とある魔術の禁書目録(インデックス)の名言・名セリフまとめ

「とある魔術の禁書目録」は、鎌池和馬によって書かれたライトノベル作品。
科学によって超能力を発現する「能力開発」をカリキュラムに組み込んだ、大規模な教育機関「学園都市」。その街に住む高校生「上条当麻」のもとにある日現れたシスター「インデックス」を巡って、上条は魔術の世界に踏み込んでいく。オカルトと科学、相反する二つの世界を描くバトルアクションとして、深いストーリーや名言の評価が高い作品である。

『とある魔術の禁書目録』概要

「とある魔術の禁書目録」は、鎌池和馬によって書かれたライトノベルシリーズ作品。また、それを原作・題材とした派生作品群。略称は「とある」「禁書目録」「禁書」「インデックス」など。スクウェア・エニックスの「月刊少年ガンガン」にて2007年より漫画版が連載されており、その他数多くのスピンオフ作品、アニメ化、ゲーム化、映画化など、多岐にわたるメディアミックスがなされ、ライトノベルを代表する看板作品としてその人気は高い。
超能力が科学によって解明され、住人のほとんどが何らかの能力開発を施された学生である科学の街「学園都市」。完全記憶能力を持ちその脳に十万三千冊もの魔導書を刻み込む少女、インデックスを巡って上条が足を踏み入れることになった、宗教とオカルトの非科学的な「魔術サイド」。科学と魔術、二つの世界が混在、対立する世界観の中で、無能力者(レベル0)として超能力の才能なしと烙印を押された上条が、右手に宿っている「異能を消す」という謎の異能「幻想殺し(イマジンブレイカー)」だけを頼りに拳ひとつで状況を打開していく。少年漫画的な作風からくる熱い名言、痺れるシーンや、宗教や科学者の闇などの奥深いストーリーが魅力的な作品である。

『とある魔術の禁書目録』の名言・名セリフ

まずは、その幻想をぶち殺す!!!

「とある魔術の禁書目録」を代表する名言。
画像は、インデックスを救うため彼女に仕掛けられた魔術を壊す際、理不尽な世界のシステムを作っている神様へ向けたセリフ。
「もうどうにもならない」という思い込みや「もう無理だ」という諦めなどから悪行を犯す敵や、世界の摂理や神のシステム、全て自分の思い通りになると信じて疑わない思い上がった敵の考えなど、作中ではあらゆるものを指し「幻想」という言葉が使われる。そういった物へ激昂した上条の、決め台詞として使われる。

地獄の底までついて行きたくなけりゃ、地獄の底から、引きずりあげてやるしか、ねえよなぁ!

ある朝、上条当麻の前に現れたシスターの少女、インデックス。インデックスは魔術師に追われてやって来たという。一時的に上条の家に匿われていたインデックスだったが、これ以上長居して上条を巻き込むわけにはいかないと考え、手助けしようとする上条の厚意も拒否して出て行ってしまう。そして、次に再会したとき、インデックスは血塗れの状態で倒れていて、背後には追手と思しき魔術師が立っていた。
「私と一緒に、地獄の底までついてきてくれる?」
「手助けする」という上条の厚意を拒否するべく放たれたインデックスのその最後の言葉に、朝には何も返せなかった上条だったが、それからずっと頭に残っていた。当然、地獄になんかついて行きたくはない。ならば引きずりあげてやろうと、敵の魔術師を前に覚悟を決めた。

俺はさ、死にものぐるいで戦って、それでも、たった1人の女の子も守れねえような負け犬だよ。てめえらに連れ去られるのを、指をくわえて見ていることしかできねえ弱者だよ。だけど、あんたは違うんだろ。そんな力があれば、誰だって何だって守れるのに、何だって誰だって救えるのに、なんでそんなことしかできねえんだよ!

インデックスを追う二人目の魔術師、神裂火織と上条は対峙することに。そこで上条が知らされたのは、追手の魔術師は二人とも、インデックスの親友だったという事実だった。
十万三千冊を記憶した、パンク寸前のインデックスの脳を守るための一年周期の記憶消去措置により、一年ごとに彼女らは忘れ去られ「自分を追う敵」として二人は認識されていた。どんなに想っていても一年ごとにリセットされ、敵対視される。どうせ忘れられるのならいっそ最初から最後まで憎まれ役を演じていた方が気が楽という思いから、神裂たちはインデックスの敵をずっと演じていた。
そんな神裂に上条はボロボロにやられながらも激昂。何度忘れられても何度でも友達になってやればいいだろ、と思いのたけを神裂にぶつけた。

あんたがどんな力を持っているか未だにわからないけど、今日は負けるわけにはいかない。だからあんたも死ぬ気で拳を握りなさい。でないと、本当に死ぬわよ!

学園都市に七人しかいないレベル5の超能力者・御坂美琴は、その昔、医療目的で提供した己のDNAマップが軍用クローンに利用されていることを知る。それだけでなく、中止されたその軍用クローン計画が再利用され、「レベル6」能力者開発の実験のため、造られた二万人のクローンが次々に惨殺され続けていることを知ってしまう。
無自覚であれど自分で蒔いた種であり、御坂は実験を止めるべく現場へと急ぐが、それを知った上条が立ち塞がった。
「学園都市そのもの」と言えるほどの巨悪を敵に回す御坂の行動はあまりにも無謀であり、そんな自殺行為を良しとしない上条。しかし御坂は、無謀も承知の上で、これ以上自分のせいで人が死ぬのを看過するわけにいかない。これまでじゃれ合いのような喧嘩とはいえ一度も勝てた試しのない上条に対し、本気で戦う覚悟を決め、立ち向かった。

戦う気があるなら拳を握れ! 戦う気がないなら立ちふさがるな! 半端な気持ちで人の願いを踏みにじってんじゃないわよ!

レベル6シフト計画は、一方通行(アクセラレータ)と呼ばれる学園都市最強のレベル5能力者を、前例のないレベル6に押し上げるためのものだった。そのためには二万通りの戦闘経験を積む必要があり、その糧として使われたのが御坂美琴のクローンだった。すでにクローンは一万人を殺されている。実験を止めるために走り回る御坂だったが、追い込まれてしまう。
残る選択肢は、「御坂美琴のクローンは戦闘相手として価値がなかった」と思わせるため、御坂が一方通行に、あまりにも一方的に追い詰められ、死ぬことだった。一万人を惨殺され、残る一万人を救う方法は、御坂にはもう他に思い付かなかった。
上条がそれを知って立ち塞がるが、御坂にも信念と覚悟があり、本気で応戦する。しかし上条は反撃してこない。戦おうとしない。ただ立ち塞がるだけの上条に、御坂は激昂した。

俺はおまえを助けるためにここに立ってんだよ。おまえは世界でたった1人しかいねえだろうが。

御坂美琴のクローン、通称「妹達(シスターズ)」は、一方通行に殺されるためだけに量産され、そのためだけに生活していた。いくら殺されようと替えの利く量産品。単価にしておよそ十八万円のただの一個体。所詮は、ただの実験動物。助ける価値など自分にはないはず。
まさに一方通行に殺されようとしている「妹」が、そんな言葉を放つ。助けに来たと言って一方通行に立ち向かう上条に対するそんな疑問に、上条は答えた。

歯を食いしばれよ、最強(さいじゃく)……俺の最弱(さいきょう)は、ちっとばっか響くぞ。

御坂が死ぬ以外でレベル6のプロジェクトを中止させる方法、それは、「一方通行が実はレベル6に至れる素質などない弱者だった」と思わせるため、「レベル0である最弱の上条が最強の一方通行に勝つ」というストーリーを実現させる必要があった。
上条は一方通行に立ち向かい、戦う。「この世のあらゆるベクトルを操作できる」という一方通行の無敵じみた能力は、上条の「幻想殺し(イマジンブレイカー)」に打ち消され、ついには学園都市最強の能力者は敗れようとしていた。そんな一方通行に、とどめをさす前に上条が吐いたセリフ。
特殊なルビの振り方をするこの一文。強さとは何か、弱さとは何かを考えさせられる名言。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

とある科学の超電磁砲(レールガン)の名言・名セリフまとめ

『とある科学の超電磁砲』は原作:鎌池和馬、作画:冬川基による漫画作品。 超能力を科学で開発してしまう超科学の町、学園都市で、主人公「御坂美琴」は第三位の能力を誇っていた。0から5まで6段階で計られる能力レベルの中で、最強のレベル5は御坂を含め七人しかいない。最強の電撃使いとして「超電磁砲」の異名を持つ御坂は、学園都市で起こる様々な事件に巻き込まれていく。その最中に生まれた名言も数多い。

Read Article

ふらいんぐうぃっち(Flying Witch)のネタバレ解説まとめ

『ふらいんぐうぃっち』とは、2012年より講談社「別冊少年マガジン」で連載された石塚千尋による漫画の事である。主人公の魔女、木綿真琴(こわたまこと)が修行のため横浜から青森の親戚の家やって来る。居候先の倉本家で高校生活を送りながら魔術の勉強をしたり、他の魔女や異世界の住人と関わりと通じて一人前の魔女としての修行に励む、日常系ほのぼのファンタジー。

Read Article

アリスと蔵六(Alice & Zouroku)のネタバレ解説まとめ

「アリスと蔵六」とは、今井哲也による漫画、及びJ.C.STAFF製作のアニメーション作品。2012年から連載が始まり、2013年に第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞を受賞。「アリスの夢」と呼ばれる能力者である主人公「沙名」は、住んでいたある研究所から逃亡する。空腹の中出会ったのは、曲がった事が大嫌いなお爺さん「樫村蔵六」であった。

Read Article

GAD GUARD(ガドガード)のネタバレ解説まとめ

「GAD GUARD(ガドガード)」とは、「GONZO」製作のアニメーション作品。2003年にフジテレビで放送された。数百年後の未来の街で、主人公「ハジキ」はGAD(ガド)と呼ばれる不思議な物質に出会い、GADから鉄鋼人と呼ばれる人型の機械「ライトニング」を手に入れる。ハジキはGADに纏わる事件や戦いに巻き込まれ、成長して行く。

Read Article

あまんちゅ!(Amanchu!)のネタバレ解説まとめ

『あまんちゅ!』とは、天野こずえによる漫画作品、及びアニメシリーズ。 2016年と2018年の2度アニメ化した際には、舞台である静岡県伊東市を中心に大きな盛り上がりを見せた。 登場人物が所属する静岡県立夢ヶ丘高校ダイビング部の日常を描いた作品であるが「日常ときどきダイビング。」というキャッチコピーのようにメインは日常であり、ダイビングに対する知識がなくても日常作品として楽しめる。 勿論、ダイビングに関する知識や楽しさ、そして恐さも作中で描かれておりダイビング漫画としても評価が高い。

Read Article

食戟のソーマ(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『食戟のソーマ』とは、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊による料理・グルメ漫画。原作コミックは発売から2週間で20万を超える部数を売り上げた。テレビアニメも好調で、2015年から2019年で4回に渡って放送された。 下町の定食屋で育った主人公・幸平創真は店を継ぐつもりだったが、父親が突如店を閉めることを宣言する。創真は料理のエリートが集う名門料理学校・遠月学園に進学することになる。

Read Article

ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)のネタバレ解説まとめ

『ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)』とは、講談社『good!アフタヌーン』に掲載されている水薙竜のファンタジー漫画、およびそれを原作とするアニメ作品。 とある普通の高校生(多華宮君)と全校生徒から姫様と敬愛される美少女クラスメートの魔女(火々里さん)を中心に多華宮君を巡って繰り広げられる魔女たちと多華宮君の物語である。

Read Article

プラネット・ウィズ(Planet With)のネタバレ解説まとめ

『プラネット・ウィズ』とは、「J.C.STAFF」製作のオリジナルアニメーション作品。2018年に放送。本作は漫画家「水上悟志」が書き下ろしたネームを元に製作されている。漫画版は水上悟志自らが描いている。主人公「黒井宗矢」は記憶喪失の状態で「先生」「黒井銀子」の二人と暮らしていた。ある日、街に「ネビュラウェポン」と呼ばれる謎の飛行物体が現れ、それをヒーロー7人が倒す。しかし宗矢は銀子にヒーロー達を倒すように言われるのであった。

Read Article

クジラの子らは砂上に歌う(クジ砂、Children of the Whales)のネタバレ解説まとめ

「クジラの子らは砂上に歌う」とは、「梅田阿比」による漫画作品。2017年にJ.C.STAFF製作でアニメ化。砂の海に浮かぶ巨大な船「泥クジラ」には、超能力「情念動(サイミア)」を操る「印」と、操れない「無印」がいた。印である主人公「チャクロ」は泥クジラの歴史を綴る記録掛りをしていた。チャクロはある日、砂の海を漂流してきた島で謎の少女「リコス」に出会う。

Read Article

初恋限定。(Hatsukoi Limited.)のネタバレ解説まとめ

『初恋限定。』は、河下水希による漫画作品。 『週刊少年ジャンプ』にて、2007年44号から2008年26号まで連載された。 中学2年生の有原あゆみと江ノ本慧を中心に、中学生と高校生計8人の恋が同時進行で進む姿を描いたオムニバス作品だが、連載期間は約半年と短命に終わった。 いわゆる「打ち切り」となった作品であるが、打ち切りに遭いながらドラマCDやアニメといったメディアミックス化された珍しい作品でもある。

Read Article

探偵オペラ ミルキィホームズ(Detective Opera Milky Holmes)のネタバレ解説まとめ

『探偵オペラ ミルキィホームズ』とは偵都ヨコハマを舞台にしたアニメで、探偵を目指す四人の少女を中心としたものである。ゲーム版『探偵オペラミルキィホームズ』を原作にしており、J.C.STAFFによって製作された。2010年10月から12月まで1期が、2012年1月から3月まで2期が放送された。2013年7月から9月から3期が、2015年1月から3月まで4期が放送された。

Read Article

殺戮の天使(第1話『Kill me... please.』)のあらすじと感想・考察まとめ

見覚えのないビルの最下層で目を覚ました少女、レイチェル。わけもわからないまま、出口を求めてビルの中をさまよっていると、顔を包帯で覆い、大きな鎌を持った殺人鬼、ザックが現れる。 「3秒数えてやる。だからさぁ、逃げてみろよ!」 今回は「殺戮の天使」第1話『Kill me... please.』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

食戟のソーマの十傑まとめ

『食戟のソーマ』とは、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊による日本の漫画作品である。小説やアニメなど、多数のメディアミックスが成された。 創真は日本屈指の料理の名門校『遠月茶寮料理學園』へと編入する。そして、そこで出会う仲間やライバルと共に研鑽を積んでいく。 『十傑』とは、遠月に存在する最も優れた10人の料理人である。創真は遠月で最も優れた料理人になるため、十傑の打倒を目標とする。

Read Article

食戟のソーマの名言・名セリフまとめ

「食戟のソーマ」は、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊による漫画作品。 下町の定食屋の倅である「幸平創真」は、一人前の料理人になるべく家業を手伝いながら料理の修業に励む日々を送っていた。中学卒業の折、幸平は父親の紹介により世界屈指の料理学校「遠月学園」に通うことになる。遠月学園での幸平の活躍と成長を描く料理漫画。料理を通して人生について語られる名言が数多い。

Read Article

目次 - Contents