Killing Floor(キリングフロア)のネタバレ解説まとめ

『Killing Floor』は、Tripwire Interactiveから2009年に発売されたFPSゲームで、主にダウンロードゲーム配信プラットフォームであるSteamにて配信されている。シングルプレイのほか、最大6人までのco-opプレイにも対応。出現する敵をひたすら倒していくというシンプルなゲームである。ある8月の最後の日、ロンドン市警は生化学関連企業「ホージン社」が暴徒で溢れているという通報を受け出動する。しかし、彼らがそこで見たものは、不気味な姿をした怪物の群れだった。

Police Sergeant Davin(ダヴィン巡査部長)

ダヴィン巡査部長には、人生をかけて探しているものがある。それは、彼の妻と娘だ。妻は軍の悪い男に騙され、彼のもとを去ってしまった。一人娘は大学中退のショックで同性愛、菜食主義、宇宙信奉者になった上に失踪してしまった。ロンドンが謎の怪物に埋め尽くされ、地獄と化したこの状況の中でも、彼は妻と娘を探して戦い続けている。

Trader(トレーダー)

waveの合間に弾薬や武器を販売してくれる武器商人。公式マップではいわゆるラウンドにあたるwaveが終わると彼女のショップへのガイドが表示される。彼女については名前や経歴など、一切の情報が不明である。

Outbreak Character Pack

Agent Wilkes(エージェント「ウィルクス」)

事件の発端となったホージン社は、表向きはイギリス国防省と最新の防護服についての契約を結ぼうとしていた。しかしその裏では、大量の怪物を秘密裏に生産していたのだ。ウィルクスが騒動の中で発見した防護服はまさにホージン社の開発した「ホージン社製MARK7軍用防護服」だった。防護服を身に着けたウィルクスは、この戦いが終わったら、この防護服のおかげでより効率的に任務を遂行できるようになったと証言するつもりでいる。

DJ Scully(DJ スカリー)

軍の兵役を無断欠勤したDJスカリーは、ロンドンの地下にあるクラブで曲を回していた。しかし、クラブ内の客が見たこともない怪物の手によってバラバラに引き裂かれるのを目の当たりにしたスカリーは、再び戦争の渦中に引き戻されることになる。

Dr. Gary Glover(グローヴァー博士)

グローヴァー博士は、ロンドンを埋め尽くす怪物たちを作り出したホージン生科学研究所の唯一の生き残りだ。彼はなんとかしてこの怪物の群れを元いた場所に送り返そうとするが、手にした散弾銃だけではそれはなかなか難しそうだ。

FoundryWorker Aldridge(鋳造所作業員 アルドリッヂ)

アルドリッヂの仕事場である鋳造所の組立ラインの下から、聞いたこともないようなおぞましい悲鳴が聞こえてくる。とうとうドアの蝶番が弾け飛び、怪物たちがなだれ込んできた。部屋の中に立てこもり、素知らぬ顔をしていたアルドリッヂも、いよいよ無関心を貫くことができなくなってしまった。

Nightfall Character Pack

Lance Corporal Lee Baron(リー・バロン兵長)

「ダウンタウンでの爆弾テロと、得体の知れない化物共の侵略は同じ日に起こり得るだろうか?」とバロン兵長は考える。伍長用防護服は、飛び散る破片から身を守ってはくれるものの、怪物の爪や牙を防ぐには至らない。バロン兵長は怪物から距離を取ることを覚えた。

Mike Noble(マイク・ノーブル)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents