ランウェイで笑って(Smile Down the Runway)のネタバレ解説まとめ

『ランウェイで笑って』とは、猪ノ谷言葉による少年漫画作品。2017年から『週刊少年マガジン』で連載を開始。2020年1月にアニメ化。ファンション業界を描いた作品で、ファッションデザイナーを目指す少年「都村育人」と、トップモデルを目指す「藤戸千雪」の成長を描く物語。モデル事務所「ミルネージュ」の社長令嬢である千雪はパリコレに出るトップモデルを目指していたが、身長に恵まれなかった。高校三年生の春、千雪は学校でファッションデザイナーを目指す育人に出会い、お互いに刺激されあいながら夢を追っていく。

出典: anicobin.ldblog.jp

CV:潘恵子

芸華大の学園長。
優しくふわふわした雰囲気を持っているが、先生として生徒達の事をしっかり見ている。
東京コレクションで柳田を助けた育人を気に入り、柳田に芸華大生徒を助っ人に出す代わりに、育人を芸華大のファッションショーに誘った。まだ高校生であることなどから芸華大で育人は浮いた存在になってしまうが、高岡の先見の目通り育人は予選を突破した。外部の人間をあえて入れた事で生徒達にも良い刺激になるとし、特に遠に育人というライバルが出来た事を喜んでいる。
ファッションショーが終わった後は、育人に芸華大の入学案内を手渡した。

長谷川 心(はせがわ こころ)

出典: anicobin.ldblog.jp

CV:茅野愛衣

芸華大学・服飾科一年生。
東京コレクションの後に芸華大から助っ人として『HAZIME YANAGIDA』に加わったスタッフの1人。
身長が181センチあり、小顔でスラッとした体型や姿勢の良さなどモデルの高い才能を持ち、スカウトされてモデル事務所に入った。
モデル界隈では新人ながら才能を高く評価されていて、セイラからは要注意のライバルとして見られていて、五十嵐からは心が居れば事務所は安泰と言うほど高く評価されている。しかし本人は人前で着替えたりするモデルの仕事に苦手意識を持ち、初めての仕事で緊張してる時に麻衣に出会い、麻衣に憧れた事でファッションデザイナーを目指す事にした。
五十嵐からは芸華大に入った事を強く反対されており、すぐに辞めるように圧力を受けている。モデルとしての矜持は無いのにも関わらず他のモデルと一線を画する存在感があり、背が足りないだけで邪険にされる千雪からは複雑な気持ちを向けられている。千雪の提案により、芸華大のファッションショーで千雪をモデルにしてグランプリを取ったらモデルを辞めても良いという約束を五十嵐とする。千雪とは衝突もあったがお互いにショーで勝つために本心で向き合い、見事グランプリを取った。
育人とは心の方が年上ではあるが、柳田の事務所では先輩にあたるため育人を「先輩」と呼んでいる。育人の夢に真っ直ぐな姿や優しい人柄に惹かれ、後に恋をしている事を自覚する。
グランプリ獲得後はその特権としてパリへ留学した。

綾野 遠(あやの とお)

出典: anicobin.ldblog.jp

CV:木村良平

芸華大学・服飾科四年生。
芸華大学の歴史上でも随一の実力を持つと、高岡に評価されている。
抱きついただけで相手のスリーサイズが分かる。
綾野麻衣の孫で、在学中から「Aphro I dite」で働いている。麻衣が芸華大在学中に芸華大ファッションショーで貰った名刺52枚を越えることを目標にしており、超える事が出来たら独立するつもりでいる。結果は52枚と同数であったため、宣言通りに独立を止め「Aphro I dite」で働く。
育人の実力を初対面で見抜いており、特にパタンナーとして高く評価をしている。自分のチームや独立後のメンバーに育人をパタンナーとして欲しいと思っており、何度も勧誘する。その反面、デザイナーとしての育人への評価は低い。育人が母の手術費で困っている事を知ると、手術費を肩代わりする代わりに自分の元でパタンナーとして働くように提案する。育人は最初は拒むが、掛け持ちのバイトで心身ともに疲れ少しでも服に関係ある仕事に就ける方が良いのではと感じ、遠の提案を受け入れようとする。しかし様子のおかしい育人を心配した心の活躍によって育人の金銭問題は解決され、結局チームには加わらなかった。
ファッションショーでは本来は1位であったが、目標の名刺枚数を達成できなかったため棄権し最下位になった。
高岡は、遠がその実力から大学内で孤独であった事を密かに心配していたが、育人という対等のライバルが出来たことを喜んでいる。

江田 龍之介(えだ りゅうのすけ)

出典: anicobin.ldblog.jp

CV:天﨑滉平

芸華大学・服飾科二年生。メンズ服専攻。木崎の友人。
木崎が育人にライバル心を持っているため、初めは育人に素っ気無い態度を取っていた。
血気盛んな面があり、自分より上手くてムカつく人の下で働くことでその人の持つ技術やセンスをしゃぶりつくし、逆にぶっ潰してやろうと思っている。そういった目的から、遠のチームに入れて貰おうとするが断られてしまう。
同じく遠をぶっ潰したいを思う育人にチームを組んで欲しいと言われ、チームには入らなかったがメンズ服の指導をした。飲み込みの早い育人にもライバル心を持つようになった。

