東京喰種トーキョーグール:re(Tokyo Ghoul:re)のネタバレ解説まとめ

『東京喰種トーキョーグール:re』とは、石田スイ原作の漫画作品。舞台は東京で、人を食らう化け物「喰種(グール)」の在り方がテーマとなっている。『東京喰種トーキョーグール:re』は『東京喰種トーキョーグール』の続編で、前作ではとある事故から人と喰種と両方の力を併せ持つ金木研が人として、喰種として葛藤しながら戦う姿が描かれた。続編の東京喰種トーキョーグール:reでは、金木の面影を残す捜査官、佐々木琲世に主人公が変更。彼が捜査官として喰種と戦う様を描く。

和修吉時(わしゅう よしとき) CV:咲野俊介

CCGの本局局長であり、総議長である和修常吉の息子。
クインクス計画の総責任者でもある。
親しみやすい性格で柔軟な思考の持ち主。
流島のアオギリの樹殲滅戦にて総指揮をとっていたが、和修家を怪しんでいた丸手に銃撃された際に喰種であることが明らかとなった。
その後、何者の手に寄るかは分からないが、殺害されたことが判明。
赫子らしきものに貫かれていたことから、犯人は喰種及び喰種の力を持った何者かとされている。

和修政(わしゅう まつり) CV:川原慶久

CCG本局局長である和修吉時の息子。
対策Ⅱ課にも所属しており、和修至上主義を唱える人物。
仕事に対する姿勢は非常に厳しく、かつ合理的で基本的に人を見下す態度を取る。
しかし、吉時が殺害されたことに激しいショックを受け心神喪失の状態に。
今までのクールで高圧的なキャラがガラリと代わり繊細で情緒不安定となってしまった。
瓜江に対して特別な好意を抱いており、心の支えにしている様子。

旧多二福(ふるた にむら) CV:岸尾だいすけ

和修常吉の息子。
和修家では分家に属しており、本名は和修旧多宗太。
序盤ではその正体は明かされておらず特等であるキジマのパートナーとして戦いに参加していた。
性格も気弱であまり役に立たない、といった風を演じていたがそれは周囲を騙すための仮面。
本人は非常に飄々としており、非人道的なことも笑顔でやってのけるような残忍性を持ち合わせている。
その行動や性格はピエロじみており、掴みどころのない人物でもある。
行動については謎に満ちていたが、物語が進むとピエロのメンバーと共に和修家の血筋の者を全員殺害。
「和修の王」と名乗りを上げてCCGを牛耳るも、それが目的だったという訳ではなくまだ何か思惑がある様子。

鈴屋什造(すずや じゅうぞう) CV:釘宮理恵

CCGで20区を担当する捜査官。
過去には喰種であるビッグマダムに愛玩ペットとして飼われ、虐待されていたことがある。
そのためか、以前は人としての情緒が欠落していたが、上司の篠原の教えにより人間的な感情を取り戻し、大きく成長を遂げた。
『東京喰種トーキョーグール:re』になってからは、准特等捜査官として登場。
周囲の捜査官をフォローしたり、透にはナイフ捌きを伝授するなど人として成長したと分かるシーンがいくつか見られた。
篠原が自分を守って重傷を負った過去があるからなのか、非常に部下のことも大切にしており部下からの信頼も厚い。
非常に小柄ながら、その身体能力と動体視力は素晴らしくエリート捜査官である有馬の次を担えると期待されるほど。
オークション戦や流島作戦などで大きな戦果を上げ特等捜査官へ昇進した。

平子丈(ひらこ たけ) CV:近藤孝行

CCGの捜査官の1人。
落ち着いた性格をしており、無表情で口数が少ないことから存在感が非常に薄い。
しかし、戦闘能力は非常に高く冷静な戦い方ができる。
有馬に対して忠誠を誓っており、彼の正体と目的を知ってもその気持ちは揺るがなかった。
有馬亡き後はCCGを裏切るような形で金木に協力。
最終的には喰種たちと協力し黒山羊の一員となった。

伊東倉元(いとう くらもと) CV:高橋伸也

CCG捜査官の1人。
伊東倉元、という名前の性質上、どちらも苗字のようだと言われる。
戦闘能力は高く、仲間からも頼られている。
明るくムードメーカー的存在であるが、任務の際には冷静で琲世が喰種として認識された際には非常に冷静に対処した。
ナッツクラッカー編から戦闘に参加しており、流島作戦ではミザ相手に奮闘した。

黒磐武臣(くろいわ たけおみ) CV:石谷春貴

CCG捜査官の1人。
黒磐巌の息子で瓜江の同期である。
非常に無骨で実直な性格をしており、捜査官の間では「ブジン」という愛称で呼ばれている。
性格以外に怪力も父親譲りで、喰種に対して素手で戦ったこともある。
小坂依子とは小学校時代の同級生で、パン屋で再会を果たし、後に彼女にプロポーズする。

滝澤政道(たきざわ せいどう) CV:立花慎之介

元CCG捜査官の1人。
嘉納の実験によってヨシムラベースの半喰種化施術を受け、半喰種となった。
名前はオウルで、人間的な秩序などが崩壊し人に対する殺害や捕食などを躊躇なく行うなど、狂気的で残忍な一面を持ち合わせていた。
これは半喰種化したこともそうだが、嘉納によって酷い実験を繰り返されたことによって人格が崩壊したことも手伝っていると思われる。
しかし、戦いの中で自分を取り戻したのか、かつての仲間に出会って覚醒したのか、詳細は不明だが流島作戦の際には比較的理性を保った状態で登場。
流島作戦ではかつての仲間であった法寺や暁を助けようとアオギリの樹を裏切った。
しかし、法寺があくまでも滝澤を喰種として討伐しようとしたため、逆上。
その後、追い詰められとどめを刺されそうになったが暁によって庇われる。
この出来事により暁はCCGにはいられないと判断し、彼女を連れて流島から脱出した。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

東京喰種トーキョーグール(Tokyo Ghoul)のクインケまとめ

東京喰種トーキョーグール(Tokyo Ghoul)で生身の人間である捜査官たちが喰種と対抗するために編み出した武器「クインケ」。喰種には体内に赫包という部位があり、その赫包から赫子という武器を出現して戦うが、クインケはその「赫包」を素材とした武器である。元になった赫包によりクインケはその形状や使用方法などが大きく分かれることとなる。ここでは使用した赫包ごとに、クインケについて紹介していく。

Read Article

東京喰種トーキョーグール(Tokyo Ghoul)のネタバレ解説まとめ

「東京喰種トーキョーグール」とは、石田スイ氏による日本の漫画作品。2014年には「東京喰種トーキョーグール」、2015年には「東京喰種トーキョーグール√A」としてTVアニメも公開されている。この物語は、人間だった主人公「カネキ」が人を喰らう存在「半喰種」となり、葛藤や恐怖に溺れていくダーク・ファンタジーである。

Read Article

《閲覧注意!》身の毛もよだつグロ・恐怖アニメ . ゚Д゚))))))ガクガクブルブル

BPO(放送倫理機構)様の御目がある中でも、ちょくちょくOKをもらって放送されているグロアニメ。原作はもちろん、そのグロさや恐怖さはとんでもないですが、アニメではいろいろ調整もあって別の意味での恐ろしさに変わっているのです。今回はそんな恐怖蔓延のアニメをまとめましたので、ご紹介いたします。※もし気になる方は、ぜひご自身の御目でご確認ください。(ちなみに「まど☆マギ」は入れてませんw違うでしょ)

Read Article

目次 - Contents