色づく世界の明日から(第5話『ささやかなレシピ』)のあらすじと感想・考察まとめ

%e8%a6%8b%e5%87%ba%e3%81%97%e7%94%bb%e5%83%8f

琥珀が参加して発足した「魔法写真美術部」の懇親会が行われることになった。その準備に追われていたある日、瞳美はまほう屋の店番を頼まれたことをきっかけに、積極的に魔法の練習をするようになる。瞳美が初めて作った星砂は、葵のために作った物だった。一方、あさぎが将へ抱く恋心にも変化が起きる。
今回は「色づく世界の明日から」第5話『ささやかなレシピ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

「色づく世界の明日から」第5話『ささやかなレシピ』のあらすじ・ストーリー

琥珀の恋占い

1

魔法写真美術部の認可が下りたことを報告する琥珀。

写真美術部には琥珀が新たに参加し、部の名称も「魔法写真美術部」に変わった。琥珀が魔法部、葵が美術部、他の部員は写真部として活動する部活だ。
魔法写真美術部の認可が下りた日、琥珀は部室でそのことを改めて報告した。その後「ひとつ提案!新たな出発を祝して、みんなで懇親会やろうよ!」と琥珀は提案し、千草が真っ先に右手を上げながら「はいはい!やりたいやりたい!」と言って賛成した。
胡桃「ちょっと待って!予算は?」
琥珀「料理とかは持ち寄りで良いじゃん!場所はうち使って良いし!」
あさぎ「楽しそうですね!」
胡桃「予算がいらないのなら大賛成!」
琥珀「うちの都合聞いて、日程とかそのへんグループで連絡するね。」
みんなが賛成したため、魔法写真美術部の懇親会が開かれることになった。
話が纏まると、将は立ち上がり「じゃ、部活始めるぞ。今日から新人に、暗室で薬品の使い方教えるから。」と部活開始の声掛けをした。琥珀は「あ、じゃあ魔法部は出張占い行ってきまーす。」と発言し、みんなは「何それ!?」と琥珀の言葉に食いついた。

2

外側から見た魔法部の出張占いが行われている天幕。

3

天幕の中で行われている占いの様子。

琥珀の出張占いとは、屋上に張った天幕の中で水晶玉を使った占いをすることだ。琥珀のよく当たる占いは人気になって毎日生徒が列を作り、相談内容はほとんどが恋愛に関する占いだった。
出張占いに興味を持ったあさぎと胡桃も列に並び、順番がくると2人一緒に天幕の中に入った。
あさぎ「あ、お邪魔します…。」
胡桃「どんな感じか見に来たんだー!外もいっぱい並んでるよ!すごいじゃん!」
琥珀「まあねー。」
胡桃「せっかくだから、あたしたちも恋愛占いやってもらおうと思ってねー。ね、あさぎ。」
あさぎ「あ、私は別に…。」
あさぎは恥ずかしそうに俯く。しかしいざ占いが始まってみると、あさぎはどんな結果が出るのか真剣な表情をして琥珀の言葉を待っている。案外ノリノリな様子だ。
琥珀は両手を水晶玉の上にかざすと、「照らせ光…、球よ語れ…、はっ!」と唱えた。すると水晶玉がピンク色に光り、少しすると水色の光に変化した。琥珀は突然「うっ…。」と言葉を絞り出し、言葉を待っている胡桃とあさぎの方を見て、言葉に迷っている様子を見せた。やがて琥珀は苦し紛れに、「うさぎと両想い間違いなし!」とあさぎの占い結果を伝えた。
胡桃「今ごまかしたよね?あさぎの恋愛運、そんなに良くないの?」
琥珀「え、えーと…、正直に言って良い?」
あさぎ「ど、どうぞ…。」
琥珀「今のままだと、恋愛運は最悪。ライバルが現れて、彼の気持ちは遠のいていきます、だって。」
次の瞬間、あさぎの両目が大きく見開かれ、顔から表情が消えた。
琥珀「まあ、あんまり気にしないでね!」
胡桃「次!あたしの番ね!彼氏できるかどうか、占って!」
琥珀「あー、無理っぽいな。」
胡桃「いいからちゃんと占ってよ!」
冗談を交わす琥珀と胡桃の横で、あさぎは暗い表情を浮かべていた。

4

パソコンを覗き込む将と会話を交わすあさぎ。

後日、将はあさぎの家でもある写真館でアルバイトをしていた。あさぎが父親のパソコンを借りて写真の調整をしていると、将がパソコンの画面を覗きこんできた。
将「お?良い写真じゃん。」
あさぎ「そうですか?」
将「相変わらずうさぎ祭りだな。」
あさぎ「だって好きだから…。」
将「お前、せっかく写真上手いんだから、もっと見てもらえばいいのに。」
あさぎ「そんなの恥ずかしい…。」
将「お店のギャラリーに飾るとか、ポストカードにしてみるとかさ。やってみないと分かんないじゃん?」
パソコンを覗き込みながら会話をしているため、屈み込んでいる将とあさぎの距離はとても近く、あさぎは頬を赤く染めた。

6

出かける琥珀と瑠璃は、瞳美に店番を任せた。

その頃、まほう屋では急遽、琥珀が瞳美に店番をお願いできないか、とお願いしていた。琥珀と瑠璃が2人で出かけることになったからだ。
「でも私、店番とかしたことないし…。」と自信がない口調で言って瞳美は断ろうとした。そこへ出かける支度を終えた瑠璃が来て、「瞳美ちゃん、やっぱり私は出かけるの止めようか?」と声をかけた。瞳美はいつもお世話になっている瑠璃に気を使わせてしまったことに気づき、「いえ、そんな…。少しくらいなら。」と返事をして、瞳美が店番を引き受けることになった。
琥珀「ありがとう、ひとみんー!」
瑠璃「ごめんね、夕方までには戻るから。」
琥珀と瑠璃は出かけ、瞳美はまほう屋で初めての店番としての仕事に取り掛かった。
停留所に着いて電車を待つ琥珀と瑠璃は、瞳美に留守番を任せてしまったことについて話していた。
瑠璃「心配だなー…。捨てられた子犬みたいな目してたわよ?」
琥珀「大丈夫だって!いざとなったら、おばあちゃんも助けてくれるし!」
瑠璃「んー…、そうよね!」
そこへ目的地に向かう電車が到着し、琥珀と瑠璃は乗車した。

8

店番の仕事を頑張ってこなす瞳美。

9

琥珀が魔法の書物を探しに行った魔法古書店。

一方、瞳美は何とかして店番をこなしていた。
客「いつものやつ、下さいな。」
瞳美「いつもの…?」
客「そう。赤い星砂。」
色が見えない瞳美は、棚に並べられている容器の中でどの星砂が赤色なのかが分からない。
客「懐かしい夢が見られるやつね。」
客の一言で、懐かしい夢を見る星砂を作っていた瑠璃がロット17という番号を言っていたことを思い出した瞳美は、その番号が振られている容器の星砂を取り出し、無事に販売することが出来た。
瞳美がホッとしていると、柚葉が「大丈夫だった?」と声をかけてきた。
瞳美「はい…、何とか。」
柚葉「分からない時は、カタログを見て良いのよ。」
瞳美「そうします。おばあ…あ、琥珀、どこに行ったんですか?」
柚葉「魔法の古い書物を探しに行ったの。そういう本を貸し出してくれるお店があるのよ。琥珀はあなたが来てから、今まで以上に熱心に魔法の勉強しているみたい。いつか自分の魔法が必要になる、そんな予感がするんだって。」
瞳美「琥珀が…。」
それを聞いた瞳美は、「私も留守番、頑張ろう!」と張り切って言った。瞳美が店の外の掃除をしていると、葵がまほう屋の敷地に入ってくるのが見えた。瞳美は葵は同時に目が合い、お互い相手の存在に驚いた。

10

瞳美はカタログを片手に持ちながら、葵に商品の説明をした。

葵は星砂を買うためにまほう屋に来店していたため、瞳美はカタログを片手に持ちながら、葵に商品の説明をした。
葵「こんなにあるんだ、星砂って。」
瞳美「他にも目的や用途に合わせて、ここにない星砂もオーダー出来ます。」
葵「何か薬局みたいだな。」
瞳美「星砂は、日常を彩るサプリみたいな物だって琥珀が言ってました。」
葵「へぇ~。今度、個展を開く知り合いに、お祝いのおすすめとか…ある?」
瞳美「あぁ、それなら…、森の香りが包む星砂、とかは?」
葵「良いね。じゃあ、それお願い。」
瞳美「お包みしますね!」
瞳美が星砂を小さな容器に入れながら、「新しい絵、どうですか?」と何気なく葵に話しかけた。
葵「あー…、最近思ったような物が描けなくて…。絵に効く星砂とか、あれば良いのに。」
瞳美は星砂がまとめられている棚の方を見て、「ちょっと待ってください!こっち…、いやこっちの方が…、でも、これよりも…。」と葵の希望に沿うような星砂がないか一生懸命探し始めた。そんな瞳美に葵は「ごめん、良いよ。言ってみただけだから。」と慌てて声をかけた。それでも瞳美は、葵の希望に合うような星砂を見つけられなかったことで気を落としてしまい、「ごめんなさい…。後で、きちんと調べておきます。」と返事をした。

失敗しても大丈夫

11

葵の希望に合うような魔法がないかと瞳美は琥珀に相談する。

その日の夜、瞳美は琥珀に葵とのやり取りを話し、「何かある?良い魔法。」と聞いた。
琥珀「おぉー?何だか珍しく、魔法に対して前向きじゃない?」
瞳美「だって…、色のある絵を見られるかどうかは、私にとっても大切な問題だから…。」
琥珀「そんだけー?」
瞳美「ん?それに、琥珀も魔法の勉強頑張ってるって聞いたから。」
琥珀「うんうん、そっか!じゃあ、自分で星砂作ってみなさい。」
瞳美「えっ!?」
琥珀「瞳美って、星砂に魔法を込めるの、初めてだっけ?練習してコツさえ掴めば出来ると思う。」
瞳美が「そんなの無…。」と言いかけると、「否定文禁止!」と琥珀が瞳美の言葉を遮った。
琥珀「これは、瞳美にとっても大切な問題なんでしょ?」
瞳美は琥珀の言葉を聞いて、「やってみる…。」と答えた。その時、琥珀が突然瞳美を抱きしめて、まるで子どもにするように瞳美に頭を撫でた。
琥珀「えらーい!さすが我が孫!良いよ良いよ!何でも挑戦!失敗しても良いんだから!いい子いい子!よしよしよしよし!」
瞳美は琥珀の様子にただ驚いていた。

13

瞳美は将に自動販売機での現金の使い方を教えてもらう。

次の日の昼休み、琥珀は「何でも挑戦」という言葉を自分に言い聞かせながら、初めて自動販売機で現金を使い商品を買ってみることにした。しかし、瞳美はどこにお札を入れるのかが分からず、困ってしまう。そこへ偶々将と葵が通りかかり、瞳美に声をかけた。
将「何やってんの?瞳美。」
瞳美「あ、あの…、使い方…。」
将「あぁ、分かんない?いいよ、教えてやるから。」
将に自動販売機の使い方を教えてもらい、瞳美は無事にジュースを買うことが出来たため、瞳美は「ありがとうございました。」と将にお礼を言って立ち去った。瞳美の後姿を見ながら、将は「初めて買えたんだって。」と葵に話しかけ、葵は「へえ、良かったね。」と答えた。その後、将は独り言のように「面白いよな、あの子。」と呟いた。葵は何とも言えない複雑な表情を浮かべて、将の独り言を聞いていた。

14

瞳美が将に見せた魔法。

その日の部活では、将が瞳美に暗室での道具の使い方を教えていた。部活が終わった時、瞳美は「あの、もう少しこの部屋、借りても良いですか?」と将に尋ねた。
将「何で?」
瞳美「魔法の練習がしたいんです。暗い部屋で試したくて。」
将「すげー!俺も見ていい?」
瞳美「え?少しだけなら…。」
瞳美は暗くなった部屋の中でペンをスティックの代わりに持ち、「よほちひに、光よ輝け、星の如く。」と唱えた。すると、瞳美の頭上にいくつもの星が浮かび上がり、様々な色の閃光と共に次第に広がっていく。ある程度の範囲に星が広がると魔法が解け、星がハラハラと落ちてきた。
瞳美「本当は、プラネタリウムみたいになるはずなんです。」
将「まだ練習が必要そうだな。」
瞳美「はい…。」
将「けど、そんなに魔法に積極的だったっけ?」
瞳美は自分の魔法をもう1度見たいと言ってくれた時の葵の表情を思い出しながら、「私の魔法が、誰かに喜んでもらえるなら、やってみようかなって。」と言った。その時の瞳美の表情には、柔らかい笑顔が浮かんでいた。将も瞳美の表情を見て微笑みを浮かべながら、「へえー、その気持ち分かる。誰かが俺の写真見て喜んでくれたら、やる気になる。」と返事をした。
その後、将は「練習、頑張れよ。」と言って暗室を出て行き、瞳美は持ってきた材料で星砂作りを始めた。しかし、琥珀に教わったレシピ通りにしているにも関わらず、瞳美が何回試しても星砂作りは失敗してしまう。それでも瞳美は諦めずに、星砂作りを続けた。その日の夜遅く、瞳美は無事に星砂を作ることに成功した。

前向きな気持ち

sakurasnowdrop
sakurasnowdrop
@sakurasnowdrop

Related Articles関連記事

花咲くいろは(花いろ)のネタバレ解説まとめ

『花咲くいろは』とは、P.A.WORKS制作による日本のオリジナルテレビアニメ作品、および、これを原作としたメディアミックス作品。舞台は石川県湯乃鷺温泉街。祖母が経営する温泉旅館「喜翆荘」に住み込みの仲居として働くことになった松前緒花が個性的な従業員に囲まれながらも、様々な経験を通して成長をしていく。

Read Article

Angel Beats!(エンジェル ビーツ)のネタバレ解説まとめ

Key所属のシナリオライター「麻枝准」が原作・脚本を手掛けた作品。 2010年にTBS系で放送された、全13話のアニメオリジナル作品である。 死後の世界の学園を舞台とし、「人生」をテーマとした青春アニメ。 テストや球技大会などの日常的な学園生活、銃火器や刀剣を用いた戦いを描く非日常な生活、登場人物の送った生前の理不尽な人生、この3つを柱にストーリーが展開されていく。

Read Article

Charlotte(シャーロット)のネタバレ解説まとめ

「Angel Beats!」に続く、Keyにより制作されたオリジナルアニメ作品。 主人公「乙坂 有宇」の成長と人間模様に焦点があてられており、思春期の真っただ中にいる「完全ではない特殊能力」を持つ仲間とともに、彼らの前に立ちふさがる残酷な運命に対して抗っていく物語である。 2015年に全13話が放送され、翌年にOVAがリリースされた。

Read Article

有頂天家族2(The Eccentric Family 2)のネタバレ解説まとめ

「有頂天家族2」とは、「森見登美彦」による小説作品「有頂天家族」シリーズ2作目をアニメ化した作品。2007年に小説「有頂天家族」が発売、2013年に第一期がアニメ化。2015年に小説「有頂天家族 二代目の帰朝」が発売、2017年に「有頂天家族2」としてアニメ化。主人公で狸の「下鴨矢三郎」は、天狗の息子「二代目」と出会う。二代目はヒロイン「弁天」と険悪な仲になり、矢三郎たち狸も巻き込まれていく。

Read Article

有頂天家族(The Eccentric Family)のネタバレ解説まとめ

2013年に放映されたアニメ。 原作は『四畳半神話大系』、『夜は短し歩けよ乙女』の森見登美彦。3部作となる予定の「たぬきシリーズ」である。キャラクターデザインは『さよなら絶望先生』の久米田康治。 2013年には漫画化、2014年には舞台化された。 豪華なキャストと丁寧な描写で根強いファンがついており、2017年4月9日より第2期である『有頂天家族2』が放送開始する。

Read Article

SHIROBAKO(シロバコ)のネタバレ解説まとめ

2014年10月~2015年3月に放映された日本のオリジナルテレビアニメーション作品。P.A.WORKS制作、監督は水島努。同じ高校のアニメーション同好会でアニメを作っていた、あおい、絵麻、しずか、美沙、みどりが、いつか共にアニメを作るという夢を抱えながら、それぞれの道で懸命に奮闘するアニメーション業界の日常を描いた群像劇である。全24話。

Read Article

色づく世界の明日から(第7話『ヴィーナスの重荷』)のあらすじと感想・考察まとめ

再び色が見えなくなった瞳美は、葵とぎくしゃくしたまま夏休みに入った。一方、胡桃は将来について悩みを抱えていた。そんな中、魔法写真美術部は毎年恒例のキャンプ合宿の準備に取り掛かる。そしてキャンプ合宿当日、胡桃は元気づけられる言葉を千草にかけられて元気を取り戻し、瞳美も葵との心理的距離が縮まってあることを決意する。 今回は「色づく世界の明日から」第7話『ヴィーナスの重荷』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

色づく世界の明日から(第11話『欠けていく月』)のあらすじと感想・考察まとめ

魔法写真美術部の部員たちが文化祭の準備に奔走する中、瞳美が少しの間だけ消失する事件が起きる。琥珀が調べた所、瞳美が未来に帰らなければいけない時が近づいており、早く未来へ戻らなければ瞳美は時のあわいに閉じ込められてしまうことが分かった。 瞳美は残された時間が少ないことを知り、葵に自分のある想いを打ち明けた。 今回は「色づく世界の明日から」第11話『欠けていく月』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

色づく世界の明日から(第3話『No Rain, No Rainbow』)のあらすじと感想・考察まとめ

新入生が体験入部する部活を決めるための「クラブ活動紹介」の日、瞳美は葵の絵が忘れられずに写真美術部を訪れる。色が見えないことを隠したまま、瞳美は絵を書き、カメラを手にした。しかし、突然のハプニングで瞳美が写真撮影会のモデルを務めることになってしまった。戸惑いながらもモデルを引き受けた瞳美だが、思わぬトラブルに見舞われる。 今回は「色づく世界の明日から」第3話『No Rain, No Rainbow』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

色づく世界の明日から(第8話『ほころびのカケラ』)のあらすじと感想・考察まとめ

琥珀は瞳美が未来に帰らなくてはいけなくなった時のため、夏休みを通して時間魔法についての勉強と実践を重ねていた。また、どうしたら瞳美がまた色を見ることが出来るのかを考え、実験をした。しかし、琥珀の時間魔法は一向に上手くいかず、琥珀は失敗する度に落ち込む。 一方、瞳美は魔法写真美術部の部員たちとの時間を楽しく感じていて、60年後に帰りたくないと考えるようになっていた。 今回は「色づく世界の明日から」第8話『ほころびのカケラ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

色づく世界の明日から(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『色づく世界の明日から』とは、P.A.WORKS制作のオリジナルアニメである。 2078年の長崎県に住む少女・月白瞳美は、魔法使いの家系でありながら魔法を嫌悪しており、幼い時に色が視えなくなったことで、他人に心を閉ざしていた。ある日、祖母の琥珀の魔法によって、突然60年前の2018年に送られ、月白家に居候しながら同い年の祖母と共に高校生活を過ごすことになる。 心を閉ざした魔法少女が仲間たちとの交流で変わっていく学園青春ファンタジー作品。

Read Article

色づく世界の明日から(第12話『光る光る この一日が光る』)のあらすじと感想・考察まとめ

2日間の文化祭は無事に終わりそうだった。あさぎは葵と瞳美に思い出を作ってもらうために2人に自由時間を与えることをこっそり提案し、2人は文化祭の出し物を楽しむ。しかし、葵と瞳美はお互いに自分の想いを伝えることなく、後夜祭を迎えてしまった。 いよいよ夜の公園で、瞳美を未来へ帰すための時間魔法の儀式が始まる。 今回は「色づく世界の明日から」第12話『光る光る この一日が光る』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

色づく世界の明日から(第4話『おばあちゃんはヤメテ!』)のあらすじと感想・考察まとめ

琥珀が留学先から帰国し、写真美術部に入部した瞳美と同じクラスになった。琥珀も写真美術部に興味を持ち、部活のミーティングに着いてきた。魔法を見事に使いこなし、部員のみんなとも、たちまち仲良くなる琥珀。瞳美は自分と正反対な琥珀の姿に圧倒されるばかりだった。そんな中行われた夜景の撮影会では、瞳美と部活メンバーとの距離が一気に縮まる出来事が起きる。 今回は「色づく世界の明日から」第4話『おばあちゃんはヤメテ!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

色づく世界の明日から(第9話『さまよう言葉』)のあらすじと感想・考察まとめ

写真の腕を上げるため、瞳美は将にアドバイスを求め、将は瞳美に一緒に撮影会に行くことを提案する。休日に様々な名所を巡った2人が帰り道につこうとした時、将は瞳美に大胆な告白をした。戸惑った瞳美はその場から逃げ出し、次の日から将を避けてしまう。将の告白をきっかけに瞳美と将、あさぎ、葵の間の恋模様には大きな変化が訪れる。 今回は「色づく世界の明日から」第9話『さまよう言葉』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

色づく世界の明日から(第1話『キミノイクベキトコロ』)のあらすじと感想・考察まとめ

幼い頃に色覚を失ってしまった高校2年生の少女・月白瞳美は、魔法使いである祖母から「高校2年生の私に会いに行きなさい。」と突然伝えられ、時を遡る魔法をかけられる。瞳美が辿り着いたのは、瞳美が生きていた時代から60年前に当たる西暦2018年の長崎だった。長崎の街を迷っていた瞳美は、南ヶ丘高校の生徒に偶然出会い、当時の祖母の実家に行くことができた。 今回は「色づく世界の明日から」第1話『キミノイクベキトコロ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

色づく世界の明日から(第13話『色づく世界の明日から』)のあらすじと感想・考察まとめ

時間魔法の儀式の準備が整い、魔法写真美術部は1人1人瞳美にお別れの挨拶をした。最後に葵の順番になり、葵は自分の想いを告げることなく瞳美を未来へ送り出そうとする。その時、琥珀の時間魔法とは違う魔法が発動し、葵と瞳美は2人だけの空間に閉じ込められ、お互いの想いを告げた。すると、瞳美が見る景色に色が戻り、瞳美は無事に未来への帰還を果たした。 今回は「色づく世界の明日から」第13話『色づく世界の明日から』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

色づく世界の明日から(第6話『金色のサカナ』)のあらすじと感想・考察まとめ

瞳美は初めて作った星砂を葵にプレゼントとして贈り、葵が星砂を使ってみたところ、金色の魚が飛び出して周りを泳ぎ始めた。それは葵が小学生の時に賞を受賞した絵に描いた魚だったのだ。なぜ金色の魚が現れたのかが分からない中、瞳美と葵はグラバー園での撮影会に行くことになる。そこで瞳美は無意識に魔法を使ってしまい、葵の絵の中に入ってしまった。 今回は「色づく世界の明日から」第6話『金色のサカナ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

色づく世界の明日から(第10話『モノクロのクレヨン』)のあらすじと感想・考察まとめ

あさぎは将に告白された瞳美を避けてしまっていたが、瞳美が勇気を出して話しかけたことで仲直りをする。一方、魔法写真美術部は文化祭に向けてイベントの準備を進めており、琥珀は魔法で人を絵の中に送り込む企画を提案した。試しに、瞳美と琥珀は協力して葵が描いた絵の中に部員たちを送り込んだ。その絵の中で、葵は瞳美の辛い過去の光景を見てしまう。 今回は「色づく世界の明日から」第10話『モノクロのクレヨン』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

色づく世界の明日から(第2話『魔法なんて大キライ』)のあらすじと感想・考察まとめ

瞳美は失くしてしまったアズライトを見つけたが、元の時代に帰る方法はまだ分からず、高校生の祖母・琥珀が留学先から帰国するまで待つことになった。その間、琥珀の両親の提案で瞳美は地元の高校に通うことになる。戸惑いながら高校に初登校した瞳美が出会ったのは、2018年に来た時に迷い込んでしまった家の少年・葵だった。 今回は「色づく世界の明日から」第2話『魔法なんて大キライ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Angel Beats!(エンジェル ビーツ)の名言・名セリフまとめ

「Angel Beats!」は、P.A.WORKS制作によるテレビアニメ作品。 主人公「音無結弦」が目覚めると、そこは死後の世界だった。そこで出会った「仲村ゆり」に理不尽な人生を強いた神への復讐を目的とする「死んだ世界戦線」へと誘われる。音無は戦線の一員として、「天使」と呼ばれる少女と戦いを繰り広げる日々が始まる。 青春コメディ要素もありながら、人生に言及する重みのある名言を多く残す。

Read Article

目次 - Contents