木崎 香留(きざき かおる)

出典: anicobin.ldblog.jp

CV:福原綾香

芸華大学・服飾科二年生。江田の友達。
柳田を尊敬しており、柳田の東京コレクションでフィッターをしていた。
森山が倒れて育人が代わりに服の修正をしたことで、柳田の本来作っていたデザインと全然違うものになった事に苛立ち、初対面の育人に「調子に乗らないでください」と釘を刺した。しかし木崎が本当に苛立っていたのは、森山の代わりに自分が縫うと立候補出来なかった自分自身でもある。育人にライバル意識を持っていてツンケンした態度を取るが、育人を悪戯に貶めたり苛めたりするわけではなく正々堂々と育人に勝ちたいと思っている。育人が金銭面で他の生徒にからかわれた時に庇っており、育人からはむしろ良い人だと好かれている。
芸華大のファッションショーでは予選1位、本戦で7位と上位の順位を獲得。しかし綾野麻衣からは柳田に影響を受けすぎていると評価されていた。

HAZIME YANAGIDAの関係者

柳田 一(やなぎだ はじめ)

出典: anicobin.ldblog.jp

CV:諏訪部順一

ファッションブランド「HAZIME YANAGIDA」を主宰するファッションデザイナー。
デザイン専門のデザイナーで裁縫は出来ない。しかしデザイナーとしての腕は確かであり、育人の師匠的な存在である。
すぐに怒ったり怒鳴ったりするなど性格に難があり、辞めてしまうスタッフも多い。だがただ性格が悪いだけではなく、時には人情のある態度を取る事もある。
東京コレクションでは森山が倒れるトラブルがあり心が折れかけるが、育人の活躍によってなんとか成功を収めた。この時育人が縫い直した服は一着であるが、育人に対して歓声の半分をあげると言っており、彼の活躍を認めていた。その後は育人をそのまま事務所で働かせ、助っ人として心も雇った。
金銭面の問題で育人が辞めた際には、育人を心配する心の言葉に動かされ、心から聞いた育人の事情を研ニに相談した。そのお陰で育人はずっと抱えていた金銭的な悩みから解放されるのであった。
知名度不足などから苦戦を強いられ、一時的に「HAZIME YANAGIDA」を畳み「Aphro I dite」のデザイナーに転身した。

森山 久美(もりやま くみ)

出典: anicobin.ldblog.jp

CV:種﨑敦美

「HAZIME YANAGIDA」のスタッフ。
初日早々に柳田に帰れと怒鳴られた育人をフォローする。
何日も帰らず徹夜で作業しており、東京コレクションの当日に鼻血を出して倒れてしまう。倒れ際に育人に後を託していた。その後、柳田の事務所で何日も徹夜し過労で倒れた事が原因で、親に反対されて「HAZIME YANAGIDA」を辞めた。

ミルネージュの関係者

藤戸 研二(ふじと けんじ)

出典: anicobin.ldblog.jp

hinnketu
hinnketu
@hinnketu

Related Articles関連記事

ハッピーシュガーライフ(Happy Sugar Life)のネタバレ解説まとめ

『ハッピーシュガーライフ』とは、『月刊ガンガンJOKER』で連載している漫画作品であり、TVアニメは2018年7月より放送が開始された。原作者は鍵空とみやき。 牧原高校1年生の松阪さとうは、家族に関する記憶を失っている少女・神戸しおと共に暮らしている。しかし実の所しおは攫ってきた子であり、更に2人が暮らす部屋の元の住人を殺害しているなど、さとうは他人に言えない秘密を幾つも抱えていた。さとうは愛するしおとの生活を守るため、時には凶器を握りながら、あらゆる邪魔者を排除していく。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第4話『砂糖少女は気づかない』)のあらすじと感想・考察まとめ

太陽が暴行を受けている最中、しおはゆうなの幻に「アンタを許さない」と言われ、そのまま気を失ってしまう。やがてさとうは公園に辿り着き、しおを救出するが、しおを連れ公園を出ていく所を太陽に見られてしまっていた。さとうが今度こそしおを守り抜こうと心を新たにする一方、しおは太陽が発した「家族」という言葉、そしてゆうなの存在に苛まれていた。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第4話『砂糖少女は気づかない』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第8話『1208号室』)のあらすじと感想・考察まとめ

1208号室で一人暮らしをしていた男性画家は、マンションの入口前で雨に濡れながら立ち尽くしていたさとうを部屋に入れ、その後成り行きで彼女に絵のモデルをしてもらう。画家は「愛」という概念が欠落したさとうに惹かれていった。ある日、さとうは意識不明のしおを抱えて部屋を訪れる。愛の欠落など感じさせないさとうの満足げな表情を見た画家は、その原因がしおにあると考え彼女を絞め殺そうとした。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第8話『1208号室』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第1話『砂糖少女は愛を食む』)のあらすじと感想・考察まとめ

高校1年生の松坂さとうは、幼い少女の神戸しおと2人で暮らしていた。しおを養うためにもお金が必要なさとうは、収入源を増やすため、新たに『プリンセスインペリアル』という飲食店で働き始める。しかし同僚の三星太陽からの告白をさとうが断って以降、その太陽がバイトに来なくなり、さとうは店長の命で連日残業をさせられるようになった。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第1話『砂糖少女は愛を食む』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第12話『ハッピーシュガーライフ』)のあらすじと感想・考察まとめ

さとうとしおは叔母の協力のもと、いよいよ逃亡計画を実行に移す。しかし、しょうこの遺体に偽装工作を施した際、しおにはめてもらった指輪をその部屋に置いてきてしまう。空港に向かう途中でそれに気づいたさとう達は一旦マンションに引き返した。それと時を同じくして、太陽からマンション名を聞き出したあさひもそこへ向かい、指輪を取り再び外に出ようとしていたさとう達と鉢合わせるのだった。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第12話『ハッピーシュガーライフ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第5話『罪の味、罰の味』)のあらすじと感想・考察まとめ

宮崎すみれは持ち物から化粧まで何でもお揃いにするほど、さとうに対して異常な好意を向けていた。すみれが、さとうに住所を教えるよう迫ると、さとうはすみれを黙らせるため、彼女の愛を受け入れるかのような嘘をつく。その後、愛を偽ったことに負い目を感じながら帰宅すると、しおが呻きながら部屋に倒れ込んでいた。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第5話『罪の味、罰の味』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第9話『融解レイン』)のあらすじと感想・考察まとめ

あさひをしおから遠ざけるよう命じられた太陽は、あさひに対して「しおは遠くに居る」という旨の嘘情報を与える。あさひは太陽を疑いつつも後日電車で町を後にし、さとうはしおとの生活を脅かす一番の邪魔者の排除に成功する。買い物へ行こうとするさとうにしおが突然抱きつき、2人揃って外に出る格好になったが、その一瞬を何故か部屋の近くに居たしょうこに撮影されてしまうのだった。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第9話『融解レイン』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第2話『しおの箱庭』)のあらすじと感想・考察まとめ

死体処理に困っていたさとうは、自分をストーカーしていた学年主任の北埋川大地を脅し、死体入り袋のうちの1つを彼に処分させることにした。しかし、しおの兄である神戸あさひが妹を捜索していたり、バイト仲間の宮崎すみれがさとうの家に行きたいと迫ってきたり、さとうとしおの愛を阻む障害は次から次へと増えていく。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第2話『しおの箱庭』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第6話『私たちは、月の周りを回っている』)のあらすじと感想・考察まとめ

さとうがしおを誘拐したのではないか、という話を太陽から聞いたしょうこは、その件についてさとうに問い質せずにいた。しかしあさひと関わり、彼のしおを想う気持ちに触れたことで、さとうに深入りすることへの躊躇を払拭。しょうこはさとうを遊びに誘うと、機会を窺った末、ついに「本当は彼氏なんて居ないんじゃない?」と切り出すのだった。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第6話『私たちは、月の周りを回っている』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第10話『星空のプロポーズ』)のあらすじと感想・考察まとめ

眠り込んでしまったさとうに代わり家事をやっていたしおは、さとうが目覚めるまでの間に、母親のゆうなに関する記憶をほぼ全て取り戻す。さとうと一緒に今の生活を守りたいしおに対し、さとうは突然「この家を出る」と言い出す。全てを抱え込み、しおを頼る様子が無かったことに、しおは「私、居なくてもいいじゃない」と怒って部屋を飛び出してしまった。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第10話『星空のプロポーズ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第3話『モノクロームの長い夜』)のあらすじと感想・考察まとめ

さとうの帰りが遅いことを心配したしおは、さとうを探しに家を飛び出してしまう。怪我や寒さに苦しみながらも、時折現れるゆうなの幻に導かれながら走り続けるしおだったが、彼女は家族に関する記憶を失っていた。結局しおが幻の正体を掴めぬままゆうなは消えてしまい、入れ替わるようにして太陽がしおの前に姿を現す。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第3話『モノクロームの長い夜』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第7話『砂糖少女の原材料』)のあらすじと感想・考察まとめ

さとうはしょうこに「本当の事」を話すため、自分の家に案内することにする。一方、北埋川はさとうが他の人間と秘密を共有しようとしていることに憤り、「異臭がする」との通報によって彼女の家に警察を差し向けた。さとうが自宅に叔母殺害の痕跡を残していると考えたからこその行動だったが、家のドアが開くと、さとうの叔母が元気な姿で警察らを出迎えるのだった。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第7話『砂糖少女の原材料』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第11話『永遠の一瞬を、貴方と。』)のあらすじと感想・考察まとめ

さとうがしおを誘拐している事実を知ったあさひは、公園で太陽を拘束し、バイト先でさとうの住所を探るよう彼に命令する。一方さとうは、殺人の証拠を消した上でしおと2人で逃亡するため、叔母の部屋を訪ね彼女に協力を要請した。そして、さとうが「愛のお城」と語っていた1208号室での生活に、別れを告げる時がやって来る。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第11話『永遠の一瞬を、貴方と。』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents