蒼の彼方のフォーリズム(あおかな)のネタバレ解説まとめ

『蒼の彼方のフォーリズム』とは、2014年11月にspriteによって発売された美少女ゲーム、およびそれを原作としたアニメ・漫画などのメディアミックス作品。長崎県五島列島をモデルとした自然溢れる島々を背景に、大空を舞台としたフライングサーカス(FC)と呼ばれる架空のスポーツに熱中する少年、少女達の恋愛模様を描いていく。かつてFCの有望選手でありながら挫折した日向昌也(主人公)が、ヒロインがFCの練習や試合を頑張る姿をコーチとして見ることで自らも成長し立ち直っていく物語である。

ラフプレイに分類される技

スイシーダ

急降下などによって相手を勢いよく水面にたたきつける技。水面にたたきつけることで相手の立ち直りを遅らせ、水面近くでドッグファイトに持ち込むことなどを目的として行う。

カニばさみ

メンブレンの特性で通常、選手が接触しすると大きな衝撃は無く互いに弾かれるだけだが、両手で挟み込むように接触することで対象の内部でメンブレンを反発させ衝撃を与えることができる技。使い方次第では脳震盪や捻挫を引き起こす場合もある。また黒渕は自分とブイの間に対象を挟んで押しつぶすように接触することで同様の効果が得られる技を使っており、こちらの技を昌也は「ムササビ」と命名した。

黒渕がカニばさみを使って相手を両手で挟もうとする様子。

飛行軌道を利用した戦術

バードケージ

相手を圧倒することを目指したイリーナ、乾によって編み出された戦術。
FCでは通常背中を上空に向けて飛行するため、上側にいる選手が基本的にドッグファイトでも有利となる。それを利用して無理に相手の背中を狙おうとせず、相手の上空ポジションを掌握し続けることを基本とした戦術。相手が無理に上空に行こうとすれば背中にタッチされポイントを奪われるため、徐々に水面に追い詰められ、最後にはブイタッチによる得点を諦め、次のラインにショートカットするしか脱出の方法が無くなる。
この戦術を破るためには上空に付かれる前にスピードで振り切るか、圧倒的なファイターとしての実力が必要となる。
相手にポイントをリードされている場合はバードケージ・バージョン2として相手にプレッシャーをかけつつ接近し、相手が堪えきれず飛び出した瞬間に背後を襲いポイントを狙っていく。明日香ルートでは乾に敗北した真藤がバードケージを独自に研究、取り入れてバードケージ2を編み出していた。

スモー

乾のバードケージへの対策として昌也とみさき達で考案した、背面飛行を取り入れた戦術。相手に上空を取られているときは背面飛行を行いポジションの相対的な優位さを無くすことができる。また下側からドッグファイトを仕掛け続けることでみさきの得意とする狭い枠での戦い(接近戦を前提とした駆け引き)に相手を引きずり込むことができる。この特性から白瀬がスモール・パッケージ・ホールドと名付け、謎の覆面選手(白瀬みなも)によってスモーと無理やり改名された。

ペンタグラムフォース

乾のバードケージを打ち破る手段として、明日香ルートで昌也が明日香に教えた飛行方法。相手の周囲をターンしながら高速で飛び続けることで、空中に五芒星の軌道が描かれることから昌也が名付けた。相手が明日香の姿を見失った所で、相手の背中に向かい奇襲を仕掛ける。みさきのスモーが乾のバードケージと同じようにポジション確保を基本としているのとは違い、明日香のこの技はポジションを維持しようとする守りの姿勢を崩すための攻撃と言える。

中央にいる葵の周囲を明日香が高速でターンを繰り返しながら飛んでいる様子。

『蒼の彼方のフォーリズム』の主題歌・挿入歌

蒼の彼方のフォーリズム

オープニングテーマ:川田まみ『Wings of Courage - 空を超えて -』

歌・作詞 - 川田まみ / 作曲 - 中沢伴行 / 編曲 - 中沢伴行、尾崎武士
PC版のゲーム起動時や、明日香ルートの物語の最後となるFCの決勝戦で流れる。

PS Vita版 グランドオープニングテーマ:川田まみ『crossing way』

歌・作詞 - 川田まみ / 作曲 - 中沢伴行 / 編曲 - 中沢伴行、eba
PS Vita版のゲーム起動時に流れる。

挿入歌:KOTOKO『INFINITE SKY』

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents