蒼の彼方のフォーリズム(あおかな)のネタバレ解説まとめ

『蒼の彼方のフォーリズム』とは、2014年11月にspriteによって発売された美少女ゲーム、およびそれを原作としたアニメ・漫画などのメディアミックス作品。長崎県五島列島をモデルとした自然溢れる島々を背景に、大空を舞台としたフライングサーカス(FC)と呼ばれる架空のスポーツに熱中する少年、少女達の恋愛模様を描いていく。かつてFCの有望選手でありながら挫折した日向昌也(主人公)が、ヒロインがFCの練習や試合を頑張る姿をコーチとして見ることで自らも成長し立ち直っていく物語である。

黒渕のラフプレイに対抗しながら梨佳は「楽しい試合をしよう」と幼馴染の「さっちゃん」に対して呼びかけ続ける。

大会が終わり目標であるベスト4は梨佳のみが果たすこととなった。久菜浜FC部と佐藤院、梨佳が話しているところに黒渕が現れ今までのことを謝罪する。周囲は戸惑っていたがケガをさせられた佐藤院や明日香が、梨佳との試合を見て自分達も黒渕と戦いたいと果たし状を突きつけ黒渕もそれに応えることで和解することとなった。
試合の帰り、昌也と梨佳は夜空を二人で飛んでいた。昌也は梨佳が見せたFCの楽しさの意味について考えていた。そこに梨佳が、昌也が自分を救ってくれたように、自分も「さっちゃん」を救うことができたと喜びを伝え二人は夜空の中グラシュで踊り続けていた。
大会が終わり、高藤との合同練習も再開していく中、梨佳と昌也は周囲に仲の良さを見せつけるのだった。堂ヶ浦工業学園FC部ではラフプレイを強要していた顧問が葵の働きかけで変わり、新部長となった黒渕が部の仲間たちと楽しくFCの活動を続けていくことになった。

『蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1』

昌也と付き合い始め、憧れの先輩であるみさきにFCで勝利したことで真白は自信を付け始める。恋人である昌也との仲は自他共に認めるほどに良好で、部活中に思わず甘い雰囲気を作ってしまうほどだった。一方でFC部のコーチである昌也は部の女子から信頼され好意を寄せられていた。その中には明日香やみさきもおり、真白は昌也のことを信じてはいても彼女達よりも女性としての魅力が劣っていると自覚しているため、昌也がなびいてしまうのではと揺らいでいた。

悩んだ真白は自分の女子力を高めようと友人の梨佳、幼馴染である有梨華とお菓子作り勝負をする。クッキーがお題となり、梨佳と有梨華の二人は味も見た目も問題ないものを作る。しかし当の真白が作ったクッキーは見た目がグロテスクで味も独創性を高めようとした結果、審査員の窓果を悶絶させる代物となった。

真白が作成した『邪神ちゃんクッキー』を見て固まる窓果(左)と実里(右)。

一方昌也は真白と付き合い始め、FCの選手としても復活し、さらに、真白の両親とも良好な関係を築き充実した日々を過ごしていた。バイト先であるましろうどんにも馴染み、真白の父親からうどん作りを習ったり、牡丹からバイトのご褒美として真白の成長を記録したアルバムを見せてもらう。
後日、昌也と真白は近日に迫るテストに備えて勉強をしていた。牡丹からご褒美としてアルバムを見せてもらった昌也は、勉強を頑張る真白にも何かご褒美を上げたいと考える。昌也はテスト明けに遠出してのデートを提案する。真白は快諾するが、昌也と別れた後で昌也に約束したデート当日の手作り弁当について悩むこととなった。

悩んだ真白は梨佳にお弁当をどうすれば良いか相談する。また昌也が真白以外の女性と親しくすることへの嫉妬や、二人でデートしていても恋人ではなく兄妹のように見られる悩みなども吐露する。
悩みを聞いた梨佳は真白に料理を教えると言い、また女性としても成長できるよう協力すると約束する。
さらに梨佳は久菜浜FC部の面々など周囲にも相談することを提案した。翌日から昌也の周囲には昌也の料理や服装の好みを聞き出そうと度々FC部のメンバーが現れるようになる。

昌也とお弁当を食べながらFC部の女子一同は昌也の好みを聞き出そうとする。

昌也の料理の好みをFC部のメンバーから聞いた真白は、牡丹や有梨華にも協力を願い料理の練習を重ねていく。
一方牡丹の計らいで泊りのデートをすることになり、昌也は真白をしっかりエスコートしようとデートコースの候補地へ下見に向かう。途中で真藤や有梨華と出会い、彼らの意見や事前に聞いた牡丹の意見も聞いてデートコースを昌也は定めていった。

昌也の好みのリサーチにはFC部以外の人物も協力してくれていた。放送部の実里が選手として復活した昌也へのインタビューと称して趣味嗜好を聞き出す。昌也に「好みの女性は?」と質問すると、昌也は服装は「ワンピースが好み」であり「(FCの指導をする上では)従順で素直な女性が好み」と答えた。
実里がこれらの意見を統合した結果、真白に昌也の好みはメイド服であると伝える。
真白は昌也の家でテスト勉強がひと段落した際に、猫耳メイドの姿となり甲斐甲斐しく昌也の世話をする。しかしその実、昌也を誘惑するように振舞っており、真白の意図通りに欲情した昌也と真白は行為に及び、二人は恋人として甘い時間を過ごす。

中間テストが無事終了し、真白の料理の上達の成果を確認するため試食会が開かれる。食べた相手を悶絶させる料理を作っていた初期に比べ真白の腕前は上がっていた。あとは昌也への思いをお弁当にどれだけこめられるかと試食した一同は真白を応援する。

デート当日、真白はお弁当の準備のため早朝に起きる。昌也と付き合う以前のように努力が無駄になってしまうのではと不安になるが、これまで協力してくれた人々の励ましを思い出し勇気づけられる。また結果がどうなろうと昌也に気持ちを伝えたいと決意し、お弁当を作り始めた。昌也は前日の緊張から寝坊してしまう。しかし自宅の玄関で笑顔の真白が出迎えてくれ無事デートは開始される。
昌也と真白は、昌也が下見したデートコースをグラシュの飛行で移動しながら周っていく。その後を久菜浜FC部の面々が尾行していた。しかし昌也と真白が恋人としていちゃつく姿を見て気まずくなった一同はその場を離れることとなった。

真白と昌也のデートを他のFC部メンバーが監視していたが、いちゃつく真白と昌也の様子を見て気まずくなりその場を離れる。

デートコースを周った二人は牡丹が予約した旅館に泊まる。デートで気分の高まった二人は露天風呂や寝所でも行為に及び幸せな時間を過ごす。
夜明け前に昌也は真白をとある場所に連れていく。そこはかつて真白の両親がデートで訪れた星空を見る絶好スポットであり、その光景に真白は感動する。
真白は昌也と付き合い始めてからこれまであったことへの自分の気持ちを話す。
「努力して成長しても、実際には周囲に頼らないといけない自分自身に劣等感を感じている。けれど周囲に置いて行かれるのは嫌だから努力を続けていく」と真白は言う。
前向きに話す真白の姿を眩しく感じた昌也は真白のことを手放しで褒め、二人は改めて互いの好意を伝えあう。

デートから一週間が過ぎ、昌也は真白と一緒にましろうどんの手伝いをしていた。デートを経て息の合うように作業をするようになった二人を母親がからかう。そこに久菜浜FC部の面々や実里、有梨華が訪れる。実里が昌也がデートの時に撮影した写真を印刷して携えており、昌也はその写真を以前に見たアルバムに入れたいと言う。それを聞いた真白の両親は快諾し、さらにその場のメンバーで写真撮影をすることとなる。撮影を終え、その場で一同は食事を済ませる。一同は選手として復活した昌也の実力に興味を覚え、全員でFCの試合のため練習場に向かい始める。
その道中、真白は昌也と付き合い始めてから今日までの日々を振り返っていた。努力と結果が結ばれず不安になるも、周囲の助けもあり、昌也と過ごす時間を幸せと実感できた日々。これからも悩み続けるかもしれないが、それでも自分を好きになれると真白は実感を覚え、名前が示すように真っ白で素直な心で人生を歩んでいこうと決意していた。

『蒼の彼方のフォーリズム』のゲームシステム

美少女ゲームに代表される、会話の中で選択肢を選んでいく形式の恋愛アドベンチャーである。各話毎にアニメを彷彿とさせる次回予告が流れる。
第1話から第6話までは共通のストーリーが展開され、作中にある選択肢を選んでいくことで第7話から各ヒロインの個別ルートへと分岐していく。

選択肢式アドベンチャーゲーム

ゲーム中で最初に表示される選択肢。

ゲーム画面の下部にメッセージウィンドウが表示され、そこに表示される数行のテキストを読み進めていく。物語のテキスト、キャラクターとの会話は基本的にはウィンドウに表示され、パソコンならクリックで読み進めていくことができる。これが基本的なゲームの作業となる。
シナリオ中に発生する選択肢やキャラクターとの会話で発生する選択肢を選ぶことでシナリオが分岐していく『選択肢式アドベンチャーゲーム』になっている。

恋愛アドベンチャー

本作は基本テーマが恋愛や青春群像であり、『恋愛アドベンチャー』、『美少女ゲーム』に分類される。
PC版では主要キャラクターの性的描写があり、『R18ゲーム』、『エロゲー』とも呼ばれる。
PC版以降に発売されたPSVita版、PS4版からは性的描写のシーンは別のシーンに差し替えられており、『ギャルゲー』に分類される。

本作固有の特徴

本作固有の特徴としては物語が共通ルート6話、キャラクター毎に分岐した7話と8話(シナリオ中では最終話)に分割されており、各話毎にキャラクターによる次回予告が挿入されることが挙げられる。

『蒼の彼方のフォーリズム』の登場人物・キャラクター

主人公

日向 昌也(ひなた まさや)

市ノ瀬梨佳(左)と共に飛ぶ日向昌也(右)。

CV 逢坂良太(アニメ版)

ゲーム版の主人公で、ゲーム開始時点では久菜浜学院2年生の男子生徒である。幼少期はFCの天才と言われたが、世界大会前に緊張がピークに達しているところで、ある子供と野良試合をして味わった敗北感、劣等感からFCを辞めてしまう。それ以来、FCやそれに関わる物事に必要以上に頑張らず、一歩引いた姿勢を見せるようになった。「本気で物事に挑戦し、その結果敗北してしまう」という経験がトラウマとなっている。特にFCではそのトラウマの発生が顕著であり、他者が同じような状況に陥りそうになってもそのトラウマが形となり、顔色を悪くする、思考が極端に後ろ向きになったりする。子供の頃は髪を首筋まで伸ばしており、その時にあった明日香やみさきから女の子と間違えられる原因となった。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents