名デザイナーで家庭に余裕があり、勉強する時間も沢山あって作業に没頭する事が許されるという、プロになるために育ったような遠とは真反対な存在である。予選で材料費の1万円すら惜しんだため、遠からは材料費をケチった事が敗因と評価される。その後母の手術費用を払うためアルバイトを掛け持ちし心身ともに疲れて行き、夢を叶えるために使う時間とお金が足りないことと戦うことになる。

心は高身長でスタイルも良いというモデルの才能は誰よりもあるが、それは心本人が本当にやりたい事ではない。突出した別の才能があるために他の可能性を捨てるように五十嵐から圧力を掛けられ、頭ごなしに否定される毎日を過ごしていた。五十嵐を認めさせモデルをキッチリ辞めるために、ショーでグランプリを取らざるを得なくなる。

遠は麻衣を祖母に持ち、自身もデザイナーの才能に恵まれていて金銭的に困っているわけでもない。しかし麻衣の存在が大きすぎるため、誰もが遠に対して麻衣の元で働くのが「成功」であると決め付けている。それ故に学生時代の麻衣を越え、祖母とは関係ない自分だけの実力を認めさせるという大きな目標を抱く事になった。在学中の三年間の間に麻衣の記録を超えるためにチームを作り、本気で服作りと向き合っていく。

このように夢を目指すキャラクター達とそこに立ちはだかる壁が描かれている。
千雪と心にとっての倒すべき相手は才能だけを重視する五十嵐であり、育人にとっての倒すべき相手は立場が真反対の遠であった。五十嵐は、低身長の千雪はモデルの才能が無く、モデルの才能がある心はデザイナーの才能が無いと否定する。千雪はモデルの才能を見せ付けるため、心はデザイナーの才能を見せ付けるため、2人は組んでファッションショーに出る事になった。結果は心がグランプリを取り五十嵐との約束通りモデルを辞める事ができ、千雪はランウェイで背の高い心よりも目立つ事ができた。2人にとっては勝利である。
一方育人は遠を倒すつもりでいたが、遠は本来はグランプリでありながら辞退し最下位となり、育人は11位という結果になる。遠にとってもショーは祖母を越えるための勝負の場であったが、結果は名詞が1枚分足りなかった。育人も遠も今回は苦い結果になったが、2人は対等のライバルという存在になるのであった。

hinnketu
hinnketu
@hinnketu

Related Articles関連記事

ハッピーシュガーライフ(Happy Sugar Life)のネタバレ解説まとめ

『ハッピーシュガーライフ』とは、『月刊ガンガンJOKER』で連載している漫画作品であり、TVアニメは2018年7月より放送が開始された。原作者は鍵空とみやき。 牧原高校1年生の松阪さとうは、家族に関する記憶を失っている少女・神戸しおと共に暮らしている。しかし実の所しおは攫ってきた子であり、更に2人が暮らす部屋の元の住人を殺害しているなど、さとうは他人に言えない秘密を幾つも抱えていた。さとうは愛するしおとの生活を守るため、時には凶器を握りながら、あらゆる邪魔者を排除していく。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第4話『砂糖少女は気づかない』)のあらすじと感想・考察まとめ

太陽が暴行を受けている最中、しおはゆうなの幻に「アンタを許さない」と言われ、そのまま気を失ってしまう。やがてさとうは公園に辿り着き、しおを救出するが、しおを連れ公園を出ていく所を太陽に見られてしまっていた。さとうが今度こそしおを守り抜こうと心を新たにする一方、しおは太陽が発した「家族」という言葉、そしてゆうなの存在に苛まれていた。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第4話『砂糖少女は気づかない』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第8話『1208号室』)のあらすじと感想・考察まとめ

1208号室で一人暮らしをしていた男性画家は、マンションの入口前で雨に濡れながら立ち尽くしていたさとうを部屋に入れ、その後成り行きで彼女に絵のモデルをしてもらう。画家は「愛」という概念が欠落したさとうに惹かれていった。ある日、さとうは意識不明のしおを抱えて部屋を訪れる。愛の欠落など感じさせないさとうの満足げな表情を見た画家は、その原因がしおにあると考え彼女を絞め殺そうとした。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第8話『1208号室』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第1話『砂糖少女は愛を食む』)のあらすじと感想・考察まとめ

高校1年生の松坂さとうは、幼い少女の神戸しおと2人で暮らしていた。しおを養うためにもお金が必要なさとうは、収入源を増やすため、新たに『プリンセスインペリアル』という飲食店で働き始める。しかし同僚の三星太陽からの告白をさとうが断って以降、その太陽がバイトに来なくなり、さとうは店長の命で連日残業をさせられるようになった。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第1話『砂糖少女は愛を食む』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第12話『ハッピーシュガーライフ』)のあらすじと感想・考察まとめ

さとうとしおは叔母の協力のもと、いよいよ逃亡計画を実行に移す。しかし、しょうこの遺体に偽装工作を施した際、しおにはめてもらった指輪をその部屋に置いてきてしまう。空港に向かう途中でそれに気づいたさとう達は一旦マンションに引き返した。それと時を同じくして、太陽からマンション名を聞き出したあさひもそこへ向かい、指輪を取り再び外に出ようとしていたさとう達と鉢合わせるのだった。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第12話『ハッピーシュガーライフ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第5話『罪の味、罰の味』)のあらすじと感想・考察まとめ

宮崎すみれは持ち物から化粧まで何でもお揃いにするほど、さとうに対して異常な好意を向けていた。すみれが、さとうに住所を教えるよう迫ると、さとうはすみれを黙らせるため、彼女の愛を受け入れるかのような嘘をつく。その後、愛を偽ったことに負い目を感じながら帰宅すると、しおが呻きながら部屋に倒れ込んでいた。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第5話『罪の味、罰の味』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第9話『融解レイン』)のあらすじと感想・考察まとめ

あさひをしおから遠ざけるよう命じられた太陽は、あさひに対して「しおは遠くに居る」という旨の嘘情報を与える。あさひは太陽を疑いつつも後日電車で町を後にし、さとうはしおとの生活を脅かす一番の邪魔者の排除に成功する。買い物へ行こうとするさとうにしおが突然抱きつき、2人揃って外に出る格好になったが、その一瞬を何故か部屋の近くに居たしょうこに撮影されてしまうのだった。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第9話『融解レイン』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第2話『しおの箱庭』)のあらすじと感想・考察まとめ

死体処理に困っていたさとうは、自分をストーカーしていた学年主任の北埋川大地を脅し、死体入り袋のうちの1つを彼に処分させることにした。しかし、しおの兄である神戸あさひが妹を捜索していたり、バイト仲間の宮崎すみれがさとうの家に行きたいと迫ってきたり、さとうとしおの愛を阻む障害は次から次へと増えていく。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第2話『しおの箱庭』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第6話『私たちは、月の周りを回っている』)のあらすじと感想・考察まとめ

さとうがしおを誘拐したのではないか、という話を太陽から聞いたしょうこは、その件についてさとうに問い質せずにいた。しかしあさひと関わり、彼のしおを想う気持ちに触れたことで、さとうに深入りすることへの躊躇を払拭。しょうこはさとうを遊びに誘うと、機会を窺った末、ついに「本当は彼氏なんて居ないんじゃない?」と切り出すのだった。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第6話『私たちは、月の周りを回っている』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第10話『星空のプロポーズ』)のあらすじと感想・考察まとめ

眠り込んでしまったさとうに代わり家事をやっていたしおは、さとうが目覚めるまでの間に、母親のゆうなに関する記憶をほぼ全て取り戻す。さとうと一緒に今の生活を守りたいしおに対し、さとうは突然「この家を出る」と言い出す。全てを抱え込み、しおを頼る様子が無かったことに、しおは「私、居なくてもいいじゃない」と怒って部屋を飛び出してしまった。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第10話『星空のプロポーズ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第3話『モノクロームの長い夜』)のあらすじと感想・考察まとめ

さとうの帰りが遅いことを心配したしおは、さとうを探しに家を飛び出してしまう。怪我や寒さに苦しみながらも、時折現れるゆうなの幻に導かれながら走り続けるしおだったが、彼女は家族に関する記憶を失っていた。結局しおが幻の正体を掴めぬままゆうなは消えてしまい、入れ替わるようにして太陽がしおの前に姿を現す。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第3話『モノクロームの長い夜』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第7話『砂糖少女の原材料』)のあらすじと感想・考察まとめ

さとうはしょうこに「本当の事」を話すため、自分の家に案内することにする。一方、北埋川はさとうが他の人間と秘密を共有しようとしていることに憤り、「異臭がする」との通報によって彼女の家に警察を差し向けた。さとうが自宅に叔母殺害の痕跡を残していると考えたからこその行動だったが、家のドアが開くと、さとうの叔母が元気な姿で警察らを出迎えるのだった。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第7話『砂糖少女の原材料』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第11話『永遠の一瞬を、貴方と。』)のあらすじと感想・考察まとめ

さとうがしおを誘拐している事実を知ったあさひは、公園で太陽を拘束し、バイト先でさとうの住所を探るよう彼に命令する。一方さとうは、殺人の証拠を消した上でしおと2人で逃亡するため、叔母の部屋を訪ね彼女に協力を要請した。そして、さとうが「愛のお城」と語っていた1208号室での生活に、別れを告げる時がやって来る。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第11話『永遠の一瞬を、貴方と。』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents