とある科学の超電磁砲(レールガン)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『とある科学の超電磁砲』は原作:鎌池和馬、作画:冬川基による漫画作品。
超能力を科学で開発してしまう超科学の町、学園都市で、主人公「御坂美琴」は第三位の能力を誇っていた。0から5まで6段階で計られる能力レベルの中で、最強のレベル5は御坂を含め七人しかいない。最強の電撃使いとして「超電磁砲」の異名を持つ御坂は、学園都市で起こる様々な事件に巻き込まれていく。その最中に生まれた名言も数多い。

『とある科学の超電磁砲』の概要

「とある科学の超電磁砲」は、原作:鎌池和馬、作画:冬川基、キャラクターデザイン:灰村キヨタカによって「月刊コミック電撃大王」に連載の漫画作品。
鎌池和馬のライトノベルシリーズである「とある魔術の禁書目録」のスピンオフ作品であり、正式タイトルは「とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲」となる。略称は「超電磁砲」、「レールガン」など。

「とある魔術の禁書目録」のヒロインの一人である御坂美琴を主人公とするスピンオフ作品であり、物語の時系列は「とある魔術の禁書目録」第一巻の三日前からスタートする。
東京都の西側3分の1の規模、総人口230万人の内8割を学生が占める「学園都市」では、門外不出の絶大な科学技術力で、学生全員に超能力開発実験を行っていた。学生たちは様々な能力を開花させ、0から5までの6段階で能力レベルを計っている。その中でもレベル5の能力を有する学生はたった7人しかおらず、御坂はその七人の内でも第三位という、学園都市有数の人物だった。
電撃を操る御坂は最強の電撃使いとして「超電磁砲(レールガン)」の異名を持ち、学園都市で起こるあらゆる事件をその能力を駆使しながら解決に導いていく。その過程で数々の名言が排出されている。

『とある科学の超電磁砲』の名言・名セリフ

この街の全てを敵に回しても止まる訳にはいかないんだっ!!

本来、努力してレベルを伸ばす超能力だが、聞くだけでレベルが上がる音楽「レベルアッパー」が何者かによって作られ、学園都市でひそかに流行っていた。
レベルアッパーの製作者である木山は研究者であり元教師である。ある日、木山の教え子たちが能力実験の被験体となっていたところ、計算上起こるはずのないエラーが生じてしまい、教え子たちは全員昏睡状態となってしまった。レベルアッパーは、そんな教え子たちを救うために必要な一つの実験だった。
しかしレベルアッパーには副作用があり、使用者はいずれ意識不明の昏睡状態になってしまう。木山もそれは重々承知で、それでもなお教え子たちを救うため強行していたのだった。
そんな木山を止めようと立ち塞がる御坂に、木山が放ったセリフである。
たとえ道を外してでも、どんな手を使っても救いたいという、教え子たちへの強い想いが伝わってくる。

もう一度頑張ってみよ。こんなところでくよくよしてないで、自分で自分に嘘つかないで、もう一度。

努力を必要としないレベルアッパーの使用者は、努力が報われずにレベルが伸び悩んでいる落ちこぼれの生徒が多かった。
その中に、御坂の友人であるレベル0の佐天も含まれていた。
昏睡状態となったレベルアッパー使用者の意識が全て取り込まれ、さながら怪物のごとき具現化を果たした「能力者たちの脳波や力場の集合体」、名付けて「AIMバースト」という化け物と対峙することになった御坂は、AIMバーストに取り込まれた生徒たちの意識を感じ取る。
努力しても結果が出ずに落ちこぼれた人たちの想い、佐天の苦しみなどを感じた御坂が、AIMバーストに向かって交わした言葉である。この言葉に元気づけられた視聴者は数多い。「とある科学の超電磁砲」の中でも有数の名シーン・名セリフと言われている。

あきらめるつもりはない。もう一度やり直すさ。刑務所だろうと、世界の果てだろうと。私の頭脳はここにあるのだから。

御坂によって木山の企みは止められ、木山は逮捕されることとなった。
このセリフは逮捕される直前、御坂に向かって木山が宣言したもの。
一度の失敗程度ですべてが終わったわけではない。転んだら何度でも起き上がって進み続けられる、木山の不屈の精神が見て取れる。
「次も手段を選ぶつもりはない」と直後に付け足しているあたり、逮捕されても全く懲りていない木山だが、それはそれで教え子たちへの強い愛が伝わってくる。

もう無理だってあきらめたら、そこで終わる。自分でも気付かない力がまだあるかもしれないのに。

レベルアッパー事件が解決した後日、佐天などのレベルアッパー使用者を集めて、能力に関する特別補習が行われた。その担当である黄泉川先生が講習中に放ったセリフ。
自分の限界を決めつけて努力をやめてしまった者たちにとって、特に響く言葉である。

しっかりするのよ。自信がないなら取り戻すまで、不安があるなら吹き飛ばすまで。

御坂を「お姉さま」と慕う、寮のルームメイトの黒子は、自他ともに認めるほどに御坂が大好きであり、何度蹴散らされようと過剰なスキンシップをやめようとしないほどである。
しかし黒子も人間であり、時には「御坂は自分のことを嫌っているのでは」と不安に思うこともある。御坂が後輩に対し、黒子への対応より遥かに優しく接している様子を見て、黒子は不安になった。そんな自分を鼓舞する、前向きな黒子らしいセリフである。

思いを貫き通す意思があるなら、結果は後からついてきますわ。

御坂の友人である黒子と初春は、ジャッジメントとよばれる、生徒たちによる自警組織に属していた。
その二人の出会いは、ジャッジメントの研修である。当時、研修に参加していた黒子が、研修に全然ついていけずにいて落ち込む初春に対してかけた言葉。いつ何時でも己の信念を突き通す、黒子らしい鼓舞である。

もう心に決めてますの。 自分の信じた正義は、決して曲げないと。

uroheart7
uroheart7
@uroheart7

Related Articles関連記事

とある魔術の禁書目録(インデックス)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「とある魔術の禁書目録」は、鎌池和馬によって書かれたライトノベル作品。 科学によって超能力を発現する「能力開発」をカリキュラムに組み込んだ、大規模な教育機関「学園都市」。その街に住む高校生「上条当麻」のもとにある日現れたシスター「インデックス」を巡って、上条は魔術の世界に踏み込んでいく。オカルトと科学、相反する二つの世界を描くバトルアクションとして、深いストーリーや名言の評価が高い作品である。

Read Article

とある魔術の禁書目録(第1期)のネタバレ解説・考察まとめ

『とある魔術の禁書目録』とは、鎌池和馬のライトノベル『とある魔術の禁書目録』を原作とする、J.C.STAFF制作によるサイエンス・ファンタジーアニメ作品。第1期は、2008年10月から2009年3月まで放送された。第1期以降、2020年までには、第2期、第3期までが放送されている。『とある科学の超電磁砲』、『とある科学の一方通行』などと合わせて「とある」シリーズと呼ばれており、本作『とある魔術の禁書目録』はその中核的な位置づけの作品である。

Read Article

とある魔術の禁書目録II(第2期)のネタバレ解説・考察まとめ

『とある魔術の禁書目録Ⅱ』とは、鎌池和馬のライトノベル『とある魔術の禁書目録』を原作とするJ.C.STAFF制作によるサイエンス・ファンタジーアニメ作品の第2期目の作品である。ライトノベルの売れ行きもよく第1期のアニメも好評であったことから、第1期放送の翌年の2010年10月から2011年4月まで全24話がAT-Xほかにて放送された。前作に引き続き、上条当麻を禁書目録(インデックス)中心に科学サイドと魔術サイドとの関係性を描いている。

Read Article

とある魔術の禁書目録III(第3期)のネタバレ解説・考察まとめ

『とある魔術の禁書目録III』とは、鎌池和馬のライトノベル『とある魔術の禁書目録』を原作とするJ.C.STAFF制作によるサイエンス・ファンタジーアニメの第3期目の作品である。ライトノベルの売れ行きもよく第1期及び第2期のアニメも好評であったことから、2018年10月から2019年4月まで全26話がAT-Xほかにて放送された。前作2作に引き続き、上条当麻と禁書目録(インデックス)を中心に科学サイドと魔術サイドとの関係性を描いている。

Read Article

御坂美琴中心!とあるシリーズのスマホ向け壁紙・画像まとめ【とある魔術の禁書目録・とある科学の超電磁砲】

御坂美琴は『とある魔術の禁書目録』、『とある科学の超電磁砲』に登場する「常盤台のエース」と呼ばれる超能力者である。能力名は「超電磁砲(レールガン)」であり、発電能力における最高の能力とされる。 ここでは御坂美琴のものを中心に、とあるシリーズのスマホ向け壁紙・画像をまとめた。

Read Article

とあるシリーズの能力者・原石まとめ【とある魔術の禁書目録・とある科学の超電磁砲】

『とあるシリーズ』には科学的に開発された能力者が登場する。能力者は学園都市の中で生まれるものだが、まれに外部で天然の能力者が生まれることもある。この能力者は原石と呼ばれ、特殊性・稀少性が高いことで知られている。ここでは小説以外にもシリーズのアニメ・マンガ・ドラマCDなどに登場した能力者・原石をまとめた。

Read Article

とある科学の超電磁砲(レールガン)の高画質な壁紙・画像まとめ

『とある科学の超電磁砲』は『とある魔術の禁書目録』のスピンオフ作品で、レベル5の1人である御坂美琴を主人公にして科学サイドの出来事が描かれる。魔術サイドにはほとんどスポットが当たらないが、『禁書目録』で起きた事件をうかがわせる些細な描写が時折入る。 ここでは『とある科学の超電磁砲』の高画質な壁紙・画像をまとめた。

Read Article

上条当麻の名言・名セリフまとめ【とある魔術の禁書目録(インデックス)】

『とある魔術の禁書目録』の主人公、上条当麻は「言葉を相手に投げかける」ことが特徴的なキャラクターで、戦いの最中であっても相手の意見・思想に真っ向から反論する。一部ではその様子を指して「説教」とも呼ばれている。 ここではそんな上条当麻の名言・名セリフをまとめた。

Read Article

とある魔術の禁書目録(インデックス)の能力者まとめ【レベル0から5まで!】

『とある魔術の禁書目録』では、学園都市に住む学生たちが能力開発によって科学的に「超能力」を扱えるようになっている。能力はその出力や効果によってレベル0「無能力者」からレベル5「超能力者」までの6段階に分けられており、主人公の上条当麻はレベル0「無能力者」に分類される。

Read Article

レベル5第5位・食蜂操祈のかわいい壁紙・画像まとめ【とある魔術の禁書目録・とある科学の超電磁砲】

食蜂操祈は『とある魔術の禁書目録』に登場する学園都市第5位の超能力者(レベル5)だ。彼女の能力は「心理掌握(メンタルアウト)」。記憶の読心・人格の洗脳・離れた相手と念話など、多彩な力をこなせる学園都市最強の精神系能力である。 上条当麻とは『禁書目録』開始の1年程前に出会い、命を救ってもらっている。しかしその際の出来事によって上条の脳はダメージを受け、食蜂のことを記憶に残せなくなってしまった。

Read Article

とある魔術の禁書目録(インデックス)の魔術師まとめ【聖人や魔神も記載!】

『とある魔術の禁書目録』には多くの魔術師が登場する。魔術師はそれぞれ魔法名という通り名を持っており、自身の願いや信念を名前に込めている。また聖人という「生まれながらにして神の力の一端を宿した人間」や、魔神という「魔術を極め過ぎて神の領域に到達した魔術師」も作中に存在する。

Read Article

とある魔術の禁書目録(インデックス)の高画質な壁紙・画像まとめ

『とある魔術の禁書目録』は超能力などのオーバーテクノロジーを扱う「科学サイド」と、聖書や魔術などのオカルトを扱う「魔術サイド」が混在する世界観を描いた作品である。主人公の上条当麻は「科学サイド」に所属しながらも、「幻想殺し(イマジンブレイカー)」という科学や魔術では説明がつかない力を持っている。

Read Article

佐天涙子のイラスト・画像まとめ【とある科学の超電磁砲(レールガン)】

佐天涙子は『とある科学の超電磁砲』に登場する柵川中学の1年生である。同じ学校の初春飾利とはとても仲が良く、挨拶代わりによく彼女のスカートをめくっている。『とある魔術の禁書目録』にも端役で登場しており、神崎火織編SSではイギリスの通販サイトでジーンズを注文していた。

Read Article

学園都市第2位・垣根帝督の画像まとめ【とある魔術の禁書目録(インデックス)】

垣根帝督は『とある魔術の禁書目録』に登場するレベル5の超能力者である。序列は第2位。学園都市の暗部「スクール」のリーダーで、「未元物質(ダークマター)」というこの世に存在しない新しい物質を作り出す能力を持つ。能力使用時には天使のような6枚の発光する翼が形成される。

Read Article

インデックス(とある魔術の禁書目録)の画像まとめ

インデックスは『とある魔術の禁書目録』に登場する魔術師の少女で、10万3000冊の魔道書を記憶する「魔道書図書館(禁書目録)」という役割を担っている。この役割のため、当初は1年毎に魔導書以外の記憶を消去しなければ命を落とすという制約がかけられていたが、上条当麻の働きによって解除された。

Read Article

学園都市最強の超能力者!一方通行(アクセラレータ)のイラスト・画像集【とある魔術の禁書目録(インデックス)】

一方通行(アクセラレータ)は『とある魔術の禁書目録』に登場する超能力者(レベル5)の序列第1位である。あらゆる力のベクトルを任意に操る能力を持ち、学園都市最強の座に君臨していたが、ある事件で脳に障害を負い、ミサカネットワークという補助がなければ能力の使用はおろか思考や発声もままならない状態になってしまう。

Read Article

とある魔術の禁書目録(インデックス)のレベル5の超能力者まとめ

『とある魔術の禁書目録』に登場する超能力はその出力や効果によってレベル0から5までの6段階に分けられており、最高位であるレベル5は7人しかいない。その中でも第1位から第7位までの序列が存在するが、こちらは出力などではなく「能力研究の応用が生み出す利益」を基準に評価されている。

Read Article

白井黒子の画像まとめ【とある科学の超電磁砲(レールガン)】

白井黒子は『とある科学の超電磁砲』に登場する「風紀委員(ジャッジメント)」所属の少女である。主人公・御坂美琴のパートナーのような存在で、彼女からの信頼もあつい。 ただし黒子は美琴に対してたびたび胸を触るなどの変態的なアプローチを行っており、その際には容赦なく制裁を受けている。

Read Article

打ち止め(ラストオーダー)のイラスト・画像まとめ【とある魔術の禁書目録(インデックス)】

打ち止め(ラストオーダー)は『とある魔術の禁書目録』に登場する御坂美琴のクローン「妹達」の1人で、他の個体に対する制御や命令権を持つ上位個体だ。自分を命懸けで救ってくれた一方通行(アクセラレータ)をとても慕っている他、「妹達」を助けてくれた上条当麻に対しても感謝の気持ちを抱いている。

Read Article

木山春生のイラスト・画像まとめ【とある科学の超電磁砲(レールガン)】

木山春生は『とある科学の超電磁砲』に登場する大脳生理学の研究者である。作中では「幻想御手(レベルアッパー)」という能力レベルを引き上げる事が出来るプログラムを広め、学園都市を混乱させた。かつては学園都市に置き去りにされた子供たちの担任教師を務めており、レベルアッパーを広めたのはある実験の犠牲となったその子供たちを救うためだった。

Read Article

「ジャッジメントですの!」白井黒子のかわいい画像まとめ【とある科学の超電磁砲(レールガン)】

白井黒子は『とある科学の超電磁砲』に登場するキャラクターで、学園都市内治安維持組織である風紀委員(ジャッジメント)に所属している。無法者と相対する際には「ジャッジメントですの!」と名乗りを上げる。このセリフは本作に詳しくない人にも知られているほど有名である。

Read Article

とある魔術の禁書目録(インデックス)の派生・外伝作品まとめ【とある科学の超電磁砲・とある科学の一方通行・アストラル・バディ】

『とある魔術の禁書目録』は鎌池和馬による日本のライトノベルシリーズで、『とある科学の超電磁砲』『とある科学の一方通行』『とある科学の超電磁砲外伝 アストラル・バディ』といった多くの派生・外伝作品が登場している。 ここでは『とある魔術の禁書目録』の派生作品・外伝作品をまとめた。

Read Article

とある科学の超電磁砲S第5話・絶対能力進化計画のキャプチャー画像まとめ【レールガン・アニレー】

『とある科学の超電磁砲S』の第5話「絶対能力進化計画」(レベル6シフトけいかく)では、御坂美琴が自分のクローンである「妹達」(シスターズ)と出会い、交流を深めていく姿が描かれる。しかし終盤で「妹達」が「絶対能力進化計画」という恐ろしいものにより、殺される運命にあることを知る。 ここでは『とある科学の超電磁砲S』の第5話のキャプチャー画像をまとめた。

Read Article

目次 - Contents