食戟のソーマの十傑まとめ

『食戟のソーマ』とは、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊による日本の漫画作品である。小説やアニメなど、多数のメディアミックスが成された。
創真は日本屈指の料理の名門校『遠月茶寮料理學園』へと編入する。そして、そこで出会う仲間やライバルと共に研鑽を積んでいく。
『十傑』とは、遠月に存在する最も優れた10人の料理人である。創真は遠月で最も優れた料理人になるため、十傑の打倒を目標とする。

遠月学園第73期卒業生であり、今は遠月学園の教師。幼女のような風貌をしているが、初登場時で34歳である。十傑に名を連ねていたが、席次は明らかになっていない。

『汐見ゼミ』というゼミで教授を務めている。スパイスに精通しており、『汐見ゼミ』でもスパイスの研究に励んでいる。遠月に通っている時もスパイス料理を得意としており、カレーばかり作っていた。『汐見ゼミ』を立ち上げてからは、スパイスの新たな栽培方法の発見、長期保存の方法の確立など、実績を残している。しかし、葉山からは「スパイスをいじる以外何もできない」と言われており、ハーブの水やりを忘れたり、来客の対応をまともにできないなど、多くの失敗をしている。

在学中は極星寮に入っていた。寮母のふみ緒による入寮試験は一発でパスした。
同じ極星寮である城一郎により、数々のゲテモノ料理を食べさせられた。それにより、城一郎の事を嫌っている。『秋の選抜』の前に創真と田所が『汐見ゼミ』を訪ねてくるが、創真が城一郎の息子だと分かると、豹変して創真を殴った。

インドで粗悪なスパイスを売りつけられようとしてた時に葉山アキラに助けられる。それがきっかけで、葉山を日本へ連れ帰った。葉山は孤児であり、自身を救ってくれた汐見に大きな恩を感じている。「アキラ」という名前は、汐見が「新しき料理の世界を明らかにし照らす子」という思いを込めて付けた。

薊が政権を握った後、『汐見ゼミ』の解体を迫られる。しかし、葉山が『中枢美食機関』に入る事でゼミの解体を阻止した。薊の命令で創真と食戟を行なって敗北した葉山にビンタを食らわせ、涙ながらに「研究よりも、葉山が自分の料理を楽しみ同年代の友と研鑽していく風景を見たい」と話した。

第四席 海老沢 理子(えびさわ りこ)

遠月学園第70期卒業生。極星寮黄金世代の一員であり、当時は十傑第四席の地位にいた実績を持つ。
城一郎の過去編のみ登場し、城一郎とは薊や銀とよく料理勝負をしていた。

第一席 四宮 小次郎(しのみや こじろう)

遠月学園第79期卒業生であり、当時の十傑第一席だった。パリのフランス料理店『SHINO'S』のオーナーシェフ。スピンオフ漫画『食戟のソーマ L'etoile-エトワール-』における主人公でもある。
毒舌で我が強い。プライドが高く、料理に関して自分だけではなく他人にも厳しい。取っ付きにくいような性格だが、同期の水原や、後輩の乾、梧桐田にはよくいじられている。

野菜を生かした料理で高評価を得て、フランス料理の発展に大きく貢献した料理人に贈られる『プルスポール勲章』を受賞する。この賞を受賞した日本人は四宮が初である。野菜を使って素晴らしい逸品を生み出すことから『レギュム(野菜料理)の魔術師』と呼ばれるようになる。
九州の田舎で育ち、料理とは全く縁がなかった。料理人を目指したきっかけは、フレンチ料理を食べた母親の笑顔を見たからである。

メガネにピンク色の髪が特徴。遠月卒業後、フランスへ渡り、6年の修行後に自身の店を出した。
しかし、四宮の活躍を妬んだフランス人により、勝手に料理の味を変えられるという嫌がらせ受けることになる。その結果、店の評判が落ちてしまう。その事態に、四宮はスタッフへの信頼を無くし、冷酷にレシピを守る事を徹底させるようになる。四宮はそんな状態で『プルスポール勲章』を受賞する事になる。四宮は『プルスポール勲章』をずっと目標にしており、それを受賞した今、新たな目標を見つけることができないでいた。そんな時に先輩である堂島から遠月の合宿訓練のゲスト講師を依頼される。

合宿訓練では、柑橘系の匂いがする整髪料を付けた生徒を、有無を言わせず退学にする。そして自身のレシピ通りに料理を作る授業を始めるが、四宮は目利きができない者や、鈍間な者を除外するために痛んだカリフラワーを混ぜていた。そのカリフラワーを手にした田所は、四宮のレシピを変え、四宮は田所に退学を言い渡す。それに創真が異を唱えた結果、田所をメインシェフ、創真をサポートとし、四宮と食戟を行うことになる。
田所が出した品は、四宮の品に遠く及ばなかったが、審査員の堂島は田所に一票を入れる。四宮がその意味を問うと、堂島は四宮が行き詰まっていることを言い当て、田所の品には食べる人の事を思うホスピタリティーがあると話す。田所の品を食べた四宮は、料理人として初心を取り戻し、スランプを脱する。

その後『実地研修(スタジエール)』で、四宮の店に創真が派遣されてくる。合宿訓練の時は、元十傑第一席である自身に生意気ながらも食戟を挑む創真のことをよく思っていなかった。しかしスタジエールの時にはスパルタながらもフランス料理に使う調理法を惜しみなく教え、師匠のような存在になっている。そして新作のメニューコンペが開かれた際には、創真の出した品が出した品にアドバイスを加えてメニューに加えた。

連隊食戟の前には堂島の誘いにより、創真と田所に特訓をつけた。

第二席 水原 冬美(みずはら ふゆみ)

遠月学園第79期卒業生であり、在学時には四宮に次いで十傑第二席だった。10月を卒業して、イタリア料理店『リストランテ エフ』でシェフを務めている。
宿泊研修でゲスト講師として登場した。そして田所・創真と四宮の食戟の審査員を務めた。宿泊研修で創真とアルディー二兄弟を高く評価し、自身の店にスカウトしたが、実家の店の事しか考えられない、という理由で断られている。『秋の選抜」の準決勝でも審査員を務めた。

第二席 乾 日向子(いぬい ひなこ)

遠月学園第80期卒業生であり、元十傑の第二席。先輩である四宮に生意気な口をきき、その度にアイアンクローなどで制裁を受けている。
割烹着を着た、おっとりした女性。日本料理店『霧のや』の女将である。料理となると冷徹な一面を見せ、在学時には『霧の女帝』という異名で恐れられていた。
合宿研修で講師として招かれた。そこで創真とタクミの料理のどちらが勝っているかを問われるが、散々焦らした挙句に勝敗の判定は預かりとした。合宿研修で出会った田所の事を特に贔屓にしている。『秋の選抜』の時には、観客席にいた田所を瞬時に見つけ出した。

第二席 角崎 タキ(つのざき タキ)

遠月学園第88期卒業生で在学時には十傑第二席だった。スペイン料理店『タキ・アマリージョ』でシェフを務めている。
鋭い目つきが特徴の女性。毒舌家であり、料理のマナーがなっていないものには体罰を与えようとする凶暴性を秘めている。
『秋の選抜』の審査員の一人として招かれた。同じく『秋の選抜』の審査員だった水原のことは『水原先輩』と呼んで慕っているが、乾のことはタメ口で接している。

第二席 木久知 園果(きくち そのか)

遠月学園第89期卒業生であり、遠月に在籍していた時には十傑第二席だった。洋食専門店「春果停」でシェフを務めている。
気弱な女性らしい性格をしている。作中で一番と言ってもいいほどの巨乳の持ち主。角崎には『乳房お化け』と呼ばれていた。
『秋の選抜』の審査員として招かれた。第二試合で葉山と黒木場の料理の審査をしたが、2人の料理が拮抗していて判定を下すことができなかった。

第五席 鏑木 祥子(かぶらぎ しょうこ)

倒れているのが鏑木

遠月学園高等部2年生。『中枢美食機関』発足後、薊の思想に共感できない十傑が抜け、その穴埋めとして十傑に入った。席次は第五席である。
身長163cm。3サイズはB79-W56-H84。好きなものは、アップルティー、テニス観戦。嫌いなものは、タバコの匂い、蜘蛛。

連隊食戟の1st BOUTで女木島と戦うが、瞬殺された。

第八席 白津 樹利夫(しらつ じゅりお)

shuichi
shuichi
@shuichi

Related Articles関連記事

食戟のソーマ(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『食戟のソーマ』とは、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊による料理・グルメ漫画。原作コミックは発売から2週間で20万を超える部数を売り上げた。テレビアニメも好調で、2015年から2019年で4回に渡って放送された。 下町の定食屋で育った主人公・幸平創真は店を継ぐつもりだったが、父親が突如店を閉めることを宣言する。創真は料理のエリートが集う名門料理学校・遠月学園に進学することになる。

Read Article

食戟のソーマの名言・名セリフまとめ

「食戟のソーマ」は、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊による漫画作品。 下町の定食屋の倅である「幸平創真」は、一人前の料理人になるべく家業を手伝いながら料理の修業に励む日々を送っていた。中学卒業の折、幸平は父親の紹介により世界屈指の料理学校「遠月学園」に通うことになる。遠月学園での幸平の活躍と成長を描く料理漫画。料理を通して人生について語られる名言が数多い。

Read Article

食戟のソーマ(しょくげき)【基本情報・随時更新】

「食戟のソーマ(しょくげき)」は、『週刊少年ジャンプ』で2012年52号から連載され、原作・附田祐斗先生、作画・佐伯俊先生、料理研究家・森崎友紀先生の協力のもと、日本屈指の料理学校で主人公・幸平創真(ゆきひらそうま)を始めとする個性豊かな生徒達が、“一流の料理人”を目指し切磋琢磨しながら友情と絆を育む“新感覚料理バトル<食戟>”漫画。

Read Article

ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)のネタバレ解説まとめ

『ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)』とは、講談社『good!アフタヌーン』に掲載されている水薙竜のファンタジー漫画、およびそれを原作とするアニメ作品。 とある普通の高校生(多華宮君)と全校生徒から姫様と敬愛される美少女クラスメートの魔女(火々里さん)を中心に多華宮君を巡って繰り広げられる魔女たちと多華宮君の物語である。

Read Article

あまんちゅ!(Amanchu!)のネタバレ解説まとめ

『あまんちゅ!』とは、天野こずえによる漫画作品、及びアニメシリーズ。 2016年と2018年の2度アニメ化した際には、舞台である静岡県伊東市を中心に大きな盛り上がりを見せた。 登場人物が所属する静岡県立夢ヶ丘高校ダイビング部の日常を描いた作品であるが「日常ときどきダイビング。」というキャッチコピーのようにメインは日常であり、ダイビングに対する知識がなくても日常作品として楽しめる。 勿論、ダイビングに関する知識や楽しさ、そして恐さも作中で描かれておりダイビング漫画としても評価が高い。

Read Article

ふらいんぐうぃっち(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『ふらいんぐうぃっち』とは、2012年より講談社「別冊少年マガジン」で連載された石塚千尋による漫画の事である。主人公の魔女、木綿真琴(こわたまこと)が修行のため横浜から青森の親戚の家やって来る。居候先の倉本家で高校生活を送りながら魔術の勉強をしたり、他の魔女や異世界の住人と関わりと通じて一人前の魔女としての修行に励む、日常系ほのぼのファンタジー。

Read Article

探偵オペラ ミルキィホームズ(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『探偵オペラ ミルキィホームズ』とは偵都ヨコハマを舞台にしたアニメで、探偵を目指す四人の少女を中心としたものである。ゲーム版『探偵オペラミルキィホームズ』を原作にしており、J.C.STAFFによって製作された。2010年10月から12月まで1期が、2012年1月から3月まで2期が放送された。2013年7月から9月から3期が、2015年1月から3月まで4期が放送された。

Read Article

クジラの子らは砂上に歌う(クジ砂)のネタバレ解説まとめ

「クジラの子らは砂上に歌う」とは、「梅田阿比」による漫画作品。2017年にJ.C.STAFF製作でアニメ化。砂の海に浮かぶ巨大な船「泥クジラ」には、超能力「情念動(サイミア)」を操る「印」と、操れない「無印」がいた。印である主人公「チャクロ」は泥クジラの歴史を綴る記録掛りをしていた。チャクロはある日、砂の海を漂流してきた島で謎の少女「リコス」に出会う。

Read Article

プラネット・ウィズ(Planet With)のネタバレ解説まとめ

『プラネット・ウィズ』とは、「J.C.STAFF」製作のオリジナルアニメーション作品。2018年に放送。本作は漫画家「水上悟志」が書き下ろしたネームを元に製作されている。漫画版は水上悟志自らが描いている。主人公「黒井宗矢」は記憶喪失の状態で「先生」「黒井銀子」の二人と暮らしていた。ある日、街に「ネビュラウェポン」と呼ばれる謎の飛行物体が現れ、それをヒーロー7人が倒す。しかし宗矢は銀子にヒーロー達を倒すように言われるのであった。

Read Article

アリスと蔵六(Alice & Zouroku)のネタバレ解説まとめ

「アリスと蔵六」とは、今井哲也による漫画、及びJ.C.STAFF製作のアニメーション作品。2012年から連載が始まり、2013年に第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞を受賞。「アリスの夢」と呼ばれる能力者である主人公「沙名」は、住んでいたある研究所から逃亡する。空腹の中出会ったのは、曲がった事が大嫌いなお爺さん「樫村蔵六」であった。

Read Article

初恋限定。(Hatsukoi Limited.)のネタバレ解説まとめ

『初恋限定。』は、河下水希による漫画作品。 『週刊少年ジャンプ』にて、2007年44号から2008年26号まで連載された。 中学2年生の有原あゆみと江ノ本慧を中心に、中学生と高校生計8人の恋が同時進行で進む姿を描いたオムニバス作品だが、連載期間は約半年と短命に終わった。 いわゆる「打ち切り」となった作品であるが、打ち切りに遭いながらドラマCDやアニメといったメディアミックス化された珍しい作品でもある。

Read Article

君と僕。(君僕)のネタバレ解説まとめ

『君と僕。』とは、2003年から堀田きいちが、『月刊少年ガンガン』にて連載を開始した漫画。2004年からは『ガンガンパワード』、2009年からは『月刊Gファンタジー』に移籍して連載。2011年、アニメ第1期の放送が開始され、1年後には第2期も放送している。クールな双子に真面目な学級委員、可愛い系男子と、少しお馬鹿な帰国子女。5人の男子高校生が日常の中で、少しずつ成長を遂げていく、青春×コメディー。思春期の「恋」や「友情」が、優しいタッチで描かれている作品で、知名度と比較して熱狂的ファンが多い。

Read Article

殺戮の天使(第1話『Kill me... please.』)のあらすじと感想・考察まとめ

見覚えのないビルの最下層で目を覚ました少女、レイチェル。わけもわからないまま、出口を求めてビルの中をさまよっていると、顔を包帯で覆い、大きな鎌を持った殺人鬼、ザックが現れる。 「3秒数えてやる。だからさぁ、逃げてみろよ!」 今回は「殺戮の天使」第1話『Kill me... please.』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

とある魔術の禁書目録(インデックス)の名言・名セリフまとめ

「とある魔術の禁書目録」は、鎌池和馬によって書かれたライトノベル作品。 科学によって超能力を発現する「能力開発」をカリキュラムに組み込んだ、大規模な教育機関「学園都市」。その街に住む高校生「上条当麻」のもとにある日現れたシスター「インデックス」を巡って、上条は魔術の世界に踏み込んでいく。オカルトと科学、相反する二つの世界を描くバトルアクションとして、深いストーリーや名言の評価が高い作品である。

Read Article

目次 - Contents