Killing Floor(キリングフロア)のネタバレ解説まとめ

『Killing Floor』は、Tripwire Interactiveから2009年に発売されたFPSゲームで、主にダウンロードゲーム配信プラットフォームであるSteamにて配信されている。シングルプレイのほか、最大6人までのco-opプレイにも対応。出現する敵をひたすら倒していくというシンプルなゲームである。ある8月の最後の日、ロンドン市警は生化学関連企業「ホージン社」が暴徒で溢れているという通報を受け出動する。しかし、彼らがそこで見たものは、不気味な姿をした怪物の群れだった。

Steampunk DJ Scully(スチームパンクなDJスカリー)

元兵士からDJへと転身したスカリーは、ナイトクラブが化け物たちの群れで埋め尽くされた記憶に苛まれていた。そして現在、スカリーはスチームパンク的な装備に身を包み、変わらず怪物たちを殺戮し続けている。

Steampunk Demolition(クエンティン)

発破技士である父に育てられたクエンティンも、やはり爆破が大好き。それは9歳のときに自分の片足をふっとばしても変わらなかった。そして今、彼はロンドンに溢れた怪物を片っ端から吹き飛ばしている。

Steampunk Support Specialist(ハロルド)

ハロルドは、普段は物腰穏やかなカウンセラーで、悩める人々を助けていた。しかし、クライアントがホージン社から溢れ出た怪物に食い殺されたことから、彼はホージン社の怪物をこの世から一匹残らず狩り尽くすことに夢中になっていた。

Steampunk Commando(フィル)

ホージン社の事故など、中東で経験してきた修羅場に比べたら屁でもない。そう豪語するフィルだが、実のところ彼はただのFPSと銃器類のマニアでしかない。だが、フィルは今のところ、実際のゾンビを相手にしても有能であることを証明し続けている。

Urban Nightmare Character Pack

"解体屋"デイヴ(Dave ‘The Butcher’)

かつては銀行員だったデイブは、仕事をやめてロンドンの闇社会での用心棒として働いていた。そんなデイブがボスから命じられた仕事は、ロンドン中を埋め尽くすゾンビを皆殺しにすることだった。

ジェフリー・タム博士(Doctor Jeffrey Tamm)

タム博士は、コンピュータ科学ともう一つ、同僚であるブレンダ・ランク女史に大きな愛情を注いできた。しかし、裁判所からストーカー禁止令が届いて以来、彼はロボット工学に血道を上げるようになった。結果、彼はホージン社にて家庭用補助ロボットの開発研究員としての地位を手に入れた。そして彼はもう一つ、かのブレンダ女史を文字通り作ることを画策している。

サミュエル・アヴァロン(Samuel Avalon)

幼い子供を助け、瓦礫を押しのけて生還するサミュエルの姿は、理想的な消防隊員の姿だ。しかし彼の心の奥には、人が瓦礫の中に沈み、泣き叫ぶ姿を見るのを愉しむという残虐な欲望があった。ホージン社から怪物が溢れ出たこの事件は、彼にとって自分の欲望を満たすまたとない機会となった。

ロブ・アラン(Rob Allan)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents