色づく世界の明日から(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

Og

『色づく世界の明日から』とは、P.A.WORKS制作のオリジナルアニメである。
2078年の長崎県に住む少女・月白瞳美は、魔法使いの家系でありながら魔法を嫌悪しており、幼い時に色が視えなくなったことで、他人に心を閉ざしていた。ある日、祖母の琥珀の魔法によって、突然60年前の2018年に送られ、月白家に居候しながら同い年の祖母と共に高校生活を過ごすことになる。
心を閉ざした魔法少女が仲間たちとの交流で変わっていく学園青春ファンタジー作品。

『色づく世界の明日から』の概要

『色づく世界の明日から』とは、『Charlotte』『花咲くいろは』などを制作した「P.A.WORKS」のオリジナルアニメである。2018年10月より放送されており、監督は『黒執事』『RDG レッドデータガール』で有名な篠原俊哉で、シリーズ構成は『はたらく細胞』『ちはやふる2』を手掛けた柿原優子。
「P.A.WORKS」は少女たちが中心となる物語のオリジナルアニメを多く手掛けており、美しい作画がアニメファンの間では好評で、『色づく世界の明日から』も、PV映像が公開された時からストーリーと映像美に対する期待の声が高まっていた。

女子高生・月白瞳美は、魔法が当たり前に存在する西暦2078年の長崎県に住んでいた。瞳美は幼い時に色が視えなくなり、他人と同じ景色を共有できないことから心を閉ざした。また、瞳美は魔法使いの血を引いていたが、魔法を嫌悪していた。
そんなある日、瞳美は魔法使いである祖母・琥珀にかけられた時を遡る魔法によって、西暦2018年の世界に送られてしまう。祖母から「高校生の時の私に会いなさい。」とだけしか伝えられていない瞳美は、苦労しながら当時の月白家に辿り着き、居候することになる。元の時代に帰る方法が分からないため、瞳美は高校に通って学園生活を送り、同年代の友だちに囲まれる中で次第に心を開いていく。
独特の世界観の中で等身大の高校生たちの心の成長を描く学園青春ファンタジー作品。

『色づく世界の明日から』のあらすじ・ストーリー/感想・考察

第1話『キミノイクベキトコロ』

幼い頃に色が見えなくなってしまった高校2年生の少女・月白瞳美は、魔法使いである祖母・琥珀から突然「高校2年生の私に会いに行きなさい」と言われ、時を遡る魔法をかけられた。辿り着いたのは瞳美が生きていた時代より60年前の西暦2018年の長崎だった。瞳美が2018年の世界に着いた時、何故か彼女は高校3年生の青年・葵唯翔の部屋で目を覚ます。瞳美は家の人に見つからないように何とか脱出したが、その姿を葵と同じ部活に所属する生徒に見られてしまい、更に月白家に代々伝わる石・アズライトをつけたペンダントを葵の部屋に落としてしまっていた。当時の月白家に辿り着き居候をすることになった瞳美は、アズライトを探しに葵の元へと行くが、そこで思いもかけない物を目にしてしまう。

renote.jp

第2話『魔法なんて大キライ』

無事にアズライトを葵から返してもらった瞳美は、琥珀が帰るのを待つ間、南ヶ丘高校に通うことになった。気が進まない瞳美が高校に編入してみると、そこには葵を始めとした写真美術部のメンバーも通っていたことが分かった。葵以外のメンバーは相変わらず瞳美のことを葵の彼女だと思っており、魔法のせいで瞳美が葵の家に迷い込んだと何度説明しても信じて貰えない。
そこで葵は、瞳美がみんなの前で魔法を使い、疑いを晴らすことを提案する。瞳美は葵の信用を得ることが出来たら、また絵を見せてもらえるかもしれないと考えて、自分が嫌いな魔法を使ってみせた。疑いは晴れ、瞳美と写真美術部の心の距離は縮まり始める。

renote.jp

『色づく世界の明日から』の登場人物・キャラクター

主要人物

月白瞳美(つきしろ ひとみ)

%e6%9c%88%e7%99%bd%e7%9e%b3%e7%be%8e

CV:石原夏織
西暦2078年に生きる高校2年生の少女。幼い頃に色を見ることが出来なくなり、周りの人と同じ光景を共有することが出来ないため、他人に心を閉ざすようになった。魔法使いの家系で本人にも大きな魔法の力があるが、何故か魔法を嫌悪している。
祖母である琥珀から突然「高校2年生の私に会いに行きなさい。」と言われて時間を遡る魔法をかけられ、2018年の長崎にタイムスリップしてしまう。慣れない世界で何とか当時の月白家に辿り着き、元の時代に帰るまで居候しながら高校に通うことになった。
常に左耳に2078年の通信機器のデバイスであるイヤリングをつけている。また、イヤリングには月白家に代々伝わる青い石・アズライトをつけており、大切にしている。

月白琥珀(つきしろ こはく)

%e6%9c%88%e7%99%bd%e7%90%a5%e7%8f%80

2078年の琥珀。

%e6%9c%88%e7%99%bd%e7%90%a5%e7%8f%80 %e3%81%9d%e3%81%ae2

2018年の琥珀。

CV:本渡楓(2018年)、島本須美(2078年)
瞳美の祖母であり、大きな魔法を使うことが出来る大魔法使いでもある。瞳美を2078年から2018年にタイムスリップさせた張本人。
瞳美が2018年に来た時には、イギリスに魔法を学ぶために留学しており、長崎には不在だった。

写真美術部

葵唯翔(あおい ゆいと)

%e8%91%b5%e5%94%af%e7%bf%94

CV:千葉翔也
南ヶ丘高校3年生の男子高校生。母子家庭で育った。写真美術部のメンバーの中で、唯一絵を描いている部員。
2018年に瞳美が葵の部屋で目覚めて2階から逃げ出したところを複数人に目撃され、瞳美と恋仲だと誤解されている。そのため、葵の部屋に落ちていたアズライトを探し来た瞳美のことを、当初は不審人物ではないかと疑っていた。
葵が描いた絵だけは何故か瞳美にも色が見える。

風野あさぎ(かざの あさぎ)

%e9%a2%a8%e9%87%8e%e3%81%82%e3%81%95%e3%81%8e
sakurasnowdrop
sakurasnowdrop
@sakurasnowdrop

Related Articles関連記事

Charlotte(シャーロット)のネタバレ解説まとめ

「Angel Beats!」に続く、Keyにより制作されたオリジナルアニメ作品。 主人公「乙坂 有宇」の成長と人間模様に焦点があてられており、思春期の真っただ中にいる「完全ではない特殊能力」を持つ仲間とともに、彼らの前に立ちふさがる残酷な運命に対して抗っていく物語である。 2015年に全13話が放送され、翌年にOVAがリリースされた。

Read Article

有頂天家族2(The Eccentric Family 2)のネタバレ解説まとめ

「有頂天家族2」とは、「森見登美彦」による小説作品「有頂天家族」シリーズ2作目をアニメ化した作品。2007年に小説「有頂天家族」が発売、2013年に第一期がアニメ化。2015年に小説「有頂天家族 二代目の帰朝」が発売、2017年に「有頂天家族2」としてアニメ化。主人公で狸の「下鴨矢三郎」は、天狗の息子「二代目」と出会う。二代目はヒロイン「弁天」と険悪な仲になり、矢三郎たち狸も巻き込まれていく。

Read Article

有頂天家族(The Eccentric Family)のネタバレ解説まとめ

2013年に放映されたアニメ。 原作は『四畳半神話大系』、『夜は短し歩けよ乙女』の森見登美彦。3部作となる予定の「たぬきシリーズ」である。キャラクターデザインは『さよなら絶望先生』の久米田康治。 2013年には漫画化、2014年には舞台化された。 豪華なキャストと丁寧な描写で根強いファンがついており、2017年4月9日より第2期である『有頂天家族2』が放送開始する。

Read Article

ヨルムンガンド(Jormungand)のネタバレ解説まとめ

ヨルムンガンド(Jormungand)とは、日本の漫画家・高橋慶太郎の作品。2006年5月に『月刊サンデージェネックス』(小学館)で連載が開始され、2012年2月に最終話を迎える。戦争で両親を殺されたヨナは、武器を売る武器商人を憎んでいた。しかしヨナは、ある事情から武器商人ココ・ヘクマティアルの部下として働くことになる。ココと彼女の仲間たちと共に世界を旅する物語が幕を開ける。

Read Article

SHIROBAKO(シロバコ)のネタバレ解説まとめ

2014年10月~2015年3月に放映された日本のオリジナルテレビアニメーション作品。P.A.WORKS制作、監督は水島努。同じ高校のアニメーション同好会でアニメを作っていた、あおい、絵麻、しずか、美沙、みどりが、いつか共にアニメを作るという夢を抱えながら、それぞれの道で懸命に奮闘するアニメーション業界の日常を描いた群像劇である。全24話。

Read Article

花咲くいろは(花いろ、Hanasaku Iroha)のネタバレ解説まとめ

『花咲くいろは』とは、P.A.WORKS制作による日本のオリジナルテレビアニメ作品、および、これを原作としたメディアミックス作品。舞台は石川県湯乃鷺温泉街。祖母が経営する温泉旅館「喜翆荘」に住み込みの仲居として働くことになった松前緒花が個性的な従業員に囲まれながらも、様々な経験を通して成長をしていく。

Read Article

supercell(スーパーセル)の徹底解説まとめ

supercell(スーパーセル)は、コンポーザーの“ryo”を中心にイラストレーターやデザイナーが集ったクリエイター集団。 当初メンバーにボーカルはおらず、ボーカロイド「初音ミク」を用いてのリリースを行う。 2007年に代表曲、「メルト」を発表、以後も5曲連続ミリオン再生達成という金字塔を打ち立て、初音ミク、ニコニコ動画の爆発的流行を作った。

Read Article

Angel Beats!(エンジェル ビーツ)のネタバレ解説まとめ

Key所属のシナリオライター「麻枝准」が原作・脚本を手掛けた作品。 2010年にTBS系で放送された、全13話のアニメオリジナル作品である。 死後の世界の学園を舞台とし、「人生」をテーマとした青春アニメ。 テストや球技大会などの日常的な学園生活、銃火器や刀剣を用いた戦いを描く非日常な生活、登場人物の送った生前の理不尽な人生、この3つを柱にストーリーが展開されていく。

Read Article

NEW

色づく世界の明日から(第2話『魔法なんて大キライ』)のあらすじと感想・考察まとめ

瞳美は失くしてしまったアズライトを見つけたが、元の時代に帰る方法はまだ分からず、高校生の祖母・琥珀が留学先から帰国するまで待つことになった。その間、琥珀の両親の提案で瞳美は地元の高校に通うことになる。戸惑いながら高校に初登校した瞳美が出会ったのは、2018年に来た時に迷い込んでしまった家の少年・葵だった。 今回は「色づく世界の明日から」第2話『魔法なんて大キライ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

NEW

色づく世界の明日から(第1話『キミノイクベキトコロ』)のあらすじと感想・考察まとめ

幼い頃に色覚を失ってしまった高校2年生の少女・月白瞳美は、魔法使いである祖母から「高校2年生の私に会いに行きなさい。」と突然伝えられ、時を遡る魔法をかけられる。瞳美が辿り着いたのは、瞳美が生きていた時代から60年前に当たる西暦2018年の長崎だった。長崎の街を迷っていた瞳美は、南ヶ丘高校の生徒に偶然出会い、当時の祖母の実家に行くことができた。 今回は「色づく世界の明日から」第1話『キミノイクベキトコロ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Angel Beats!(エンジェル ビーツ)の名言・名セリフまとめ

「Angel Beats!」は、P.A.WORKS制作によるテレビアニメ作品。 主人公「音無結弦」が目覚めると、そこは死後の世界だった。そこで出会った「仲村ゆり」に理不尽な人生を強いた神への復讐を目的とする「死んだ世界戦線」へと誘われる。音無は戦線の一員として、「天使」と呼ばれる少女と戦いを繰り広げる日々が始まる。 青春コメディ要素もありながら、人生に言及する重みのある名言を多く残す。

Read Article

目次 - Contents