ターミネーター:新起動/ジェニシス(Terminator Genisys)のネタバレ解説まとめ

ハリウッド俳優アーノルド・シュワルツェネッガー主演のSF超大作『ターミネーター』シリーズの第5弾。主演のアーノルドが同作に約12年ぶりに復帰したことでも話題に。『ターミネーター』は未来で起こる人類vs機械軍との生き残りをかけた壮絶な戦いを描いた作品。アーノルドは、未来を変えるべく過去に送り込まれたアンドロイドを演じている。監督は「マイティ・ソー ダークワールド」のアラン・テイラーが務めている。

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』概要

1984年より公開されたジェームズ・キャメロンが手掛ける「ターミネーター」をはじめとするSF映画シリーズ。今作「ターミネーター:新起動/ジェニシス」は同シリーズ第5弾。
今作では、主演のアーノルド・シュワルツェネッガーが同作第3弾より約12年ぶりに復帰したことでも話題に。
人類反乱軍と機械軍の生き残りをかけた壮絶な戦いを描いた作品。最大の見どころは何といってもT-800演じるアーノルド・シュワルツェネッガーの迫真の演技。
感情があるはずのないアンドロイドであるT-800が、物語を通じて愛・友情・怒り・悲しみなど人間にあるような感情を学び、表現する様が感動的と評される。
次回作を彷彿とさせるエンディングは、ファンの間ではさまざまな考察が重ねられている。

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』のあらすじ・ストーリー

1997年の審判の日。スカイネット率いる機械軍が放った核ミサイルで30億人もの命が失われ、それから30年以上にわたり機械軍と人類軍は激しい戦闘を続けていた。
2029年、人類軍に追い込まれたスカイネットは、人類軍のリーダー、ジョン・コナーの母親であるサラ・コナーを殺害し、ジョンが生まれることを防ぐ為に1984年に一体の殺人アンドロイド、ターミネーターT-800を送る。
ジョンの部下であるカイル・リースはサラを守るため1984年へ行く事を志願し過去へ旅立つのだが、旅立ちの瞬間にジョンが何者かに襲われてる所を目撃してしまう。
また過去へ向かう途中で、幼い頃の自分と「ジェニシスはスカイネットだ」「審判の日は2017年」という不思議なキーワードを目にするのだった。

1984年に到着したカイルを待ち受けていたのは、液体金属製のボディを持つターミネーターT-1000からの襲撃だった。
カイルを救ったのは、立派な女戦士となったサラ・コナーと、中年の姿のターミネーターT-800だったのだ。
このターミネーターT-800は、何者かによりサラを守るようプログラミングされ未来から送り込まれ、サラの守護者となっていた。
歴史が変わっていたのだった。
T-800に育てられたサラは未来で起きる事を聞かされており、カイルがやってくる事、また、その後の運命も全て知っていた。
カイルが未来から追ってきたT-800はすでに倒されており、3人はその後T-1000を倒す事にも成功する。
サラはタイムマシンを作成し、審判の日である1997年へ人類と機械軍との核戦争を阻止しに行こうと考えていたのだが、カイルが過去へ向かう途中に目にした「審判の日は2017年」というキーワードの事を話し、2017年へ行くべきだと主張する。
カイルを信じたサラは、T-1000から受けたダメージによりタイムトラベルができなくなってしまったT-800を残し、カイルとともに2017年へ向かった。

2017年に到着した2人はサイバーダイン社が開発したジェニシスというOSの存在を知る。
「ジェニシスはスカイネットだ」
カイルが目にしたこのキーワードにより、このOSの起動が新たな審判の日となると知った2人は、ジェニシスの破壊を決意する。
そんな2人の前に突如、2029年からやってきたジョン・コナーが現れるのだが、2017年のT-800は、ジョンを銃撃する。
ジョンはカイルが過去に向かった後、スカイネットにより新型ターミネーターT-3000へと改造されてしまっていたのだった。
ターミネーターとなったジョンに行く手を阻まれながらも、ジェニシスの破壊へ向かうカイル、サラ、T-800の3人。
サイバーダイン社に到着した3人の行く手を阻むのはT-3000であった。T-3000の激しい攻撃を受けながらもT-800はT-3000を羽交い絞めにし、自ら未完成の転送装置に入る。サラに装置を起動するように言うT-800に対し、サラは当初拒否するが、この戦争を終わらせるためにと泣く泣く装置を起動する。装置の中でもみ合いになるT-800とT-3000は装置の巻き起こす強力な電磁波により、吹き飛んだのであった。その爆発によりサイバーダイン社も破壊。見事ジェニシスの破壊に成功したのであった。T-800を失った悲しみに暮れる暇もなく逃げるサラとカイル。しかしT-3000ともみ合いの際に破壊されたT-800の頭部が、開発中であったT-1000の液体金属に落下。その液中でアップグレードされたT-800は見事強力な姿に変身して復活したのであった。
その後、3人は幼少期のカイルのもとに向かい、サラはカイルにスカイネットのことを話す。「スカイネットはジェニシスだ」そう告げたサラはカイル・T-800のもとへ戻る。ここで一件落着のように思えたのだが、水面下で良からぬことが起こっていた。破壊されたはずのサイバーダイン社にはジェニシスのコアが残っており、再起動をしようとしていたのであった。

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』の登場人物・キャラクター

T-800(演:アーノルド・シュワルツェネッガー)

過去のジョンを守るため、未来のジョンがプログラムを書き換えて送り込んだ量産型ターミネーター
通称おじさん。大量生産のアンドロイドだが、シリーズを通して感情を習得していく。
友情・愛情など人間にしかないはずの感情を覚えていく様はまさに胸が熱くなる。皮膚組織の劣化によりT-800も年老いていく。

サラ・コナー(演:エミリア・クラーク)

人類軍のリーダー、ジョン・コナーの母親であり戦士。
強い心を持つ女性だが時折寂しげな表情を見せるのが特徴的。
カイル・リース、T-800とともに人類滅亡を防ぐべく、スカイネットとの戦いに挑む。

カイル・リース(演:ジェイ・コートニー)

未来のジョンが母を守るべく送り込んだ兵士。
優しい心を持ちながら、戦闘時にはその力を如何なく発揮する。
サラの為に自らの命をいとわない様はまさに圧巻。
サラ、T-800と共にスカイネットとの戦いに挑む。

ジョン・コナー/T-3000(演:ジェイソン・クラーク)

人類反乱軍のリーダー。
ターミネーター5においてはジョン役、T-3000役も務める。
今作でのジョンは肉体に驚愕の異変を遂げており、粒子系金属ターミネーターとなっている。
感情はジョンそのものだが、目的達成のためT-800の破壊を行おうとする。

T-1000(演:イ・ビョンホン)

ターミネーター2作目でおなじみ液体金属タイプのターミネーター。
その優れた性能で、サラ達を危険に追い込む。
感情はなく、任務に忠実であり執拗にサラ達を追いかけ続ける。

オブライエン刑事(演:J・K・シモンズ)

サラやカイルを追って事件を捜査しつづけているベテラン捜査官。
人類で唯一の味方的存在であり、事件の理解者。ターミネーターシリーズには欠かせない役柄。

マイルズ・ダイソン(演:コートニー・B・ヴァンス)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ターミネーター(The Terminator)のネタバレ解説まとめ

1984年製作のアメリカ映画。ジェームズ・キャメロン監督の記念すべき出世作で、主演のアーノルド・シュワルツェネッガーも大スターへの突破口となった、SFバイオレンス映画の傑作。人間とサイボーグが対立する近未来の地球から、未来の革命リーダーの母となる人物を抹殺するため、過去のロサンゼルスに送り込まれた不死身のサイボーグ・ターミネーターと、それを阻止するため人間側が送り込んだ革命戦士が死闘を展開する。

Read Article

ターミネーター2(T2、Terminator 2: Judgment Day)のネタバレ解説まとめ

大ヒットを記録したジェームズ・キャメロン監督のSFアクション大作「ターミネーター」の続編。核戦争後の西暦2029年、抵抗する人類の指導者コナーの母親暗殺に失敗した機械軍は、1994年の過去の世界に新型ターミネーターを送り込み、少年時代のコナーを抹殺しようとする。前作で「史上最強の悪役」としてスクリーンに登場したアーノルド・シュワルツェネッガーが、今度は少年時代のコナーを助けるヒーローとなる。

Read Article

ターミネーター3(T3)のネタバレ解説まとめ

2003年公開の大ヒットシリーズ第3作。監督は前作までのジェームズ・キャメロンからジョナサン・モストウに交代。主演はアーノルド・シュワルツェネッガー。“T-1000”との壮絶な死闘から10年、青年となったジョン・コナーの前に突如として女性型ターミネーターT-Xが出現。抵抗軍の重要人物となる人々を次々抹殺し始めた。そこへジョンを守るべくあのT-800と同じ形状のターミネーターが姿を現わす。

Read Article

マイティ・ソー/ダーク・ワールド(Thor: The Dark World)のネタバレ解説まとめ

『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』とはマーベルコミックのヒーロー、ソーを主役とした映画シリーズの第2弾であり、2013年に公開された。次元移動のできる橋を壊してしまったソーは、地球にいるジェーンを想いながらも次期国王としての仕事をこなしていた。そんなとき、ジェーンがインフィニティ・ストーンのひとつを吸収してしまうという事件が起きたため、恋人と世界を守るためにソーは再び地球に降り立った。

Read Article

ターミネーター4(T4、Terminator Salvation)のネタバレ解説まとめ

ターミネーター4とは2009年公開のアメリカ映画。世界的大ヒットシリーズ『ターミネーター』の4作目にして初めて未来世界に迫り、これまでの原点を辿る終末への新たな船出となるSFアクション。審判の日以後の荒廃した未来を舞台に、機械軍に追いつめられたジョン・コナーら人類抵抗軍の存亡をかけた壮絶な戦いを圧倒的スケールで描く。主演はクリスチャン・ベール。監督は「チャーリーズ・エンジェル」シリーズのマックG。

Read Article

目次 - Contents