食戟のソーマ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『食戟のソーマ』とは、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊による料理・グルメ漫画。原作コミックは発売から2週間で20万を超える部数を売り上げた。テレビアニメも好調で、2015年から2019年で4回に渡って放送された。
下町の定食屋で育った主人公・幸平創真は店を継ぐつもりだったが、父親が突如店を閉めることを宣言する。創真は料理のエリートが集う名門料理学校・遠月学園に進学することになる。

『食戟のソーマ』の概要

『食戟のソーマ』とは、2012年から2019年にかけて週刊少年ジャンプで連載されていた大人気作品である。原作は附田祐斗、原画は佐伯俊が担当している。2015年から2019年にかけて、ウェブコミック配信サイト・少年ジャンプ+にてスピンオフ作品『食戟のソーマ L'etoile-エトワール-』も連載されていた。
2015年からはアニメ化もされた。2015年には1期アニメ『食戟のソーマ』、2016年に2期『食戟のソーマ 弐の皿』、2017年に3期前半『食戟のソーマ 餐の皿』、2018年に3期後半『食戟のソーマ 餐の皿』が放送された。更に2019年には4期『食戟のソーマ 神の皿』が放送される。

主人公は下町の定食屋で育った少年・幸平創真。父親と共に店を切り盛りする料理好きの少年だったが、ひょんなことから名門の料理学校・遠月学園に編入することになった。厳しいカリキュラムの中、独自の発想と技術を発揮しながらも新しい知識を身に着けてどんどん成長していく。仲間たちとの友情を育みながら様々な問題に立ち向かっていく。「友情・努力・勝利」がテーマの少年ジャンプらしい作品となっている。

『食戟のソーマ』のあらすじ・ストーリー

下町の定食屋「食事処 ゆきひら」で父親と共に店を営んでいた主人公・幸平創真。中学校を卒業後は自分の家の定食屋を継ごうと考えていたが、父親がいきなり「数年間店を閉める」と言って海外へと渡ってしまった。父親は名門料理学校・遠月茶寮料理學園(通称:遠月学園)への編入を創真に言い渡す。編入試験を受けに来た創真。そこに待ち受けていたのは「神の舌」と呼ばれるほどの優れた味覚を持つ天才少女・薙切えりなだった。薙切は遠月学園総帥の孫で、同じ学園の生徒でありながら高い地位を持つ少女だった。創真は彼女が出すお題に素晴らしい才能を見せつけた。創真は、名も知らぬ定食屋の子供に唸らされた薙切の嫉妬を受けて一度は不合格になってしまうものの、理事長である薙切仙左衛門に認められて無事入学することとなった。
学生寮である「極星寮」に入りながら学生生活を送ることになった創真。寮の仲間たちや同級生、上級生の先輩との友情を育みながら厳しい学生生活を送ることとなる。退学のかかった宿泊学習や秋の選抜、実地研修の「スタジエール」、学園祭である「月饗祭」、そして進級試験。時には実力が数段上の料理人たちに立ち向かいながら、持ち前の向上心と独創的な発想で困難を乗り越えていく。

『食戟のソーマ』登場人物・キャラクター

幸平創真(ゆきひら そうま)

CV:松岡禎丞

下町の定食屋「食事処 ゆきひら」で育った少年。父親との二人暮らしで、母親は既に他界している。中学校を卒業した後、遠月学園高等部へと編入。決して天才的な才能があるわけではないが、独創的な発想から絶品料理を生み出す。その一方で、ゲソピー(ゲソとピーナッツを合わせたもの)を始めとするゲテモノ料理を作り出すこともある。
普段はマイペースで拍子抜けするような性格だが、一度厨房に立つと情熱的な男に豹変する。時には格上の相手に対して挑発するような発言をし、周囲をハラハラさせてしまうこともある。
得意料理は大衆料理。遠月学園に入学してからは創作料理も得意としている。実家の「食事処 ゆきひら」に相当なプライドを持っており、自身も将来はその店を継ぐことを目標としている。
最終的には遠月十傑評議会第一席にまで登り詰める。

薙切えりな(なきり えりな)

CV:種田梨沙(1期、2期)/金元寿子(2期OVA、3期)

初登場時は遠月学園高等部1年生。遠月学園総帥・薙切仙左衛門の孫。中学部を首席で卒業し、学園の中で大きな権力を持つ「遠月十傑評議会」に過去最年少で就任した。育ちの良さから、お嬢様のようなプライドの高さと振る舞いをみせる。
「神の舌(ゴッドタン)」と呼ばれる優れた味覚を持ち、幼い頃から様々な料理人の味見役として駆り出されていた。その「神の舌」を最高のものにすべく、父親である薊から厳しい教育を受けていた。適さない調理法をした料理を「ゴミ」として捨てさせるなど、度を過ぎた教育から、薊は後に遠月学園を追放されている。しかしその教育はえりなの心にずっと残っており、父親に対しトラウマを植え付けられている。
他人の料理に対し厳しく冷たくなってしまったえりなだったが、遠月学園の仲間たちに支えられて徐々に心を取り戻していく。
そんな薊のトラウマも連帯食戟を通じて克服し、最終的には遠月学園総帥にまで登り詰める。

田所恵(たどころ めぐみ)

CV:高橋 未奈美

東北地方の漁師町出身。あがり症で気弱な性格。創真と出会う前までは、そのあがり症な性格のため試験をことごとく落として退学寸前までに追い込まれていた。しかし創真と出会うことで徐々に苦手を克服、自身が持つ料理の技術をたくさんの人の前で披露できるようになった。普段は標準語で話すが、パニックになると地元の独特の訛りが出てきてしまう。
得意料理は郷土料理。食べる人を気遣う優しい心を持ち、人々を優しく包み込むような料理を得意としている。実家は小さな旅館「荘恵園」を経営しており、そこで名物となっているアンコウの吊るし切りを7歳の時に経験している。
最終的には遠月十傑評議会の第十席にまで登り詰める。

『食戟のソーマ』の用語

遠月茶寮料理學園(通称:遠月学園)

創真が転入する料理学校。非常に厳しい料理学校で、成績の悪い生徒はすぐに退学させられてしまう。高等部1年生の時点では1000人近い人数が、2年生になると1割にも満たない人数になってしまう。在校生の多くは一流料理店や食産業の出身で、創真のような庶民的な料理を扱う店を嫌う傾向にある。
月饗祭の後、薊に学園を乗っ取られてしまうが、創真たちの活躍により無事元の姿を取り戻すことが出来た。

食戟

遠月学園の伝統ともなっている料理対決。生徒間で争いが起きたときに使用される決闘形式。生徒はそれぞれ対価を出し、負けた方はその対価や学園内での地位などを失うことになる。
食戟を行うためには「正式な勝負であることを証明する認定員」「奇数名の判定者」「対戦者両名の勝負条件に関する合意」が必要とされる。食材や調理器具も対戦者が自ら用意することになっている。遠月学園の中ではまさに聖域のような扱いをされており、いざ食戟が始まろうとすると多くの生徒が観戦に集まる。
基本的には1対1の対決をするが、複数の人数同士で行う「連帯食戟」という形もある。

遠月十傑評議会

遠月学園の最高意思決定機関。通常の学校でいうところの生徒会のような存在だが、それよりもはるかに発言権を持っている。学内評価の上位10名で構成される。総帥直下の組織であるため、講師といえど十傑の決定には逆らうことが出来ない。
薊が学園を乗っ取るときにはこの十傑の組織がまず狙われた。十傑メンバーに肩入れし、総帥の座を奪うことに成功した。
創真はこの十傑の席をかけて連帯食戟を挑み、見事勝利することで元の学園を取り戻すことができた。

『食戟のソーマ』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

おあがりよ / お粗末

zappazeppr1
zappazeppr1
@zappazeppr1

Related Articles関連記事

食戟のソーマの十傑まとめ

食戟のソーマの十傑まとめ

『食戟のソーマ』とは、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊による日本の漫画作品である。小説やアニメなど、多数のメディアミックスが成された。 創真は日本屈指の料理の名門校『遠月茶寮料理學園』へと編入する。そして、そこで出会う仲間やライバルと共に研鑽を積んでいく。 『十傑』とは、遠月に存在する最も優れた10人の料理人である。創真は遠月で最も優れた料理人になるため、十傑の打倒を目標とする。

Read Article

食戟のソーマの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

食戟のソーマの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「食戟のソーマ」は、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊による漫画作品。 下町の定食屋の倅である「幸平創真」は、一人前の料理人になるべく家業を手伝いながら料理の修業に励む日々を送っていた。中学卒業の折、幸平は父親の紹介により世界屈指の料理学校「遠月学園」に通うことになる。遠月学園での幸平の活躍と成長を描く料理漫画。料理を通して人生について語られる名言が数多い。

Read Article

日常(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

日常(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『日常』とは、あらゐけいいちのギャグ漫画、及び2011年に京都アニメーションで製作されたアニメーション作品。2012年にはNHKで再放送された。原作漫画は2015年に完結。時定高校に通う「相生祐子」「長野原みお」「水上麻衣」「東雲なの」などのキャラクターを中心に日常を描いた作品。日常と言うタイトルでありながら日常では起こらないような、シュールで疾走感のあるギャグが描かれる。

Read Article

とある魔術の禁書目録(インデックス)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

とある魔術の禁書目録(インデックス)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「とある魔術の禁書目録」は、鎌池和馬によって書かれたライトノベル作品。 科学によって超能力を発現する「能力開発」をカリキュラムに組み込んだ、大規模な教育機関「学園都市」。その街に住む高校生「上条当麻」のもとにある日現れたシスター「インデックス」を巡って、上条は魔術の世界に踏み込んでいく。オカルトと科学、相反する二つの世界を描くバトルアクションとして、深いストーリーや名言の評価が高い作品である。

Read Article

citrus(シトラス)のネタバレ解説・考察まとめ

citrus(シトラス)のネタバレ解説・考察まとめ

「citrus」は、サブロウタ原作の2018年冬アニメである。原作は『コミック百合姫』(一迅社)にて2013年1月号より連載している。 同性愛(いわゆる「百合」)を描いた作品である。キスシーンなど、情熱的なシーンが多い。 主人公、藍原柚子と、母親の再婚相手の娘である藍原芽衣の友情・姉妹の枠を超えた絆の物語である。 ピュアな柚子が懸命にクールで寡黙な芽衣の気持ちを理解し、自分の気持ちを伝えようと歩み寄ろうとする。

Read Article

ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)のネタバレ解説・考察まとめ

ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)』とは、講談社『good!アフタヌーン』に掲載されている水薙竜のファンタジー漫画、およびそれを原作とするアニメ作品。 とある普通の高校生(多華宮君)と全校生徒から姫様と敬愛される美少女クラスメートの魔女(火々里さん)を中心に多華宮君を巡って繰り広げられる魔女たちと多華宮君の物語である。

Read Article

とある魔術の禁書目録(第1期)のネタバレ解説・考察まとめ

とある魔術の禁書目録(第1期)のネタバレ解説・考察まとめ

『とある魔術の禁書目録』とは、鎌池和馬のライトノベル『とある魔術の禁書目録』を原作とする、J.C.STAFF制作によるサイエンス・ファンタジーアニメ作品。第1期は、2008年10月から2009年3月まで放送された。第1期以降、2020年までには、第2期、第3期までが放送されている。『とある科学の超電磁砲』、『とある科学の一方通行』などと合わせて「とある」シリーズと呼ばれており、本作『とある魔術の禁書目録』はその中核的な位置づけの作品である。

Read Article

探偵オペラ ミルキィホームズ(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

探偵オペラ ミルキィホームズ(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『探偵オペラ ミルキィホームズ』とは偵都ヨコハマを舞台にしたアニメで、探偵を目指す四人の少女を中心としたものである。ゲーム版『探偵オペラミルキィホームズ』を原作にしており、J.C.STAFFによって製作された。2010年10月から12月まで1期が、2012年1月から3月まで2期が放送された。2013年7月から9月から3期が、2015年1月から3月まで4期が放送された。

Read Article

ZOC(ゾック)の徹底解説まとめ

ZOC(ゾック)の徹底解説まとめ

ZOCとは、藍染カレン・西井万理那・雅雀り子・巫まろ・鎮目のどか・共犯者 大森靖子による6名アイドルユニット。2018年から活動を開始しており、過去4名脱退・卒業している。 大森靖子によりプロデュースされているユニットだが、プロデューサーとアイドル達という上下関係ではなく、あくまでも共に活動する対等な意味を込めて共犯者と定義している。 大森靖子が社長を務める株式会社TOKYO PINKに所属しており、2021年1月よりavex traxよりメジャーデビュー開始。型破りの次世代アイドルだ。

Read Article

食戟のソーマ(しょくげき)【基本情報・随時更新】

食戟のソーマ(しょくげき)【基本情報・随時更新】

「食戟のソーマ(しょくげき)」は、『週刊少年ジャンプ』で2012年52号から連載され、原作・附田祐斗先生、作画・佐伯俊先生、料理研究家・森崎友紀先生の協力のもと、日本屈指の料理学校で主人公・幸平創真(ゆきひらそうま)を始めとする個性豊かな生徒達が、“一流の料理人”を目指し切磋琢磨しながら友情と絆を育む“新感覚料理バトル<食戟>”漫画。

Read Article

目次 - Contents