LISA RPG(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

『LISA』とは、世界終末(ポストアポカリプス)系ロールプレイングゲームの三部作。
ディンガリング・プロダクションズが開発・販売を行い執筆・ゲームデザイン・作曲はオースティン・ジョーゲンセン。
1部と2・3部とでゲームスタイルや舞台としている世界が異なるが、全作品通してポップな絵柄とは裏腹に陰鬱とした狂気的な世界観は多くの支持を得た。

LISA: the Painfulに登場する仲間キャラクターの一人。
トビーと言う恋人を連れて彼の元に行くことで仲間にすることが出来る。
好きなことはトビーと一緒に過ごすこと。

高い攻撃力を持ち、スキルポイントを使いすさまじいダメージを与えることが出来る。

ディック・リチャード・ディクソン

LISA: the Painfulに登場する仲間キャラクターの一人。
道中何度か遭遇するサルべージョンレンジャーズの一員だが、やる気のない彼は団を脱退し仲間になる。
無気力な男でフラッシュが起こる前は母親のすねをかじって生きていた。
好きなものはEDM。

とても素早く非常に強力なスキルを持つがジョイ中毒者である。

フランク・フライ・ミネッツィ

LISA: the Painfulに登場する仲間キャラクターの一人。
ゴミだらけの島でレースゲームで彼に勝利すると仲間になる。
彼自身ゴミ島の開拓者でもある。
好きなものは英語吹き替え版のアニメ。

非常に高い俊敏性を持ち、ランダムで状態異常を与えるスキルなどが使える。

ガース

LISA: the Painfulに登場する仲間キャラクターの一人。
エロ本画家の彼に必要なだけの漫画を与えることで仲間にすることが出来る。
フラッシュが起こる前はアーティストをしていた。
好きなものは裸体。

補助能力に優れており、通常攻撃に毒属性が付いている。

バリー・"ギース"・トンプソン

LISA: the Painfulに登場する仲間キャラクターの一人。
道中にある彼がいる宿屋に4回泊まると仲間になる。
オレイサでも悪名高いシリアルキラー。
警察が自分と辿り着けるよう殺害現場にヒントを残していたが、彼の下手くそなヒントは警察の捜査をミスリードさせていた。
好きなことは他人からクールに見られること、

行動速度が速く、麻痺などの有用なスキルを持つ。

ハーヴェイ・アリバスター

LISA: the Painfulに登場する仲間キャラクターの一人。
魚人街で裁判を受けるイベントの後に仲間になる。
LISA: the Painfulには魚人が存在するが、彼はただの足の生えた魚。
好きな食べ物は緑色のペースト

すさまじく高い体力と様々な補助能力や、状態異常のスキルを持つ強力なメンバーの一人。

ジャック

LISA: the Painfulに登場する仲間キャラクターの一人。
トランプカードを持って彼に話しかけると仲間になる。
フラッシュ後の世界に育ち、仲間キャラクターの中では最年少。
好きなことは手品をすること。

体力や防御力に不安があるが、強力なダメージを与えるスキルを持つ。

マッドドッグ

LISA: the Painfulに登場する仲間キャラクターの一人。
道中で死体にめり込んでいる棍棒を持って彼の元に行くと仲間にすることが出来る。
なおこの死体には『M.D.Jr』と言うタトゥーが彫られている、つまり彼の息子である。
好きなものは強い人。

強力な攻撃力と敵全体をターゲットにすることが出来るスキルを持つ。

オーリー・オリーヴ・ニッケルズ

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents