Killing Floor(キリングフロア)のネタバレ解説まとめ

『Killing Floor』は、Tripwire Interactiveから2009年に発売されたFPSゲームで、主にダウンロードゲーム配信プラットフォームであるSteamにて配信されている。シングルプレイのほか、最大6人までのco-opプレイにも対応。出現する敵をひたすら倒していくというシンプルなゲームである。ある8月の最後の日、ロンドン市警は生化学関連企業「ホージン社」が暴徒で溢れているという通報を受け出動する。しかし、彼らがそこで見たものは、不気味な姿をした怪物の群れだった。

ハリスはかつて、ヨーロッパ全土のサッカー場で活躍してきたサッカー選手だった。彼のキックは、しばしば警察に向けられることもあった。そして今回の事件において、ついに彼は銃を持ち出すことになる。

Kevo the Chav(ケボ・ザ・チャヴ)

土曜の午後、ケボ・ザ・チャヴはスポーツ用品店でラガービールをあおっていた。酒の勢いで万引きを企んでいた彼を、クロイドンハイストリートで待っていたのは、万引きなどよりももっと大きな事件だった。

Captain Wiggins(ウィギンス大尉)

ウィギンス大尉はWarburyの第5代準男爵であり、伝統あるイギリスの貴族だ。サンドハースト陸軍士官学校を卒業した後、近衛兵部隊へと任命された彼を待っていたのは、得体の知れない怪物の群れによる兵舎の襲撃だった。しかし、彼がゾンビ共を殺すことが楽しいスポーツであることに気づくまでにそう時間はかからなかった。

Reverend Albert(アルバート牧師)

アルバート牧師は、過去20年にわたって西ロンドンの聖エセル地区で牧師として働いてきた。ある日、若者向けセンターで布教活動を行ってきた彼は、恐怖映画さながらの体験をすることになる。

Steampunk Character Pack

Reggie "Basher" Clover(レジー"殴り屋"クローバー)

彼を突き動かしているのは、他人に苦痛を与えるというシンプルな理由だ。警察であった彼は、ホージン社から溢れ出た怪物たちがロンドンに溢れ出たとき、制服とバッヂをゴミ箱に突っ込んだ。代わりに彼は、お手製の鎧を身に着けて怪物の群れに襲いかかった。

Adam Butler(アダム・バトラー)

アダムは幼少期から炎の魅力に取り憑かれていた。児童養護施設からテームズ北部の収容施設に入るまで、それは変わらなかった。最終的に彼は、世界中からトップクラスの「雇用放火魔」として認定される。そして今、彼はホージン社から現れた怪物たちを丸焼きにする業務に励んでいた。

Doctor Dave(ドクター デイブ)

国中の医療学校から入学を断られたデイブは、ホージン社から現れた怪物がロンドンに溢れ出たときに歓喜した。何しろこの地獄では、どんな狂人であってもメスと包帯を持っているだけで外科医を名乗れるのだ。

Peter the Assassin(暗殺者ピーター)

ピーターは伝統的な暗殺者で、スナイパーライフルを愛用している。そんな危険人物であるピーターにとって、今回のロンドンでの事件は、腕試しをするいい機会だった。

Steampunk Character Pack 2

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents