ゴブリンスレイヤー(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

001

『ゴブリンスレイヤー』とは、ライトノベル『ゴブリンスレイヤー』を原作としたメディアミックス作品である。
冒険者になったばかりの女神官が初めての冒険で危機に陥った時に出会ったのは、ゴブリン退治のみを専門に行う変わり者の冒険者・ゴブリンスレイヤーだった。ゴブリンスレイヤーと女神官、その後出会った妖精弓手、蜥蜴僧侶、槍使いと共に、ゴブリン退治が絡む冒険に挑んでいく。
ゴブリンに強い恨みを持つゴブリンスレイヤーと彼の仲間である冒険者たちの物語を、厳しい冒険者の現実と共に描き出したダークファンタジー。

ゴブリンに捕まえられ凌辱されたエルフの少女を見た上に、戦いの疲れが出てしまっていた妖精弓手に、ゴブリンスレイヤーは淡々と「行けるなら来い、無理なら戻れ。それだけだ。」と告げる。当然、戻る気などない妖精弓手はゴブリンスレイヤーに怒りを込めて反抗した。その時に妖精弓手が発した言葉である。
同じエルフへの思いと冒険者である自分へのプライドを、妖精弓手が強く持っていることが分かる場面だ。

『落ち着け、耳長の。敵地で騒ぐもんじゃないわい。小鬼どもは、ドワーフにとっても不倶戴天の仇。同朋を弄んだ報いを、必ず受けさせてやろうぞ。』(第4話)

15

ゴブリンスレイヤーに「無理なら帰れ。」と言われてイライラが募っていた妖精弓手に、鉱人道士がかけた言葉。
エルフとドワーフは種族として仲が悪く、2人も登場直後から頻繁に言い争いをしていた。しかし、妖精弓手が落ち着いて戦闘に参加できるようにと機転を利かせて語りかけており、鉱人道士は妖精弓手のことをきちんと仲間として見ていることが分かる場面だ。

『ドワーフに従うのは癪だけど、正しい意見だわ。ごめんなさい。』(第4話)

16

ゴブリンスレイヤーと言い争いになって冷静でなくなっていた妖精弓手が、鉱人道士に諭されて返した言葉。
普段は鉱人道士との口論が多く仲が悪いのかと周りに思わせる2人だが、妖精弓手は鉱人道士が自分のために諭す言葉をかけてくれたと理解できるほど、本当はお互いのことをきちんと仲間として見ているということが分かる場面だ。加えて、気が強い性格というイメージがある妖精弓手だが、謝るべき時にはきちんと謝る素直さもあるという、妖精弓手の新たな一面が垣間見えるシーンでもある。

『無茶をして勝てるならするが、それで上手くいくなら苦労はしない。』(第4話)

17

オーガとの戦闘で意識を失った後にポーションで回復し戦闘に戻ろうとするゴブリンスレイヤーに、女神官は心配して「無茶は…!」と言いかけた。その時、ゴブリンスレイヤーが女神官の言葉を遮って返した言葉だ。
ゴブリンでなくても、仲間を攻撃するオーガを何がなんでも倒すというゴブリンスレイヤーの強い気持ちが感じられる場面である。

『お前なぞより、ゴブリンの方がよほど手ごわい。』(第4話)

18

ゴブリンスレイヤーがオーガに止めを刺す時にオーガに対して告げた言葉だ。
ゴブリンスレイヤーはゴブリンを退治することしか考えておらず、苦戦を強いられたオーガとの戦いに勝利しても、倒す相手がゴブリンでなければ意味がないと考えていることがよく分かる場面である。

『いつか必ず、冒険させてやるわ。』(第4話)

19

ゴブリンスレイヤーの動機は分からないが、共にゴブリン退治をしたことで、ゴブリンスレイヤーにとっての冒険はゴブリンへの復讐や恨みのような感情から起こす行動なのではないかと、妖精弓手は考えた。妖精弓手にとっての冒険とは、「未知を体験したり、新たな物を発見したりする喜び、高揚感や達成感」がある物で、ゴブリンスレイヤーはあくまで冒険をしていないように見えたのだ。
そのため、遺跡でのゴブリン退治が終わった後に、ゴブリンスレイヤーの冒険と自分の冒険の違いについてゆっくりと考えて、眠っているゴブリンスレイヤーにかけた言葉である。
一時的なゴブリン退治の依頼で行動を共にしていたが、仲間としてゴブリンスレイヤーに自分が思う「本当の冒険」をさせてあげたいという意識が妖精弓手の中に芽生えた瞬間であった。

『それはその…それでも私は助けてもらったんですから、お礼くらいちゃんと言うべきだと思うんです。ありがとうございました。』(第5話)

21

昇級審査で黒曜等級に昇級した女神官が、昇級の報告をする時にゴブリンスレイヤーに言った言葉。女神官は最初こそゴブリンスレイヤーのゴブリン退治の方法に疑問を持って反対意見を言うこともあったが、ゴブリンスレイヤーとの信頼関係ができたことで、初めて会った時に助けて貰えたお礼をやっと言えた。
他の人にお礼をきちんと伝えることができる女神官の素直さと、自分の力だけではなくゴブリンスレイヤーのおかげで昇級することができたという謙虚さを持つ好ましい性格が描写されている場面である。

『離れてろ、危ないから。』(第5話)

22

剣を取り戻しにジャイアントラットの棲家に再び潜り、ジャイアントローチに止めを刺す時に新米戦士が見習巫女に言った言葉。武器を失くした時や周りの冒険者たちに剣を取り戻す方法を相談していた時のヘタレな姿はなく、棍棒を手にジャイアントローチに立ち向かう新米戦士の成長が分かる場面だ。

『悪を裁くことではなく、悪があると気づかせることこそが正義なんだよ。』(第5話)

23
sakurasnowdrop
sakurasnowdrop
@sakurasnowdrop

Related Articles関連記事

ヨルムンガンド(Jormungand)のネタバレ解説まとめ

ヨルムンガンド(Jormungand)とは、日本の漫画家・高橋慶太郎の作品。2006年5月に『月刊サンデージェネックス』(小学館)で連載が開始され、2012年2月に最終話を迎える。戦争で両親を殺されたヨナは、武器を売る武器商人を憎んでいた。しかしヨナは、ある事情から武器商人ココ・ヘクマティアルの部下として働くことになる。ココと彼女の仲間たちと共に世界を旅する物語が幕を開ける。

Read Article

刀語(Katanagatari)のネタバレ解説まとめ

『刀語』とは、西尾維新のライトノベル作品である。全12話で、作者初の時代小説となる。2010年1月から12月にかけてテレビでアニメ化されている。「刀を使わない剣士」の鑢七花は、「奇策士」を名乗る女・とがめに誘われ、「完成形変体刀」とよばれる刀を集める旅に出ることとなる。人を知らぬ男と心を無くした女の物語が始まる。

Read Article

ご注文はうさぎですか?(ごちうさ)のネタバレ解説まとめ

日本の漫画家Kioによって書かれた四コマ漫画「ご注文はうさぎですか?」を原作としたアニメ作品で、アニメ株式会社WHITE FOXによって制作された。この作品は主人公保登心愛などラビットハウスで働く少女たちとその周りの登場人物の日常を描いた作品である。1期が2014年の4月から6月まで、2期が2015年の10月から12月まで放送された。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第8話『囁きと祈りと詠唱』)のあらすじと感想・考察まとめ

瀕死の重傷を負ったゴブリンスレイヤーだったが、治療の甲斐あって一命を取り留めることが出来た。回復したばかりの女神官とゴブリンスレイヤーは、街に出て破損した武器を修理に出した後、穏やかな1日を過していた。その後、水路の探索を続けていた仲間たちから行く先を邪魔する怪物の存在を聞き、ゴブリンスレイヤーはある作戦に出る。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第8話『囁きと祈りと詠唱』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第1話『ある冒険者たちの結末』)のあらすじと感想・考察まとめ

冒険者を志す女神官の少女は、初めての任務であるゴブリン退治で危機的状況に追い込まれる。仲間が次々と倒される中で出会ったのは、ゴブリン退治の任務のみを引き受ける変わり者の冒険者・ゴブリンスレイヤーだった。彼に助けられた女神官は、ゴブリンスレイヤーと共にゴブリン退治を行うことにする。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第1話『ある冒険者たちの結末』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第5話『冒険と日常と』)のあらすじと感想・考察まとめ

無事にゴブリン退治を終え、辺境の街に戻ったゴブリンスレイヤーたち。ゴブリンスレイヤーは傷を癒し、女神官は冒険者の等級を決める昇級試験に合格した。冒険者ギルドで束の間の平和な日常を送っていると、ゴブリンスレイヤーを名指しした依頼の手紙がギルドに届く。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第5話『冒険と日常と』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

NEW

ゴブリンスレイヤー(第9話『往きて、還りし』)のあらすじと感想・考察まとめ

地下の遺跡の奥にあったのは、失われた古代の技術である「転移の鏡」だった。ゴブリンはこの鏡を使って水の街の水路に現れていたのだ。鏡を守ろうとするゴブリンとの戦いに勝利したゴブリンスレイヤーたちは、水の街に隠された真相に気がつく。それは、剣の乙女の過去と恐怖についての秘密が関わっていた。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第9話『往きて、還りし』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第2話『小鬼を殺すもの』)のあらすじと感想・考察まとめ

女神官がゴブリンスレイヤーと共にゴブリンを退治し始めて、1カ月が経過した。ゴブリンスレイヤーは相変わらず淡々とゴブリンを殺し、女神官は彼のやり方に疑問を感じていた。しかし、ゴブリンスレイヤーの過去とゴブリンへ抱く憎しみを知り、彼の信念と悩みを理解していく。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第2話『小鬼を殺すもの』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第6話『水の街の小鬼殺し』)のあらすじと感想・考察まとめ

水の街からのゴブリン退治の依頼を受け、ゴブリンスレイヤーと女神官、妖精弓手、鉱人道士、蜥蜴僧侶は水の街へ向かう。ゴブリンスレイヤーは仲間から火や水、毒を使った攻撃を禁止されたが、地下水路で出会ったゴブリンたちを見事退治していく。しかし、ゴブリンたちの組織だった攻撃には不審な点がたくさんあった。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第6話『水の街の小鬼殺し』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第3話『思いがけない来客』)のあらすじと感想・考察まとめ

ゴブリンスレイヤーと女神官が冒険者ギルドに戻ると、エルフの土地での活動が活発になっているゴブリン退治の依頼が来ていた。依頼に来た3人の冒険者であるエルフの妖精弓手、ドワーフの鉱人道士、リザードマンの蜥蜴僧侶と共に、一行はゴブリン退治へ向かう。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第3話『思いがけない来客』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第7話『死へ進め』)のあらすじと感想・考察まとめ

無事にゴブリン退治を終えて水路から戻ったゴブリンスレイヤーたちは、水の街の奇妙な状況に気づく。また、剣の乙女と話した女神官は、剣の乙女が何か隠していることがあるのではないかと考えた。そんな中、探索のために再び水路に潜ったゴブリンスレイヤーたちは、ゴブリンの罠にはまって危機的状況に陥ってしまう。何とかゴブリンの襲撃を切り抜けたが、ゴブリンスレイヤーが負傷で意識を失くしてしまった。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第7話『死へ進め』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第4話『強き者ども』)のあらすじと感想・考察まとめ

遺跡に住み着いたゴブリンの巣穴に潜り込んだゴブリンスレイヤーたちは、仲間としての結束を固くしていた。しかし彼らは、ゴブリンたちを使役していた上位種のオーガに遭遇してしまう。巨大な力を持つオーガの前でなす術もない仲間たちを庇うようにして、ゴブリンスレイヤーがオーガの前へ進み出た。そこで彼は、あるアイテムを発動させる。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第4話『強き者ども』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents