LISA RPG(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

『LISA』とは、世界終末(ポストアポカリプス)系ロールプレイングゲームの三部作。
ディンガリング・プロダクションズが開発・販売を行い執筆・ゲームデザイン・作曲はオースティン・ジョーゲンセン。
1部と2・3部とでゲームスタイルや舞台としている世界が異なるが、全作品通してポップな絵柄とは裏腹に陰鬱とした狂気的な世界観は多くの支持を得た。

リサとブラッドの父親。
アルコール中毒者で子供たちを虐待していた。
彼のこういった行動はリサ達の母親が死亡したことによって始まったかのように描写されている。
LISA: the Firstではリサの中のイメージとして何人も出現したり、人間の姿をしていなかったりする。

LISA: the Painfulではブラッドの幻覚や回想で何度も出現する。
老いた姿の本人も登場するが、回想や幻覚で登場するマーティとはまるで別人。
ブラッドとの戦闘になり、ジョイの効果で自分の行動を抑えられなくなったブラッドに殺害される。

ダスティ・アームストロング・"ランドー"

LISA: the Painful、LISA: the Joyfulに登場、ランドー軍のリーダーで物語の舞台オレイサでも大きな力を持つ一人。
本名はダスティ・アームストロング、ブラッドの義理の息子だった。
子供の頃から吃音を持っており、作中では殆ど喋らない。
世界が崩壊する前バッゾーに顔の皮膚を剥がれている。
LISA: the Joyfulではバディの唯一の仲間になるが、物語序盤でバディを襲った男たちが彼の仲間だった事、それを隠していた事からバディに殺される。
戦闘スタイルはコマンド式。
ブラッドの弟子なこともあり、彼と同じ技を使える。

バッゾー

LISA: the Painful、LISA: the Joyfulで登場、作中で幾度となくブラッドに大きな選択を強要する。
ブラッドの選択によっては戦闘することもできるがチートを使う以外に勝つ方法はない。
リサの恋人で彼女を助けようとしていたが、逆に彼女の心の闇に飲まれてしまった。
ジョイの中毒者の一人で、リサが自殺したことを受け入れられずに兄であるブラッドをいたぶる行動を繰り返した。
また彼もブラッドの門下生だったかのような描写がある。

ヤドー

LISA: the Painful、LISA: the Joyfulで登場。
ジョイを作り人類を破滅させた科学者であり、本編でも様々な場面で彼の存在を確認することが出来る。
またバディの父親でもある。
トランペットを使いジョイの化け物を操り、自分の理想の世界を作るためにバッゾーやバディを利用した。
最後は従えていた化け物たちをバディに殺され逃亡するが、バッゾーに剣を投げつけられ崖下に転落死した。

スティッキー

LISA: the Painfulで登場。
ブラッドの幼馴染、ブラッドの幻影としても何度か現れる。
身を案じてとは言え、人類が復活する最後の望みであるバディを半ば監禁状態にしているブラッドをよく思わず、ランドーと接触しバディを受け渡そうとした。
バディに性知識を教えたことでバディに手を出したとブラッドから疑われていたが、実際は知識を教えるだけで彼女には指一本触れてはいなかった。
プレイヤーの選択によっては彼とも戦うことになる。

リック

LISA: the Painfulで登場。
ブラッドの幼馴染の一人。
ブラッドがバディにしていることに疑問を感じた彼は、スティッキーと共に彼女をブラッドの元から引き離した。
世界が破滅する前は結婚していたが、妻は彼に無関心で息子も肌の色からして彼の子供ではなかった。
プレイヤーの選択肢によっては彼を殺すことになる。

テリー・ルーパート・ヒンツ

LISA: the Painfulに登場する仲間キャラクターの一人。
犬に吠えられて木の上に逃げているところをブラッドに助けられ仲間になる。
自称ヒントマスター、次作にも彼と思わしき人物が登場する。
LISA: the Painfulの仲間キャラクターは話しかける、雇うなどの行動をしなければ仲間にならないことが多い中、彼は強制的に仲間になる。
しかしストーリーに深くかかわることもなく、他のキャラクター同様即死攻撃で使用不能になる。

回復スキルを持つキャラクターだが、全体的に能力値が低い。
しかしレベルを上げていくと作中でもトップレベルの攻撃スキルを覚える。

ナーン・シャオ・グァン

LISA: the Painfulに登場する仲間キャラクターの一人。
崖で黄昏ている彼に話しかけると、作中大きな謎である女性が絶滅した日『フラッシュ』について語りだす。
しかし途中で身の上話に変わり、結局謎は謎のまま会話が終わる。
彼のすさまじい長話を聞き終えると、満足したように仲間に加わる。
戦闘では銃を使い、敵の能力を弱体化するなど補助系のスキルも使える。
話しかけるだけで仲間に出来る割に能力は高めなので、序盤では心強いキャラクター。

オラン・ダン・ホイット

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents