DARK SOULS II(ダークソウル2)のネタバレ解説・考察まとめ

DARK SOULS Ⅱ(ダークソウル2)とは、フロム・ソフトウェアが2014年3月13日に発売したアクションRPGゲーム。DARK SOULSシリーズの2作目のナンバリングであり、Demon's Soulsから続くソウルシリーズの3作目にあたる。不死者と異形が蔓延る世界の中、不死者が不思議と吸い寄せられるという亡国ドラングレイグの地に主人公が足を踏み入れ、自らの呪いと世界の理の一端に触れる物語が描かれる。

不死者

呪いの印が身体に発現した人間。
決して死ぬことはないが、幾つもの死を経験する度に精神が壊れていき、やがて亡者になる運命を背負う。

亡者

不死者の成れの果て。
会話をすることもできず、身体は腐り、見境なく周りを襲うようになる。
生前の記憶が行動に影響する場合があり、枯れた木の森を徘徊する騎士の亡者たちは未だに木となった巨人の死体を攻撃し続けている。

ドラングレイグ

ヴァンクラッドが興した国。
今では亡国と言われており、遠い昔に巨人たちの侵攻を受けて壊滅した。
王はヴァンクラッド、王妃はデュナシャンドラ。
王城ドラングレイグは、ヴァンクラッドが巨人たちから持ち去ったとされる技術を以て建設され、城の内外にはその技術の一端であるゴーレムが確認できる。

『DARK SOULS Ⅱ』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

プロデューサーが途中交代した

ダークソウル2では、前作のダークソウルでディレクター&プロデューサーを務めた宮崎英高の続投ではなく、新たに渋谷知広がディレクターを務めることになった。
宮崎英高はスーパーバイザーという立ち位置で間接的に本作に関わっている。

ただ、最後まで渋谷知広がディレクターを担当することはなく、開発途中で後任である谷村唯にその役割を任せている。
谷村唯の着任当初、本作はまだ未完成な部分がかなり多く納期に追われる形(納期のデーモンと言われている)となり、結果としてリリースはできたもののエンドユーザの評判はあまり芳しくなかった。
しかし、谷村唯が担当したとされるDLCのリリースで持ち直すことになり、ほぼ未完成のゲームを納期に間に合わせたことを含め谷村唯の手腕が窺える。

ギリガンの迷言「常識ねえのかよ」

ステージ中盤でマデューラに居座ることになるギリガンが、癇に障った時に繰り返す「常識ねえのかよ」というセリフが有名である。
その汎用性の高さから一時期ダクソ界隈の掲示板や動画サイトなどでネタにされることが多くなり、前作の「貴公……」と並び広く認知されるセリフになった。
事あるごとにギリガンがこのセリフを言うため、「常識ねえのかよおじさん」とも言われている。

また、シリーズ続編であるダークソウルⅢでは、「罪の都」というステージの梯子を上った先にギリガンの死体が確認でき、ジェスチャー「大の字」を入手することができる。
これは開発元のファンサービスであり、今作でギリガンと敵対し致命攻撃をした時、従来の人型MOBであれば尻餅を着き上半身を少しだけ浮かせに少し抵抗するようなモーションをとるが、何故かギリガンだけは致命攻撃をすると大の字で地面に寝そべるようなモーションをとることからきている。

leezemercure
leezemercure
@leezemercure

Related Articles関連記事

DARK SOULS(ダークソウル)のネタバレ解説・考察まとめ

DARK SOULS(ダークソウル)のネタバレ解説・考察まとめ

『DARK SOULS』とは、フロム・ソフトウェアから2011年に発売されたアクションRPGゲームソフト。2009年に発売された「Demon's Souls(デモンズソウル)」の続編的作品であり、同じ開発チームが手がけている。舞台は文明が廃れた後を想像させるような剣と魔法、そして呪いの世界。物語は不死人である主人公がこの荒廃した世界で、ある騎士から託された使命を果たすために旅立つところから始まる。

Read Article

DARK SOULS III(ダークソウル3)のネタバレ解説・考察まとめ

DARK SOULS III(ダークソウル3)のネタバレ解説・考察まとめ

DARK SOULS III(ダークソウル3)とは、フロム・ソフトウェアが2016年3月24日に発売したアクションRPGゲーム。DARK SOULSシリーズの3作目のナンバリングであり、Demon's Soulsから続くソウルシリーズの5作目にあたる。名前の無いちっぽけな不死人である主人公が、腐敗しきった世界を安定させるため絶大な力を持って蘇った4人の王へと挑みその力を取り戻す物語が描かれる。

Read Article

Bloodborne(ブラッドボーン)のネタバレ解説・考察まとめ

Bloodborne(ブラッドボーン)のネタバレ解説・考察まとめ

『Bloodborne』とは、ダークソウルでお馴染みのフロムソフトウェアが開発したアクションRPG。 プレイヤーは初めに廃墟となったヤーナム市街地を探索することとなる。しかし敵に殺されてしまい、気がつくと狩人の夢と呼ばれる場所にたどり着く。そこで装備品を受け取り、人形、古狩人ゲールマンの助けを借りて、戦うこととなる。 ソウルシリーズを元にした本作はよりスピード感のある戦闘に加えてダメージを受けた直後に攻撃することで回復できるリゲインシステムの搭載により緊張感のある戦闘を体験できる。

Read Article

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(隻狼)のネタバレ解説・考察まとめ

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(隻狼)のネタバレ解説・考察まとめ

『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』とは、2019年3月22日に発売されたアクションアドベンチャーゲームである。開発はフロム・ソフトウェアとアクティビジョン。プラットフォームはPS4、PC、XBox One。舞台は戦国時代末期の雪深い小国・葦名。プレーヤーは片腕を失った忍「狼」を操り、囚われの身となった彼の唯一の主「御子」を救い出す為に単身葦名城へと乗り込む。御子は人を不死にする力「竜胤の力」を持つ。葦名の将・葦名弦一郎と狼による竜胤を巡る戦が始まる。

Read Article

「ダークソウル」シリーズが挫折必至ゲームな理由まとめ

「ダークソウル」シリーズが挫折必至ゲームな理由まとめ

「ダークソウル」シリーズは、フロム・ソフトウェアが制作・販売するアクションRPGです。先日、「ダークソウル3」の体験会が開かれました。抽選で選ばれし300人が体験プレイをした結果、なんとクリアした人は300人中たったの3人。その確率はわずか1%という、超高難易度なのです。そんなマゾゲーとも呼ばれる「ダークソウル」シリーズがなぜそこまで鬼畜ゲーなのか、まとめてみました。

Read Article

【あつ森】ダークソウルの世界を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

【あつ森】ダークソウルの世界を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。特に人気漫画などに出てくる服を再現したマイデザインはたびたびネット上で大きな話題になっている。Switchオンラインで公開されているマイデザインは自由に使うことができるので、大好きなあのキャラになりきることも可能だ。ここでは大人気ゲームシリーズ「ダークソウル」を再現したマイデザインを紹介する。

Read Article

【DARK SOULS】PS3のおすすめアクションRPGまとめ!【ドラゴンクエストヒーローズ など】

【DARK SOULS】PS3のおすすめアクションRPGまとめ!【ドラゴンクエストヒーローズ など】

DARK SOULSやドラゴンクエストヒーローズなどPS3のおすすめアクションRPGをまとめました!今でも人気のゲームが多くまとめられています! アクションロールプレイングゲームとは、コンピュータゲームのジャンルの一つである。アクティブロールプレイングゲームとも呼ばれる。 アクションゲームの要素とロールプレイングゲームの要素とアドベンチャーゲームの要素を併せ持ったものを指す。

Read Article

目次 - Contents