映画監督マイケル・ベイ、独特の撮影テクニックと作品に対する評価

「マイケル・ベイ」とは、映画『バッドボーイズ』『ザ・ロック』『アルマゲドン』『トランスフォーマー』シリーズなどの監督であり、いずれもメガヒットを記録している。
彼の撮影テクニックは特徴的であるが、映画評論家からは少なからず批判を受けてもいる。
監督のこだわり、作品の特徴、撮影テクニック、評論家からの評価が低い理由について解説。

マイケル・ベイとは

マイケル・ベイは、1965年2月17日、カリフォニア州ロサンゼルスで生まれ、養子として養父母の元で幼少時代を過ごす。
幼いころ養母から、実父はアクション映画監督の名手である「ジョン・フランケンハイマー」監督であると教えられ、本人もそれを信じていたが、後にDNA鑑定で親子関係はないと証明さ、ショックを受けてしまう。
再度の鑑定を申し込むも、ジョン・フランケンハイマーはそれを拒否し、その後亡くなってしまう。

幼いころから8ミリ映画に興味を持つ

幼いころから8ミリ映画に興味を持ち、家の庭でおもちゃに花火をくくりつけて炎上させ、パニック映画もどきを撮影して喜んでいた。
だがある日その撮影の際、火事寸前まで燃え広がり、消防車まで呼ばれる一大事となるという逸話の持ち主である。
ちなみに両親にはこっぴどくしかられ、外出禁止令が出されたらしい。

インターンで映画製作現場へ行き映画監督になる決意を固める

マイケル・ベイは、セレブの子供たちが通う私立高校に進学し、インターンで見習いという立場ではあるが、映画関係の仕事に携わる機会を得る。
その仕事場は、『スターウォーズ』シリーズで知られる「ジョージ・ルーカス」のオフィスであり、空前の大ヒットを記録した『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』の絵コンテを整理するという作業だった。
当時絵コンテだけを見ていた彼は「『レイダース』はヒットしない」と思っていたが、予想に反し大ヒットとなる。自分が携わった映画が大ヒットしたことに感銘を受けたマイケル・ベイはこのときに映画監督になる決意を固めた。
ちなみに、現在でもジョージ・ルーカスには相談事をするなど、交流が続いている。

大学で映画学を学び、卒業制作のCMは壮大なスケールに

東海岸にあるウェスリアン大学で映画学を学んだマイケル・ベイは、芸術学科の名門アート・センター・カレッジ・オブ・デザインへと進み、そこで修士号を取得する。
その名門校での卒業制作で撮影したCMは、アメリカ海軍の空母をほぼ無料で撮影使用させてもらうことができ、壮大なスケールでできあがった。
その作品がやがて大手レコードレーベル関係者の目に留まり、あっという間にCM監督・ミュージックビデオ監督としてのキャリアが軌道に乗る。

ジェリー・ブラッカイマーとの出会い、そして映画『バッドボーイズ』で映画監督デビューへ

ジェリー・ブラッカイマー

マイケル・ベイは、CM・ミュージックビデオ業界で金獅子賞など数々の賞を受賞し、活躍を続けた。
そんな彼にいち早く目を付けたのが、やり手プロデューサー「ジェリー・ブラッカイマー」と、ジェリー氏のビジネスパートナー「ドン・シンプソン」である。
2人に見出されたマイケル・ベイは、1995年に『バッドボーイズ』で監督デビューし、以降ヒット作を多く作ることとなる。

マイケル・ベイ、定評がある描写に対するこだわり

ストーンヘッジの爆破シーン撮影

マイケル・ベイの作品の大きな特徴で、爆破・カーチェイス・米軍の登場といった要素がある。
過去にはエリザベス女王が在宅中にも関わらずバッキンガム宮殿でカーアクション撮影を行ったり、世界遺産・ストーンヘッジで大爆発シーンを撮影している。また、爆破を行うために自腹を切ったこともあるなど、作品を作るために全力を出している。
さらに、米軍の軍事行動にも詳しく、作品の中で取り入れているほどである。

「脳ミソに火薬が詰まっている」と言われるほど爆発の描写に定評あり

『トランスフォーマー』で使われた大迫力の爆発シーン

国内・海外問わずファンから「マイケル・ベイの脳ミソには火薬が詰まっているのではないか」と言われるほど、迫力のある爆発描写に定評がある。
特に『トランスフォーマー/リベンジ』のクライマックスに使われた火薬の量はハリウッド史上最大級とも言われる。
劇中で敵の1体が走行していたバスに突撃する撮影では、CGを使わずに本物のバスを爆破して真っ二つにするシーンはメイキング映像でも取り扱われたシーンの1つであり、監督のこだわりがよく分かる。
あまりの爆破シーンの多さに『ローリング・ストーン誌』で「マイケル・ベイ映画の爆破シーンBEST10」が組まれたほどである。

ミリタリーフェチ・映画で米軍が登場

戦車を後ろから撮影するシーン

マイケル・ベイはかなりのミリタリーフェチであり、大体の映画で米軍が登場する。
『トランスフォーマー』シリーズでは全作品において米軍が登場し、米軍の本気を映像にしたいという欲求から、作品全体においては必要のない軍事的行為の描写でもしっかりと描く。米軍としても、映画内でかっこよく映してくれるので快く協力をしているらしい。
また、名前のある軍人も登場していて、特に昨年公開された『トランスフォーマー/最後の騎士王』で再登場したアメリカ陸軍大尉「レノックス」は人気キャラクターである。

車をかっこよく撮らせたら右に出るものはいないと言われるほどの描写

車がバウンドするシーン

マイケル・ベイ監督が撮る車の描写は、ジョーズやジュラシックパークなどで知られる映画監督の「スティーヴン・スピルバーグ」も舌を巻くほどであり「車をかっこよく撮らせたらベイの右に出るものはいないね」とまで言わせている。
また、カーアクション技術に関しても定評があり、映画『アイランド』では、監督が車を運転中に鉄道用の車両運搬トレーラーと遭遇し「これが落ちたらヤバそう」と感じ、その思いのままに劇中のカーチェイスシーンにこの要素を加えているほど、独自の発想力を持っている。
そもそも、彼がここまで車の描写が上手いのは、車のCMを制作していたからだとも言える。

ikhr-2931
ikhr-2931
@ikhr-2931

Related Articles関連記事

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(映画)のネタバレ解説まとめ

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』とは、2011年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写映画『トランスフォーマー』シリーズの3作目であり、シリーズ第1部の完結編である。トランスフォーマーたちが住む惑星サイバトロンにて、金属に生命を吹き込むオールスパークを巡った戦いが繰り広げられる中、一隻の宇宙船が脱出した。月面到達が達成されたアポロ計画には、月に墜落したその宇宙船に関する、ある陰謀が隠されていたことが明らかになっていく。

Read Article

トランスフォーマー(映画)のネタバレ解説まとめ

トランスフォーマー(Transformers)とは2007年に公開された、変形するロボットをテーマにした玩具等の実写版アクション映画。監督はマイケル・ベイ、制作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ。 主人公サムはある日、変形するパトカーに襲われるが、その窮地を救ったのは変形する愛車だった。サムは知らないうちにある種族の戦争に巻き込まれようとしていた。

Read Article

トランスフォーマー/最後の騎士王(映画)のネタバレ解説まとめ

『トランスフォーマー/最後の騎士王』とは、2017年公開のアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写版『トランスフォーマー』シリーズ5作目であり、4作目の『トランスフォーマー/ロストエイジ』の続編でもある。オートボットの総司令官「オプティマス・プライム」が宇宙へ旅立って数年後、ケイドは新たな仲間と共にトランスフォーマーたちを守るため、人類とトランスフォーマーたちの生存競争に身を投じていく。

Read Article

NEW

トランスフォーマー/リベンジ(映画)のネタバレ解説まとめ

『トランスフォーマー/リベンジ』とは、2009年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。マイケル・ベイ監督が手掛ける実写映画『トランスフォーマー』シリーズの2作目であり、『トランスフォーマー』の続編でもある。前作でのミッション・シティでの戦いから2年後、オプティマス・プライム率いる「オートボット」は地球を新たな故郷として集結し、アメリカ軍と協力して、地球に潜む「ディセプティコン」を殲滅しようと活動していた。上海で倒したデモリッシャーは、死に際に謎の言葉を残していく。

Read Article

トランスフォーマー/ロストエイジ(映画)のネタバレ解説まとめ

『トランスフォーマー/ロストエイジ』とは、2014年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写映画『トランスフォーマー』シリーズの4作目であり、前作『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』から5年後を描いた作品でもある。シカゴ惨劇から5年後、オートボットを排除しようとする組織によって、オートボットたちが次々と消されていってしまう。そんな中、廃品回収業を営む発明家・ケイドは、映画館の中で眠っていたオプティマス・プライムと出会い、戦いに巻き込まれていく。

Read Article

目次 - Contents