ゴブリンスレイヤー(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

001

『ゴブリンスレイヤー』とは、ライトノベル『ゴブリンスレイヤー』を原作としたメディアミックス作品である。
冒険者になったばかりの女神官が初めての冒険で危機に陥った時に出会ったのは、ゴブリン退治のみを専門に行う変わり者の冒険者・ゴブリンスレイヤーだった。ゴブリンスレイヤーと女神官、その後出会った妖精弓手、蜥蜴僧侶、槍使いと共に、ゴブリン退治が絡む冒険に挑んでいく。
ゴブリンに強い恨みを持つゴブリンスレイヤーと彼の仲間である冒険者たちの物語を、厳しい冒険者の現実と共に描き出したダークファンタジー。

魔法

呪文・奇跡

神から授かる力が奇跡で、奇跡を起こすために唱える力ある言葉が呪文。
呪文を唱えて神々や精霊、祖先に呼びかけ、超常現象や物理法則を超える現象を起こしてもらう。授かる力や1日に使用できる回数は自分で決めることが出来ず、神様任せである。

『ゴブリンスレイヤー』の裏話・トリビア・小ネタ

『ゴブリンスレイヤー』は元々「第27回富士見ファンタジア大賞」のために書かれた小説で、途中で落選した。

ゴブリンスレイヤーは元々Webで公開されていた作品だが、作者である蝸牛くもが小説版を書き直して、「第27回富士見ファンタジア大賞」に応募した。しかし三次選考で落選してしまう。
その後執筆した『天下一蹴 氏真無用剣』を「第7回GA文庫大賞(後期)」に応募したところ、最終選考で落選したが、後に書籍化される。そして過去作である『ゴブリンスレイヤー』がGA文庫編集者の目に留まり、小説として刊行された。

登場人物たちが役職名のみで固有の名前を持たないのは、舞台がTRPGの世界という設定だから。

蝸牛くもは『ゴブリンスレイヤー』を執筆する際に、『ソーサリー』や『ダンジョンズ&ドラゴンズ』、『異界戦記カオスフレア』などのTPRGの影響を多大に受けた世界観を設定した。そのため、キャラクター名はゲームと同じように読者が好きに決めて読み進めれば良いと考え、固有の登場人物名を与えないという小説としては前代未聞の設定を取り入れた。

2018年に行われた「第207回青少年委員会」で「青少年に悪影響を与える作品ではないか」と議論されたアニメである。

放送倫理・番組向上機構(略称「BPO」)に『ゴブリンスレイヤー』が「青少年に悪影響を与えるのではないか」という意見が寄せられ、2018年に「第207回青少年委員会」で議論が行われた。
公開された青少年委員会の議事録には、「モンスターを退治するために冒険するというストーリーの深夜のアニメ番組で、少女がモンスターの集団に襲われるシーンについて「女性に対する性的暴力の描写があり非常に不愉快だ。青少年に悪影響を与える」「女性蔑視の内容を公共の電波で流すのは青少年の教育上いかがなものか」などの意見が寄せられました(「第207回議事概要より引用)」と書かれている。
はっきりとした作品名は公表されていないが、『モンスターを退治するために冒険するというストーリーの深夜のアニメ番組』『少女がモンスターの集団に襲われるシーン』などの文言から、生々しい凌辱シーンが含まれる作品である『ゴブリンスレイヤー』のことではないかとアニメファンの間では話題になった。これらの意見に対して青少年委員会からの返答は、「性的暴行や残忍な行為を想像させるようなシーンはあったが、表現上の配慮はなされていた」「深夜の時間帯ということを考えると許容範囲だと思う」(BPO公式ホームページより引用)という文言が公開された。
『ゴブリンスレイヤー』のファンの間からは、放送がギリギリセーフだと見なされたことで安堵した人も多い。

アニメが放送された2018年秋には1クールでゴブリンが出てくるアニメが3作品あることで話題になった。

『ゴブリンスレイヤー』のアニメ放送が開始された2018年10月には、ゴブリンが登場するアニメで同時期に放送が開始されたアニメが他にも2作品あった。それは、『ソードアート・オンライン アリシゼーション』と『転生したらスライムだった件』だ。
さらに『ゴブリンスレイヤー』はTOKYO MXとサンテレビ、BS11の土曜25:30~、『ソードアート・オンライン アリシゼーション』はTOKYO MXとBS11、とちぎテレビ、群馬テレビの土曜24:00~と近い時間帯で放送しており、連続してゴブリンが出てくるアニメを視聴する人も多い。
そのため「空前のゴブリンブーム。」「最近ゴブリンが流行っているのか?」など、アニメ視聴者の間では話題になった。

『ゴブリンスレイヤー』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

「善良なゴブリンは、探せば居るかもしれん。だが、人前に出てこないゴブリンだけが良いゴブリンだ。」(第1話)

13

ゴブリンの子どもたちを皆殺しにしようとするゴブリンスレイヤーを見て、女神官は「殺すんですか…?」「善良なゴブリンが居たとしても!?」と思わず彼に問いかけた。それに対してゴブリンスレイヤーが女神官の方を振り向くこともなく、冷たく返した言葉。
少年時代に故郷の村をゴブリンに襲われ、家族が目の前で凌辱された挙句に殺されたゴブリンスレイヤーが持つゴブリンへの強い恨みが表されている。物語のこの時点ではゴブリンスレイヤーの過去は明らかにされていないが、彼が他の冒険者たちのように人助けや名誉、冒険を求める心を満たすためにゴブリン退治をしている訳ではないようだということを視聴者に感じさせる意味深な言葉である。

『俺は奴らにとってのゴブリンだ』(第2話)

13

ゴブリンは生きる為に村を襲って虐殺と略奪を繰り返し、種族を繁栄させるために婦女子を凌辱する。その習性は人間にとっては許し難い物だが、ゴブリンたちにとっては生きるために当然のことだ。そんなゴブリンたちの根城を探し出して1匹残らず無慈悲に殺戮するゴブリンスレイヤーの姿は、復讐という違う目的を持つとは言え、村を襲うゴブリンとやっていることは変わらない。立場が人間とゴブリンで入れ替わってしまっただけだ。ゴブリンへ復讐を遂げるために、自分もゴブリンのようになってしまったゴブリンスレイヤーが、自分を冷静に見つめ直して皮肉を込めて揶揄している言葉だ。ゴブリンスレイヤーは淡々とした口調で言っているが、復讐のために捧げた自分の人生を捧げた悲惨さが感じられる。

『想像力は武器だ。それがない奴から死ぬ。』(第2話)

14

人を襲うゴブリンとは言え、ゴブリンスレイヤーがしていることは命を奪う行為に他ならない。しかしゴブリンスレイヤーはそのことを歯牙にかけることなく、あくまで黙々とゴブリンを殺戮する。そのことを女神官が指摘した時に、ゴブリンスレイヤーが返した言葉だ。ゴブリンスレイヤーは人々を襲う可能性があるなら子どものゴブリンだろうが殺すし、そのためなら手段は選ばない。そうしなければ将来、他の誰かが生き残ったゴブリンたちに殺害されたり凌辱されたりするかもしれないし、生き残って戦い方を学習したゴブリンに冒険者たちが殺されるかもしれないし、その冒険者たちの中にゴブリンを見逃した自分も含まれるかもしれない。そこまで考えた上で、ゴブリンスレイヤーはゴブリンを皆殺しており、そういう想像力がなく中途半端な慈悲をかける冒険者は、悪戯に死ぬだけだという意味が込められた言葉である。また、ゴブリン相手に決して慈悲を与えない冷淡さは、彼が持つゴブリンへの憎しみの強さが表されている。

『地母神様なぜこの奇跡を私に…』(第2話)

15
sakurasnowdrop
sakurasnowdrop
@sakurasnowdrop

Related Articles関連記事

ヨルムンガンド(Jormungand)のネタバレ解説まとめ

ヨルムンガンド(Jormungand)とは、日本の漫画家・高橋慶太郎の作品。2006年5月に『月刊サンデージェネックス』(小学館)で連載が開始され、2012年2月に最終話を迎える。戦争で両親を殺されたヨナは、武器を売る武器商人を憎んでいた。しかしヨナは、ある事情から武器商人ココ・ヘクマティアルの部下として働くことになる。ココと彼女の仲間たちと共に世界を旅する物語が幕を開ける。

Read Article

刀語(Katanagatari)のネタバレ解説まとめ

『刀語』とは、西尾維新のライトノベル作品である。全12話で、作者初の時代小説となる。2010年1月から12月にかけてテレビでアニメ化されている。「刀を使わない剣士」の鑢七花は、「奇策士」を名乗る女・とがめに誘われ、「完成形変体刀」とよばれる刀を集める旅に出ることとなる。人を知らぬ男と心を無くした女の物語が始まる。

Read Article

ご注文はうさぎですか?(ごちうさ)のネタバレ解説まとめ

日本の漫画家Kioによって書かれた四コマ漫画「ご注文はうさぎですか?」を原作としたアニメ作品で、アニメ株式会社WHITE FOXによって制作された。この作品は主人公保登心愛などラビットハウスで働く少女たちとその周りの登場人物の日常を描いた作品である。1期が2014年の4月から6月まで、2期が2015年の10月から12月まで放送された。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第8話『囁きと祈りと詠唱』)のあらすじと感想・考察まとめ

瀕死の重傷を負ったゴブリンスレイヤーだったが、治療の甲斐あって一命を取り留めることが出来た。回復したばかりの女神官とゴブリンスレイヤーは、街に出て破損した武器を修理に出した後、穏やかな1日を過していた。その後、水路の探索を続けていた仲間たちから行く先を邪魔する怪物の存在を聞き、ゴブリンスレイヤーはある作戦に出る。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第8話『囁きと祈りと詠唱』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第1話『ある冒険者たちの結末』)のあらすじと感想・考察まとめ

冒険者を志す女神官の少女は、初めての任務であるゴブリン退治で危機的状況に追い込まれる。仲間が次々と倒される中で出会ったのは、ゴブリン退治の任務のみを引き受ける変わり者の冒険者・ゴブリンスレイヤーだった。彼に助けられた女神官は、ゴブリンスレイヤーと共にゴブリン退治を行うことにする。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第1話『ある冒険者たちの結末』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第5話『冒険と日常と』)のあらすじと感想・考察まとめ

無事にゴブリン退治を終え、辺境の街に戻ったゴブリンスレイヤーたち。ゴブリンスレイヤーは傷を癒し、女神官は冒険者の等級を決める昇級試験に合格した。冒険者ギルドで束の間の平和な日常を送っていると、ゴブリンスレイヤーを名指しした依頼の手紙がギルドに届く。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第5話『冒険と日常と』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

NEW

ゴブリンスレイヤー(第9話『往きて、還りし』)のあらすじと感想・考察まとめ

地下の遺跡の奥にあったのは、失われた古代の技術である「転移の鏡」だった。ゴブリンはこの鏡を使って水の街の水路に現れていたのだ。鏡を守ろうとするゴブリンとの戦いに勝利したゴブリンスレイヤーたちは、水の街に隠された真相に気がつく。それは、剣の乙女の過去と恐怖についての秘密が関わっていた。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第9話『往きて、還りし』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第2話『小鬼を殺すもの』)のあらすじと感想・考察まとめ

女神官がゴブリンスレイヤーと共にゴブリンを退治し始めて、1カ月が経過した。ゴブリンスレイヤーは相変わらず淡々とゴブリンを殺し、女神官は彼のやり方に疑問を感じていた。しかし、ゴブリンスレイヤーの過去とゴブリンへ抱く憎しみを知り、彼の信念と悩みを理解していく。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第2話『小鬼を殺すもの』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第6話『水の街の小鬼殺し』)のあらすじと感想・考察まとめ

水の街からのゴブリン退治の依頼を受け、ゴブリンスレイヤーと女神官、妖精弓手、鉱人道士、蜥蜴僧侶は水の街へ向かう。ゴブリンスレイヤーは仲間から火や水、毒を使った攻撃を禁止されたが、地下水路で出会ったゴブリンたちを見事退治していく。しかし、ゴブリンたちの組織だった攻撃には不審な点がたくさんあった。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第6話『水の街の小鬼殺し』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第3話『思いがけない来客』)のあらすじと感想・考察まとめ

ゴブリンスレイヤーと女神官が冒険者ギルドに戻ると、エルフの土地での活動が活発になっているゴブリン退治の依頼が来ていた。依頼に来た3人の冒険者であるエルフの妖精弓手、ドワーフの鉱人道士、リザードマンの蜥蜴僧侶と共に、一行はゴブリン退治へ向かう。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第3話『思いがけない来客』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第7話『死へ進め』)のあらすじと感想・考察まとめ

無事にゴブリン退治を終えて水路から戻ったゴブリンスレイヤーたちは、水の街の奇妙な状況に気づく。また、剣の乙女と話した女神官は、剣の乙女が何か隠していることがあるのではないかと考えた。そんな中、探索のために再び水路に潜ったゴブリンスレイヤーたちは、ゴブリンの罠にはまって危機的状況に陥ってしまう。何とかゴブリンの襲撃を切り抜けたが、ゴブリンスレイヤーが負傷で意識を失くしてしまった。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第7話『死へ進め』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第4話『強き者ども』)のあらすじと感想・考察まとめ

遺跡に住み着いたゴブリンの巣穴に潜り込んだゴブリンスレイヤーたちは、仲間としての結束を固くしていた。しかし彼らは、ゴブリンたちを使役していた上位種のオーガに遭遇してしまう。巨大な力を持つオーガの前でなす術もない仲間たちを庇うようにして、ゴブリンスレイヤーがオーガの前へ進み出た。そこで彼は、あるアイテムを発動させる。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第4話『強き者ども』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents