【考察中毒】発症者が多発! ゲーマーがかかる中毒、『フロム脳』のまとめ

ゲーマーがかかる考察中毒症状、『フロム脳』のまとめ。
ゲーム作品の裏設定などを考察する事が好きな人は、もしかしたらすでに罹っているかも?

フロム脳

ゲームメーカー「フロム・ソフトウェア」の作品のファンから発生した"フロム脳"。
これはどういう症状なのでしょうか?

要するに『裏話や裏設定を考察する楽しみ方』の発展形!

"フロム脳"とは要するに「考察中毒」です。

単にゲームを遊ぶにとどまらず、背景や世界観を考察し、それに楽しさを覚える。 そういった考察型ゲーマーを"フロム脳"と言います。

フロム・ソフトウェアの特徴

フロム・ソフトウェアの作品には、『詳しい設定を明かさない』という特徴があります。
フロム作品のファンはこうしたゲームをプレイするうちに、作中で語られない裏設定や背景を考察し始めます。

プレイヤーはあくまでその世界にいる一人であり、ゲームの主人公という特殊な境遇ではあるが、その一人が知りえる範囲でしか、世界を知ることはできないというスタンスである。結果、世界全体の考察は受け手に大きく委ねられるというものだった。

出典: dic.nicovideo.jp

単なる考察のレベルを遥かに超える

ゲームなどの作品を考察する場合、ある程度まとまった情報が必要です。 断片的な情報だけでは考察の糸口が見つからないからです。
ところがフロム脳患者は、どんなに断片的で些細な情報からでも深い予想ができます。

《主な症状》
登場人物の僅かな言動から、性格はおろか容姿・趣味嗜好・実生活などに至るまで人物イメージを膨らませてしまう

出典: www49.atwiki.jp

プレイヤーは「これはどういう事だろう」と、頭を捻る事になる。
こうした考察行為がプレイ時間・プレイ作品数に応じて習慣化。
最終的には単純に設定が存在しないキャラクターにさえも、ゲーム内の世界観や設定、要素を用いて理論的に考察したバックボーンを勝手に与えるようになる。
これが、フロム脳の症状である。

出典: dic.pixiv.net

二次創作が盛んになっている

フロム脳患者には、なぜか高い文才や豊富な知識を持ったゲーマーが多い。 そうしたゲーマーによる考察は、単なる予想止まりにならず高度で説得力のあるものとなります。

あまりにレベルの高い考察がなされるため、その考察をベースにした二次創作も作られます。 つまりフロム脳はゲームの世界をより大きく作り替える力となりえるのです。

フロム脳の発症者の中には高い技術力や文才を持った者もおり、こういった人々の解釈・考察・動画は作品の世界を更に広げていく可能性を持っているため、フロム脳をただの妄想癖と言って悪く決めつけきれないところがある。

出典: dic.nicovideo.jp

フロム脳=考察する楽しみ。 つまり、あらゆるゲーム作品で起こりうる!

任天堂の人気作品『星のカービィ』シリーズには、名前に"ソウル"と付くボスが数体存在します。

このソウルには他のキャラにはない特殊な設定がありますが、その設定についての詳細は明かされません。
こうした曖昧な描写は考察の余地がありますし、考えようによってはいくらでも広げる事が出来ますよね。

こうした点に注目し、「なぜそうなったのだろう?」と予想や考察する事を楽しむのがフロム脳です。

主に一部のラスボスが有している形態、および名称。
いわゆる第2(最終)形態と言えばそれまでだが、 その前の形態や元の姿と明らかに雰囲気が違っていたり、妙に特殊な設定を背負っていることが多い。

出典: www49.atwiki.jp

まとめ 作品にハマるほどに発症しやすい! あなたもいつかはフロム脳に!?

以上、フロム脳に関するまとめでした。
"フロム"脳という名称ですが、必ずしもフロム・ソフトウェアの作品で起こる症状ではありません。

好きな作品ならより深く知りたくなりますし、作中で明かされない部分はいろいろと予想したくなりますよね?

つまり、フロム脳はあらゆる作品で起こる可能性があります。
作品を受け身で楽しむだけでなく、裏設定や世界観を考察してみてはいかがでしょう。 きっと楽しさを覚えるはずです。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

DARK SOULS II(ダークソウル2)のネタバレ解説まとめ

DARK SOULS Ⅱ(ダークソウル2)とは、フロム・ソフトウェアが2014年3月13日に発売したアクションRPGゲーム。DARK SOULSシリーズの2作目のナンバリングであり、Demon's Soulsから続くソウルシリーズの3作目にあたる。不死者と異形が蔓延る世界の中、不死者が不思議と吸い寄せられるという亡国ドラングレイグの地に主人公が足を踏み入れ、自らの呪いと世界の理の一端に触れる物語が描かれる。

Read Article

DARK SOULS(ダークソウル)のネタバレ解説まとめ

「DARK SOULS」とは、フロム・ソフトウェアから2011年に発売されたアクションRPGゲームソフト。2009年に発売された「Demon's Souls(デモンズソウル)」の続編的作品であり、同じ開発チームが手がけている。舞台は文明が廃れた後を想像させるような剣と魔法、そして呪いの世界。物語は不死人である主人公がこの荒廃した世界で、ある騎士から託された使命を果たすために旅立つところから始まる。

Read Article

DARK SOULS III(ダークソウル3)のネタバレ解説まとめ

DARK SOULS III(ダークソウル3)とは、フロム・ソフトウェアが2016年3月24日に発売したアクションRPGゲーム。DARK SOULSシリーズの3作目のナンバリングであり、Demon's Soulsから続くソウルシリーズの5作目にあたる。名前の無いちっぽけな不死人である主人公が、腐敗しきった世界を安定させるため絶大な力を持って蘇った4人の王へと挑みその力を取り戻す物語が描かれる。

Read Article

Bloodborne(ブラッドボーン)のネタバレ解説まとめ

『Bloodborne』とは、ダークソウルでお馴染みのフロムソフトウェアが開発したアクションRPG。 プレイヤーは初めに廃墟となったヤーナム市街地を探索することとなる。しかし敵に殺されてしまい、気がつくと狩人の夢と呼ばれる場所にたどり着く。そこで装備品を受け取り、人形、古狩人ゲールマンの助けを借りて、戦うこととなる。 ソウルシリーズを元にした本作はよりスピード感のある戦闘に加えてダメージを受けた直後に攻撃することで回復できるリゲインシステムの搭載により緊張感のある戦闘を体験できる。

Read Article

「ダークソウル」シリーズが挫折必須ゲームな理由まとめ

「ダークソウル」シリーズは、フロム・ソフトウェアが制作・販売するアクションRPGです。先日、「ダークソウル3」の体験会が開かれました。抽選で選ばれし300人が体験プレイをした結果、なんとクリアした人は300人中たったの3人。その確率はわずか1%という、超高難易度なのです。そんなマゾゲーとも呼ばれる「ダークソウル」シリーズがなぜそこまで鬼畜ゲーなのか、まとめてみました。

Read Article

目次 - Contents