食戟のソーマの十傑まとめ

『食戟のソーマ』とは、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊による日本の漫画作品である。小説やアニメなど、多数のメディアミックスが成された。
創真は日本屈指の料理の名門校『遠月茶寮料理學園』へと編入する。そして、そこで出会う仲間やライバルと共に研鑽を積んでいく。
『十傑』とは、遠月に存在する最も優れた10人の料理人である。創真は遠月で最も優れた料理人になるため、十傑の打倒を目標とする。

『食戟のソーマ』の概要

『食戟のソーマ』とは、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊による日本の漫画作品である。小説やアニメなど、多数のメディアミックスが成された。2012年に連載が始まり2019年に完結した。大ヒット作品となり、連載終了時に単行本の累計発行部数は1900万部を超えた。
定食屋の息子である幸平創真が日本一の料理学校『遠月学園』へと入り、そこで成長していくグルメ漫画である。料理を食べた時の表現で、よく肌を露出するのが特徴で、それが話題となった。様々な料理が登場するので、料理研究家である森崎友紀が料理のアイディアを提供している。

幸平創真は中学卒業と同時に、実家の大衆食堂『ゆきひら』で働くつもりだった。しかし、父親の城一郎が突如海外に渡ることが決まり、店は休業することになる。そして創真は日本一の料理学校『遠月茶寮料理學園』へと編入することになる。遠月は料理の腕前が全てであり、料理で対決して、勝利したものが主導権を握ることができる『食戟』という制度があった。
遠月には通うのは、実家が一流の料理店や食産業を営んでいるエリートが多かった。実家が大衆食堂であるが故に、創真は周りの生徒から冷たい目で見られてしまう。しかし、創真は幼少の頃から培ってきた料理でその人間たちを黙らせていく。
そして遠月で最も優れた料理人になるべく邁進していく。

『十傑』とは

『十傑』とは、遠月が誇る最も優れた10人の料理人である。正式名称は『遠月十傑評議会』である。
十傑の中には序列が存在し、数字が少なくなる程に強くなる。十傑に選ばれる基準は、授業の成績、学園への貢献度、など様々なものがあるが、最も重要視されるのは『食戟』の勝敗である。
十傑はただの称号ではなく、遠月の中で最も大きな権限を持つ。たとえ遠月の講師であっても、十傑の決定には逆らうことができない。実際、追放されていた薊は、十傑の過半数を仲間につけ、それにより遠月の総帥となった。また遠月の莫大な資産も使用することができ、最新の調理器具や最高の食材、その施設などを手にすることができる。

旧十傑

第一席 司 瑛士(つかさ えいし)

遠月学園第90期卒業生。「遠月十傑評議会」の元第一席。
身長176cm。4月2日生まれ。血液型はA型。好きな色、白。好きな飲み物、コーヒー(砂糖・ミルクは無し)。

遠月十傑評議会のトップでありながら、気弱でいつもうろたえている。第一席という立場や責任に押しつぶされそうになっている。創真と気さくに話し、親しみやすい様に見えるが、その本質は超が付くエゴイストである。
自身の料理のためなら何を犠牲にしても構わない、という考えを持つ。創真の腕前を見込んで、自身の助手にしようとするが、それは創真を道具として使うためだった(食戟で勝ち、創真を助手にすることができたが、創真が扱いにくいという理由で助手の話は無しになった)。こういった考えは幼少期から持っていた。子供の頃、司は自身が描いていた絵をよくするために、隣の子供の絵の具を奪い取っている。自身の考えが変わっていることは自覚しているが、それを治そうなどとは考えていない。

普段はうろたえているが、自身の料理には絶対的な自信を持っている。その自信故に料理を振る舞った相手に感想を聞くことはない。
いつも一人で料理をしており、司が認めた相手としか料理を一緒にすることはない。その事について「他人に料理の仕上げを任せるなんて考えただけでも恐ろしい」「ミスされたらって思うと…料理どころじゃなくなる」と語っている。

得意料理はイタリア料理である。司の料理は素材の良さを生かす事に重点が置かれている。どこまでも食材に敬意を払った料理を出すことから『食卓の白騎士(ターフェル・ヴァイスリッター)』と賞賛されている。
ジビエ素材を扱うのが得意であり、スペシャリテには鹿を使っている。

中学の頃から料理の腕前を磨いてきた。講師に「十分に美味しい」と評価を受けても、自身が納得するまで何度も試食をさせた。そのせいで複数の講師がノイローゼとなり、「講師潰し」という異名をつけられた。
第一席を獲得した後、海外で行われた美食会にて料理を振る舞う。その時の料理は司の納得のいくものではなかったが、美食家たちが「第一席」という事を理由に料理を絶賛した事により苛立ちを覚えた。その時に薙切薊と出会い、その苛立ちを見透かされる。それから薊と語り合う内に、薊の「真の意味での美食は、限られた者だけの間で価値を共有すべきもの」という考えに共感を抱くようになる。
その後、薊が遠月の総帥になる事に協力し、不出来な料理を出す店の殲滅を目的とする「中枢美食機関」に所属し、創真たちと敵対した。

中枢美食機関と反逆者たちによる連隊食戟では、2nd BOUTで第八席の久我を、4th BOUTでは第七席の一色に勝利する。そしれFINAL BOUTでは竜胆と組んで創真・えりなペアと戦い、敗北した。
遠月を卒業した後は竜胆と一緒にアマゾンで食材採取をしていた。そして世界中の若手の料理人が集まる大会・BLUEに出場し、創真たちと再会した。しかし、創真の父親である城一郎の弟子である才波朝陽に敗北した。

4つの緑茶によるグラデーションピュレ・スープ

第八席・久我照紀との戦いで作った料理。
アイスのように見えるが、湯気が立ち上っている。南部鉄器で淹れた4種類の茶葉を生かした料理となっている。
この料理を食べた審査員は、あまりの美味しさに次の一口を躊躇った。

野ウサギの王室風仕立て(リエーブル・ア・ラ・ロワイヤル)

第七席・一色慧との戦いで作った。
フランスの貴族に愛されてきた伝統の一品。一口食べた時点では一式の料理の方が好評だったが、ソースの下に隠されていた茶碗蒸しにより評価がひっくり返る。イチヂクとりんごのソース、栗のコンフィ、茶碗蒸し、普通の料理人ならば考え付かない組み合わせで審査員を驚嘆させた。

白き鎧の皿~ソース・シュヴルイユ~

司のスペシャリテ。創真との戦いで出された。
塩釜に包まれており、それを割ると輝く鹿肉が現れる。竜胆が出した前菜により味がさらに高められ、「美食の楽園(エデン)」と評された。

第二席 小林 竜胆(こばやし りんどう)

遠月学園第90期卒業生。「遠月十傑評議会」の元第二席。左目を隠す前髪、鋭い犬歯が特徴。
身長171cm。10月12日生まれ。血液型はO型。好きな季節、夏。好きな国、特にスペイン。

自由奔放な性格で、第一席である司に仕事を押し付け、自身は気ままに行動している。文化祭である『月響祭』では、店を出すことなく5日間で出店されている全ての店を回った。
創真に興味を持っており、これまで面識がなかった創真を司の店に連れて行った。創真や田所と好意的に接していたが、「中枢美食機関」の一員であり、敵だという事が明らかになる。

希少な食材を取り扱う料理人である。取り扱うだけではなく、自身で味わうことも積極的に行なっている。『月響祭』では「昆虫料理研究会」に毎年通っている。その食に対する姿勢から「財と権力を駆使する美食家」「未知なる食材を調査する調査者(フィールドワーカー)」「あらゆる素材を斬り喰らう蛮族(バーバリアン)」と呼ばれている。
その癖のある食材を適切に調理する腕前を持つ。

「中枢美食機関」に所属している理由は「ワクワクするから」という理由である。
薊政権に入ってからも感情のままに動いており、創真と叡山の食戟の際には、司に仕事を押し付けて会場に現れた。そして敵であるはずの創真の料理を試食し、絶賛した。また、進級試験の三次試験では、薊の命令でタクミと田所と対決するように言われるが、料理対決をする事なく二人の料理を食べて合格させた。
司とは中等部からの付き合いであり、「第一席になる」という司の夢を聞き、自身は第二席になる事を決めた。「竜胆」という名前は司との関係性が隠されていると作者は語っている。竜胆の花には「悲しんでいるあなたを愛する」という意味がある。

連帯食戟では2nd BOUTで第三席である女木島と、4th BOUTではタクミと、FINAL BOUTでは司と組んで創真・えりなペアと戦った。

きのこのミルフューユ ~デュクセルを挟んで~

連隊食戟の最終戦、創真・えりなペア相手にこの作品を作った。
司とペアになっての食戟で、竜胆は前菜を担当した。
椎茸のコンフィ(油を低温でゆっくり煮て旨味を凝縮したもの)をメインとした一品。蟻が分泌する『蟻酸』を使って味を引き立たせている。一皿だけを見ても、コース料理の前菜としても文句のない一品。

鶴の恩返し
鶴の恩返し
@tsuru-no-ongaeshi

Related Articles関連記事

食戟のソーマ(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『食戟のソーマ』とは、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊による料理・グルメ漫画。原作コミックは発売から2週間で20万を超える部数を売り上げた。テレビアニメも好調で、2015年から2019年で4回に渡って放送された。 下町の定食屋で育った主人公・幸平創真は店を継ぐつもりだったが、父親が突如店を閉めることを宣言する。創真は料理のエリートが集う名門料理学校・遠月学園に進学することになる。

Read Article

食戟のソーマの名言・名セリフまとめ

「食戟のソーマ」は、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊による漫画作品。 下町の定食屋の倅である「幸平創真」は、一人前の料理人になるべく家業を手伝いながら料理の修業に励む日々を送っていた。中学卒業の折、幸平は父親の紹介により世界屈指の料理学校「遠月学園」に通うことになる。遠月学園での幸平の活躍と成長を描く料理漫画。料理を通して人生について語られる名言が数多い。

Read Article

食戟のソーマ(しょくげき)【基本情報・随時更新】

「食戟のソーマ(しょくげき)」は、『週刊少年ジャンプ』で2012年52号から連載され、原作・附田祐斗先生、作画・佐伯俊先生、料理研究家・森崎友紀先生の協力のもと、日本屈指の料理学校で主人公・幸平創真(ゆきひらそうま)を始めとする個性豊かな生徒達が、“一流の料理人”を目指し切磋琢磨しながら友情と絆を育む“新感覚料理バトル<食戟>”漫画。

Read Article

あまんちゅ!(Amanchu!)のネタバレ解説まとめ

『あまんちゅ!』とは、天野こずえによる漫画作品、及びアニメシリーズ。 2016年と2018年の2度アニメ化した際には、舞台である静岡県伊東市を中心に大きな盛り上がりを見せた。 登場人物が所属する静岡県立夢ヶ丘高校ダイビング部の日常を描いた作品であるが「日常ときどきダイビング。」というキャッチコピーのようにメインは日常であり、ダイビングに対する知識がなくても日常作品として楽しめる。 勿論、ダイビングに関する知識や楽しさ、そして恐さも作中で描かれておりダイビング漫画としても評価が高い。

Read Article

ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)のネタバレ解説まとめ

『ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)』とは、講談社『good!アフタヌーン』に掲載されている水薙竜のファンタジー漫画、およびそれを原作とするアニメ作品。 とある普通の高校生(多華宮君)と全校生徒から姫様と敬愛される美少女クラスメートの魔女(火々里さん)を中心に多華宮君を巡って繰り広げられる魔女たちと多華宮君の物語である。

Read Article

プラネット・ウィズ(Planet With)のネタバレ解説まとめ

『プラネット・ウィズ』とは、「J.C.STAFF」製作のオリジナルアニメーション作品。2018年に放送。本作は漫画家「水上悟志」が書き下ろしたネームを元に製作されている。漫画版は水上悟志自らが描いている。主人公「黒井宗矢」は記憶喪失の状態で「先生」「黒井銀子」の二人と暮らしていた。ある日、街に「ネビュラウェポン」と呼ばれる謎の飛行物体が現れ、それをヒーロー7人が倒す。しかし宗矢は銀子にヒーロー達を倒すように言われるのであった。

Read Article

クジラの子らは砂上に歌う(クジ砂)のネタバレ解説まとめ

「クジラの子らは砂上に歌う」とは、「梅田阿比」による漫画作品。2017年にJ.C.STAFF製作でアニメ化。砂の海に浮かぶ巨大な船「泥クジラ」には、超能力「情念動(サイミア)」を操る「印」と、操れない「無印」がいた。印である主人公「チャクロ」は泥クジラの歴史を綴る記録掛りをしていた。チャクロはある日、砂の海を漂流してきた島で謎の少女「リコス」に出会う。

Read Article

初恋限定。(Hatsukoi Limited.)のネタバレ解説まとめ

『初恋限定。』は、河下水希による漫画作品。 『週刊少年ジャンプ』にて、2007年44号から2008年26号まで連載された。 中学2年生の有原あゆみと江ノ本慧を中心に、中学生と高校生計8人の恋が同時進行で進む姿を描いたオムニバス作品だが、連載期間は約半年と短命に終わった。 いわゆる「打ち切り」となった作品であるが、打ち切りに遭いながらドラマCDやアニメといったメディアミックス化された珍しい作品でもある。

Read Article

探偵オペラ ミルキィホームズ(Detective Opera Milky Holmes)のネタバレ解説まとめ

『探偵オペラ ミルキィホームズ』とは偵都ヨコハマを舞台にしたアニメで、探偵を目指す四人の少女を中心としたものである。ゲーム版『探偵オペラミルキィホームズ』を原作にしており、J.C.STAFFによって製作された。2010年10月から12月まで1期が、2012年1月から3月まで2期が放送された。2013年7月から9月から3期が、2015年1月から3月まで4期が放送された。

Read Article

ふらいんぐうぃっち(Flying Witch)のネタバレ解説まとめ

『ふらいんぐうぃっち』とは、2012年より講談社「別冊少年マガジン」で連載された石塚千尋による漫画の事である。主人公の魔女、木綿真琴(こわたまこと)が修行のため横浜から青森の親戚の家やって来る。居候先の倉本家で高校生活を送りながら魔術の勉強をしたり、他の魔女や異世界の住人と関わりと通じて一人前の魔女としての修行に励む、日常系ほのぼのファンタジー。

Read Article

アリスと蔵六(Alice & Zouroku)のネタバレ解説まとめ

「アリスと蔵六」とは、今井哲也による漫画、及びJ.C.STAFF製作のアニメーション作品。2012年から連載が始まり、2013年に第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞を受賞。「アリスの夢」と呼ばれる能力者である主人公「沙名」は、住んでいたある研究所から逃亡する。空腹の中出会ったのは、曲がった事が大嫌いなお爺さん「樫村蔵六」であった。

Read Article

殺戮の天使(第1話『Kill me... please.』)のあらすじと感想・考察まとめ

見覚えのないビルの最下層で目を覚ました少女、レイチェル。わけもわからないまま、出口を求めてビルの中をさまよっていると、顔を包帯で覆い、大きな鎌を持った殺人鬼、ザックが現れる。 「3秒数えてやる。だからさぁ、逃げてみろよ!」 今回は「殺戮の天使」第1話『Kill me... please.』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

とある魔術の禁書目録(インデックス)の名言・名セリフまとめ

「とある魔術の禁書目録」は、鎌池和馬によって書かれたライトノベル作品。 科学によって超能力を発現する「能力開発」をカリキュラムに組み込んだ、大規模な教育機関「学園都市」。その街に住む高校生「上条当麻」のもとにある日現れたシスター「インデックス」を巡って、上条は魔術の世界に踏み込んでいく。オカルトと科学、相反する二つの世界を描くバトルアクションとして、深いストーリーや名言の評価が高い作品である。

Read Article

目次 - Contents