Killing Floor(キリングフロア)のネタバレ解説まとめ

『Killing Floor』は、Tripwire Interactiveから2009年に発売されたFPSゲームで、主にダウンロードゲーム配信プラットフォームであるSteamにて配信されている。シングルプレイのほか、最大6人までのco-opプレイにも対応。出現する敵をひたすら倒していくというシンプルなゲームである。ある8月の最後の日、ロンドン市警は生化学関連企業「ホージン社」が暴徒で溢れているという通報を受け出動する。しかし、彼らがそこで見たものは、不気味な姿をした怪物の群れだった。

Ricky Vegas(リッキー・ヴェガス)

Tripwireが販売する「Rising Storm - Digital Deluxe Edition」購入した人が使用できるキャラクター。WWⅡの頃の海兵隊の軍服に身を包んだ彼は、怪物の群れの中、海兵隊になりきって実弾をばらまき始める。

Ms_Clamley(クレメリー女史)

ゲーム内の実績”Doctor WHO??”を解除すると使用できるキャラクター。幼い頃、父とは別々の場所で暮らしていたレイチェル。科学の道を志し、ロンドンの国立研究所で働くことになった彼女は、そこでマッドサイエンティストと化した父親と、彼が作った生物兵器であるスペシメンを目にする。

Reggie the Rocker Character Pack

Reggie the Rocker(レジー・ザ・ロッカー)

レジーは、かつて有名ロックバンド「Pissed Gods」のフロントマンを務めていた。しかし、現在ではヒットチャートから転落し、酒に溺れる日々を送っていた。そんな折、ロンドンを得体の知れない怪物が埋め尽くすという事件が起きる。彼は、この状況から生還できたら、その時こそ自分は世界一のロックスターとして返り咲くことができると信じ、戦いに身を投じた。

『Killing floor』の敵キャラクター

Clot(クロト)

あらゆる場面で出現する敵。本作に登場する中では最弱で、体力、攻撃力ともに低い。しかし、大量に出現し、掴まれると移動不能になるため油断はできない。名前は「塊、群れ、愚か者」を意味する「Clot」が由来となっている。

Gorefast(ゴアファスト)

あらゆる場面で出現する、全身の皮膚が剥がれた姿の敵。右腕に大型のブレードを装着している。普段はゆっくり移動しているが、プレイヤーを発見すると急接近してくる。複数いる場合は回り込んでくるので囲まれやすい。名前は、「殺害、突き刺す、流血」を意味する「gore」と「短時間でなされる、手が早い、断食」を意味する「fast」が由来となっている。

Bloat(ブロート)

肉切り包丁を武器とする巨漢の敵。一定の距離まで近づくと、毒液を噴射してくる。この毒液は持続ダメージを受ける上に、画面にへばりついて視界を塞いでくる厄介な攻撃。なお、毒液には敵にもダメージがある。特定の攻撃による死亡時にも爆発して周囲に毒液を撒き散らす。名前は「慢心、膨張、胃鼓脹」を意味する「Bloat」が由来となっている。

Stalker(ストーカー)

第2wave以降に出現する女性型の敵。体を透明化させてすばやく接近し、攻撃を仕掛けてくる。移動速度がプレイヤーよりも早いので、逃げ切るのは難しい。名前は「Stalk」+「er」で「獲物をそっと追う人」に由来している。

Crawler(クロウラー)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents