ウィザードリィ #5(Wizardry #5)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ #5(Wizardry #5)』とは、1988年アメリカのサーテック社より発売された3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は『災禍の中心(Heart of the Maelstrom)』。「ハック&スラッシュ」の元祖とも言える古典RPGシリーズ第5作。
世界を滅ぼす力を持つという「災禍」。これを制御できる力を持つ魔法使いゲートキーパーは、悪しき魔女ソーンに捕らえられた。冒険者たちは世界を救うためソーンを倒し、ゲートキーパーを救わねばならない。

『ウィザードリィ #5』の概要

『ウィザードリィ #5(Wizardry #5)』とは、1988年アメリカのサーテック社より発売された3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は『災禍の中心(Heart of the Maelstrom)』。
開発担当はゲームのデザイナー兼プログラマーでもあるデイヴィット・W・ブラッドリー (David.W.Bradley) 。
日本語PC版への移植は1990年。1992年にはPCエンジン版(販売:ナグザット 開発:アクセス)。同年スーパーファミコン版も株式会社アスキー(現在は株式会社角川アスキー総合研究所)が販売。
2001年にプレイステーション1、2002年にWindows版の移植が行われており、『ウィザードリィ #4(Wizardry #4)』も同梱された『ニューエイジオブリルガミン』というタイトルで販売している。
これまでのオーソドックスな『ウィザードリィ』シリーズのスタイルを踏襲しながらも、前作まで20×20マスだったフロア枠を大幅に越えた広大な迷宮、NPC(ノンプレイヤーキャラクター)、鍵のかかったドアや隠しドア、新呪文、武器の射程、水泳といった新要素も加わっており、のちの日本産外伝シリーズに採用されたゲームシステムの大半は本作の影響を受けている。またファンタジーRPGベースの世界観としてゲーム自体の評価も高い。ただベルトコンベアやバッテリー等、ファンタジーらしからぬギミックも多数あり、続編以降より顕著となるSF要素は本作でもチラホラ見受けられる。
ブラザーフッド寺院の地下深くに封印されし、世界を滅ぼす力を持つという「災禍」。これを制御できる力を持つ魔法使いゲートキーパーは、新宇宙創造の野望を抱く悪しき魔女ソーンに捕らえられた。冒険者たちはソーンを倒し、ゲートキーパーを救わねばならない。というのが、大まかなストーリーである。

『ウィザードリィ #5』のあらすじ・ストーリー

かつて世界を救ったリルガミンの宝珠

かつて宝珠を持ち帰った冒険者たち

今より数年前、この世界を襲った天変地異。その災いは冒険者たちによって持ち帰られた、偉大なる龍エル・ケブレスの力を秘めし「リルガミンの宝珠」により鎮められた。
(このエピソードは『ウィザードリィ #3(Wizardry #3)リルガミンの遺産』のストーリーである)

世界を破滅へ導く「災いの渦」

災厄の原因を探る賢者

しかしそれから数年後。またもや様々な災いが国を襲い始めた。賢者たちは必死に原因を探る。
そして知った。災いの原因は自然界に存在する4つの力のバランスが壊され、そこに生じた「渦」が、この世界を飲み込もうとしているという事を。

囚われし魔術師ゲートキーパー

囚われのゲートキーパー

この危機を救う事のできる唯一の人物にして、力ある魔術師ゲートキーパー。だが彼は「渦」の中心に囚われてしまっていた。
ゲートキーパーの高弟にして、悪しき魔女ソーンが彼を罠にはめたのだ。

悪しき魔女ソーンの野望

悪しき魔女ソーン

ソーンは「災いの渦」を利用し、今ある世界を破壊し、己の意に沿う新たな宇宙を創造しようと目論んでいた。
誰かがソーンの野望を阻止しなければ、世界は破滅を迎えてしまうだろう。

災禍の中心

冒険者に依頼する賢者イェルダーブ

冒険者たちは賢者イェルダーブから、ブラザーフッド寺院の広大な地下迷宮を探索を依頼される。その奥深くには「災いの渦」が存在している。
地水火風4つの力の均衡を取り戻し、囚われしゲートキーパーを救い出した冒険者たちは、悪しき魔女ソーンを打ち倒す事に成功した。
ゲートキーパーの力により「災いの渦」は封印され、世界に平穏が戻るのだった。

『ウィザードリィ #5』のゲームシステム

リルガミンの街は『ウィザードリィ #2(Wizardry #2)ダイヤモンドの騎士』でも、『ウィザードリィ #3(Wizardry #3)リルガミンの遺産』でも冒険者の拠点として登場している。
本作は『ウィザードリィ #3(Wizardry #3)リルガミンの遺産』から数年後の話であり、冒険者たちはブラザーフッド寺院の地下にできた広大な迷宮に挑み、「災いの渦」の中心を目指す。

リルガミンの施設

リルガミンの街

ギルガメッシュの酒場(Gilgamesh's Tavern)

訓練場に登録したキャラクターの合流や解散ができる。性格が善と悪のキャラクターは同時に選択する事はできないため、混成パーティを組みたい場合は工夫が必要(「キャラクターについて・性格」の項目を参照)。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ウィザードリィ #3(Wizardry #3)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ #3(Wizardry #3)』とは、1983年アメリカのサーテック社より発売された3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は『リルガミンの遺産(Legacy of Llylgamyn)』。 「ハック&スラッシュ」の元祖とも言える古典RPGシリーズ第3作。世界的な天変地異の原因を探るべく、偉大なる龍ル・ケブレスの守る宝珠を持ち帰る事が、冒険者たちに与えられた使命である。

Read Article

ウィザードリィ #1(Wizardry #1)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ #1』(Wizardry #1)とは、1981年アメリカのサーテック社より発売された3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は「狂王の試練場(Proving Grounds of the Mad Overlord)」。6人パーティを組み、地下迷宮を探索し、モンスターを倒して宝箱からアイテムを得て、キャラクターを強化・育成する、いわゆる「ハック&スラッシュ」の元祖とも言える古典RPGシリーズの第一作である。

Read Article

ウィザードリィ #4(Wizardry #4)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ #4(Wizardry #4)』とは、1987年アメリカのサーテック社より発売された3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は『ワードナの逆襲(The Return of Werdna)』。 「ハック&スラッシュ」の元祖とも言える古典RPGシリーズ第4作。第1作で倒された魔術師ワードナが主役となり、魔物を召喚し、冒険者たちを殺戮しつつ地上を目指し、奪われたアミュレット(護符)を取り戻すというストーリーである。

Read Article

ウィザードリィ #2(Wizardry #2)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ #2』(Wizardry #2)とは、1982年アメリカのサーテック社より発売された3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は「ダイヤモンドの騎士」(Knight of Diamonds)。 「ハック&スラッシュ」の元祖とも言える古典RPGシリーズの第二作。「ダバルプスの呪いの穴」に消えた、リルガミンの街を守護する「ニルダの杖」を持ち帰る事が、冒険者たちに与えられた使命である。

Read Article

NEW

ウィザードリィ外伝I(女王の受難)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ外伝I』とは、1991年に発売されたゲームボーイ専用カートリッジで、3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は『女王の受難(SUFFERING OF THE QUEEN)』。日本国産ウィザードリィの記念すべき第一作である。 女王アイラスが即位してから災厄続きのリルガミンの街。宮廷魔術師タイロッサムまでもが裏切り「呪いの穴」に立て籠もった。彼を討伐すべく冒険者たちが召集される、というストーリー。

Read Article

目次 - Contents