ゴブリンスレイヤー(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

001

『ゴブリンスレイヤー』とは、ライトノベル『ゴブリンスレイヤー』を原作としたメディアミックス作品である。
冒険者になったばかりの女神官が初めての冒険で危機に陥った時に出会ったのは、ゴブリン退治のみを専門に行う変わり者の冒険者・ゴブリンスレイヤーだった。ゴブリンスレイヤーと女神官、その後出会った妖精弓手、蜥蜴僧侶、槍使いと共に、ゴブリン退治が絡む冒険に挑んでいく。
ゴブリンに強い恨みを持つゴブリンスレイヤーと彼の仲間である冒険者たちの物語を、厳しい冒険者の現実と共に描き出したダークファンタジー。

『ゴブリンスレイヤー』の概要

49ef72b19c9b2addea8db508ca9b00b7 10 e1519014740432

出典: raffanime.com

『ゴブリンスレイヤー』とは、蝸牛くもによるライトノベル、およびそれを原作とするメディアミックス作品であり、「WHITE FOX」がアニメを制作している。
2018年10月から放送されており、監督は『少女終末旅行』『PERSONA5 THE ANIMATION THE DAY BREAKERS 』等の作品を手掛けた尾崎隆晴、シリーズ構成は『神のみぞ知るセカイ』『メイドインアビス』で有名な倉田英之。
原作は『天下一蹴 氏真無用剣』で第7回GA文庫大賞(後期)の最終選考に残った蝸牛くもによるライトノベル・オンライン小説で、1巻目が発売された2016年度に集計された「このライトノベルがすごい!2017」の新作部門で1位、全体で5位を獲得した。また、シリーズの累計発行部数は既に300万部を超えている。略称は『ゴブスレ』。
2017年には『ヤングガンガン』でコミカライズ、『ガンガンONLINE』内の『ガンガンGA』で外伝小説の連載が開始され、人気はますます高まっている。

冒険者を志す女神官の少女は、あるパーティに誘われて、初めての冒険であるゴブリン退治へと赴く。しかし、仲間たちが次々とゴブリンに倒され、女神官も窮地に陥ってしまう。そんな中で現れたのは、ゴブリン退治の任務のみを行う変わり者の冒険者・ゴブリンスレイヤーだった。ゴブリンスレイヤーに救われた女神官は、彼と共にゴブリン退治をすることにした。その後、森人に住み着いたゴブリンを退治してほしいという依頼を受け、妖精弓手、蜥蜴僧侶、鉱人道士を仲間に加えてゴブリン退治の冒険に向かう。
ゴブリンに家族を殺された強い恨みを持つゴブリンスレイヤーと仲間たちとの絆を、決して甘くはない冒険の現実と共に描くダークファンタジー。

『ゴブリンスレイヤー』のあらすじ・ストーリー/感想・考察

第1話『ある冒険者たちの結末』

冒険者を志す女神官は、ある初心者ばかりのパーティに誘われる。彼らのパーティに入った女神官は、初めての冒険としてゴブリン退治に挑む。しかし、群れで襲ってくるゴブリンたちに、仲間たちは次々に殺害、凌辱され、女神官にも魔の手が伸ばされようとしていた。そんな時に全身を甲冑で覆った戦士が現れ、女神官を救い出し、ゴブリンたちを殲滅する。彼はゴブリン退治のみを専門に行うことで有名な変わり者の冒険者・ゴブリンスレイヤーだった。

renote.jp

第2話『小鬼を殺すもの』

女神官とゴブリンスレイヤーがパーティを組んでから1ヶ月が経った。ゴブリンスレイヤーは女神官にゴブリン退治のノウハウを教え、女神官はゴブリンスレイヤーに自分の意見をはっきりと伝える関係になっていた。一方で女神官は地母神から新たな奇跡・プロテクションを授かり、ゴブリンスレイヤーの壮絶な過去を知ったことで、自分がゴブリン退治にどのように向き合うべきかを悩み始める。またゴブリンスレイヤーも彼なりに、銀等級の冒険者らしく振る舞えないことに苦悩を感じていた。
そんな中、ゴブリンスレイヤーを探すエルフとドワーフ、リザードマンが現れる。

renote.jp

第3話『思いがけない来客』

ゴブリンスレイヤーと女神官が任務を終えてギルドに到着すると、新たな依頼が待っていた。今度はエルフの土地の遺跡に巣穴を作ったゴブリン退治を依頼されたのだ。依頼主である銀等級の冒険者たちの妖精弓手、鉱人道士、蜥蜴僧侶と共にゴブリン退治に向かう。最初はお互いのことをよく知らず、反発心を覚えることもあったが、道中で仲間たちの絆が深まる。

renote.jp

第4話『強き者ども』

遺跡に住み着いたゴブリンたちの巣に潜り込んだゴブリンスレイヤーと女神官、妖精弓手、鉱人道士、蜥蜴僧侶たち。しかし彼らが出会ったのは、ゴブリンを従え巨大な身体と力を持つ人食い鬼・オーガだった。思わぬ強敵に苦戦する一行だったが、ゴブリンスレイヤーがあるアイテムを発動させたことで、形勢は逆転する。

renote.jp

第5話『冒険と日常と』

遺跡に住み着いたゴブリン退治の任務を終えたゴブリンスレイヤーは、負傷から3日間の休養を取り、久しぶりに冒険者ギルドへと出向いた。その間、冒険者ギルドでは女神官の黒曜等級への昇級、新米戦士と見習巫女が任務の途中に武器を失くすハプニングに見舞われて、周りの冒険者たちに解決策を相談するなどの小さな変化が起きていた。新米戦士と見習巫女は復帰したばかりのゴブリンスレイヤーにもアドバイスを求め、無事に武器を取り戻して任務を完遂する。一方、ゴブリンスレイヤーは昇級審査の立会人を急遽依頼されることもありながら、のんびりとした日常を送っていた。そんな中、ゴブリンスレイヤーを指名するゴブリン退治の依頼が届いた。

renote.jp

第6話『水の街の小鬼殺し』

水の街を訪れたゴブリンスレイヤーと女神官、妖精弓手、鉱人道士、蜥蜴僧侶。彼らに依頼をお願いしたのは至高神の大司祭である剣の乙女で、地下に巣を作り街で犯罪を起こすゴブリンを退治して欲しいというのが依頼の内容だった。一行が地下に潜ってゴブリンを退治していると、船を操るゴブリンとゴブリンを食べる沼竜が現れる。沼竜の存在を知らずに船を使うゴブリンの様子を見て、ゴブリンの増殖は誰かが意図的に引き起こしたものではないかという疑いをゴブリンスレイヤーは抱く。

renote.jp

『ゴブリンスレイヤー』の登場人物・キャラクター

主要人物

sakurasnowdrop
sakurasnowdrop
@sakurasnowdrop

Related Articles関連記事

ご注文はうさぎですか?(ごちうさ)のネタバレ解説まとめ

日本の漫画家Kioによって書かれた四コマ漫画「ご注文はうさぎですか?」を原作としたアニメ作品で、アニメ株式会社WHITE FOXによって制作された。この作品は主人公保登心愛などラビットハウスで働く少女たちとその周りの登場人物の日常を描いた作品である。1期が2014年の4月から6月まで、2期が2015年の10月から12月まで放送された。

Read Article

ヨルムンガンド(Jormungand)のネタバレ解説まとめ

ヨルムンガンド(Jormungand)とは、日本の漫画家・高橋慶太郎の作品。2006年5月に『月刊サンデージェネックス』(小学館)で連載が開始され、2012年2月に最終話を迎える。戦争で両親を殺されたヨナは、武器を売る武器商人を憎んでいた。しかしヨナは、ある事情から武器商人ココ・ヘクマティアルの部下として働くことになる。ココと彼女の仲間たちと共に世界を旅する物語が幕を開ける。

Read Article

刀語(Katanagatari)のネタバレ解説まとめ

『刀語』とは、西尾維新のライトノベル作品である。全12話で、作者初の時代小説となる。2010年1月から12月にかけてテレビでアニメ化されている。「刀を使わない剣士」の鑢七花は、「奇策士」を名乗る女・とがめに誘われ、「完成形変体刀」とよばれる刀を集める旅に出ることとなる。人を知らぬ男と心を無くした女の物語が始まる。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第3話『思いがけない来客』)のあらすじと感想・考察まとめ

ゴブリンスレイヤーと女神官が冒険者ギルドに戻ると、エルフの土地での活動が活発になっているゴブリン退治の依頼が来ていた。依頼に来た3人の冒険者であるエルフの妖精弓手、ドワーフの鉱人道士、リザードマンの蜥蜴僧侶と共に、一行はゴブリン退治へ向かう。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第3話『思いがけない来客』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第4話『強き者ども』)のあらすじと感想・考察まとめ

遺跡に住み着いたゴブリンの巣穴に潜り込んだゴブリンスレイヤーたちは、仲間としての結束を固くしていた。しかし彼らは、ゴブリンたちを使役していた上位種のオーガに遭遇してしまう。巨大な力を持つオーガの前でなす術もない仲間たちを庇うようにして、ゴブリンスレイヤーがオーガの前へ進み出た。そこで彼は、あるアイテムを発動させる。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第4話『強き者ども』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第1話『ある冒険者たちの結末』)のあらすじと感想・考察まとめ

冒険者を志す女神官の少女は、初めての任務であるゴブリン退治で危機的状況に追い込まれる。仲間が次々と倒される中で出会ったのは、ゴブリン退治の任務のみを引き受ける変わり者の冒険者・ゴブリンスレイヤーだった。彼に助けられた女神官は、ゴブリンスレイヤーと共にゴブリン退治を行うことにする。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第1話『ある冒険者たちの結末』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第5話『冒険と日常と』)のあらすじと感想・考察まとめ

無事にゴブリン退治を終え、辺境の街に戻ったゴブリンスレイヤーたち。ゴブリンスレイヤーは傷を癒し、女神官は冒険者の等級を決める昇級試験に合格した。冒険者ギルドで束の間の平和な日常を送っていると、ゴブリンスレイヤーを名指しした依頼の手紙がギルドに届く。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第5話『冒険と日常と』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第2話『小鬼を殺すもの』)のあらすじと感想・考察まとめ

女神官がゴブリンスレイヤーと共にゴブリンを退治し始めて、1カ月が経過した。ゴブリンスレイヤーは相変わらず淡々とゴブリンを殺し、女神官は彼のやり方に疑問を感じていた。しかし、ゴブリンスレイヤーの過去とゴブリンへ抱く憎しみを知り、彼の信念と悩みを理解していく。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第2話『小鬼を殺すもの』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第6話『水の街の小鬼殺し』)のあらすじと感想・考察まとめ

水の街からのゴブリン退治の依頼を受け、ゴブリンスレイヤーと女神官、妖精弓手、鉱人道士、蜥蜴僧侶は水の街へ向かう。ゴブリンスレイヤーは仲間から火や水、毒を使った攻撃を禁止されたが、地下水路で出会ったゴブリンたちを見事退治していく。しかし、ゴブリンたちの組織だった攻撃には不審な点がたくさんあった。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第6話『水の街の小鬼殺し』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents